じゃあ、ステマ

ネットが普及してから、本当にステマが目に付くようになりました。以前はステマが平気で行われていても、一般消費者は気づきにくく、気づいても、声を上げる場がなかったため、ステマが横行していたのでしょう。今はほんの少しの労力で異変に気がつき、声を上げることが出来ます。

ブログ

私もブログをやっているので、ブログ発祥の出版に興味を持つことがあるんですけど、すごく不自然な流れで出版されるケースを見ます。素人が日記として始めたはずなのに、最初から妙にこなれた商業文章を書いて、申し訳程度に週一回くらいに更新しているだけなのに、1-2年後には出版しているってありえないですよ。

こういうケースはほぼ間違いなく、出版社の編集から指示を受けた売れないライターがバイトを兼ねて、どこかの職場に潜入取材なんかをして、自分が経験したことでなく、素人が目に付いて、盛り上がりそうなネタをこんもり仕込んできて、そのネタが溜まったころに出版ってことなんでしょう。

週1回くらいの更新しかしてないブログなんて、よほど内容が濃くないと、ろくにPVも稼げませんよ。ちょっと内容が面白いからといって、ちょろちょろと書いたブログなんて、ろくにPVも稼げないですし、知名度もまったく上がりません。それを電子出版でなく、ハードコピーで出版しようものなら、出版社はほぼ確実に大損しますから、オファーがあるわけありません。

最初から話がついていて、出版社が売れる路線で準備をして、有名人に書評を書かせたりして、散々宣伝して、売るんだから、単なる雑誌の企画と同じなんですけど、素人がやっていると見せかけた方が面白く見えるのです。中途半端に業界かじったライター志望の女性より、OLのほうが受けるのです。中途半端な単体女優より、素人企画のほうが売れるのと同じですw

倫理

ステマって何が問題なのでしょうか?上記の例だと、書いている人の設定はいじっているし、盛ってはいるけど、そんなことはどのブログでも多かれ少なかれやっていることです。大手マスコミだからやってはいけない、ということはないのではないでしょうか?嘘や欺瞞を嫌う私だって、温利信が本名ではないし、フェイクは入れてブログ運営をしていますから、嘘といえば、嘘なんですよ。

売れない単体女優が素人企画物に出演しても、買った人、借りた人は損していないと思います。その作品が良質であれば、そういう設定を楽しむものとして、楽しめば良いです。光とフォトショップでいじりまくったパッケージ詐欺のほうが明らかに重罪だと思いますw 整形するのはある種の企業努力であり、特に問題ないような気がします。

プロレスなんかは設定を楽しむものであり、ベービーフェイス、ヒールは役を演じているだけであり、実生活でも同じ顔をしているわけでないのはファンも知っていますし、お約束として、それが設定なんだよ、というのが運営、ファンの間に了解が得られていれば、そういうものとして成立します。

そう思うと、ステマに対する嫌悪感って、たぶんに感情的なものであり、ステマに乗っかってしまった自分への怒りをステマを仕掛けたほうにぶつけているのではないか?、と思います。だから、ステマに引っかかるほうが悪いのであって、ぬるり的には絶対価値を持っていないから、他人に流されるんだよ、という話です。

まとめ

ステマなんて、程度の差こそあれ、どんな世界にもあるもので、広告の一種であり、特に問題ないのではないかと思います。むしろ、そんな子供だましに乗っかってしまう情弱の自分が悪いのだし、子供だましを楽しむ余裕がない自分が悪いのだともいえます。どんなにいいものでも、広告がなければ、そう簡単に売れるものではありませんし、ステマで売っても、良くなかったら、そのまま消えるだけです。

どんな形であれ、ひたすら自分を売り込んで、「出世」するのは簡単ではありませんし、その名を維持し続けるのも簡単ではありません。だから、古来から「悪名は無名に勝る」といいますし、どんな形でも名を売るのは重要なのです。特に自分の芸で生活したい人はなりふり構わず、自分を売り込まないと、生き残ることは出来ません。量産製品はコスパのいいものがあふれていますからね。

 

0