じゃあ、虐待

幼児虐待って何で起こるんでしょうね?

連鎖

やっぱり、最も多いのは連鎖であり、親から虐待を受けていた子供は自分が親になると虐待するものだそうです。自分が親に優しくしてもらったことがないので、子供に対してどう接していいのかわからない、ということらしいです。これは二代どころか、三代と続いていくので、誰かが断ち切らないと、ねずみ講式に虐待だらけになっていくでしょう。

このケースで最も良く聞くのが医者の家なんですよね。多くの場合、子供の教育に無関心、それほど干渉しない父親が多いが子供の教育に参入するのは医者という職業の特徴なのかもしれません。父親が過干渉に入ると、暴力を伴うことが多く、壮絶に家庭が荒れることがあります。

開業医とはある種の自営業者、経営者なんですが、医者資格がないと継ぐことができません。また、医者と言う職業は極めて序列社会であり、医者以外の医療関係者を圧倒的に下に見ることが多く、医者同士でも出身大学による序列がきちんと着きます。大学医局が大学病院、公立病院だけでなく、個人病院までに人事権に近いものを握っているからでしょう。

そうなってくると、父親は意地でも子供を医者にすることに拘りますし、できれば地域で最も権力のある地方帝大医学部にねじ込もうとします。そのレベルだと、並みの学力の子供が少々頑張ったくらいでは入れないんですよね。だから、思うように子供の成績が伸びないと怒りの鉄拳が飛ぶ、ということに成るんでしょう。

特異

まともそうな親なのに子供だけおかしく、いきなり虐待をするケースもあるんですが、それは生まれ持った資質みたいなもので、本来、人の親になってはいけない人なんだろうと思います。

人間も動物なので、特異な遺伝子を持って生まれる人は珍しくないです。それは良い面なら、図抜けた体力、学力、精神力といった何かを成すために極めて重要な基礎能力を授かるわけですし、悪い面なら遺伝病などで元から一般よりもハンデを負っているわけです。

身体障がい者など、目に見える形で不利な遺伝を生まれ持ってしまった人はある意味でわかりやすいですが、精神障害者で明らかに目に見える形では現れない場合はかなり厄介だと思います。

適応障害、パニック障害とか、私は詳しくないですが、軽い障害みたいなものを持って生まれた人は少なからずいるんでしょうし、そういう人は人の親に成らないほうがいいのでしょうが、それは人権問題になるので、みんな口をつぐみますね。

矯正

生まれ持った遺伝子なり、生まれついた家庭なりを変えることは出来ないので、本人が負の連鎖を断ち切りたいと思うなら、自分で意識的に矯正するしかないのでしょう。人間はモデルケースがないと、なかなかわからないので、まっすぐな人を見習うといいのでしょう。

まっすぐに生まれ育った人って、すごくまぶしくて、それ自体が才能のように感じられます。所謂、育ちのいい人って、それだけで人に好かれるし、場が和むし、得をすることが多いです。

だったら、そこを目標にして明らかな損得が関わらないなら、物事、他人に対して好意的に対応するように癖をつけたりするといいのだろうと思います。私もささやかではありますが、自分の負担にならない程度には他人に親切にしようと思っています。それで「情けは人のためにあらず」だな、と思うこともたまにあります。

でも、恵まれた立場に生まれて、育っているから、そういう風に考えられるだけであって、厳しい環境で生まれ育った人からすると、何を言うか!という風に思うかもしれません。やっぱり人間は平等ではありません。生まれていきなりハンデ戦どころか、無理ゲーみたいな状態の人もいますからね。

まとめ

私自身は虐待に対して何の経験もないので、適当なことを書いていると思いますが、思うことを書いてみました。せっかく、世に生を受けて、暮らしていくなら、健やかに育って、暮らして欲しいですし、負の連鎖を断ち切れるような動きをして欲しいものです。

逆に人の親になれそうにない人は勇気を持って成らないことを積極的に選択したほうがいいでしょう。他人がどうとか、世間がどうとかで、結婚、妊娠、出産と通過して不幸な子供を増やしても意味ないと思いますね。

12+