じゃあ、ゆとり世代

それではゆとり世代も書きましょう。

教育

ゆとり世代はゆとり教育を受けたことで、こう呼ばれるようになったので、この世代の根幹になるのは教育システムが変わったことです。従来の詰め込み型を止め、自分の頭で考えましょう、という教育スタイルで、カリキュラムを大幅に削ったのです。

結果、平均学力は大きく落ちましたが、前の世代より、自分の頭で考える癖のついた人が多くなりました。「みんなやっているから、君もやれ!」といっても、この世代は聞き流すことが多いです。そして、うちにこもります。ニート、ヒキコモリが大きく社会問題になった世代です。

少子化がどんどん進み、大学なんて選ばなければ、誰でも入れるようになり、かつては難関大学として知られた大学すら、簡単に推薦だとか、一科目入試で入れるようになったため、この世代の私立文系はランクで学力を測れません。

また、おてて繋いで、みんなでゴール!っと言うような悪平等を経験もしているので、フルボッコにされる経験が少なく、根拠のない自信を持っている人も多いです。自分の器を知らず、聞こえの良いことばかりを追いかけ意識高い系wにもなりやすいです。

仕事

小泉政権時のプチバブル、アベノミクスを除けば、不景気がほとんどですが、氷河期世代よりは恵まれていて、団塊の世代の退職に伴う大量採用にも恵まれることができました。特に理系の人はそんなに仕事には困らなかっただろうと思います。

ゆとり世代くらいから、日本の文系天国が崩壊し始め、文系が幅を利かせていた銀行、商社、コンサルなどに理系が進出し始め、今に繋がる文系不要論が叫ばれるようになりました。文系の就職は大学のランクを問わず悪いです。

それでも、ゆとり世代は学力が低いのと、自分で考えたふりして、上っ面に引っ張られることが多いので、案外、文系が好きで、此の期に及んで、「文系は選択肢が多そうな気がする」とか言っているのを見ると、悪平等を起因とした高すぎる自己評価をするんだなぁ、と思います。

時代

物心ついた頃から不景気で、サラリーマンにあまり期待しておらず、好きなことで飯が食えないか?、をよく考えている人が増えましたし、ネットの普及で、それが可能になってきた世代で、プロユーチューバー、プラブロガーなんかは大半がゆとりです。

日本のサブカルチャーにどっぷり浸かって成長しているので、白人コンプは薄く、海外志向は強くないと言われます。高いお金を払って海外に行かなくても、ネットを繋げば、世界に繋がるのが当たり前だと思っているのも大きいでしょう。

完全にネット時代の申し子であり、インターネットなしの世界を知らないような人達なので、何もかもがオンライン世界の住人で、娯楽、出会い、自己表現、すべてがオンライン世界で、オンライン上の人格の方が活動的なこともザラです。その分、オフラインでは大人しかったりします。

まとめ

バカにされることも多いゆとり世代ですが、私は面白い世代だと思っていて、日本のサブカルチャーを発展していけるような、ソフトを売れるような世代になれば良いと思います。すでに世界はハードの時代ではありませんし、日本のハードは世界を圧倒できません。

この世代は白人コンプも強くないし、全体的に英語力も高くなりましたし、強い個を目指す人が多いですから、強いスキルを持ち、有能な人は世界に飛び出して、成功してもらいたいものです。意識高い系wが恥を晒してもらっても困りますけどねw