じゃあ、女性の敵は女性

世間でよく言われる「女性の敵は女性」っていう話をしようと思います。

仕事

女性が女性に協力的ではない、と言うのはどこでも言われることで、日本だけではなく、アメリカでもFacebookのシェリルサンドバーグさんもそのことを語っていますし、私もシンガポールで女性同士が血みどろの戦いをするのを見ています。

個人同士だけでなく、立場の違う女性グループで戦争になることがほとんどです。立場は違えど、同じ女性であり、同じ境遇を共にする仲間だとは思わないのです。正社員vs派遣社員派閥を作って、血みどろの戦争状態になることは非常に多いです。

総合職女性が上に上がっていくのを一般職女性はアシストするのでもなく、むしろ、足を引っ張って、自分たちと同じ土俵に引きずり落とそうとしますし、上に上がった総合職女性は一般職女性のために手を尽くすわけでもなく、男性以上に冷ややかな眼で見て、全然助け合いません。

びっくりすることに育児休暇なんかも同じ女性のほうが無理解である傾向があり、おじいさんは別として、男性の方が育児休暇に好意的で、世の中がそう言う流れになっているので、法律には従いましょう、という反応に対して、独身女性が育児休暇を取る女性を露骨に攻撃したりします。

友情

女性は友情っていうのを持ちあわせておらず、立場が同じだから、ベタベタするだけで、立場に差がつくと嫉妬するので仲良く出来ないのではないか?、と思うことがあります。

同じ学校の、同じスクールカーストだから、ベタベタするだけで、その後の就職先に差がついたり、旦那の社会的地位に差がつくと、友情を維持しないようです。男性は立場に関係なく、地元のツレを大事にすることが多いです。

あくまで自分と同じ立場にいるから、その環境に対する共感をし合って、分かり合った振りをしているだけで、立場は違えど、ずっと友達であり、その立場を理解していこうという気持ちはないのでしょう。

女性の友情がないとは言いませんが、男性の友情とは違うものであり、ドライで、何よりも優先させて、大切にする、ということはないのでしょう。男性の友情はウェットで、自己犠牲を伴っても、友を助けるために動きます。少なくとも親友の為になら、なんでもやる人は多くいます。

人間は動物で、性のカルマから逃れることが出来ませんから、女性は性的魅力を何よりも誇ります。女性がミニスカを履くのは可愛いからでなく、男性を引き付けたいから、であるのは当然で、非難されることではありません。

そして、手にした夫を誇るのも変なことではなく、メスが強いオス好むのは当然だし、現代では経済力がある男性が強いとみなされることがほとんどであるため、スーツの決まった男性がモテるのは当たり前でしょう。

ヤンキー女性が相手男性の地元での権力という原始的な魅力を感じるのも、変なことではなく、群れの中での序列を重視するのは極めて動物的本能に従っているだけで、何も変ではありません。

夫だけでなく、子供の能力も誇りますし、むしろ、女性最大の特権である出産の成果を誇らしく思わないわけありません。子供の容姿がいい、学力が高い、スポーツ万能、など、小さなことでも、きそうのは当然ですよ。

まとめ

人間は動物なので、本能のカルマから逃れることは出来ませんから、綺麗事を言ってはぐらかすより、自分の本能を認め、相手の本能を認め、上手く折り合えるようにした方がいいではないか?、と思います。

LGBTなど、例外的な人もいますが、それはそれとして認めるのは大事ですが、例外を一般化して、本質を見えなくするのは得策ではないと思います。近年、男女の違いを論じることすら、タブー化して来ていると感じることもあり、なんだかな?、と思います。