じゃあ、ポスト団塊世代

世代シリーズを完結させるのはこのポスト団塊世代とします。戦中派以上は深く関わったことがないので、記事を書くことが難しいです。書くなら、本を読み、過去に接した隠居老人を思い出しながらの記事になるでしょう。

誕生

戦後の混乱が落ち着きつつある頃に生まれ、数が多過ぎた団塊に続き、日本の高度成長期と共に成長していく世代です。大阪万博、岡本太郎さんの平和の塔を見る頃に高校を卒業し、大学に行く余裕のない人は金の卵として迎えられて、上京していきました。

中高生時代に団塊たちの学生運動を見て、血を熱くした人も多いでしょうし、戦後の反動左翼教育を受けて育ったので、日本に対して否定的な感情を持ち、多かれ少なかれ左翼的思考をしています。比較的リベラルな人でも、自衛隊の話になると、烈火のごとく怒り出し、憲法9条の尊さを信じ込んでいます。

まだ、大学進学率が2-3割くらいですが、本人が望めば、夜間などで、大学に入れる時代になり、家が貧乏だから、進学を諦めなくても良くなってきます。学費が物価に対して、安かったので、卒業して、就職すれば、あっという間に元が取れたんです。

しらけ

ポスト団塊世代はしらけ世代とも呼ばれ、団塊世代が安保闘争で暴れまくり、惨めな敗北をし、散々批判していた体制側に取り込まれていくのを間近にみていますので、しらけています。真面目なことを言うのがカッコ悪いと斜に構えているのです。

荒れ果てた大学に入り、大きく集団でつるむこともありませんでした。個人主義が浸透してきて、井上陽水、かぐや姫などに代表されるしらけたニヒリズムが流行った時代で、みんなで何かを目指すのでなく、家に篭って本読んだり、ギター弾いたりすることがかっこよかったようです。

オタク文化は彼らが作ったもので、ポスト団塊前期ではマリオの父、宮本茂さん、ドラクエの堀井雄二さん、後期ではエヴァの庵野秀明さんなど、今でもオタクのヒーローはこの世代出身です。オタク第一世代がもうオジサンどころかオジイサンなんだから、日本のサブカルの歴史も長くなりました。

拝金

本当にバブルに踊ったのはこの世代で、バブル世代と言われる人たちはバブルの頃には若かったので、踊らされていたに近く、ある程度の資金があり、旨味を啜ったのは団塊、ポスト団塊世代で、バブル世代を食い物にしていた部分もあるでしょう。

田中康夫さんのなんとなくクリスタルに代表されるようなブランドを追いかけ、性に溺れ、札束で頬を叩いて、ベッドに持ち込むようなことをしていたのはこの人たちで、ジュリアナで踊っていた女の子達はある意味では踊らされてただけです。

ジュリアナ主催者、折口雅博さんはポスト団塊後期の人で、バブルの頃には若かったですが、運営側に回って一旗上げてます。(その後の転落もあり、数奇な運命の人です。)実際にバブルで儲けていたのは運営側、転がる側ではなく、転がす側に回る才覚のあった人たちです。

まとめ

バブルを最も楽しんだのはバブル世代ではなく、団塊、ポスト団塊世代だと、理解していない人が多く、最近のバブル回顧はバブル世代、団塊ジュニア世代によるものに思われます。まぁ、世の中はそう言うもので、踊っていた人に注目して、踊らせていた人は注目しないのです。

また、豊かなアメリカ、欧州に憧れ、嫉妬した世代なので、白人コンプも強く、経済的に成功すると、ハワイに別荘だとか、オーストラリアに別荘だとかを買い漁った世代でもあり、海外で困窮老人になって、大使館に迷惑をかけているものこの世代です。

でも、団塊よりも話せばわかる人達だと思います。若い頃に拗らせてた人たちも多いので、今の若者に同情的、親近感を持っている人も多いでしょう。私はスカしているけど、なんか憎めないという印象を持っています。

0