じゃあ、目指すところ

人の価値観は数あれど、衣食住の確保という点で、目指すところがあるわけで、現在地と目標をはっきりさせるべきでしょう。

今の給料が高いとか、いい家に住んでいる、いい車に乗っている、とかは特に意味のない指標で、借金まみれで、刹那的にやっていれば、しっぺ返しを食らうだけです。

アッパーミドル

私はアッパーミドルを働かなくとも、生活できる人、と定義するので、3mil USDの純資産があれば、インフレ程度の利回りでも、十分に生活可能です。これ以上がお金持ちだと言っていいでしょう。

サラリーマンとしては高給取りの人をお金持ちだという人っているんですが、ほとんどの場合、サラリーマンをやっている時点で、アッパーミドルは目指せません。せいぜいミドルどまりです。

生涯獲得賃金で10億円もらわないと、税金払って、家、生活費を捻出したら、3億円残りません。トップまで行っても、そこまでもらえる企業は限られています。日本企業で役員全員に年収1億円を確保している会社って、そう多くはないです。

関係ないんですが、「生涯年収」とかいう人がいますが、まったく意味のわからない言葉だと思わないのでしょうか?生涯、年収って、タームが全く違います。人材紹介を生業とする人が口にしていてびっくりしました。

話を戻すと、アッパーミドルを狙いたいなら、サラリーマンやるのは得策ではなく、最初から資本投下して、投資によって資産形成を目論んだ方がいいでしょう。サラリーマンやって、上手くアッパーミドルになれたとしても、晩年なので、子供が喜ぶだけです。

ミドル

一応総中流って、アッパーミドル、ローアーミドルも加えれば、ほとんどの人が中流ですよってことですけど、そんなの意味ないと思います。貧富の分布はピラミッド状になるのだから、ミドルって、すでに恵まれたレベルです。

ローンのない家があり、子供に学資ローンなしに高等教育を受けさせられるだけの資産、収入を持つ、と言うことをミドルとするなら、多くの日本人はミドル未満です。

だから、生まれがミドル未満で、一代でミドルになれるなら、それは大きな達成だ、と言って差し支えないでしょう。特に海外移住して、底辺の移民から、ミドルになったとなると、一端の成功者だと言ってもいいでしょう。

日本が高度経済成長期は真面目にやっていれば、みんなが目指すことが出来たのですが、今ではきちんと手に職をつけ、収入を確保して、出来れば、共働きを維持して、ようやくたどり着ける立場となりました。かなりハードルが上がった、と思います。

ローアーミドル

中流と言っても、ローアーミドルが一番多いわけで、本人は自覚がなく、ローンまみれの家に住み、学資ローンで大学進学し、と既得権益にこき使われながら、借金に追われる人生を送ることに何の疑問も持っていない人たちです。

この人たちの特徴って、入ったら、入っただけ使うので、努力、運によってサラリーマンとしてそれなりの立場をつかんで、それなりに自由になるお金が入ってくるようになると、そのまま生活レベルを上げていくので、ずっとお金が貯まらず、お金が働いてくれることはないのです。

そして、この人たちって、自分の鎖の重さを競うのが大好きで、サラリーマンなのに経営者気取りで鬼軍曹して、「有給とるな!」「サービス残業しろ!」っとか、自分より立場の弱い人を恍惚で指導するんですよ。だから、アッパーミドル以上の既得権益者からすると、非常にありがたい人たちです。

私はこの人たちが一番苦手で、別に裕福でもないのに、妙に裕福なことをしたがりますし、賢くもないのに、したり顔で説教してくるからです。フリーターなのに意識高いとか、事務員なのに、経営のことを考えているとか、何が何だかわからない人たちなんですよ。

アンダークラス

何も考えず、野獣のように生きる人たちです。特に南国の人たちって、根っからのアンダークラス気質であることが多いです。お金はあればあっただけ使うし、カッコいい、という基準は喧嘩が強いこと、地元で力を持っていること、とかいう価値観を持っていて、若いうちから、性交渉に励み、妊娠、出産、シングルママ、と負の連鎖を繰り返します。

東南アジアだと、フィリピンにこういう人達が多いのですが、この人たちって、全然論理的ではないので、本当に話が通じないですし、同じ国のミドルクラスからすら飽きられています。本能の赴くままに生きているのはある意味でうらやましいとすら感じます。パーティーするなら、楽しい人たちです。

まあ、日本でも同じで、DQN達って、ミドルクラスの人からすると、話が通じない人達で、積極的にかかわりも持ちたがりません。まともに生きている人が深夜のコンビニにたむろしているような下品な金髪に、ジャージの人たちと関わろうとはしないでしょう。

でも、私はある意味でこの人たちを羨ましく思っていて、少なくともローアーミドルの鬼軍曹タイプよりも楽しそうです。マイルドヤンキーっていうのでしょうか?、半グレとかまで行きつくと、大変そうですけど、目の前の楽しいことを優先させて、刹那的に生きるって、悪くないです。

最近ではニートもアンダークラスとしてDQNとは違うポジションを獲得しつつあります。親のすねをかじったりしながら、労働を拒否して、やりたいことだけをお金がかからない範囲でやり続ける、というスタイルで、子孫を残さなくてもいいなら、楽しそうだと思います。

まとめ

自分の立ち位置を把握して、自分がどこを目指すのかを考えてみたらいいでしょう。ミドルを狙うなら、きちんとサラリーマンして、散財せず、必要なことにしっかり使えばいいですが、アッパーミドルを狙うなら、サラリーマンやりながらでいいので、一発逆転を狙い続けたらいいでしょう。

ぬるり的にはローアーミドルの意識高い系wをしているくらいなら、開き直って、ニートでもやりながら、アンダークラスを楽しんでいたほうがいいと思います。人間は開き直ったほうが楽しく、中途半端に他人の目を気にして、つまらないことをし続けているほうが死ぬ前に後悔するだろうと思います。我慢し続けても、たいしたものは得られませんよ。

0