じゃあ、闇営業

時事ネタが読みたいとの要望に応えて闇営業について書きたいと思います。

契約

そもそも誰であっても兼業に関しては契約に謳われてない限り自由であり、むしろ、収入源を複数確保することにより生活の安定が得られるので誰もが考慮すべきことだと思います。一つの仕事に全振りしていると、それが通用しなくなったら倒れます。

サラリーマンで兼業規定があるのは公務員くらいのものであり、その公務員ですら株式、不動産投資をしているくらいならほとんど問題視されません。公務員の副業水商売、風俗なんかはたまに捕まってますね。なんかグレーです。会社なら夜の副業の何が悪いの?という感じです。

さて、吉本芸人の契約ってどうなっているのでしょうか?おそらく、ほとんどの所属芸人は歩合制、請け負い契約をしているのだろうと思います。それもある一定ランクの芸人以外は契約らしい契約もなく口約束、暗黙の了解で決めているのでしょう。

であるなら、吉本が持ってきた仕事を吉本抜かして直接仕事しない限り、とやかく言われる筋合いはありません。今回のように吉本芸人が自分の営業活動で個人人脈によってイベントの司会、パフォーマンスをしても何にも闇ではありません。

むしろ、闇なのはしっかりと契約をせず、待遇を保証はしないが、営業活動の縛りはする、という吉本の社風が闇であり、自分の都合でダブルスタンダードを駆使するブラック企業だと言って良いだろうと思います。

反社会

今回の闇は反社会勢力のイベントに反社会勢力だと知りながら報酬をもらって参加していたことであり、これは一般サラリーマンだろうが、アウト事例になるでしょう。

しかし、反社会勢力だと知らずに参加していたならギリギリセーフであり、以後気をつけます、で終わりであり、法律的にも知らずにやったことは罰則がない、かなり甘くつけられます。

また、報酬が発生してないならたまたま知り合いに誘われてイベントに参加してノリで芸を披露しました、というのも知りませんでした、で逃げることも可能です。芸人ならそういうことはあるでしょう。

と言うわけで、吉本は反社会勢力だと仕事を取ってきた入江氏は知らなかった、と言うところからスタートし、それが無理だと考えると入江氏を切り捨てて、他の芸人は何も知らなかったことにして逃げようとし、それも無理になり謹慎させています。

ヤクザ

吉本と山口組との関係は長いです。元々、興行なんていうのは地回りのヤクザと上手くやらないとトラブルになりますから芸能プロダクションはヤクザと持ちつ持たれつでやって来ました。

それが、ヤクザに対する取り締まりが激しさを増すと、芸能プロダクション、芸能人は距離を置くようになり、その付き合いが発覚するとタダでは済まなくなりました。

前に書いたことのある後藤組、後藤忠政氏も芸能人との付き合いが発覚して引退のきっかけになりましたし、芸能人を愛人として囲っていたことが知られています。大物芸能人だった島田紳助氏はヤクザとの関係を断ち切れず、二択を迫られてヤクザを選んで引退をしています。

ヤクザが弱体化すると、半グレが台頭し、彼らも芸能人と付き合いますし、入江氏も黒からグレーまで幅広く知っていて、情報漏洩しやすいグレーから発覚したということでしょう。黒は滅多なことで口を破りませんからね。

まとめ

吉本興業もきちんとルールを決め、すべての芸人と契約を結んで活動すべきです。個人営業するな、というならサラリーマンとして固定給保証すべきですし、固定給を払いたくないなら個人営業を認めるしかないでしょう。

お金が絡む相手の素性はきちんと把握し、問題のない相手に対して個人営業するように、ときちんと明記した契約で一線引くしかないでしょう。当たり前のことも明文化しないと責任を取らされますからね。

そうでなきゃ、いつまで経っても吉本興業がヤクザと変わらないし、きちんとした企業として運営はできませんね。

4+