じゃあ、Wantedly-4

祝上場!

壮絶な初値をつけて仲社長のファッキューマネーは確保された模様です!初値レベルで時価総額200億円の7割を確保しているので、140億円を持つ富豪だと言っていいでしょう!仲さんもセントーサに住みますか?w まあ、ここからの売り抜けが困難ではありますけどね。

初値

需給を絞ることで初値の吊り上げに成功したWantedlyは初日で値がつかず、二日目に持ち越してなんと、5,010円の初値をつけました。1,000円で売り出しているので大勝利の展開だと思います。私は2,000円くらいかな?と思っていたのでびっくりしましたね。

当然、仲さんたちのロックアップも解除され、初値がついた14時前に一瞬5,300円をつけたあと、14時から小規模株主の利益確定売りが連発して徐々に値を下げ4,300円まで下がってきましたが、ぴくっと戻して4,610円と大株主の目立った動きはなく、初日はスルーなのだろうと思います。

PER

Wantedlyの今期業績予想は増収だけど、薄皮でなんとか黒字にします、というIRを既に発表しているので、PERは脅威の7,000倍越えと言う、私は過去に見たこともない凄まじい数字を目にすることが出来ましたw 7000年分を織り込んでいるって、規格外の会社だと思います。人類がマンモス追いかけていた時代が7000年前ですw

ファンダメンタルズはあくまで参考値だと言ってもモノには限度と言うものがあるし、今年の売上予想が12億円程度しかない中小企業が時価総額200億円を越えているって言うのもとんでもない数字だと思います。学生サークルに毛が生えた程度の会社に200億円の価値があると、、、w 直前の評価額48億円というところが関の山であり100億円でも高いと思いますよ。

今後

ここまでの高値をつけると、主幹事の大和が吊り上げ工作をやったんじゃないの?という噂にもなりますし、すでにきな臭い話ばかりで当事者の仲さんが直接会見すべきだと思うのですが、上場に対しての会見は都合がつかないので拒否wというありえない逃げの小五郎を噛ましました。

直前のUUUMを含めて、最近のIPOは初値が最高値なので、Wantedlyだけが特別ということはありませんので、この時点ではあれこれ言われることはないのですが、すぐに今期の決算発表が来月に控えており、ここで壮絶クソ決算を発表して上場ゴールにダメ押しをする決定打をしてくれるのではないか?と思います。

それまでに大株主は持ち株を徐々に一ヶ月ちょっとかけて整理に来るでしょうし、決算発表までずるずると下げ続け、下方修正の発表直後に猛烈に下げると思われます。直前の四半期ですら営業利益マイナスの経常利益で百万円ちょっとの黒字なので「大赤字になっちゃった、ごめんねw」と言い出してもなんら不思議ではありません。

ここで体調不良あたりを理由にして会見を逃げてCTOの川崎さんにすべての責任押し付けたら、もはや規格外の天才だと思います。天才サイコパス、仲暁子と呼ばれる逸材であり、ジョブズ氏を越えるような世界中に名を轟かすIT起業家になると思います。輝け、日本の仲社長!っと陰ながら応援しております。

まとめ

IPO当選組はおめでとうございます!40万円のお小遣いゲットで美味しいものでも食べてください。セカンダリーのやり手は初値で買って5,300円で売り抜けたんでしょうが、極少数だと思います、お見事です!残りの個人投資家はバカ野郎だと思いますが、大和と仲社長に貢いでくださいw

今年の株主総会は大荒れの地獄絵図になるんだろうと思います。ありえないくらい価格が落ちたら、私も一枚買って来年の株主総会には出席したいと思っていますw その様子をレポートして販売しようと思っているので楽しみにしていてくださいw

23+