じゃあ、トランプ大統領2

トランプ大統領が就任して、大統領令を連発して、ガンガンやりたい放題に進めています。外交面をメインに考えてみたいと思います。長くしたくないので、出来るだけ簡潔にします。

メキシコ

「本当にやるのかよ?w」と思ったのがメキシコとの国境に壁を作って、その壁にかかる費用はメキシコに請求する、ということですが、アメリカ-メキシコの国境って、半端なく長いので、壁だけでなく、その警護をするのも凄まじく費用がかかります。本当にするの???

アメリカとメキシコに限らず、中南米って、密接に結びついていて、ある意味でアメリカの経済植民地です。中南米の政権、政府系企業、財閥などはアメリカの息がかかっていて、それに反発しているのはキューバだけです。

アメリカと中南米の経済格差が広がれば、広がるほど、中南米から、不法移民がアメリカになだれ込んできます。そりゃ、治安が悪くて、仕事のない本国に見切りをつけ、隣国でやり直したい人はたくさんいるでしょう?

その不法移民を使って、アメリカ人は低価格でサービスを受け取っているので、不法移民が全然いなくなったら、アメリカの物価は激高になるでしょう。特にラティーノを中心に運営しているサービスセクターはえらいことになるでしょうね。

すでに1,000万人と言われる不法移民の大半がラティーノだし、市民権、永住権を持っているラティーノを入れると、完全に一大勢力ですし、そのコミュニティで生活するなら、英語すらほとんど話せる必要もないし、不法労働先にも不自由しません。アメリカ人は単純作業が嫌いなので、市民だけでは間に合わないからです。

こういう状況で、壁を作り、NAFTA(北米自由貿易協定)を無視して、メキシコからの人、物を拒むとなると、メキシコ経済は大混乱して、経済難民化したメキシコ人は意地になって、今以上にアメリカを目指しませんか?私の目には逆効果になるように映ります。

イスラム

アメリカのテロって、イスラム系難民出身で、アメリカ育ちのアメリカ人、永住権保持者が圧倒的に多いですよ。そして、彼らって、独特のコミュニティを形成するので、ラティーノよりも閉鎖的で、地域社会から隔絶されています。

ニューヨーク近郊を通りがかった時にイスラムタウンを見たんですけど、HARAL、と書かれた看板、フードスタンプ使えます、と書かれた看板が商店街を埋めていて、イスラム系住民しかいない、となると、近隣住民には威圧感が凄いでしょう。

イスラム、と言うことを除くと、中東系の見た目って、白人に近くて、濃い目の南欧系といっても、通ってしまうくらいなので、非イスラム化が進むと、白人社会に同化するんですが、イスラムの教え的にはそれはほとんどなく、せいぜい世俗化するだけで、イスラムを止めることはほとんどありません。

シンガポールのマレー系も普通に酒飲んでる人も珍しくないし、礼拝もほとんどしないので、日本人が仏教徒、というくらい緩いイスラム教徒もいるですけど、それでも豚は食べないし、イスラムを止めもしません。家族からの強い圧力があるのでしょう。

さて、トランプ大統領は特定国籍を持つ人の入国禁止、シリア難民の受け入れ停止をしようとしています。実際に空港で足止め食らった人、アメリカ行きの飛行機から搭乗拒否食らった人が出ているようです。シリア人って必ずしもイスラムじゃないですけど、難民が治安を悪化させると言う意味では同じでしょう。

正規にビザを持っていて、いきなり入国拒否された人は気の毒ですけど、まぁ、わからんでもないんですよ。イスラム系は地域社会に馴染まないし、同化もしない。過激派に影響されてテロまで起こす。「もう、来るなよ!」っと言いたくなる気持ちもわかります。

更にリベラル派がイスラム系難民を助けるような動きをするのですから、腹ただしいことこと上ないのでしょう。図に乗って弱者様として、あれこれ文句言い放題ですし、苛立ったアメリカ国民はトランプ大統領の強行姿勢を黙って支持しているです。

日本

トランプ大統領は日本を過大評価してから節があり、バブルの頃にマンハッタンの不動産を買い漁った頃のイメージを持ち続けているんでしょうけど、実際、日本企業はアメリカでそれほど強い立場でもなく、強いのは自動車産業だけで、後は日本製なんてほとんど見ません。

TPPを実行して、得をするのはむしろアメリカで、日本の具体的メリットはあまり見えてきません。アメリカは金融、ITなどを規制廃止させて売りまくれますけど、日本は日本車の輸出くらいしかメリットがなく、現地生産が進んでいるので、それもどの程度の効果があるのか謎です。

TPPは実質的に日本、アメリカの二国間協定に他の国が乗っかって来るだけなので、アメリカが降りたら、ほとんど意味がないものになります。今までの外交努力はなんだったんだ?、と言う話ですが、日本のメリットがよく見えない話だったので、もういいんじゃないですか?

アメリカにとって脅威は日本じゃなくて、中国ですよ。目に見えない形でメイドインチャイナはアメリカを侵食してますし、米国債を叩き売られそうになったら、戦争によって、無効にする必要があります。

日本は米国債を買い増すことはあっても、絶対に売れません。売って、アメリカを混乱に陥れたら、在日米軍は引き上げ、中国はここぞとばかりに侵攻してくるので、米国債は借金と言う名の上納金であって、返ってくると思っているのがアホウですよ。

まとめ

大統領令って言うのが実質的にどういう扱いになるのかわかりません。公約もしたことだし、乱発しといて、ダメそうなら、取り下げてしまうのか、本気でやるつもりなのかわかりません。本気なのか、冗談なのかわからない男です。

何かとネタを提供してくれるおじさんですが、在米邦人は気が気ではないでしょう。特に在米邦人は日本が二重国籍を認めてないので、永住権止まりで、アメリカ国籍を取ってない人も多いですから、外国人としていきなり追放されたら、堪りません。

私としてはアメリカのTPP離脱は日本にとって悪い話ではないと思うし、まだ、在日米軍の撤退まで踏み込んでないので、高みの見物です。しばらくしたら、他の視点から記事にしようかな、と思います。

0