じゃあ、キュレーションサイト

時事ネタを連発します。

ぬるりと生きる、もキュレーションサイトに無断転用されたことがありますが、どうでもいいので、特に何もしていません。でも、ブログを大きな収入源にしている人からすれば、たまったものではないでしょう。

DeNA

元々はオークションサイトをやっていたけど、そんなありふれた商売では大手に対抗できず、廃課金に手を染めた、グレーゾーンの怪しいソシャゲ屋だったのに、どさくさにまぎれて、プロ野球球団を買い、既得権益に足を踏み入れ、任天堂と業務提携もして、ご立派な会社になったなぁ、という感じです。一方、競合だったグリーはとんと聞かなくなりました。

そのDeNAも創業者の南場さんはがんに蝕まれた夫の介護専念を決めて、創業間もない頃に入ってきたサラリーマン社長、守安さんにトップが変わり、競争の激化、規制との戦いであるソシャゲ一本槍から徐々に経営の多角化を目指しているようで、今回のキュレーションサイトでやらかしました。

私の理解では他のブログから無断転載、裏の取らない適当な記事をクラウドソーシングで雇ったバイトに格安で書かせて、大量に投入して、グーグル様を欺き、人気サイトに見せかけたということで、窃盗犯、医療記事は風説の流布にあたるのでしょうか?病気に苦しむ人が藁にもすがる思いで、ネット検索しているのに、嘘流すのは心情的に重罪です。

村田マリ女史

私はこの人を初めて見たとき、すごく口元が歪んだ人だな、と思いました。口元が歪んだ人って、病的な嘘つき、詐欺師が多い、というイメージを持っていて、いい印象を受けませんでした。口元がゆがむのは後ろめたいことするから、真っ直ぐ向けないからでしょうか?

ネット検索をして調べてみると、この人は愛知県の裕福な家で甘やかされた、要領のいい女性で、早稲田大学(もちろん、文系)を出て、サイバーエイジェント入社、といかにもチャラそうな経歴の人です。だけど、この人はよくいるチャラだけの人ではありません。

サイバーエイジェントで培ったノウハウ、人脈で、下らないサイトを高額で売りつける天才的なベシャリ術を持っていて、DeNAに売りつける前に数億円を手にしています。そして、今回のiemoに関しては一度も決算を終えてない状態の会社を10-15億円で売りつけたそうです。完全に錬金術ですよ。

単に彼女のベシャリが凄まじいだけでなく、彼女の夫がDeNA出資の投資ファンドのマネージャーとして、買収に絡んでいるみたいです。直接でないにしろ、身内の会社を買ってしまうなんて、上場企業がこんなことやっていいのかよ?、と思います。もしかしたら、DeNA株主から集団訴訟起こされるかもしれません。少なくとも私が株主なら、かなり頭に来ます。

彼女は前のバイアウトで税金の大変さを学んでいたので、すでにシンガポールに移住していて、キャピタルゲインを避けようとしています。移住後、5年は税務署から逃れられないので、支払いを先に伸ばすなど、狙ってやっていることだと思います。

この手の怪しい人がやたら来るので、シンガポールは怪しいと言われるのですw 節税の為に移住して、シンガポールにコンドミニアム買って、レンタルオフィスを用意して、リモートワークしても元が取れます。DeNAの執行役員としての報酬も節税できますしね。

予想

これだけの大掛かりな詐欺を働いても、村田マリ女史は健康上理由でシンガポールから帰国して記者会見にすら出ません。これはソーシャルメディア界の小保方女史と言っていいのではないか?、と思います。そして、このまま説明義務を果たさず、ほとぼり冷めた頃に自分に同情的な文化人と対談して、原因は「男の嫉妬」と言い出すのでしょう。

すでに一線退いているのに、創業者としての責任とって、表舞台に戻った南場さんを女性だから、とあれこれ言う人はいないですから、男女関係なく、やらかしておいて、逃げる奴は叩かれるんですよ。パクって、嘘を垂れ流したんだから、誰だって叩かれますよ。

ここまでやれば、表舞台には復帰できないでしょうし、騙し取った10億円を大事に使いながら、暮らしていくしかないのだろう、と思います。もしかしたら、民事で告訴はされるかもしれませんが、豚箱には堕ちないでしょう。DeNAから夫婦に返還訴訟を起こされるかもしれたら、身包みはがされるかもしれません。

社長の守安さんも当事者として、買収をしてますし、この一件から逃げ切れるかは怪しいところで、おおよそDeNAの時価総額、3800億円、売上1000億円規模なので、決定的とも言えないし、株価もえらいことにはなってませんし、逃げ切れるかもしれません。東大、オラクルというサラリーマンエリート人生を捨てて、DeNAに賭けて、社長になれたのに、その座が危うくなりましたね。

まとめ

情報をお金にする時代で、口がうまく、それっぽさかあれば、なんでもできてしまう時代で、本当に気をつけておかないと、騙されてしまいます。元々、サイバーエイジェントは大学のサークルの延長戦で、ウェーイ系の若者が起こした会社で、社員もそんな感じですが、それが行き着くとこんな感じなんだな、と思いました。

弱小ブログ運営者としては無断転載、コピペを本当に罰してもらいたいです。つまらないブログでも著作権はあるので、丸パクリはやめてもらいたいです。出典を明確にいて、引用くらいなら、まだ、良いんですけどねぇ。ネット上での著作権、根拠についてもっと明文化したほうがいいと思います。