じゃあ、金正男氏

北朝鮮、首領、金正恩氏の兄である金正男氏がマレーシアで命を落とした、と言うニュースがあり、安否を気にしています。以前からのぬるり読者さんは知っていると思いますが、私は北朝鮮フリークで、正男氏にも注目していました。

誕生

金正男氏は北朝鮮、2代目、金正日氏の長男として生まれているのですが、その誕生は祝福されたものではなく、母親は韓国生まれで、北朝鮮に渡ってきた女優で夫、子供がいる人妻だったからです。

映画好きで知られる金正日氏が人妻を気に入って、略奪し、自分のものにしてしまった為、初代、金日成氏は腹を立て、その関係を認めなかったようです。誰がどう見ても、世間体が悪いし、後継として相応しい生まれではありません。

北朝鮮の後継者問題がなかなか収束しなかったのは儒教思想において、長男は絶対であるものの、正男氏は公にしづらい存在であったため、次男、三男のどちらに後継させるか?、を正日氏は亡くなる直前まで、決めあぐねたようです。

結局、三男、正恩氏が後継しますが、その理由として、次男、正哲氏が海外メディアに撮影されるなど、軽率行動が目立った上、三男、正恩氏の方が初代、日成氏に見た目が似ていたから、だと言われています。

成長

北朝鮮、金家の子弟はスイスのインターナショナルスクールに進学し、高校までを過ごし、ロシアで高等教育を受けるのが一般的なので、金正男氏も同様の育ち方をしたそうです。

金正男氏はITに興味があり、学校を卒業してから、北朝鮮のITインフラを整備する仕事をしていたことがあるそうですが、やはり、存在を公に出来ず、海外に隔離されるようになったようです。

海外暮らしが長い為、リベラルな考え方をするひとらしく、北朝鮮の独裁体制に対して批判的なことをインタビューで言ったりして、距離を置くような態度を取り続けました。

彼が鮮烈なデビューを果たすのは日本に偽造パスポートで入国し、東京ディズニーランドを楽しもうとする姿が王子とは見えない庶民的な姿、農協のおっさんのような正男さんに私のような北朝鮮フリークを虜にしました。

まず、名前が「まさお」と読めるので、日本人みたいですし、昔、ラモス瑠偉氏が宣伝していたJリーグカレーの小太りで愛らしいまさお君をイメージさせて、なんとも言えないギャップ萌えをしたわけです。

近況

マカオを拠点において、アジアを動き回っていたようですが、具体的に何をしていたのかわかりません。シンガポールにも来てたようで、私には挨拶がありませんでしたが、マリーナベイサンズホテルにも長期逗留したそうです。

ちなみに次弟の金正哲氏もシンガポールに来ていたことがあり、大好きなエリッククラプトン氏のコンサートを見に来たそうで、これもまた私には挨拶がありませんでしたので、私はテレビ番組の報道で後から知りました。

どうも、シンガポールは北朝鮮パスポートでも、簡単に入国を認めるらしく、それで来るみたいです。お金を持った人は来るもの拒まず、という姿勢の国ですから、よくわらかない国籍の人も沢山いる国です。

ともかく、正男氏はアジアを動き回って何かをしていたみたいで、その原資は北朝鮮から出て来たのか?、中国から出ていたのか?、はわかりませんが、色んな思惑が錯綜して、面倒になって来て、北朝鮮は消す、という選択をしたのかもしれません。

ハンソル氏

私の心を鷲掴みにしたのが正男氏の息子、ハンソクル氏で、マカオのインターナショナルスクールから、世界各地にある名門のUnited World College のボスニア校に進学し、その時に元国連の女性からインタビューを受けたので、早速見ました。

韓流メガネを掛けた正男氏に似た少年は父親の影響を受けたリベラルな思想を語り、国家権力の世襲、独裁について否定的なことを述べました。後は特に面白くはなく、恵まれたボンボンにありがちな抽象的な自分の将来像を語っていただけです。

自分の存在を公にすることで、叔父の正恩氏を牽制したかったのでしょうが、それにしても思い切った行動に出たと思います。このネット社会ではクラスメイトの誰が情報を出すかわからないし、自分で出した方が得なのかもしれません。

その後、パリ政治学院の外国人コースに進学、卒業し、オックスフォードの院から入学許可が出たものの、進学、しなかった、との情報がありますが、真偽はわからず、行方が知らなくなりました。

儒教思想からすれば、彼は長男の長男で、正当後継者になりますので、本来、分家である正恩氏からすると、面倒な存在であるのは間違いありませんし、どういう立ち回りをするのか?、が注目されます。おそらく、アメリカに亡命、国連あたりでマスコットするのではないか?、と思います。

まとめ

昨日、北朝鮮フリークとして、正男氏ファンとしては心中穏やかではないニュースが飛び込んで来て、誤報であることを祈りつつ、若干不謹慎であるかもしれないと思いつつ、より多くの人とこの問題について考えたいと思い、記事を書くことにしました。

彼の存在が緩衝材になっていた可能性もあり、良いにしろ、悪いにしろ、大きな転換期になるのかもしれません。北朝鮮の体制、中国との関係、日本との関係に多かれ少なかれ影響を持っていたことは事実ですので、歴史的事件だろうとは思います。

0