じゃあ、米移民一世成功者

アメリカのすごいところは移民一世の成功者が多くいることです。一世とは言っても移民時期、環境は違います。

子供

台湾勢のYahoo、ジェリーヤン、Ndiviaファンジェンセン両氏は子供の頃に移民しており、台湾語、マンダリンはほとんど話せないようです。このケースはアメリカ人と変わりません。

Googleブリン氏もロシア移民一世のはずですが、これもロシア語が話せないレベルの幼い頃に移民しています。

投資家、ピーターティール氏も同様に子供の頃にアメリカに来たドイツ移民一世です。

最近だと、Doordashで一山当てた中国系アメリカ人もアメリカ生まれ、子供の頃に親と渡米した人たちですね。

中高

意外ですが、中高で米国移民して成功した人が思いつきません。バイリンガルという意味では最も良い時期だと思いますが、ビジネス上の成功には結びつかないのでしょうか?

強いて挙げると、ソフトバンク、孫正義氏は高校中退して渡米してますが、帰国して起業してますので、米国移民で成功したわけではありません。ソフトバンクの成功がアメリカに大きく依存はしてますが。

学部

これもまた思いつきません。誰かいるのでしょうか?学部からアメリカに行く人は最も多いはずですが、不思議なくらい思いつきません。ただ、孫正義氏のように帰国して成功した人は割と多くいるように思います。

学部後

インド三銃士、ピチャイ、ナデラ、アローラ各氏は学部まではインドで修士からアメリカ、そのまま現地就職組です。Germin、カオ氏は博士からアメリカ、起業の流れです。

日本からだと、小ぶりではありますが、Anyperk、福山太郎さんが学部までは日本、アメリカ起業で一定のラウンドまで駒を進めました。

きちんと移民してませんが、初期のMicrosoftでナンバースリーだった、西和彦氏がアメリカ、Microsoftに出入りし出したのも大学中退後の話です。

すでに表舞台からは姿を消しましたが、WeWork、アダムニューマン氏は兵役後なので、学部卒くらいの年齢で渡米しています。子供の頃に数年アメリカに住んだことがあるみたいです。

二十代後半以降

これもまた思いつきません。

無理矢理捻り出すと、投資家のジョージソロス氏が該当しますが、彼はイギリスの大学を出て、アメリカに再移住をしてます。

Forever21 ド氏は高等教育を受けてませんが、二十代後半でアメリカ移住していますので、ここに該当しますね。超叩き上げなので、例にして良いのか迷いますが。

元々ネイティブ

マスク氏だとか、ストリンガー氏だとかみたいにそもそも英語ネイティブだと、地方から上京した人とほとんど変わらないと言えます。

まとめ

ほぼアメリカ人と変わらないアメリカ育ちは別にして、移民一世の中で最も成功者が多いのは学部卒業以降なのは面白いです。そして、三十路近くなると居なくなります。

実例を見ると、出来るだけ早く行かなければ、アメリカで成功できないというのは嘘だと思います。日本の大学でしっかり学んで渡米しても十分間に合うのではないでしょうか?

12+