じゃあ、中国の問題

中国が大躍進してかつての栄華を取り戻していますけど、やはり問題の多い国でもあります。

独裁

中国は中央政府の独裁でないと、成立しない国であり、過去においても、中央の影響力低下から地方豪族の台頭、内乱、という流れを繰り返してきました。順番からすると、モンゴル系勢力が台頭してもおかしくありません。

その為、曖昧に資本主義は受け入れても、民主化は受け入れられず、選挙なんてあってないようなものだし、不平等、差別は消えることはないし、人権無視も当たり前に行われます。そうでないと、暴動が抑えられなくなるからです。

この問題を解決できないと、人々が安心して暮らせるようにはならず、中国がいくら発展しようが、お金持ち、優秀な人は国を離れていきますし、他国に基盤を持ち、すぐにでも逃げられる態勢を用意することを止めません。

出来るだけ多くの人が幸せに暮らすには出来るだけ民主的に物事を決め、出来るだけ機会平等を広めていくことなんですけど、現在の中国は先進国レベルではなく、発展途上国の独裁国家とさほど変わらない環境です。

法律

中国って、法律があってないようなものであり、権力者ほど、法律を無視しています。汚職取り締まりをしている人が一番酷い汚職をしているような国ですから、誰もルールを守ろうしないのです。

「上有政策、下有対策」と言われますが、法律があっても、その抜け道を作ったり、罰則、罰金がない、少しなら、平気で無視してしたいようにするやり方が社会的に当たり前になっています。

権力を持つと横領、汚職をし、コネを持つ人が最優先にされるので、何も持たない人は喚き散らして横入りするしかない為、中国人は煩い、マナーがない、と言われるんです。静かにマナーを守ると、いつまで経っても自分の番が回ってきません。

そうなると、どれだけ経済的に裕福になっても、中国人は尊敬されませんし、どこに行ってもトラブルを起こす迷惑な人たちとして認識されます。徐々に中国人のマナー向上は見られるものの、都市生活者のミドル以上だけの話であり、ローアーミドル以下は目を背けたくなるくらいひどいものです。

人口

中国の人口は多いですが、一人っ子政策、経済発展によって、とんでもない少子高齢化が進んでいます。つまり、日本よりも激しく、高齢者に対する社会負担を強いられるわけです。負担になる高齢者を放置出来るのでしょうか?

中国なら自立できない高齢者を一か所に集めて、最低限の世話だけ行う飼育施設を作って、強制連行、収容しかねませんが、流石に人権無視してますから、国内外から強烈な非難を浴びるでしょうし、親との関係が深い中国人には耐えられることではないでしょう。

かつ、中国はアメリカと違い、若い移民を受け入れている国ではありません。経済的メリットで華人を中心とした技能移民はいますが、彼らは中国に骨を埋めるつもりなど毛頭なく、短期の出稼ぎとしか考えてません。リスクが高すぎるからです。

つまり、中国は人口が爆発的に多いが、バランスを失い、極端な人口オーナスを迎えることが確定的であり、順調な拡張政策はすでに終わり、労働人口はピークアウトして、少しづつボディーブローが効いてくる段階に入りつつあります。

まとめ

確かに中国は日本を抜き返し、アジアの盟主としての立場を確定させつつありますが、日本を追随するように同じ轍を踏んでいるだけではなく、国土、人口、経済規模が大きい分だけ、もっと激しいロストジェネレーションを迎えることも確定的です。

もっとも、中国首脳のこの事実を知らないわけもなく、独裁によって日本の二の舞にならないように注意はしてますが、政策で全体の流れを止めることは極めて困難であり、少なくとも私の目には日本とほとんど同じ流れでピークアウトを迎えているように見えます。

26+