じゃあ、ニュージーランド

羊のイメージしかないニュージーランドについて記事にしたいと思います。

自然

ニュージーランドは同じ島国であり、地震に悩まされる国だという印象を持つ日本人は多いのではないだろうか?、と思います。実際、クライストチャーチの大地震がありましたし、地震の副産物である温泉も楽しむことが出来るそうで、日本人がニュージーランドで温泉旅館を経営しているという話を聞いたことがあります。

自然豊かではあるんですが、兄弟国のオーストラリアのように資源に恵まれているわけでもなく、その辺も日本に似ています。何をニュージーランドに求めるか?、となると、そんなに長い歴史があるわけでもなく、独自のエンターテイメントがあるわけでもないので、やはり自然を楽しむ場所ではないか?、と思います。森の中の洞窟ツアーなんて、いいなぁ、と個人的には思っていますが、都会派の人にはオークランドすら、片田舎に感じるのではないか?、と思います。

ニュージーランド人って、キウイって言われますけど、英語ネイティブの白人にしては田舎くさくて、どぎつい訛りの英語で話す素朴な人って感じで、アメリカ人みたいに偉そうでもないし、イギリス人みたいにすかしてもいません。似ているのはオーストラリア人ですが、彼らほど差別的な感じもしないですし、カナダ人ほどリベラルでもなく、なんと表現したらいいのかわかりません。

金融

実はニュージーランドって金融国家でもあるって知っていましたか?キー前首相もバリバリの投資銀行マンでしたし、今のイングリッシュ首相も財務畑出身なので、グレーなお金も受け入れるんです。国営企業すら外資にうっぱらって、お金にしてしますし、お金さえ持っていれば誰でも受け入れてくれる国なんですよ。こういう腹黒い感じは旧宗主国のイギリスに似ています。

徐々に国民の反対を食らって、単にお金を持ってくる外国人に永住権、国籍を与える法律を改正する国が多いのですが、ニュージーランドは1億円少々持っていれば、永住権も買えるし、一度取ったら、ニュージーランドにいなくても、失効することもありません。また、ニュージーランド国籍保持者はオーストラリアに無審査で移住できるので、徐々に厳しくなるオーストラリアへの移住迂回地としても機能しています。

ベネッセのオーナーがニュージーランド移住しましたが、これは相続税逃れのためで、ニュージーランドは相続逃れビジネスも始めています。相続が主な目的の移住なら、法律が一夜のうちに変わってしまうシンガポールよりも、比較的安定しているニュージーランドのほうが税金対策したいなら、良いような気がします。特に子供がいるなら、英語一元教育できる純英語圏のほうがいいでしょう。

欧州だとアイルランドが似た感じで、英語圏、EU圏内を売りにして、金融ビジネスに手を染めています。小国の戦略みたいなもので、多少グレーだろうが、生き残るためには必死なんだと思いますし、別に嫌な感じはしません。きれいごと言って、すべてを失うほうが悪いに決まっています。

まとめ

こんな記事を書いておきながら、私は一度もニュージーランドに行ったことないのですが、ちょっと前から注目していて、時間を取って、調査に行こうと思っています。事前調査して、メリットははっきりある国なので、感情的に嫌じゃなければ、何かしらの形で積極的にかかわってもいいのではないだろうか?、と思っています。

調査段階ではコスパは悪くないと思っていて、シンガポールほどは物価も高くなく、税金もそれほど高くはありません。比較的治安もよく、社会保障もしっかりして、政治的混乱もないので、いきなり政変が起きて、状況が一変する可能性はないでしょう。今のシンガポールだと、税金の安さは物価の高さに食われて、旨みがどんどん薄れてきています。