じゃあ、アメリカのセクハラ

電通セクハラに思うところがあったであろう読者さんからリクエストをもらいましたので、記事にしたいと思います。

MeToo#で揺れるアメリカですが、この国は日本よりも激しいです。にもかかわらず、セクハラ被害は日本より多く、その内容もえげつないものが多いです。その辺を書きたいと思います。

実情

一般的にセクハラルール自体はアメリカの方が圧倒的に厳しく、揺るがない証拠があり、それを人事に訴えたら、それでセクハラ加害者は社会的に抹殺されます。日本のオッサンが日本企業感覚でアメリカ人女性に接したら、かなり危険です。実際、トヨタ、東芝の現地法人がセクハラでやられています。

西海岸のIT企業に至ってはセクハラどころか、性差について疑問を呈することすら許されていません。女性は能力、興味の観点でエンジニア向きではない人が多い、という意見を出したグーグル社員はフェミグループにカチコミされて解雇されました。その辺は記事にしたことがあるので、読んでない人は読んでみたら良いと思います。

私の実体験でもアメリカ企業は多かれ少なかれセクハラに敏感で、管理職は個室が与えられてますが、開けっ放しにしているのは誰かが入ってきて、閉まっていたらセクハラでやられかねないからです。だから、一人で仕事に集中したい時以外は閉めません。

そこまで厳しいルールはあっても、アメリカはセクハラ社会ですし、言い換えると、厳しい罰則を加えなければ、とてもセクハラが抑えられないくらい激しい社会だともいえるでしょう。「安全第一」と標語のある職場は危険だからって話と同じです。

アメリカン・ドリーム

アメリカ人ってストレートな欲望を持っていて、金、性、名誉に渇望しています。子供のころからお金で住む地域、通う学校が違いますし、プロムという非リアには拷問みたいなイベントが学校公式であります。スクールカーストも日本より激しく、そこに人種の壁もあります。

典型的なアメリカンドリームのなかに成功して、ブロンド、青目の美女、美男を手にする、というものがありますし、その体現者がトランプ大統領だといっていいだろうと思います。そういうアメリカ人の潜在的欲求がトランプ氏の支持者層になっているわけですね。

非白人にとっても、強烈な劣等感を解消するのは典型的な白人を物にして、自分が白人の仲間入りすること、ということも多いです。タイガーウッズ、マザーは両方とも白人に心の底から焦がれているのが傍目にも伝わってくるくらいですし、そういう社会だといっていいでしょう。

つまり、トロフィーワイフという言葉がありますが、アメリカでは人生の成功者としての証明に手にしたパートナーの属性が大きく影響する社会であり、特に保守層はその考えが頭に仕込みんでいます。成功へのあくなき欲求の強い人ほど、性欲も強いです。

文化

アメリカ人のナンパってすごく激しいですよ。セクハラギリギリの線まで打って打って打ちまくるのが当たり前で、女性が渋々「仕方ないなぁ」と諦めるまで延々と続けますし、デートに行ったら三回までにはセックスに持ち込むことを至上命題にして取り組みます。

そして、重要なことなんですが、日本人みたいに「告白する」という習慣もないので、流れでオッケーなのか、ダメなのか、というのを判断することになります。日本人女性が日本人男性に対するような気軽さで数回デートに応じて、相手の家まで行って、拒んでも、ほぼ間違いなくやられます。セックスのために尽くしてきたんだから当たり前です。

だから、白人=紳士、というイメージを持っている日本人女性は多いですが、彼らは「セックスしたい」為だけにひたすら擬態に徹しているだけで、女性を尊敬し、尊重している、というわけでも何でもありません。その辺はアジア人よりも性欲が強い人たちなんだから当たり前ですし、黒人はもっと激しいですね。

チャンスがあれば、狙うのが当たり前で、それが職場だから自重しよう、とはならない人が多いわけです。クリントン氏なんてホワイトハウスで不倫していましたし、中絶反対を叫んでいた議員が不倫相手に中絶強要したとか、笑えない話があるみたいに、性欲を我慢できない人なんです。

まとめ

大した罰則もないのに、それほどセクハラがない日本人男性は大人しいと言えば、大人しいですし、セクハラと言っても、元電通、岸さんみたいなえげつないものは少なく、不快になる程度のものが多いと思います。マスコミみたいに獰猛な人種が生きているところでないなら、一般的にアジア人男性は大人しいので、そうなんでしょう。

つまり、どれだけ罰則を強化しても、やるやつはやるし、それが人間だってことなんでしょうね。合意の有無もかなり微妙な線ですし、白人みたいに告白する文化もない人たちからすれば、行けそうだから行った、ということはほぼ確実になくならないでしょう。

その反面、ガンガン行くことで、女性が嫌がった時点でセクハラ処罰というのを厳格化すると、草食男子とかいう面倒だから女性にがっつかなくなる男性も増えてくるだけで、若くない、見た目もよくない、消極的、受け身な女性は相手が見つからなくなります。なかなか難しいものです。

15+