じゃあ、インド人躍進

最近、インド人の躍進は目を見張るものがあります。グーグル、マイクロソフトの雇われ社長はインド人ですし、アメリカのビジネス界で雇われ社長としてそこらじゅうで見るようになりました。この彼らの特徴は大学まではインドにいて、アメリカ生まれ、アメリカ育ちではないことです。

アメリカ育ちの中国系ということなら、ヤフー、ジェリー・ヤン氏、NDIVIA、ジェンセン・フアン氏などの台湾勢の躍進が目立ちますが、彼らは幼少期に渡米しており、半ばアメリカ人として育っていますので、大学まで本国で過ごしたインド勢の躍進とはまた少し違います。

英語

インド人が英語を教育言語として採用しているのはアメリカで成功するのに大きい要素だろうと思います。かなり訛ってはいますが、読み書きに不自由するようなインド人エリートはいませんし、渡米してしばらく経てば、徐々にビジネス上でも問題ないレベルになってきます。

これが日本人なり、中国人だと、大学まで母国にいるとエリートですら英語の読み書きすら怪しいレベルであることが珍しくなく、英語論文を自分で書き切れる人はかなり珍しいです。かなり添削してもらって、なんとか学会提出するレベルだと言っていいでしょう。

有能であることは誰が見ても明らかな孫正義氏は日本の高校を中退して渡米し、アメリカの大学を出ていますが、はっきり言って英会話は下手なので、あのままアメリカに留まってスプリントに就職してもマネージャーにすらなれなかっただろうと思います。帰国して大正解です。

そうなると、日本語母語話者はよほど語学センスのいい人でもないなら、ソニー、平井氏みたいに幼少期から日米を行き来するような人生でも送らないと、アメリカで経営者になれるほどの英語力は身につかないことに成ります。その点でインド人は大きなアドバンテージを持っているといえるでしょう。

論理

インド人と接した人は知っていると思いますが、彼らはすごく理屈っぽく細かいところを延々とついてきますし、本質的に議論をすることが好きみたいです。お得意の首を左右に振りながらフムフム、と辛抱強く聞きます。だから、延々と交渉することも厭わないし根負けして諦めることも余りありません。

アングロサクソンと対峙する場合、議論を避けることは出来ませんし、何をするにはひたすら交渉することになります。これを東アジア人は苦手とするので食い物されるし、信頼もされないのです。東アジア人は議論に慣れていないので、激論を交わすことで疲労したり、感情的になって諦めてしまうのです。

この論理性、交渉術が身につかないとアングロサクソン社会では生き残れず、特にGM以上の幹部職は務められません。アメリカでは実務しない人は常にギリギリの厳しい折衝ばかりを担当することになるので、決断力、忍耐力、精神力がずば抜けてないとダメです。

日本人は部長と名乗っているのに実務していたり、ろくに権限も与えられていないこともざらにあることからわかるように、特に日本人は巨大な権限を与える代わりに、その責任も強く取らせるという慣習がないので、管理力が身につかないのです。だから、日本企業の管理職は管理などしていません。

アングロサクソン経営だとGM以上は中小企業の社長並の権限があると同時に、数字が出なければ即解雇になるリスクと向き合って仕事をするので、些細なことで腹を立てて怒鳴る、パワハラするような小心な人には勤まりません。インド人はアングロサクソン経営の幹部を出来る能力がある人が少なくない、ということでしょう。

金銭

インド人と話しているとびっくりするのは「金、金、金」なんですよ。貧困層がそういうスタンスなら理解できますが、お金にさほど困らない中流以上の家庭出身でも常にお金が価値基準でそこにブレがありません。日本人なら恥ずかしくなるくらいはっきりと、お金の為だ、と言い切ります。

だから、インド人はお金にならないことは一切勉強したがらないので、インドのトップスクールはIIT(India Institute of Technology)と国立工業大学群であり、アメリカで活躍するインド人ビジネスマンは大抵がここの出身者で、アメリカの大学院に奨学金をもらって渡米することからキャリアスタートですね。

インド人に理論系専攻は本当に人気がなく誰もやりたがりませんし、文系は弁護士志望者くらいしか聞いたことがありません。例外的にMBAは大好きみたいで先にあげたインド人たちもMBAを取っています。まず、仕事を見つけ為に理系、偉くなる為に箔をつける、という感じなんでしょう。

アメリカでもMBAの人気が落ちつつあり、コストに対する実利がないのが見えてくると、インド人は当然スルーしてくるようになると思います。彼らにとって利があるのか、ないのか、だけがすべてなので、取り返せない見込みの投資をすることはありません。

こういうわかり易さがアングロサクソンからすると使いやすいのでしょう。意味のわからない情に訴えかけてくる日本人よりも、実利一辺倒のインド人の方が圧倒的に使いやすいのでしょう。仕事熱心だし、数字は出すので、多少通じにくい訛った英語だろうが、そんなものは関係ない、と雇われ社長に抜擢されるんでしょうね。

まとめ

日本人がアメリカ企業の幹部に成ることは日本市場担当役員、ということでもない限りはないだろうと思います。マイクロソフト、アップルでも日本人で本社役員になった人はいるんですが、あくまで日本の市場の大きさを意識した担当役員と言う感じで社長候補を見据えたものではありませんでした。

英語力もそうですが、それ以上にメンタルが日本人的だとアングロサクソン経営には向きません。だから、孫氏のように日本で天下を取ってから、アメリカに殴りこんで日本型の経営をアメリカに合う形で進めるしかないのでしょうね。

日本人からするとドライに見える中国人も日本人ほどじゃないにしろウェットですし、交渉上手でもないのです。感情的に成りやすいし、我慢強くありません。だから、東アジア文化なんでしょうね。良くも悪くも曖昧で優しい人たちなんだと思います。

6+