じゃあ、白人大好き

白人大好きな人って日本人に限らずそこらじゅうに溢れていて珍しいものでもありませんが、その精神構造を記事します。

天下

200年くらい白人(アングロサクソン)が世界の主導権を握り続け、彼らの常識が世界の常識となっているので、白人様には敵わない、という刷り込みがあります。白人が自分達に対しても、この感情を持っていて自分達白人は他の人種よりも優れていると極自然に思っています。

そのため、深い付き合いになると、その優越感がむき出しに成ってくることも少なくなく白人と結婚した非白人はそのコンプにさいなまれることも少なくないです。ワガママで有名な中国人女性ですら白人男性と結婚すると言いなりらしいです。この優越感は根深いです。

権力を持っている、ブランド力がある人間に媚びてしまうのは人間の悲しいサガですし、特に女性が強い男性を望むのは当たり前だといえます。キャリア女性が同じ人種内で自分よりも強い男性がみつけられないと、代償行為として白人男性に行くのは当たり前といえば当たり前です。

母語を同じくしない人間のコミュニケーションは英語、主な国際ルールはアングロサクソン発祥、世界中から優秀な人材がアングロサクソン国家のアメリカを目指し、世界一の経済大国である限りはこの風潮はなくならないでしょうし、我々が生きているうちにこの優勢が消え去ることはないだろうと思います。

建前

白人、特にアングロサクソンって建前が大好きで、常に建前トークしますから、そのキレイごとに酔ってしまう人がいて、二言目には「海外では、、、、。」と言い出す人がいます。こういう人は大して海外を知らないことが多く、単に建前の部分に酔ってしまっているわけです。

まぁ、自分に都合のいいところだけ切り取った主張をしているので、当の白人すらもその手の都合のいい主張にオイオイと思うでしょう。彼らは個人主義を徹底していて、自分に害がなければ黙っていますから「バカじゃねえの?」とは言いません。

白人は自分自身にすら建前、キレイごとを言い続けて、目的を果たす為に追い込んでいくので、我慢できないレベルになると精神的に壊れてしまうことも珍しくありません。そういう文化の中で育っているので、実態はともかく、自信満々に振舞います。

彼らの合法搾取のノウハウは素晴らしいもので、やはりアングロサクソンは白人の中でも図抜けた搾取スキルを持っています。同じゲルマン系でも、ドイツ系は搾取があまり得意ではないのは面白いところです。英国植民地政策は絶妙な生かさず殺さずです。

当然、白人の優れた点はありますが、やはり表裏一体というか、問題点もあり、単に白人サイコー、日本人クソ、というような単純なことはあり得ませんよ。白人の裏を見た上で白人が良いと思うならそれでも良いと思いますが、アジア人との相性は一般的に悪いです。

肉体

やはり、白人は男性的です。黒人はもっと男性的なので、お金や権力を持ってなくてもモテるんですよ。欧州では貧乏なアフリカ系が現地女性を捕まえているのも珍しくありません。彼らはアプローチの仕方もガツガツしてますし、打って打って打ちまくれ!とばかりに女性に喰いつきますし、ベッドインを明確に目的にしています。

アジア人男性が他人種の女性に相手にされづらいのは女性的過ぎるからで、アジア人アイドルなんかは他の人種にはゲイにしか見えないようです。日本で天下取ったジャニーズ芸能人がアメリカに行っても相手にされず、渡辺謙さん、真田広之さんみたいな男臭い男前しか受け入れられないんですよ。

実際、日本人男性の細身でナヨナヨした感じは白人、黒人ではゲイ特有の雰囲気です。日本人男性が好きなスキニージーンズはゲイ御用達ですしね。アジア人男性はゲイに大人気です。ほとんどのアジア人男性がネコ側らしいです。

だから、アジア人女性でも、アジア人男性のナヨナヨした感じでなく、男性的な雰囲気にやられる女性は珍しくありません。特に白人は大人気になるのは当たり前だと言って良いでしょう。ブランド力、男性力を兼ね備えた理想の男性となります。

逆に白人大好きアジア人男性が白人女性が好きな人は少なく、単に白人文化や、エリートっぽさが好きなだけで、白人女性を落とすために筋トレしていたり、少数派のアニメヲタク白人女性を狙って日夜努力していることはほとんどありません。白人女性は男性的なので性対象は女性的なアジア人女性が良いのでしょうね。

経済格差の激しいロシア、ウクライナ人女性を斡旋するお見合いサービスは日本にもありますが、アジア人女性と比べるとメジャーとは言いづらいのはアジア人男性にとって白人女性が性対象にはなりづらいと言うことはありそうです。

まとめ

白人大好きなのは結構だし、偽白人になるのもいい、白人文化にどっぷり浸かるのも良いですが、そういう被れた非白人を白人は嫌います。だから、まともな白人が寄り付かなくなるだけで金と体目当てのカスにしか相手にされなくなりますが、それでもやりたいことはやったらいいと思います。

でも、アジア人X白人って、色んな意味で一般的に相性が悪いですよ。アジア人女性は女性的なので男性に甘えるのが好きですが、白人男性は甘えは許しません。専業主婦なんて以ての外、専業主婦を継続することが離婚原因になることすらあります。感情任せに喚いたり、暴言、DVすれば白人男性は我慢せず、すぐに家を出て行き二度と戻って来ません。

特にベッドでの相性が堪えると言います。白人男性を夫に持つアジア人女性が生理中、妊娠中、出産直後すら求められて気が狂いそうになるとか、白人女性を妻に持つアジア人男性がとんでもない回数をこなせずに心身ともに疲弊するとかはザラに聞きます。お互いに付き合いはじめの新鮮な頃はともかく、結婚して何年も経ってそれはキツイですよ。でも、白人はそれをこなしているんです。

と言うわけで、自分は生まれる人種を間違えたな、白人に生まれるべきだった、と言う人は良いと思いますし、逆にパートナーがアジア人的思考の持ち主なら良いと思いますが、典型的なアジア人が白人に上っ面で憧れて深く関わると、その違いに頭がおかしくなるほど追い込まれることがあるので要注意です。

白人男性でもマイノリティーのギーク系非リアで、真面目な文化系男子なら一般的日本人女性にも合う可能性があります。ドイツ人は白人の中ではシャイな方ですし、日本人との相性は比較的いいんじゃないかと思います。まさに肉食のアングロサクソン、パーティーアニマルのラテンみたいなコテコテは相手にするのがどんどん苦痛になるでしょう。

15+