じゃあ、欲しい移民

どの国も欲しい移民は同じで、奪い合いだと言っても構いません。

投資家

海外から資金を持ってきて、雇用を生み出してくれるなら、どの国でも大歓迎なので、多くの国に投資化スキームの永住権申請が存在します。世界がボーダーレス化すると、お金持っている人が税制優遇していくれる国に逃げるようになってきますし、その受け入れ先は多くあります。

日本は金持ちいじめが大好きなので、金持ちはどんどん国外に出ています。実際、HOYA会長はシンガポール、ベネッセオーナーはニュージーランドに移住しました。もちろん、彼らの目的は節税であり、特に相続税を意識した移住でしょう。日本の相続税は世界にも類を見ないほど高いので、それを避けようとするのは当然です。

駐在員として海外に行くとお客さんとして迎えられるのはそのうち帰るから、というだけでなく、その国に投資して、雇用を生み出す企業の代表者としてきているからで、本人はしがないサラリーマンであっても、投資家の代理人として優遇されるわけです。それに勘違いして、調子に乗る駐在員は多いですが、その人自身は歓迎されないことがほとんどです。

技術者

優秀な技術者はどこでも欲しがるので、奪い合いだといってもいいです。永住権にポイントシステムを持っている国では技術にポイントを与えて、出来る限り技術者を受け入れようとする一方で、スキルのない文系を出来るだけ避けて、拒もうとします。その手の文系大卒はどの国でも余っているので、現地人の雇用を奪う可能性が高いからです。

日本は世界でも類を見ないくらい技術者を冷遇する国なので、優秀な技術者で日本に移民したい人など、ほとんどいないでしょう。苦労して身に着けた技術の対価が何のスキルもない文系と同じ給与テーブルで評価される、というふざけたシステムに納得するわけがありません。優秀な人間ほど自分の勝ちに敏感なのが世界的には当然です。

奴隷

シンガポールの繁栄は奴隷に近い待遇で働く外国人労働者に支えられています。そして、彼らはシンガポールに居つくことが許されず、状況が変わったら、即強制送還される立場にあります。こういう奴隷待遇で構わないなら、どの国でも欲しいに決まっています。雇用の調整弁として都合のいい時だけ使えます。

これが何年かすると、人権が、、、と左翼が騒ぎだすと、単純労働者が永住権、市民権をとるようになり、彼等は生活保護を申請して、社会保障を濫用します。この辺の事情は欧州、オセアニアなど、福祉国家でよく見かける光景で、最終的には国を食いつくす存在になるのは昨今よく見られます。

まとめ

日本が移民を募集しても、優秀な移民はほとんど来ないし、来てくれても、すぐに帰ってしまって、居つきません。来るのは単純労働者、社会保障濫用予備軍がほとんどで、日本のためになるとは思いません。なんで、欧州の大混乱を見ても、こんなことがわからないのかな?、と思います。

労働力不足を嘆くなら、まずはブラック企業の撲滅、ニートが働ける環境づくり、女性の社会進出を促進するための政策を用意して、今あるリソースを生かしてもいないのに、安易に外国から移民を受け入れても、いいことがあるわけがありません。

0