じゃあ、帰れよ!

シンガポールって、希望の国に行けなかったから、仕方なくきている外国人が少なからずいるので、始終文句言っている人も珍しくありません。

英語

日本人現地採用女性で多いのがこのケースで、純英語圏で多少の英語力を身につけて、それを仕事に生かし、伸ばしたい、と思ったけど、現地では文系でスキルがないため、仕事が見つからない、労働許可が出ないので、大卒ならスキルなしでも労働許可が降りるシンガポールに流れてきた人って、よく見かけるんですが、この人たちは文句が多いです。

元々、白人が大好きで、英語、海外に興味を持っているので、シンガポール人のシングリッシュが嫌みたいですし、シンガポールでも白人を追いかけているので、周りのシンガポール人がうっとうしくて仕方ないみたいですし、興味を持たれるのも嫌みたいです。シンガポールにいる白人はスター扱いですし、なかなか相手にされませんが、日本人女性はシンガポール人男性にとって人気なので、興味を持たれる。これが腹ただしいみたいです。

ご自慢のキレイな英語の発音が屋台のおばさんだ、タクシーのおっさんだ、に通じない、とかシングリッシュの文句言いながら、英語ネイティブの前では萎縮してしまって、片言になってしまう、というような英語が価値観のすべてになっている人へと変貌していきます。もう、シンガポールに寄生せず、なんとしてでも白人の国に行きなよ、と言いたくなります。シンガポール、シンガポール人に失礼ですよ。

労働環境

男性だと、バックパッカーだとか、英語圏のFラン文系で学位を取って、変に海外を知ったため、日本の労働環境に疑問を覚え、シンガポールに流れてきたパターンです。この人たちも本当に文句が多く、シンガポールに来たはいいけど、やるのは日本企業の現地採用、外資のジャパンデスクで、日本の労働環境と大して変わらない上、駐在員の待遇に嫉妬して、不満だらけになってしまうのです。

女性だと、日本のオヤジ社会から飛び出して、シンガポールにやって来て、女性が当たり前に管理職やっている姿を見て、日本の文句を言っているって、パターンで、こっちは少数ではありますが、上に上がって行く人もいます。外資のアジア統括として、外国人の部下を持って、ジャパンデスクを乗り越える人もいます。でも、ほとんどが日本企業の現地採用として、すぐに帰る、海外にいる自分に酔って、日本人駐在員、白人との結婚で帰国できることを夢見ながら、惰性で残っているだけです。

シンガポールで現地採用やっているのって、日本でいう派遣社員なので、派遣社員でいいなら、日本でも毎日定時、有給フル消化も可能だと思いますよ。だったら、日本で派遣社員やればいいでしょう?、と言いたくなります。そうではない、正社員待遇で、バランスライフを送りたいのだ!っと言うんでしょうが、それにはスキルが必要なので、大卒と言うだけでは無理です。

外国人版

日本人にはほとんどいませんが、東南アジアの周辺国から優秀層がシンガポールの国立大学に来るんですが、この人たちはほとんど枠のない純英語圏の大学でフルスカラーシップを狙ったものの、希望が叶わず、金満のシンガポールに流れて来ている人がほとんどなので、自国出身者で固まり、シンガポールの文句ばかりを言っています。

この人たちは単なる文句ばかりでもなく、先を見据えて、理系、特に売れ線の電気、情報を専攻しているので、きちんと成果を出せる人は卒業して、職歴つけたら、社内異動とかでシンガポールから出て行きます。やはり、アメリカが希望の人は多いです。文系の人は自費で修士を取りに行くけど、やっぱり、白人社会で通用せず、逃げるようにシンガポールに戻って来る、母国に帰る人がほとんどです。

シンガポールにはよくわからない無国籍風の外国人もたくさんいます。これは遺伝子、生まれ、育ち、国籍がバラバラで、どこにも根をはることができず、ふらふらとシンガポールに流れて来た、というケースです。英語しか話せないけど、ノンネイティブレベルの根無し草です。シンガポール人にもそういう人がいるので、心地よいのでしょう。この人たちもシンガポールの文句ばかり言って、また、どこかにふらふらと移動します。

まとめ

外国人なんだから、文句があらなら、母国に帰るなり、他国に引っ越せよ!っと言いたくなります。シンガポールにいる外国人はシンガポールが好きで仕方ないから、移住して来た、という人はほとんどいないのですが、だったら、黙ってろ!っと言いたくなります。文句があるなら、帰化して、現地人になってから、文句言うべきです。

何でもそうなんですけど、お客さんなら、お客さんらしく振る舞え!っと言うことです。多少の文句があっても、黙っているべきだし、耐えられないなら、さっさと帰ればいいんです。行きたいところが別にあるなら、そこに行く努力をすべきです。全部、自己責任なんだから、人、環境のせいにすべきではありません。

0