じゃあ、極小住宅

極小住宅って、色んな意味で嫌だなぁ、と思います。

使用

都心部、近郊のある程度ブランド力のある地区だと、坪単価で200万円を超えてくるので、敷地面積を20坪以下に抑えて、安い上物で我慢して6000万円以内にする、という感じなのかな?、と思います。

これだと、戸建ての良さはほとんどありません。当然、庭なんてないし、駐車場を確保する為に一階部分をギリギリまでえぐって、玄関だけ、せいぜい一部屋だけにして、二階にリビング、三階に二部屋という感じになるでしょう。

家でバーベキューするとか、庭いじりするとか、子供を水遊びさせるとか、アパートでは出来ない楽しみは一切できないんです。だったら、アパートでいいでしょう?と言いたくなります。

戸建ての良さを感じたいなら最低50坪くらいは欲しいですし、住宅に1億円以上をかけるつもりがないなら、都心部に戸建てなんて馬鹿馬鹿しい話です。住宅費のほとんどが土地ですからね。

転用

この手の極小住宅の問題点は後々になって現れます。狭い敷地面積をカバーしてする為にギリギリの動線でレイアウトをしているため、バリアフリーとは程遠い仕様になっているため、歳をとってから困るのです。

売ろうにも、極小住宅は売りづらく、再開発計画に引っかかって、地上げ対象になれば、ラッキーですが、そうでない限り、なかなか売れないんですよ。アパートとしては土地が狭すぎるので、極小住宅は極小住宅としてしか使えないのです。

貸すにも、戸建ては個人の好みが反映されてるので、そのコスト分を市場価格として認められることは少ないです。よほどセンスのある人とか、ブランド力のある人なら、個人の好みがお金になるんでしょうけど、レアケースです。

戸建ては古くなって上物に価値がなくなっても、土地に価値がある、というのは極小住宅だと、適応されづらいです。年寄りに住みづらい家、土地の固定資産税は高い、売りづらいを抱えて途方にくれる可能性があります。

利点

ほとんど利点のなさそうな極小住宅の唯一の利点は店舗利用です。人気のある商業地に店舗を構え、上に自宅を持つケースなら、売りやすい、貸しやすい、価値が上がる可能性がある、と言えます。

実際、世田谷の新興住宅街の駅前商店街に店舗兼住宅を持っていた人は商売を辞めても貸すことをできますし、その場所に未練がなければ、売っぱらって故郷に戻るなり、もっと落ち着いた郊外に引っ越すこともできます。

だから、店舗型の自営業をしているなら不動産を買って、そこを自己使用するというのは、商売がうまく行っている限りはリスクの少ない投資と言えるのですが、ビジネス、プライベートがごっちゃになり、嫌な人は少なくないだろうと思います。

まぁ、ある程度商売がうまく行ったら、住居部も商業利用して、自宅を移してもいいですし、そもそも、自営業を始めるなら、ビジネス、プライベートの区別なく不眠不休でやるくらいの覚悟がなくては成功はまずしませんから、丁度いいのかもしれません。

まとめ

不動産はなかなか奥深く、考えさせれることが多いです。東京ほど、極小住宅が多い大都市は他にないのではないか?と思います。パリ、ニューヨークなんかは戸建てはほとんどなく、戸建ては郊外にしかありません。シンガポールも戸建ては本当に限られています。

便利さを求めるならアパートの方がいいし、自分用のカスタムをしたいなら一定以上の敷地面積は必要で、郊外に住む方がいいです。その分の不便は我慢するしかないでしょう。どちらも嫌なら、成功して都心にまとまった土地を手にするしかないでしょう。

14+