じゃあ、一億円欲しい

多くの人にとって、一億円、1ミリオンUSDって、夢の数字だと思います。純資産がここに到達するにはどうしたらいいのでしょうか?貯金、投資、勝負を挙げますが、どれか一つでなく、組み合わせていくのが最も近道だと思います。

貯金

貯金の得意分野は種銭作り、節制の習慣化で、苦手分野は大きなお金を作ることです。具体的に言うと、一千万円くらいの種銭を作るなら、百万円を一千万円にする為に投資で悪戦苦闘するより、サラリーマンしながら、貯めた方が楽です。また、普段の節制を習慣化するのはいいですが、勝負すべき時に勇気を持って吐き出す事が出来なければ、死に金になります。

貯金を心がけると、自然と生活習慣が規則正しくなるので、心身も健康的になって来ます。貯金の為に食費を削って、カップラーメンばかり食べるなんて、狂気の沙汰で、体を壊してしまえば、些細な食費どころではない損失が有形無形を問わずに降りかかってくるので、何が本当に得なのか?、を考えましょう。

コスパ主義になると、不必要に高い家賃は払わないでしょうし、車は処分するなり、燃費の良い小型中古車を購入するでしょう。交友関係は制限され、親しくもない、好きでもない知り合いと飲みにいくこともなくなるだろうと思います。さらに言うと、飲み代も惜しいような人と付き合う時間も無駄です。

ここまでやって、年間百万円もたまらない人はいないでしょうし、たまらないなら、転職するなり、コスパの悪い仕事を辞めて、実家に帰るなり、さらなる見直しをしてください。明らかに何かがおかしいので、お金がたまらないのです。

投資

お金を回して、お金を生むことは何でも投資ですし、お金に色はついてないので、どんな方法でも、増えれば、問題ありません。(自分がルールメーカーでもなければ、法に触れるリスクは大いにあるので、合法でお金を作るべきです。)

起業、株、先物、不動産、などがありますが、大きく分けると、ゲイツ氏のように自分でビジネスモデルを作って、それによって、お金を回す方法、バフェット氏のように外的環境、他人、他人の組織の能力を見極めることでお金を回す方法があります。

前者はサラリーマンとしての安定収入を捨てて、全力投資が必要ですが、後者はサラリーマンをやりながらも出来ますし、関わり方を自分で決められるので、リスクを制限出来ます。もちろん、バフェット氏のように他人の会社を買ったり、大株主になって、経営に携わることもできますが、このレベルになるとかなり大きなリスクです。

ともかく、サラリーマンやりつつ、百万円を貯めたら、証券会社に口座を開いて、どんな金融商品があるのかを研究しましょう。宝くじ感覚で、IPOにでも応募しておけば、当たらなくとも、株とは何なのかが朧げにわかって来ます。まずはそれで十分だと思いますね。

次に今の相場が高い、安い、の感覚を養ってください。ドルコスト平均法という手法がありますが、私は効率が悪いので嫌いで、安い時に買って、高い時に売る、という商売の大原則をやらないくらいなら、ひたすら貯金しておいた方がいいです。

オススメはETFで、日本のインデックスより、アメリカなり、新興国のインデックスの方がいいと思いますよ。人口オーナスに入った日本では安い時に買って、高い時に売る、をかなりしっかりやらないと、トータルでは負けるので、適当に買って、ひたすら我慢しておけば、そのうち上がってくる市場の方がいいです。

勝負

ずっと市場を眺めていると、これは勝てる、という確信にも似た気持ちになる時があるでしょう。その時に悩み苦しみながら、あなたの虎の子、一千万円をつぎ込みましょう。最近なら、リーマンショック、アベノミクス前、トランプラリーなんかは勇気さえあれば、誰でも儲かる大相場でした。

アホウどもが何を言おうが、俺はアホウどもの逆を行くぜ!っという勇気を持った人間しか、億り人にはなれないのです。一千万円一撃で、10倍にするのはそこまで簡単ではないので、2、3回は勝負に勝たないとダメですが、そのくらいなら、結構勝てるものですよ。

ダメなら、自己破産して逃げてやる!っと、アングロサクソンは考えるので、大勝負に出て、勝つ人が多いのですが、勝負をかけるときは傲慢なほど無責任になった方がいいのです。そこまででないにしろ、無一文になったら、実家に転がりこむなり、パートナーに寄生するとか、勝手かこと考えればいいのですよ。

起業にしても同じようなもので、リスクはあるが、俺はやりきるんだ!っという強い意志がいるんです。ジョブズ氏は怖がるウォズ氏を「どうせ失敗するなら、派手に会社をこかした方がサラリーマンやる時だって、ハッタリが効くだろう?」と言って口説いたらしいですが、そういうものです。

こういう心境にならない人は億り人になるのは諦めてください。別に億を持っていなくても、楽しく生きられるし、持っていても、そう大したことではありません。単に億の純資産があれば、サラリーマンとして頑張る必要はなく、適当にバイトくらいでも生活可能になるだけです。一切の労働を拒否するなら、三億はいります。

まとめ

なんか、節約、貯金と言いながら、やる時はガツンと行くなんて、矛盾してない?、と思うかもしれませんが、矛盾してません。勝負の必要ない時に無駄な勝負をして、必要な時に種銭がないなら、浮かび上がれるわけないからです。

ある芸能人がパチンコをしない理由を「芸能人として食おうとしていること自体がギャンブルなのに、パチンコみたいなショボいギャンブルに勝とうとすることがアホくさいし、ショボい勝ちで運が逃げる方が嫌だ。」と言っていて、全くだと思いました。

カジノのVIP席で、億の勝負をする人もいますが、カジノで勝負の公平を保証されていると、何を持って確信しているのか理解できません。だいたい、私はテラ銭の高い勝負は全くやりたくないので、かかる額に関係なく、カジノだけでなく、競馬、競艇、宝くじまで、全く興味ありません。