じゃあ、日本で増収増益

日本は人口オーナスを向かえ、内需拡大は望めない状況になり、現状維持を続けているだけで、増収増益を確保できる時代ではなくなりました。だから、何かしらのとがった強みを持たない企業は緩やかに体力を失っています。日本人気質は泥舟であることがはっきりしていても、なかなか痛みを伴う決断をせず、問題の先延ばしをするので、すでに競争力を失った企業もゾンビのように生きながらえます。

だったら、どうしなければ、増収増益が出来ないのか?、という記事を書きたいと思います。

同業

全体のパイが大きくならなくても、同業他社からシェアを奪えばいいのですが、これは前例主義が大好きな日本ではきわめて難しく、一度、採用されたり、取引が始まってしまったビジネスをひっくり返すのは明らかに大きなメリット、デメリットがなければ、行われないからです。一度、普及してしまえば、ファックスのように明らかに不便な通信手段も一気に廃れないのです。

最近の日本で、同業からパイを奪った例はほとんどないですが、例外的に「ミスミ」という専門商社が同業他社からシェアを奪って破竹の勢いで成長しています。この会社はオンラインプラットフォームの提供を顧客にすることを仕事としており、量産品でない幅広い製品群を取り扱っていて、1ヶ、2ヶの注文にも対応しています。製造業向けアマゾンみたいなものだといっていいでしょう。

今でも、専門商社営業のオッサンが毎日のようにアポもなしに挨拶に現れて、細かい部品、部材需要がないか?、を確かめに来ているのですが、「ミスミ」という会社はカタログをばら撒き、ウェブサイトの充実を図り、必要なときに好きな方法、電話、ファックス、ウェブサイトから一気に注文できるようにしたのです。

こうするとオッサンAはXを取り扱い、オッサンBはYを取り扱っていると、発注者はオッサン二人を相手にしなければなりませんが、「ミスミ」なら、オッサンをまったく相手にしなくてもいいのです。自動的に見積もりが来て、納期回答があるので、だらしないオッサンを追い掛け回す手間がなくなります。

このくらい利便性があがらないと、日本人は今までの付き合いを優先させるし、今までの年功序列、終身雇用によって、長年の付き合いになったオッサンとの感情的な壁が崩れることがないのです。取り扱い製品には競争力はなくとも、親しいから出来るだけ発注する、とかいう情緒的なビジネスになってしまうわけです。そして、競争力がお互いになくなります。

異業

同業他社からシェアを奪えない、すでに独占的な立場にあるなら、異業種に手を出さないと、増収増益は確保できないのですが、まったく関係ないことに手を出して、成功するのは新たに起業して成功するのと同じくらい難しいため、今までやってきたことに何かしらの関連があることをしないと、勝負になりません。そして、それもまた難しいのです。

トヨタ自動車が元は豊田自動織機という織機メーカーだったり、ブラザーは元々ミシンの会社だったことは良く知られていますが、織機技術が自動車に、ミシンの技術が上手くプリンターに生かすことが出来たため、第二創業が上手く行くこともあり、社内ベンチャーを常に考えていないと、本業が時代に通用しなくなったときに会社は倒産することになります。

最近だと、富士フィルムがフィルムを失いましたが、化粧水などを開発に成功して、もともとの化学技術を生かした方向に進んで、異業種進出の成功例として取り上げれることが多いですが、こういった成功例は本当に少ないし、みんな考えることは同じなので、進出先もかぶっていることが多く、すでに化学系の会社が化粧品に行くのはありふれていて、レッドオーシャンです。

一般的に会社の寿命は30年だといいますが、最近は人間の寿命と同じように、もっと長くなってきており、50年くらいは持つようです。トヨタも自動車が採算にのり、50年くらいでEVという新しいステージに来ていて、ここで機械から、電気に会社の軸を移していけないと、徐々に体力が失われていくでしょう。仮にトヨタがテスラにやられたら、日本はどうにもならないくらい落ちぶれるでしょうね。

海外

同業他社を食うこと、異業種で地位を築くこともできないなら、海外進出しかありませんが、これが成功した例もほとんどありません。例えば、成功例は自動車産業がありますが、輸出から経済摩擦を避けるために現地で組み立てするようになったわけで、まずは国内で大勝ちして、輸出して成功するところから始める必要があります。そうでないなら、海外でやっても、アウェイのため、自動的に負けます。

トヨタが勝ったので、それについて関連メーカーがついていって、それで成功しているわけで、トヨタが負けて、それでも現地で戦える部品メーカーはごくわずかだろうと思います。デンソー、アイシン精機くらいでしょうか?ほとんどの部品メーカーはトヨタ方式の厳しさについていけるから、採用されているだけで、技術的に現地メーカーに勝てているわけではないです。

また、M&Aで海外進出しても、東芝のWHを見るようにアングロサクソン、ユダヤ、中国人に散々食い物にされるのが一般的で、海外大好きな楽天、三木谷さんも国内の儲けを海外に吐き出しているような状態です。天才、孫正義さんですら、スプリントでは相当苦戦していますし、戦国武将のような日本電産、永守さんくらいしか、海外M&Aの常勝将軍は存在しません。

日本人は農耕民族です。更に戦国時代を勝ち抜いたのが三河土着の半農民みたいな徳川家康だったので、地道に田畑を耕すようなことは得意でも、生き馬の目を抜くことは苦手なんですよ。だから、植民地経営も上手く行かなかったし、M&Aしても、上手く行かないんですよ。アングロサクソンみたいにキレイごとを言いながら、散々搾取するような二面性がないとダメなんです。

現代日本人で、織田信長、豊臣秀吉のような人ってほとんどいませんし、黒田如水、真田昌幸のような煮ても焼いても食えないような人物もほとんどいません。強いてあげるなら、先の永守さんくらいです。そういう人たちは早い段階で潰されるからだろうと思います。善悪を抜いても、ホリエモンを潰した日本ですから、異端を育てる環境ではありません。

まとめ

企業は人間と同じです。増収増益が達成できないと、お金が回らないので、成長できなくなり、あとはどうやってきれいに終末を迎えるか?、だけの話になってしまいます。自分が定年を迎えるまで、その会社が持ちこたえられるなら、それでいいですが、そうでないなら、船の乗換えをする必要があり、その為の準備はしておいたほうがいいでしょう。

最悪、日本という船も下船する覚悟も必要だろうと思います。まあ、半世紀ほど前、戦後混乱期までは日本人も海外に出稼ぎ、経済移民もしていたわけです。また、日本人が日本から出て行くのは何もおかしいことではなく、日本という国を信用しきっていても、裏切られるかもしれません。

日本人は甘ったれていて、所属企業が潰れる、裏切ることをまったく想定せず、くだらない序列ばかりを気にして、社内政治に明け暮れている人が本当に多いです。同様に日本が手がつけられないくらい落ちぶれる可能性だってあるし、その時に保険として外貨建て資産すら持っていない、のは危険すぎます。日本円で、所属企業の持ち株資産をよりどころにして、その給与だけが収入なんて、人生の一点張りですよ。