じゃあ、長期投資

自分語りをして恐縮なんですが、私の最近のテーマは長期投資です。ジタバタして細かく取引をするより、長期で持っても問題ないような商品をほったらかしておいた方がいろんな意味で得だと気づきいてきたからです。

もう一つはブログを始めた頃よりも年をとって、リスクを積極的に取って大きなリターンを欲しいと思わなくなり、きちんと資産が増えていくならゆっくりでいいし、焦らなくてもいいじゃないか?という心境になったからです。

期間

私は5-10年を長期投資と捉えています。これが不動産投資なら5-10年は長期でもなんでもないですが、株なら長期投資だと思います。不動産開発には5-10年くらいは平気でかかるし、ジワジワとインフラが整えられていきますが、産業は10年すると大きく変わっています。

日本で10年前に電機業界大手に就職することはホワイト企業の一員になることでしたが、今では今後の見通しが怪しい業界に足を踏み入れることになっています。アメリカだって、一世を風靡したヤフーがAOL傘下になり、シスコは主役でなくなりつつあります。

つまり、5-10年先のことなんて誰にもわからないってことです。古今東西、未来を言い当てられる人なんてまずいないし、いるのなら世界的投資家として名を馳せているでしょう。だから、誰にもわからないことを想像しなければならないので、長期投資は難しいのです。

インデックス

個別銘柄の成長を言い当てるのは難しいですが、その国が成長するのか?はそんなに難しくないと思います。ずっと期待されながら、ずっと全然ダメな国もありますが、個別銘柄よりはなんとなく成長国を想像はできるでしょう。

簡単に考えるなら、人口がこの先10年増える国のインデックスを買って放置をしていればアップダウンがあっても上がってくるだろうと思います。なんだかんだで人口多いは七難隠す、なのでやっぱり魅力的です。

逆に言うと、日本に将来がないと思われているのは人口は減るし、担保になるような資源もない(海洋資源がどうなるかわかりませんけど)ので、仕方ない部分があります。技術は廃れるし、債権は放棄させられるかもしれません。新たなキャッシュを生み出せる若い人、資源がないと心配になります。

更に調整したり、不景気だといわれるようになったら厚めに買いまして、好景気だといわれる頃は放置して平均取得値を下げていけば、長い目で損することはないだろうと思います。それには買い増しできるフロー収入が必要で、定期収入のあるサラリーマン投資家は有利だと思います。

個別

これだけインデックス買っとけ、といいまくっていますが、それでも私は個別株に興味があります。これは趣味であり、ロマンであり、インデックスに負けたとしても将来を見込んだ会社の株主になるのは格別ものがあります。

だから、株主総会に参加するつもりがない、社長の生声を聞きたくない、という企業には投資したくないし、その会社を本当の意味で応援して、自分の子供のように大切に思わないなら個別株は買いたくないです。

私はWantedly株をある意味で欲しいのは仲さんと直接対決してみたいwという思いがあるからで、怪しい興味を引く会社であることは間違いないです。いつも言うように「好きの反対は無関心」なので、社長の名前も知らない会社に投資する意味はないですよ。だったら、インデックス買っとけ、という話になります。

読者さんに聞いたみたいですが、個別株持っている人で社長の名前と顔が一致する人、その辺を歩いていたらサインもらいたいくらいに興味を持っている人はどのくらいいるでしょうか?そんなに興味ないのになんで個別株を買ったんでしょうか?という理由付けがきちんとできないなら怖いと思います。

まとめ

投資と言うのは「未来の想像」であり、将来的にもっと価値が上がっていると思うことに自分の時間とお金をつぎ込むことです。だったら、その国、地域、企業、不動産、学校に興味を持っていないとダメだと思います。

金融の話を中心にしましたが、就職先も同じだし、結婚相手も同じだと思んですよ。明るい未来が想像できる会社で働くといいし、楽しく一緒にいられる人と結婚すべきです。確かにファンダメンタルズは大事ですが、そればかりに捉われていると、その財務状態が痛んだ時に一緒に耐えられますか?と言うことになります。

不幸にも予想が外れて、ダメな会社、ダメな人と結婚してしまうかもしれませんが、それも自分の責任なので他人のせいにしても意味ないし、そうしないくらい真剣に悩んで苦しんで決断するということが人生なのだな、と思います。

長期保有したいことに自分の限られた人生の資産をつぎ込んで、上手く行っても、上手く行かなくても仕方ないな、自分の決断なんだ、と言い切れるくらいしっかり考えたいな、と思う今日この頃です。

19+