じゃあ、自動車業界

自動車業界は日本の基幹産業であり、日本の人口の1割が自動車関係の仕事をしていると聞いたことがあります。自動車業界の特徴は完成車には数万の部品が必要のため、産業のすそ野が広く、何段階にも連なるサプライチェーンがあり、この産業を失うと、日本は壊滅的なダメージを負うでしょう。そして、アメリカのIT企業たちがその牙城を狙い続けています。

再編

日本の自動車メーカーが危機に陥り、外資に買われた時期がありました。現在でも、日産は事実上のルノー子会社であり、未だに社長の座をゴーン氏から奪い返すことができていませんが、スズキはGMと提携解消した後、VWとも提携解消して、トヨタに近づいています。マツダはフォードの不振から事実上の手切れ状態、トヨタにすり寄り、スバルもGMは離れトヨタ傘下に入り、三菱はダイムラーと手切れ、不祥事から日産傘下となりました。

しかし、日本の自動車メーカーは多すぎて、これだけの会社を維持していくのは困難で、トヨタ、日産、ホンダの三社系列に絞られて来ています。トヨタが徐々にほかのメーカーを傘下にし、日産はルノーグループとして三菱を手にしましたし、ホンダは独自路線を続ける、という形で日本の自動車メーカーは進んでいくのでしょう。

最終的には世界の自動車メーカーは4系統くらいにまとまり、他はニッチ的なコアファンしか買わない小さな会社に規模縮小していくと考えています。自動車が発展途上国で売り上げを増加すると、価格競争が激しくなるが、時代の流れでメーカーはIT化、環境配慮した車を開発しなければならず、市場価格が下がり、開発コストは上がり続けるからです。そうすると、単独で研究開発するのは困難で、提携していくしかないでしょう。

品質

まだまだ日本車は韓国車、中国車と比較対象になっていません。車を持つことはパソコン、テレビと違って、ステータスシンボルであり、どんな車を乗っているか?、を気にする人は多いです。未だに韓国車はさほど人気がありません。少なくとも、シンガポール人は韓国車は安いから以外には買いません。

日本車より質が劣り、高価格の欧州車が売れているのがいい証拠です。消費者が車にコスパしか求めなくなったら、真っ先に欧州車は選択から外れます。これが車の持つブランド力であり、貧乏人の見栄をくすぐり、割高な乗り物を買わせられるわけです。パソコンなんてコスパ以外で買わないので、コモデティーとなり、日本製は死に絶えたってことです。

また、パソコンで人は死にませんが、車では人が死にます。万が一のことがあったら、殺人者になりかねない乗り物ですので、品質に不安のある車に乗りたいと思わないのです。私は中国車に乗せてもらったことがありますが、変な音がして、生きた心地がしませんでした。たぶん、問題のない異音なんでしょうが、そんなの音だけで分かりません。

そして、車は10年くらい、ほとんど毎日乗るが一般的なので、下手のものを買うと、ずっと使い続けなければならず、トラブルだらけだと、面倒なうえに、修理代もバカになりません。日本車と比べれば、欧州車も圧倒的に故障が多く、アメ車はもちろん、韓国車もダメ、中国車なんて品質なんて言葉はありませんw

つまり、日本車が高級路線(レクサス、インフィニティなど)に参入して、欧州車の牙城を徐々に崩しつつ、コスパがいい大衆車を供給し続けていられる限り、日本の自動車産業は死にません。前者で利益を稼ぎつつ、後者で固定費を回収するというフローが確立できていれば、敵なしです。

日本車を模倣した路線を進む韓国勢の質が良くなっているのも事実ですが、彼らはサプライチェーンが弱く、高品質、特殊部品は日本を含めた外国勢から買って、汎用品を自国生産できているだけです。また、部品産業が輸出できるほどの力を持っていないため、産業規模が大きくなっていっていません。ここが改善されない限りは韓国車はいくら売れても、利益は日本企業に渡すことになります。

開発

パソコン、テレビなどは開発要素がほとんどなくなり、果てしない価格競争になってきていますが、自動車はやれることがいっぱいあります。ハイブリッド、電気自動車、水素エンジン、自動ブレーキ、自動運転など、徐々に夢の技術が登場し始めています。こういった新機能があれば、価格帯はある程度守れるます。

しかし、電気自動車が普及すれば、産業構造は一変し、駆動系は要らないことになり、電装系部品メインになっていきます。そういう意味では自動車メーカーは電機系の会社に変貌していくでしょう。死に掛けているパナソニックにはここが希望みたいですね。電気自動車の普及が進み復活できるか?そこまで持たずに倒産するか?産業はなくならなくとも、変化についていけない会社は脱落するでしょうね。

とはいっても、まだまだ電池技術が十分でなく、電気自動車では遠出はできないし、充電スタンドが十分でないので、一気に電気自動車が普及することはないでしょう。5分の高速充電で、200キロくらい走れて、ガソリンスタンドが充電スタンドに代わる必要もあります。現実的ではないのではないでしょうか?

技術的に大きなブレイクスルーがない限りは現状の体制が続くでしょう。このブレイクスルーがあれば、世界経済も大きく変化し、資源、エネルギー問題解決に向けて、大きな前進になるだろうと思います。もちろん、エネルギー以外にもナフサなどの代替材料がないと石油依存はやめられませんがね。

IT化

自動運転が現実味を帯びてきて、それとともにGoogle, AppleといったIT企業が頭を押さえようと動いていましたが、ほぼ断念したようです。Teslaを見ると、車体製造は従来の自動車メーカーに一日の長があり、そこは日本の自動車メーカーが抑えることができるでしょうが、そのシステムをアメリカ企業に奪われると、下請け化してしまいます。

アメリカは世界標準を自分たちで作るために動いていますし、日本、欧州がそれに対抗する形でせめぎあいをしています。日本政府は全面的にバックアップして、自動車産業を守るべきです。そうでないと、もっとも大きな旨味をアメリカ企業に奪われ、日本企業は価格競争が激しくなった組み立てしか担当できなくなります。

つまり、iPhoneにおけるApple、ARM、鴻海の形が自動車産業に波及してしまうということです。Googleにシステムを押さえられ、重要な設計はARMの特許で抑えられ、鴻海の役割をトヨタが担うようになるとなると、旨味は全部取られて、ぎりぎりに押さえつけられた製造コストしか日本企業に落ちなくなります。だから、少なくとも、ARMの役割はトヨタが抑える必要があります。

まとめ

今のところ自動車産業が衰退することはないでしょうし、日本車のシェアは落ちる気配はありません。ただ、国内勢で潰しあいが起こらないように国主導で再編をあっせんすべきですし、自動運転技術の世界標準に日本企業が食い込めるようにロビー活動をすべきです。

そのうえで、利益率を確保できるブランド力、新興国の小金持ち、新中流階層を刺激するようなコスパのよい製品を市場に提供していかないと、行き詰るのは目に見えています。であるなら、早く再編をして、マスメリットを十分に生かし、日本の優位性をより強固にすべきでしょう。

0