じゃあ、日本株

私の日本株に対するスタンスを記事にしたいと思います。

指数

日経平均をはじめとして、日本株の指数はバブルの最高値、89年の大納会を抜けないまま、ずるずると失われた十年を二十年に、三十年にしようとしています。これはどういうことかというと、適当に買って、適当に売っている人は全員が損をしていることを示しています。

もちろん、指数採用銘柄の入れ替えもあるので、一概にはいえないのですが、国を代表すると評価されている会社を選定して、平準化させた指数がバブルの頃から成長していないということになります。こんな国は他に存在せず、同じく衰退している欧州ですら、こんなひどい状況ではありません。

この点からすれば、日本は典型的な負け組国家であり、とんでもない期間を停滞してすごしていることになります。過去の貯金のおかげで日本人は飢えずに生活できているだけで、バブル以降に何かを得たわけではありません。どれだけテレビ番組で日本賞賛番組やっても、自己満足に過ぎません。

短期

成長性の観点から、私は日本株を主力にしていませんが、短期限定、イベントなら参加することがあります。リーマンショック後のリバウンド相場、アベノミクスなんかは数ヶ月単位で参加しましたし、銘柄ごとの熱くなった銘柄に短期参戦して、利ざやをとって撤退したことが何回かあります。

私は日本株を長く持ちたくないのです。日本は人口オーナスになり、経済規模は小さくなっていくのが確実で、優秀な移民をひきつける魅力はありませんし、受け入れても、有効活用するノウハウすらありませんので、このまま順当に行けば、日本は衰退していくのが平常運転ということになります。

ただし、私は日本人、日本語の母語話者なので、詳細な情報を取るなら、日本語以上に適した言語はないので、個別銘柄、短期決戦なら、日本市場が一番有利であるだけで、日本市場を評価していないので、日経平均ETFなんかは絶対に買いたくありません。少なくとも、一回でもバブルの最高値を抜かないと、信じることが出来ません。

参戦

本格参戦するなら、日本が一度ボロボロになり、国民が一致団結して、危機に立ち向かうフェーズまで達したときで、日本人は危機管理意識がないので、かなりふざけた状況になっても、我慢して、耐え切れなくなったときに超人的な精神力で乗り越えるので、その時まで待っています。

明治維新、戦後、など、国難を乗り越えてきた実績があり、天災の際も略奪、強盗などがほとんど発生せず、きちんと順番を待って、我慢します。その点で、私は日本人を評価しており、日本はダメなので、国外にサヨウナラ、と出て行く人はあまりいないでしょう。この辺がアングロサクソン、ユダヤ人、中国人なんかとは違うのです。

私が期待しているのはこの点であり、いつのことになるのかわかりませんが、その日が来たら、私の外貨建て資産を日本株に放り込んで、日本の再建にささやかな貢献しようと思っています。そして、その投資はほぼ間違いなく、大きく勝てるだろう、と思っています。後はタイミングの問題、私の忍耐力の問題になるでしょう。

まとめ

日本株を長期で持とうと考えている人は何を根拠にして、投資するのでしょうか?なんとなく、外国はよくわからない、日本が好きだから、とかいうあいまいな理由なら、今すぐ切り上げて、ダウ平均株価のETFでも買ったほうがいいですよ。少なくとも、今までの歴史でアメリカは右肩上がりの成長を続けて来ていますので、へこむ時期があっても、盛り返しているのです。ずっと停滞している日本市場とは違います。

投資は自己責任でやってもらう、というのが大前提ではありますが、日本株を長期でもつ理由をきちんと挙げてられないなら、惰性で買うのは止めたほうがいいのでは?なんでもそうですが、惰性、なんとなくで踏み出す投資が勝てる可能性はきわめて低いですよ。

0