じゃあ、住む場所

住む場所って、凄く重要だと思うのですが、日本の中ならどこが住みやすいのでしょうか?

東京

東京の一極集中は止まらないでしょうし、止めることもありません。中国じゃあるまいし、日本では移動の自由を保証しているので、好きなところに住めばいいです。でも、本当に東京がそんなにいいのかは疑問です。

「まだ、東京で消耗してるの?」と煽っている人がいるように、東京は消耗し易い場所であることは間違いないし、特に上京者には生活するだけで、疲れる場所であることは間違いないでしょう。満員電車で移動するだけで疲れます。

それを上回るメリットがあるか?、がポイントだと思います。仕事、賃金、選択肢の多さは大きなメリットです。インフラ整備がきちんとされているので、物価もそれほど高くないです。家賃の高さを吸収出来るくらいの交通、教育インフラがあるので、賃金が高いだけメリットがあります。

ただし、これからリモートワーク、在宅勤務など、東京でなくとも、仕事が出来る職務体系が増えることは間違いないですし、東京は好きではないけど、仕事の為に東京にいる、と言うことはなくなって来るのかもしれません。

地方都市

私は地方都市は結構美味しい、と思っていて、札幌、仙台、福岡なんかは程良くインフラが整い、物価も抑えられているので、東京は遠いし、気後れする、気軽に地元に帰ることのできる近隣の田舎出身者にはちょうどいい移住地だと思います。

特に福岡はLINEなど、IT系企業が拠点を増やしてますし、程良くなんでも揃うので、九州人なら、福岡移住はいいんじゃないかな?、と思います。地下鉄、西鉄で便利な場所に住めば、車はカーシェアで十分ですし、教育も久留米附設という全国区の進学校とあるし、公立も十分にレベルが高いです。

関西は京都系が元気ですが、大阪系は弱電の衰退で経済が沈んでますから、わざわざ移住することはないと思います。名古屋は仕事はあるけど住みづらいと思います。巨大な田舎と言われるやたら広くて、車社会なので、コンパクトシティーと対極の存在です。トヨタのある三河は名古屋からすら近くもない田舎です。

田舎

田舎って、全然物価が安くないんですよ。不動産価格も競争の原理が働かない、稼働率が低いので、割高になります。その上、車が必須となると、旨味という旨味はあまりありません。格安で土地を借りて、農作物を作れば、食費は安いし、レジャーにもなりますが、そのくらいです。

仕事も本当にないので、公務員がサラリーマン最上位層に分類されるくらいです。安くて条件の悪い仕事を奪い合うように探す羽目になります。フリーランスで飯が食える人はその場所で仕事を探す必要がないので、いいでしょうが、現地で仕事が欲しい人にはキツイです。

沖縄は移住希望者に人気ですが、地元民も仕事がなくて困っているのに、移住者に仕事があるわけないです。食うに困って、全国どこでもできるようなサービス業を低賃金でするなら、移住しなくてもいいんじゃないの?、と思います。

田舎の辛いのは子供の教育もで、高校の選択肢がほとんどないので、真剣に受験勉強したくとも、その環境は通学圏内になかったりします。小金があれば、高校から下宿されればいいですが、なければ、近くの通える高校に行くしかありません。進路選択に大きな支障がでます。これもITの発展でどれだけ解消できるか?、と言うところです。

まとめ

自分の技術、名前で稼げる人はどこに住んでもいいんですけど、サラリーマンするしかない人はどこに住むか?、は大きな人生のターニングポイントになります。一物一価が進んでいる、とは言っても、まだまだ同じ仕事しても、賃金が違うのが現状です。

これをITがどれだけ格差解消になるのか?、どれだけのスピードで進むのか?、は誰にもわからず、普通の人は田舎を出て、最低でも県庁所在地レベルの地方都市には移住して、生活基盤を築いたほうがいいのではないか?、と思います。

0