じゃあ、身がすくむ

アメリカの移動率が下がってきているという記事を見て思うところがあったので書き記します。田舎から都会に移動しようにも身がすくむ、という記事でいくつかの要因で取り残されているんです。

不動産

アメリカって都市部、特に東西海岸の不動産価格は高騰してとんでもないことになっており、一般的な無産者が頑張っても手が届かない水準に到達しています。そこそこの物件でUSD1ミリオンとかなら、どうにもこうにもなりません。

それに対して田舎の不動産は放置された状態で整理しても、ほとんどお金にならないため手持ちの資産を動かして都市部に引越ししてしまうことが出来ないんですよ。それこそ、田舎の不動産を売っても、都市部の小さなアパートの頭金にもならないレベルです。

一昔前より都市、田舎の不動産価格に差が出て、田舎の人が都市に移動するのが難しくなったということです。田舎は製造業で経済を支えていたんですが、アメリカの製造業は特殊なものを除いて死んできているので、現金収入を得る手段が減って価格が落ち、逆に都会は移民、ブラック、グレーマネーの流入で価格が上がったということです。

学費

アメリカの大学は学費がどんどん高騰してアメリカ人ですら苦しんでいます。州立大学に州民が行くのでも、1万ドル/年はかかります。だから、外国人を積極的に受け入れて外国人料金を取ったり、お金持ちに寄付を募る代わりに枠を差し出しながら綱渡りの経営をしています。

だから、田舎の人はその学費が払えないので近場のコミュニティーカレッジに通うのがせいぜい、そこから先がなくなってしまいます。仮に借金でなんとか二流、三流の大学に入っても、特に文系なら借金を返すことすら出来ず、身動きが取れなくなります。

かといって、アメリカで大学を出ていないとやれる仕事が極めて限られている上、大卒、高卒の賃金格差も大きいので、貧乏人も無理して大学進学してしまうがそれに見合った仕事がない、という悪循環になっています。

仕事

アメリカは景気がいいといっても、IT系新興企業が中心の動きをしているので、単純労働者を必要とはしていません。IT系じゃなくても、ボーイングなどの航空系企業は熟練工を必要とするので単純労働者は要りません。

そして、IT系はアジア系移民が根こそぎ奪っていくし、機械系はラテン系が奪っていくので、手に職がないアメリカ人は移住しても仕事が見つからないし、見つかっても物価に対して低賃金過ぎて生活が成り立たないのです。単純労働は不法移民が激安でやりますしね。

平均的アメリカ人はあまり理系科目が得意な人たちではないですし、田舎の高校を出ていても、きちんと流行の情報系に入って卒業できるほどの学力もないわけですし、アジア系トップ層がしのぎを削る分野でまともに戦えもしません。

まとめ

これって、日本にも波及しないでしょうか?

東京の不動産も都心部は一般サラリーマンが買えないレベルに上がりつつありますし、東京郊外に住むにしても、通勤を考えると便利な場所である必要があり、以前のように夫のシングルインカムだから成立した長距離通勤も共働きならかなりの負担になります。

国立大学の学費もどんどん上がって、私立と大差なくなりつつありますし、少子化で定員を維持できなくなるとどんどん値上げするしかないのではないでしょうか?大した戦略もなく借金で大学進学してもろくな就職先はなく、借金で手足を縛られます。実際、「奨学金」という名の学資ローンは未納率が上がり続けています。

都心部に行きたくても、その物価に見合った仕事はない。IT系の仕事は外国人がガンガン入ってきたり、オフショア外注でどんどんアジアに流れていったり、優秀層が日本に流入してきます。一物一価になりますからね。単純労働は外国人との奪い合いで物価に対して安すぎる。

日本はアメリカみたいに移民がガンガン来ないのでまだマシですが、そろそろ産業構造が変わったことを意識して、田舎から引き払う準備をしたほうがいいのかもしれないな、と思いました。まだまだ、他の先進国と比べると東京を始めとした都市部の不動産は格安ですし、今なら出て来れます。

だから、手ごろな東京都心部の物件は買い時なのかもしれないな?と思っています。ワンルーム、築年数の経った建物自体はほとんど価値のない不動産を一棟買いできるなら、地方からの出稼ぎ、退路を断った移住者に保証会社を噛ましたうえで貸していて元が取れた時点で改築はありかもしれません。問題はテナント保護の強すぎる法律なので、そこをすり抜けるスキームを持っている必要があります。

37+