じゃあ、仕組み債

仕組み債について気になったので記事にします。

概要

色んな仕組み債があるんですが、簡単に言うと複雑に条件の組み合わせをして有耶無耶にしてリスクを顧客に押し付けてしまう金融商品だと私は認識しています。だから、私は買ったこともなければ、買うつもりもありません。

だいたい、購入者はその仕組み債のリスク管理をする為に中身をじっくり検討するだけでもかなり時間がかかります。複雑なものになってくると、売っている営業すら理解していないような商品に手を出す意味が感じられません。

そんな時間があるなら、よく知っている会社の有価証券報告書でも熟読していた方が明らかにましだと思います。少なくとも何かしらの繋がりがある会社だったり、個人的に好きな会社なんだから、単なる数字の羅列を眺めているよりも楽しいと思います。

リスク

まず、仕組みを複雑にしているんだから、その手数料が高いのは当たり前です。つまり、手数料分だけ買った時点で損しているわけです。そりゃ、手数料がまったくない金融商品なんてありませんけど、わざわざ高い手数料を払ってまで買う価値があるのか?疑問です。

いつもの話になりますが、そんなに美味しい金融商品なら、なんで自分で抱えないの?と言う話になりますし、自分で組成したクオンツはなんで有り金をその商品に放り込まないの?と言いたくなります。そんなことしたくないから他人に買わせるんですよ。

売り手のリスクは出来るだけ少なく制限して、買い手のリスクを出来るだけ大きくするから、わざわざ売ろうとする組織があるわけで、売り手に大きな旨味がなければ、そんな複雑なことをする意味もありません。資金調達の手段は沢山ありますから、敢えて複雑な商品を売る意味もありません。

暴発

あまりにも複雑な仕組み債がグチャグチャになって暴発したのがリーマンショックであり、売っている人間は危険だと知りながら、目先の数字しか見ずに突き進んで行ったんですよね。危ないとしても、売らなきゃ自分の身が危ないんだから、知らんぷりして売ります。

リーマンショック前の投資銀行はやりたい放題で、支店の担当部長クラスですら年間に億単位の報酬をもらっていたわけで、完全にバブル、フィーバー状態でイケイケだったわけです。数字出してそこそこのポジションまで行けば、サラリーマンなのにファッキューマネー、ゲットだぜ!となったんだから、群がりますよ。

そんな無理なことは長くは続かないので、どこかの時点で暴発するわけですけど、あの手この手で怪しい金融商品が生まれ、複雑な手法で想定元本だけが膨らみ続け、最後は破裂する、というパターンが繰り返されるんだろうと思います。今の相場も同じだろうと思います。

まとめ

美味しい話を他人にする理由はない、という当たり前すぎる現実を受け止めて、他人から持ち込まれる話は疑ってかかりましょう。本当に美味しいなら、あなたが買えば良いでしょう?という話です。

8+