じゃあ、儲かる商売

商売やるからには儲けたいと思うのが当たり前です。

ニッチ

王道を走っても、よほど突き抜けて良くないなら、大手に食い潰されます。飲食なんかは王道なので、よほど美味しくないとフランチャイズに喰われてしまうわけです。セントラルキッチンで管理されているのだ味の保証はありますし、きちんと研究して大多数が美味しいと感じる味にしています。

だから、何かしらのニッチを探してくるのが先で、大手が入るには小さすぎる、手間のかかる市場で、とんがって行ける想定が出来ないなら、試す価値すらありません。単に流行りに手を付けても、時間の問題でレッドオーシャンになり、凄まじい食い合いになるでしょう。

アイディアがあり、具現化するための行動力がある人がニッチ市場で成功するわけで、そのアイディアが圧倒的に素晴らしい必要もありません。案外、誰でも思いつく程度のことが誰もしていなかったってこともあるので、自信があるなら、リスクを取って突っ走るのも悪くないでしょう。

IT

私は敬愛する邱永漢先生の昔の本を読んで温故知新が出来ないか?を考えているのですが、先生は不動産を軸にして商売を構築しており、ごもっともではあるが、古い手法なんです。だから、先生は手法を変えるのでなく、市場を変えることで発展させようとして、台湾、中国、晩年はベトナムにも手を広げていました。

日本で不動産を軸とする商売を今からはじめるのは無駄であり、あくまでITでプラットフォームを構築して、オペレーションはどこでも出来る必要があります。なんなら、シンガポールで日本市場向けの仕事をしても良いですが、流石にこれがうまく行った例はありません。距離が遠すぎるからでしょう。どんなにITが進化しても、ユーザーと遠すぎると上手く行かないのです。

今更、商売上の失敗を不動産で取り返すようなことはできない代わりに、不動産がない、格安で運営できるようになったので新規参入者はこれを生かさない手はありません。リモートワークで別々に活動して、定期的に集まって交流してもいいし、郊外で安く共同生活をしても良いでしょう。

つまり、直接運営者の人件費以外は極力お金を払わないやり方をしないと、ニッチ戦略は成功しません。スタートアップなんかは上場を意識するまでCFOを雇わないことが珍しくないですが、そんなの外注化して費用にすればいいので、固定費にして負担しなくても良いんです。ITによって格安で外注出来ます。

情弱

儲けようとするなら、情弱からむしる必要があり、本来の原価を無視したプレミアム、ブランド力を植えつけていく必要があります。アップルなんて、同レベルのスマフォの倍以上で売っていますが、未だに売れていますし、信者が喜んで、そんなに変わらないニューモデルを買います。

酷いところになると、ソシャゲみたいに廃課金で価値のないデータを売りつける会社も出てきますし、こういうのは何の価値もそこに与えず、中毒性を売り物にしています。こういうのはパチンコなんかと同じで、どうしたら脳に刺激を与えて、お金を払ってしまう心理状態にするかを研究しています。

本物の情強は絶対に手をしないモノ、サービスを売らないと儲からないのです。私は情強ではないので、iPhoneを持っていますし、他の原価に見合わないブランドも持っています。そして、それを後悔もしていないので、廃課金者のことを笑う権利はないでしょう。

良い言い方をするなら、相手を多く楽しませた対価が利益であり、その原価って関係ないんですよ。だから、私も記事、小説でお金を取っていますし、私の時間以外は何の原価もかからないサービスですが、それに価値があると考えている読者さんに買ってもらっています。

評価経済、という価値観が広がってきていますが、実際のモノを介さなくても、サービスを提供ができるし、そういうサービスでないと新規参入者に出来ることはありません。古くからの地主が持っている喫茶店なんて、損得度外視した原価で人気になることがありますが、そんなのに無産者がコスパで敵うわけないです。

まとめ

この観点で何か出来ないだろうか、といつも考えています。お金に出来ないことは発展できないし、それはNPOだって同じなんです。困っている人を助けたいから、ボランティア、お金を上げても、何も解決しません。経済的に自立できるまでをサポートしないと、自己満足で終わります。

日本人はサービスにお金を払うのが嫌いで、そういう商売を毛嫌いする人が多いのも、日本で新しいサービスが生まれづらいのかもしれません。どんなことであってもお金が発生し、循環させないとならないことを学校教育、家庭教育で教えていかないと、これからの社会に日本はもっと落ちぶれるだろうな、と思います。

0