じゃあ、ニコン

久しぶりに企業分析はカメラの王道ニコンについて書いてみます。

カメラ

ニコンって、カメラ好きには特別な存在で、キャノンと二強だという印象があります。それは海外でも同じことで、中古のカメラを譲り受けた、とかなく、新しく買うなら、そのどちらかを買う人が多いです。その他にしても、ソニー、ペンタックスなど、日本企業なので、カメラ業界は日本の独壇場だといえます。

カメラがアナログからデジタルに変わっても、日本のメーカーは上手く対応することが出来たし、新興国需要を取り込むことで、高級路線の一眼レフを伸ばすことが出来ました。中国人をはじめとした外国人が日本製のカメラに手が届くくらいの収入になってきたので、カメラ人口が爆発的に増えたのです。

ちなみに日本人女性と比べると、他のアジア人女性は明らかにナルシストであり、写真を取られるのが大好きです。その為、彼氏は一眼レフを買って、彼女を取り捲らないと、不機嫌になります。そして、フェイスブックにアップ、プリントアウトして飾ったり、スマフォのバックグランドにします。それは若くてきれいな女性だけでなく、不細工なおばさんでも同じです。

そして、その波が一巡して、カメラが売れなくなってきたのです。コンパクトデジタルカメラがスマフォに押されて、ほとんど売れなくなったのは言うまでもないですが、一眼レフすら、スマフォに押されるようになり、カメラ愛好家はあらかた買ってしまい、技術的な進化もほとんどしなくなってしまったので、買い替えもしないのです。そして、カメラメーカーはニコンを含めて苦戦しています。

精機

あまり知られていませんが、ニコンは半導体向け精機メーカーでもあり、カメラの半分くらいの売り上げは精機事業が上げています。その精機事業が過当競争で、立ち行かなくなったので、主力の熊谷拠点でリストラを行いました。これは業界的にはショックな事態で、伸び悩んでいたカメラ事業のリストラを行うならわかりますが、精機事業でリストラしたのです。

元々、ニコンは一眼レフの価格低下、競争激化からほとんどのモデルを海外生産にしており、タイ、中国で製造していますので、日本ではニッチである高級カメラくらいしか製造しておらず、そこをリストラしても意味がなく、カメラの停滞は海外拠点の作業者に降りかかりますし、労働法、環境が違うので、それほどリストラは難しくありません。(ちなみにニコン、タイは洪水で大損害を受けました。)

半導体業界って、どんな製品もそうなんですが、巨額投資をして、その分野を寡占して、その投資を回収する、というスタイルになっています。(東芝の虎の子、フラッシュメモリーも同様に巨額投資、回収時期に来ているということです。)ニコンはその競争に負けてしまい、オランダのASMLにやられてしまい、競争が難しくなってしまったんですよ。シェアを85%とられて、セカンドサプライヤーとして、リスクヘッジ程度の注文しかとれず、業績は悪化しています。

この分野でもう一度立ち上がるには新しい技術革新が起こる時期までひたすら投資を行い、その技術で世界をリードするしかないのですが、さて、そこまで出来る体力が残っているだろうか?、と思います。それには創業に三菱の岩崎家が噛んでいることから、未だに役員の受け入れをしている三菱グループの支援、明らかに無駄な東京、品川の工場を売り、お金を作るしかないでしょう。

その他

その他事業はお決まりのパターンで、医療、自動車など、まだまだ日本企業に優位性のある分野、ニッチを狙う、ということですけど、それはほとんどの行き詰ってきた日本企業が言っていることで、ブルーオーシャンに見えて、すでにレッドオーシャンなんですよ。根本的な何かを変えるような革新が生み出せないなら、新しい産業を製造で興すのはほとんど無理だと思います。

これはニコンだけでなく、キャノンでも同じで、キャノンも精機事業では行き詰っていて、事務機器が新興国メーカーを圧倒できているだけで、それもどの程度の期間優位性を保てるのか、かなり疑問に思います。シャープを買ったホンハイグループはシャープの事務機器技術を使って、中国で超大量生産する計画を当然しているでしょうし、牙城を守るのは楽ではありません。

私がいつも言っていますが、先進国でメーカーをしたいなら、まったく新しいコンセプトで、特許をとり、ファブレスするくらいでないと、とても割に合いません。孫正義氏はARMにはそれができる、と考えて、巨額投資をすることを決めたわけです。単にいいものを作っていますよ、というだけで、生き残っていけるほど楽な時代ではなく、IT社会では情報があっという間に広がるので、そんなに性能の変わらない似たようなものがガンガン現れます。それにどう対抗するか?、です。

まとめ

ニコンがリストラ、精機事業からのリストラ、というニュースをみてから、記事を書きたいな、と思っていたのですが、暗い気持ちになりました。ニコンが今、危ない、というわけではありませんが、このままだと緩やかに減収減益を繰り返して、縮小していくほかになくなります。日本企業でまともに世界と戦えているのは自動車だけで、頼みの精密機器も凋落しているわけで、このまま行けば、日本も凋落していきます。そんなことはずっと前から知っているんだけど、それでも、楽しい気分にはなりません。

一般的に言って、日本には同業他社が多すぎるので、集約して、同じグループにした上で、ライバルを海外の会社に設定しないと、ニコン、キャノンは共倒れになるんじゃないかな?、と思います。それは電機業界ですでに起こっていることで、弱電メーカーがこんなに存在する国はないし、重電もしかりです。そして、無理に無理を重ねて、倒れていくのは第二次世界大戦の死の行軍を思わせます。もっと、政治家、官僚は再編を主導すべきですよ。

0