じゃあ、山一證券破綻

日本が本格的な凋落になっていく象徴的事件は山一證券の破綻、1997年ですが、これに関する本を読んだので紹介したいと思います。

この本は清武英利さん、読売新聞のスター記者、ジャイアンツの球団代表を務めた人が書いていて、実際に新聞記者として、現場で事件を追いかけていた人が書いていますから、かなりのリアリティーがあり、登場人物の心の動きまで描かれた傑作です。

私が気になった点を記していきます。

会社組織

山一證券の破綻は日本の凋落が始まる象徴的な事件で、この頃から日本企業の終身雇用は崩壊していきます。この本を読んでいると、当時、山一社員は終身雇用を当たり前だと考え、会社を家族のように捉えており、度重なる転勤、単身赴任など、会社都合を全面的に受け入れて、定年まですごすことを前提にしているのが伺えます。

また、年功序列を大前提にしており、登場人物は入社年度、学歴をきわめて重要に考えています。「Aさんは三七大」というような言い方をしています。ちなみに「三七大」とは昭和三七年大卒入社、という意味だそうです。この序列は崩れず、50前に部長になるくらいまでは横並びだったようです。そして、無数の役職者がおり、役員だけで40人とかいたみたいです。

山一證券は営業の会社なので、数字さえ出せば、高卒でも役員になれたそうですが、トップになるには東大、一橋が圧倒的に有利だった、とかかれており、犯罪者にまで堕ちた行平さん、三木さんがそれにあたり、時限爆弾を押し付けられた、最後の社長である野澤さんは法政出身で、これは異例の人事であり、本人が一番驚いたそうです。

昔ながらの企業序列、学歴序列を延々と語る人って、この時代のイメージを引きずった考えを未だにしているのだと思います。山一破綻から20年経って、世の中が相当変わったことも気がつかず、偏差値を追いかけ、少しでも序列の高い大学、企業に入れば、後はがむしゃらに頑張れば、栄進出世が待っている、と本気で思っているのなら、あほな情弱です。

金融犯罪

山一證券の破綻は見せしめ的なところもあり、2000年から本格的に始まるIT革命で記録がデジタル化される以前は証券会社はどこであっても、犯罪行為を平気でやる詐欺師集団であり、堅気の仕事だとは思われていませんでした。山一證券は大掛かりな「飛ばし」を問題視されて、旧大蔵省から自主廃業を宣告されています。

「飛ばし」とは法人客に無理やり買わせて、含み損になった証券を他の法人に頼み込んで、損失補てんをすることを約束し、一時的に保管してもらい、決算上はなかったことにしてしまう粉飾決算です。今では四半期決算なので、この技は使えなくなりましたが、年に一回の決算なら、決算時期の違う企業を組み合わせて、この技が使えたのです。

また、総会屋と言われるヤクザに漬け込まれて、利益供与したりするのも当たり前であり、今でも業界トップのリーディングカンパニーとして、エリート面している野村證券も総会屋への利益供与で逮捕者を出していますし、「数字が人格」と言われる世界の住人達です。

証券マンなんて、ヤクザと同じようなもので、個人口座を勝手に使って、売買して、損失を出しても知らん顔して、ごねたり、脅したりしながら、客が破産するまで自分の都合のいい取引をさせ続けるのが優秀な証券マンだったんですね。それは本質的に今でも変わらないと思います。

漢たち

野澤さんは記者会見での男泣きが有名な人ですが、彼は完全に被害者であり、元トップの行平さん、三木さんがめちゃくちゃして、どうにもならなくなった数千億円の損失を知らないままに社長就任することになり、自殺を考えるほど、追い込まれながらも、社員を守るため、「社員は悪くありません、我々、経営者が悪いのです。社員をよろしくお願いします。」と公共の場で泣きながら訴えたのです。

元々、彼は長野県の農家に生まれ、数年の家業を手伝い、苦学で法政大学を卒業した苦労人で、会社に入ってからも地味な個人営業を積み上げて実績を上げてきた叩き上げであり、会社の中枢に入る為に重要なポジションである「内務官僚」を経ずに役員まで上って来た人物です。アクの強い人物ではないので、操り人形にするために選ばれたのです。

そして、負け戦の殿を務めた12人の漢たちの物語が「しんがり」なのです。正確には二人の女性も含まれていますので、漢、姐なんでしょうか?w それぞれが事情を抱えて、もう手がつけられなくなった山一に関わっている場合じゃないのですが、責任感から真相の究明、顧客への誠意、自分のけじめの為に殿を買って出るのです。

これも古き良き日本だな、という感じで、みんな生活があるので、廃業するというなら、真っ先に辞めます!、という人ばかりではなかったみたいです。我先にメリルリンチに駆け込んだ人も多くいたみたいですが、そんなことはまったく責められることではありません。こういう責任感の強い人がいるのは日本の良さですが、それが発揮されるのはどうにもならなくなってからです。

その後

12人の侍たちのその後も書かれているのですが、多くの人が転職先で落ち着くことなく、次々と職を変えています。金融不況のせい、業界再編でポジションの減少、ということもあるのですが、終身雇用を信じて疑わなかった人でも一度、転職をすると、転職に対するハードルが下がり、我慢しなくなるのです。我慢するインセンティブが存在しなくなる、とも言えるでしょう。

日本の多くの大企業では生え抜き、中途で会社内での役割を変えています。中途には縁の下の力持ちとして生え抜きを支える役割を求めて、幹部候補とは考えていないことが多く、使い捨ててもいい人材として、いきなり無茶振りして、出来なければ、居場所を奪い、辞めさせるわけです。そうなると多くの中途は職を点々とすることになります。

そんなやり方も転職の一般化で、徐々に変わりつつありますが、日本企業は終身雇用を約束することで、新卒を社風に染めて、意図的に世間知らずにすることで、操り人形にしてきたわけで、それがいきなり変わりはしないでしょう。今は終身雇用は約束されないが、新卒を洗脳する行事はなくならない、というわけです。良い習慣は消え、悪い習慣だけが残っています。

山一破綻の頃、就職活動で地獄を見た、自分の親が苦しむのを見えているはずの氷河期世代ですら、40代になり、オヤジ社会の鬼軍曹として、同僚、部下に理不尽なことを吼えているのですから、日本のオヤジ社会問題は根深く、社会を蝕んでいるんだなぁ、と思います。日本が破綻寸前にならないと、気がつかないのかもしれません。

まとめ

ドラマにもなった有名な物語ですが、バブルの頃の証券会社が何をやっていたのか、金融業とは本質的にどういうものなのか、高度経済成長期が完全に終わり、日本が凋落し始める事件を知るのにいい資料だと思います。金融業に進む人はこれを読んでから、覚悟して進んでください。お金とはこれほどの魔力を持つものだと知ることになるでしょう。

また、年功序列、終身雇用、といった過去の遺物はこんなシステムだったのだよ、といういい資料でもあります。今から見ると、大企業がこれほどまでに、信じられないくらい家族的であり、社内結婚し、いつ、どこへでも転勤し、自らの意思で自社株を買って、無理なノルマを乗り越えるためにみんなで夜中まで電話をかけ、励ましあい、仕事に取り組んできたのだ、ということがわかるでしょう。

私は二度とこんな時代に戻って欲しくないですけどw

0