じゃあ、日本の銀行

金融記事を書いてなかったので、書きたいと思います。

都銀

かつて、日本は都銀を二桁以上持っており、乱立していましたが、外資勢に押されて、統合が必要となり、バタバタと減っていき、今は実質3行まで減りました。みずほ、三菱東京UFJ、三井住友までが都銀、りそなは都銀とするかは微妙なところです。

これは世界的に当たり前で、あれだけ広大な領土を持つアメリカでも、シティ、チェイスの2行しか全国区の銀行はありませんし、ドイツはドイチェ、ドリスナーに集約されています。やっていることが全く違うわけではないので、沢山あっても仕方ありません。

彼らはある意味で半国営企業みたいなところがあり、倒産されると困るので、経営危機になると、「公的資金」と名前を変えた税金投入をされて、強引にでも存続されます。リーマンショック時にはシティがアメリカ政府の強い意志で助けられましたし、今もドイチェがドイツ政府が必死になっています。

自己責任で博打に手を出して、勝ったら豪遊、負けたら税金投入しているのは酷いとしか言えませんが、放置できないのです。シンガポールでもリーマンショック前の外銀はバックオフィスにすら大盤振る舞いしてましたよ。そんな仕事にこんなに出すの?っていつも思っていたら、この始末です。

地銀

元々、地場産業を助ける為に地元の名士が設立した銀行で徐々に役割を終えつつあります。特に第二地銀と言われる弱小地銀は青色吐息で、統廃合を繰り返して集約して行くしかないでしょう。

地場産業の強い横浜、千葉、京都なんかは優良顧客を多数抱えているので、財務状態はいいですし、スルガなんかは先進的な経営で他の地銀を出し抜いていますので、暫くは危機に陥ることはないと思います。

アメリカ、ドイツにも日本ほど多くはないにしろ、地銀はありますので、何かしらの特色を持って、他の金融機関と戦えば、存続は可能だろうと思います。そのいい例をスルガ銀行が示しています。

信金

地銀よりさらに小さい信金は完全に存在意義を失っていて、いっそ、国の主導で潰してしまう方がいいだろうと思います。カブ、チャリで顧客訪問して、手書きで書類書いて、間違いを直しに、また、訪問する、とかしている人たちです。

こんなことしている先進国の金融機関って私は知りませんし、完全に昭和の風景じゃないか?、と思います。高度経済成長期に感じの良いお兄さんが専業主婦の話を聞きながら、積み立てを受け取りに行く、と言うような、三丁目の夕陽です。

他にしたいことがあるなら、早めに転職した方がいいと思いますよ。誰がどう考えても、将来性はないので、定年が見えている人はともかく、これから何十年働かないとダメな人は信金では逃げ切るのは無理でしょう。

ネット

そして、登場したのはネット銀行で、実店舗を持たないので、固定費が格段に安く、有利な条件提示が可能です。お金はお金なので、都銀から借りるお金、ネット銀行から借りるお金に違いがあるわけではありません。

多くの企業が参入し、乱立状態になっていますが、あまりコストがかからないので、リスクがほとんどなく、自社商品をバックアップする銀行としてやっていればいいので、相乗効果が期待できます。

セブン銀行なんて、セブンイレブンにATMを置いて、他の銀行から手数料を取っていれば、店舗への集客力も得られるので、損をすることが一切ありません。こういうビジネスは死角がありません。少なくともリテール営業では無敵です。

まとめ

これが銀行で、証券会社は別になります。欧米では都銀が大きな投資銀行部門を持っていますが、日本では始まったばかりで、従来の証券会社、総合商社の方が積極的に投資銀行業務をしているように見受けられます。

本来、産業の潤滑油として発展してきた銀行が積極的なギャンブルをするようになり、モラルハザードを起こしているが、倒産した場合の影響が大きすぎて、国が助ける必要があります。

勝ったら、巨額報酬、負けたら、税金投入のギャンブルは酷すぎるので、リーマンショック以降は制限されるようになりましたが、完全になくなったわけでなく、あの手この手でギャンブルに手を出そうとしているのが欧米銀行です。

その点で邦銀は投資銀行業務に弱かったせいもあり、リーマンショックの焦げ付きが軽微ですみました。保守的、遅れた金融システム開発が幸いしたと言えるでしょう。