じゃあ、ハイパーインフレ

ハイパーインフレ、と一口に言っても、その幅が問題であり、今までデフレを続けてきた日本にとっては5%インフレでもハイパーインフレと言えないことはありません。

ジンバブエ状態

日本がジンバブエ状態になることはありえません。仮にあったとしたら、世界は北斗の拳の世界に突入するはずなので、貯金しようが、金塊持とうが、暴力が支配する世界になるので、諦めましょう。

どうしても不安な人は肩パットに鋲のついた革ジャン、モヒカンのカツラ、大型バイクを買っておき、部屋で「ヒャッハー」と叫んで、来るべき暗黒世界を生き抜くために筋トレしておくと良いと思います。

衰えたとは言え、世界第3位のGDPを誇る日本円が完全に壊れることになれば、世界経済も終わりで、収拾がつけられなくなるでしょう。まず、米国債の処理問題があるので、いきなり日本円がハイパーインフレすることはありません。

倍プッシュ

私は日本の物価がいきなり倍プッシュくらいなら、あり得ると思っています。バブルの頃から、ずっと20年以上デフレしているので、溜まり溜まった振り子の力が一気に振り下ろされることはありえる、と考えます。

事実、他の先進国物価は日本の倍以上なので、そこまで一気に上げていっても取り立てて変だとは思いません。給与も上がるでしょうし、株価も上がるでしょうから、しばらくは混乱するでしょうが、正常な方向に向かうと思います。

こうなると、老人から合法的に貯蓄を奪い、借金を半額に出来るので、日本の財政状態は一気に改善されます。老人は日本円現物を信じ込んで、外貨建、株価に資産分散してない人も珍しくないので、そういう人から無慈悲に奪うような形になります。

緩やかなインフレ

安倍首相、黒田総裁が目指しているのは緩やかなインフレなんですが、これはうまくいった例がほとんどなく、通貨流通量を増やしても、それが実経済に回らず、投機マネーになるので、あまりインフレしないんですよ。

日本より先に衰退している欧州では消費文化が廃れ、スローライフを楽しむ文化になったので、お金を持っていても、華やかにお金を使う人は少なく、多くの人は必要な物を必要なだけしか買わないので、一足先にマイナス金利を始めて、無理やり使わせようとしたわけです。

だから、日本も規制緩和による通貨のバラマキをしても、あまり効果がなく、お金を持っている人でも、わかりやすい成金的使い方をせず、貯金に回ってしまうだけです。バブル世代の定年で購買力が下がったら、もっと使わない世の中になるでしょう。

アメリカが先進国で唯一成長していくのはアメリカ人が消費大好き人間だからです。少し余裕が出ると、お金を借りて、家だ、車だ、外食だ、とガンガン使うので、お金が回って、市場規模が大きくなるのです。国民総バブル世代、とでもいう国なんですよ。

まとめ

ハイパーインフレがどの程度か?、という私の予想ですが、デフレの反動、他の先進国レベルに物価上昇という常識の範囲を超えないと考えており、経済の基本である振り子の原理が働くだけだと考えています。そして、上りより、下の方が速いです。

なんにしろ、日本円現物の一本足打法で臨むのは危ないので、ポートフォリオの一部を外貨建にしておくと、良いだろうと思います。その上で、ETF、商品なり、REITなりで、リスクヘッジしておくと良いだろうと思います。