じゃあ、文系天国

日本って、今まで文系天国が続いて来て、そのイメージを引きずった人が珍しくないのですが、文系天国、とはどういうことなのか?、を記事にします。

新卒採用

日本企業は新卒一括採用をして来て、学士、修士、博士、という学位の種類に対して、標準オファーが決まっていて、需要と供給の関係を無視して、待遇を決めてきました。これは日本独特のシステムと良く、韓国に似たシステムがあるくらいです。

例えば、供給不足の機電、供給過剰の文系も同じ学士なら、同じオファーでなので、ともかく、内定を取るまでが勝負だ、という不思議なシステムが成立しています。これは圧倒的に文系に有利なルールだと思います。

多くの国で、供給過剰の文系は非正規雇用からスタートで、インターンシップ、有期契約社員から始めて、正社員雇用を狙って行くことになりますが、日本なら、内定さえ取れば、いきなり正社員なのです。

年功序列

数字が直接出る営業の会社でもなければ、一度入ってしまえば、10年くらい年功序列が続きます。よほど酷くないなら、ほとんど差がつかず、昇給していきますから、何かしらの目に見える成果を出すのでなく、余計なことをしないことが求められます。

そうすると、利益に直結しない管理部門が有利になり、大きな成果もない代わり、大きな失敗もないので、減点方式の組織では優先的に昇格するようになります。消極的な公務員のような組織が営利団体で行われているのはすごいことです。

そして、間接部門事務屋が直接部門に上から指示を与えるような官僚システムがまかり通り、文系天国だといわれるようになった、と言えます。本業の知識がほとんどない事務屋が踏ん反り返っているのだから、実態から乖離したことをするのは自然です。

終身雇用

日本企業は終身雇用を維持してきたので、素晴らしく有能な社員も大した報酬を受け取りませんし、ダメ社員も解雇されず、共産主義的なシステムで定年まで働くことが一般的でした。この連帯感が日本の高度経済成長を支えましたし、成功モデルになったのです。

でも、これは人口ピラミッドが正常な形をしている時にしか成立せず、上が厚くなってくると、指示系統が乱れ、やっていることと、貰っている待遇が全然合わなくなり、運営コストが合わなくなります。

それでも、多くの日本企業は若手を搾取しながら、中高年の雇用を守り、会社が傾くまで、小さな利権にしがみつく、という図になり、耐えきれなくなったところで、リストラをようやく始めますが、すでに手遅れ、というケースがほとんどです。

まとめ

まずは終身雇用が守れなくなり、年功序列が崩れました。次は新卒一括採用が崩れるのは時間の問題であり、昔ながらのやり方にしがみつく企業は競争力を失って、緩やかに死に絶えていきます。弱電が典型例で、それが重電、精密機器にも波及しつつあるのが現状です。

こんなご時世に文系天国を夢見ている若者は思考停止していると思いませんか?その天国を支えてきた日本企業が徐々に死に絶えてきて、ごく一部の業界、企業を除けば、減収減益をずっと繰り返しているんですよ。株価指数はバブルの頃を未だに抜けないんですよ。

若者は自分の身を守ることを考えた方がいいです。他人と差別化を図れる何かを見つけて、尖らせる努力をすべきです。最悪、国外に出ても、仕事が見つけられるように非言語スキルを身につけ、最低限の英語力は習得すべきです。

間接部門の管理部に入って、非生産的なことして、上から目線で直接部門に指示しているようなことを本気でしたいんですか?会社が倒れたら、一連托生ですよ。定年まで会社は存続できますか?小さな利権の為に自分の可能性を放棄するんですか?

 

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、文系天国” への 9 件のフィードバック

  1. 私も新卒採用には疑問です。
    新卒って仕事をイチから教えるのはもちろん、名刺の渡し方とか挨拶とか社会人のマナーレベルから教えないといけないんで採用コストすごく高いんです。。
    採用の準備から実際に雇用するまでの時間も長いし手続きだけでも中途より手間かかります。

    それでも会社は新卒が好きで、
    社長はその理由を「うちの会社のカラーに染めやすい」と言ってます。

    要するに他の会社も社会のルールもよく知らないので、搾取側からしたら洗脳しやすいということだと思います。

    1. 転職が当たり前の国からすると、新卒が一番雇いたくない人材なんですが、日本では逆です。日本独自の慣習にこだわっても、国際競争に勝てないので、そのうち崩れるでしょうけど、オヤジは会社が傾いても、旧来からのやり方に拘るのかもしれません。

      シン

    2. ダーさん、
      新卒って自分の適性みたいなことがわからないまま就職するのでミスマッチがありますよね。
      また、怖いのは悪習に気づかなくなることですね。
      ただし、廃止するとフリーターだらけになりそうなんですが。

      1. 結局若い人が割くって、働けない人や嫌になって働かない人がどんどん増えていきそうに思います。
        少子化とか若者の〇〇離れとか、なるべくしてなったんだと思います。

        子供が大きくなる頃には日本がもっと滅茶苦茶になっていそうで不安です。。
        最近の学部シリーズは子供の将来のことを考えながら読んでいました。

        1. まったくです。

          やたら若者を責めるのは老害で、これだけ若者を搾取して、やる気みなぎらせていたら、逆におかしいと思います。

          シン

  2. 終身雇用が崩れるとは具体的にどのようなことでしょうか。クビですか?
    今の日本の法律では簡単にクビにできないですし、50以上の人は大黒柱ということもあり、解雇しにくいです。なのでよっぽどのことがないと解雇はされないと思うのですが、どうですか?

    終身雇用が崩れた統計データを調べてみようとしましたが、なんのデータが適切か思いつきませんでした。

    1. すでに日本を代表する企業が経営危機によって、リストラしだしているので、自分から辞めると言わない限りは定年まで会社に世話してもらえる、という時代ではないでしょう?

      たった10年前に東芝が潰れるかもしれない、とか、パナが執拗な嫌がらせで中高年の首切りをするようになることを誰が予想してましたか?すでにそういう時代です。法律どうでも、存続できないなら、意味ないです。

      時間の問題で簡単に解雇できない法律も変わるでしょう。すでにかなり悪質な嫌がらせ行為で、辞めさせているので同じことです。辞めさせなければ、企業が成り立ちません。無駄飯食ってる中高年が多過ぎて、競争力が失われているので、彼らを守れば、守るほど、経営は悪化していきます。

      仮に最後までリストラ喰らわなくても、会社が倒産すれば、意味ありません。50代なら、定年まで逃げ切れるかもしれませんが、20代、30代が逃げ切れるかはかなり怪しい所です。

      政府、企業が指名解雇していることを認めてないのにデータがあるわけないでしょう?

      シン

      1. 私の会社では、管理系の社員のメンタルの休職がとても多いです。
        必要でもないのに利益に繋がらない、なにをしてるかわからない人が多いので精神的に追い込まれるんだと思います。

        定年までしがみつくなら文系社員は強烈な嫌がらせで退社させられます。

        1. 穴を掘らせ、直ぐに埋めさせる、それを理由も教えず、ひたすら繰り返させる、という拷問があるらしいですが、何の意味があるのか理解できない、非生産的労働は人間の精神を侵していくので、そういうポジションは楽で、待遇が良くても、辛いだろうと思います。

          シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です