じゃあ、偏差値病

二言目に「偏差値が」という人は本当に多く、このブログでも偏差値が、偏差値が、とコメントが付きます。これは日本が罹患している病みたいなもので、克服しないと成長しないでしょう。

数字

偏差値というのは同じサンプルが同じ試験をしないと比較対象にはなりません。こんなことは子供だってわかる理屈なのに大の大人が偏差値が、偏差値がと言うのは本当に不思議です。

単に高い偏差値を取りたいなら、出来るだけレベルの低い母集団を持つ、少ない試験科目を選択すればいいです。具体的に言うと、公立校に食い込んだ教育企業が主催する模試を私立文系二科目、三科目を選んで、その試験科目だけ、その模試の傾向に合わせて徹底的にやればいいです。

学校に強制的に受けさせられる模試なら、大学受験すら考えてない、まったくやる気のない子供もサンプルに入りますし、私立進学校は無駄なのでそういう模試に参加しないのでサンプルのレベルが一気に下がります。

その上で、ろくに勉強してない子供が集中する私立文系を選択すれば、偏差値は高くなって同然です。理系は数三、数Cまで履修している子供は2割もいないし、話にならない子供は履修しないので、偏差値を稼ぐのに適していません。

ゴール

そもそも、模試で偏差値を稼ぐことがゴールなんでしょうか?予備校が主催する模試の偏差値ランキングで上に行くことが人生の目的なんですか?そのランキングで上位に立って、他人から凄いと言われることに何の意味がありますか?

高等教育を受ける目的はその先にある職業選択です。高等教育での専攻は直接職業に繋がり、人生の満足度を上げるための手段だと私は思うのですが、何をしたいかもわからないけど、とりあえず、偏差値を追いかける勉強をするってすごく不思議です。

出来るだけ高い偏差値を取るために私立文系を選択して、うまく立ち回って私立文系最上位大学に入り込むことに成功しました。そして、その先をすでに見据えているなら、それもいいと思うんですよ。見据えてないなら、そこから先は狭まった選択肢から消去法で何かを選ばされます。

ともかく、東京の私立文系に入って、読モ、ミスコン荒らし回り、在学中から芸能活動をして、キー局でアナウンサーになるのが目標で、上京してすぐに突っ走るつもりなら、まったくいいと思いますが、そういうレッドオーシャンで勝ち抜けるどころか、参加することすら出来ないのが凡人では?

選択

天才、天運を持つ人で何やっても成功する人もいますが、そういう人は例外中の例外であり、普通の人は何かを取れば、何かを失うものです。好きなことをやれば、飯が食いづらくなるし、需給を気にしてやる方向を決めれば、一抹の不満を感じます。

だから、子供には自分で選択する、ということの意味を教えてやるべきで、世間体がどうとか、ランキングがどうとか言って、二言目に偏差値が、偏差値が、と言っていたら、子供は軸がなくなり、自分と向き合わなくなります。

文系は何の専門にもなりませんが、それでもどうしてもやりたいなら、それもいいじゃないですか?でも、その過程で悩み苦しんでレッドオーシャンに入るのと、安易に入るのは違うと思いますよ。

まずは自分のことを知れ、好きなこと、得意なことを把握する。次に市場を知って、需給バランスを理解する。その上で何がしたいのかを自分の意思で掴むしかないと思いますよ。と言うか、いい大人であるぬるりの相談者さんですら、これに迷って相談に来る人が多いので、一生の課題です。

まとめ

この記事を見て、少しでも感じることがあるなら、偏差値が、と言うことをやめて下さい。世の中に序列はありますが、偏差値で表現する必要はありません。数字にすることで曖昧な指標が絶対かのような錯覚をします。

自分の絶対価値を追いかけて、自分の満足度を高める行動をしていくべきです。一度、真剣になって、いいオッサン、オバサンが偏差値、偏差値と言って、つまらない序列主義に陥ってないか?を自分に問いかけてみるといいと思います。

23+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、偏差値病」への77件のフィードバック

  1. どの業界にも競争があるのはいいと思いますし、薬学部のように国家試験のある学科であまりにも教育レベルの低い大学じゃ嫌だよってのはわかります。
    けど、大人になってから偏差値とか言ってる人はなんかおかしいし、私立文系の学部ごとの偏差値の序列を覚えている人もいますね。
    また、一般的に理系を選ぶと文系に比べて半年~一年分の勉強量が増えますからね。(生物か物理選択にも関わらず)

    1+
    1. 同じ薬学部内でよりレベルの高い大学に行きたい、というのは当たり前です。選択肢が増えますし、教育レベルも上がります。そうじゃなくて、私立文系と国公立理系を無理やり偏差値で比べて悦に浸っている人は頭おかしんじゃないか?と思います。まったく別指標の数字を同一視して、やりたいことの方向性を考えるのでなく、単なる序列闘争に持ち込んでしまっています。こんなバカなことをしているのは日本だけです。

      シン

      1+
      1. 確かに、国公立理系と私立文系の偏差値を比べる人や私立だと特にそうですが文系学部のが偏差値高いし看板学部だから偉いんだとか言ってる人もいますね。

        0
        1. 主語が他人で自分がどう思うか、どう活かすのかは全く言わないんですよね。主体性のない考え方だな、と思います。

          シン

          1+
  2. 知り合いの先生から聞いた話ですが、中堅以下の高校だと数3の授業すらないですからね。時間割にはあっても履修してないとかですね。
    また、理系でも農学部や医療系でいらないとこが多いですね。
    中堅以下の女子高だと数3が個別指導しかないから塾にきたって人もいましたね。
    偏差値なんかあてになりませんね。

    0
  3. シンさんのおっしゃる通りで母体が異なるものの偏差値など意味がありません。
    彼らは強がっているのですよ。
    小学校低学年の子が「俺ってクラスで一番ケンカが強いぜ」とか言ってるのと同じで、
    そういうヤツに本当の格闘技をやらせてみると鼻クソ以下だったりします。
    それどころか素人相手のStreet fightingさえ“怖くて”できないでしょう。
    上記の例えは決して大袈裟なものではなく、私立文系と国立理系ではそれ以上の差があるように思います。
    私立文系:小学生レベル
    国立理系:プロ格闘技レベル

    そもそも軽量入試の分際で偏差値などという言葉を使ってはいけないと思います。

    1+
    1. そういう言い方をすると、学歴中毒が湧いてくるので好ましくないですが、実際、そうだと思います。

      マイルドにいうなら、全く違うものに数字をつけて無理やり比べて、自分の方が序列が高い、と悦に浸り、自分を見失ってないかい?と問いかけたいですね。偏差値、という土壌では数字を出しにくい難易度の高い国立理系、特に科目数の多い旧帝だからと、その難易度を誇り、悦に浸るのも同じように自分を見失ってると思います。難易度の高いことが出来るから人生をより楽しめるわけでもないですからね。

      シン

      3+
      1. 私は学歴というものを、「将来自分が確実に食い扶持を稼げるか否か」を
        コストパフォーマンスを勘案した上で評価します。
        この点から行くと医学部と東大・京大が別格、
        凡人が目指せる中では国公立の工学部や看護学部が最も優れています。
        私大文系は就職への投資としては中卒未満の愚策です。

        しかし、あくまでそれは私の価値観であって、将来を捨ててでも
        文系の学問もどきに青春を費やしたい、低脳でも高学歴ぶりたい、
        「一流大学」の肩書でプライドを満足させたい、
        親の脛を齧って都会でモラトリアムを過ごしたい、というのであれば、
        私大文系に行くというのも、当人が良いと思うなら良いと思います。

        早慶・MARCH・関関同立に行ければ、世間一般の情弱からは
        「一流大学・高学歴」として扱ってもらえますし、
        同世代の上位10%には入るので、決して馬鹿ではありません。
        選択肢としてはそれなりに価値はあるでしょう。
        まあ、それで就職できなかったりブラック企業に潰されそうになったら
        「自己責任だから迷惑かける前に早く死んでください」ですけどね。

        逆に、私がコスパが良いと評価している工学系、それも土建系は、
        就職は固いですが、度々書いてきたように、極度に男臭くて
        独特の閉鎖的な世界なので、耐えられなくなって脱落する人、
        世間一般から感覚がズレてしまって家庭崩壊に至る人も多く、
        食いっぱぐれる危険は少ないものの、人生を楽しめる進路なのかは微妙です。

        1+
        1. 本人が覚悟してやるならなんでもいいと思いますが、人目気にして偏差値が、世間の序列が、と言ってレッドオーシャンに自ら入って、溺れても自己責任ですよ、という話ですね。同様に適性も考えず、食えるからと土建選んで、合わずに地獄を見ても自己責任ですね。

          シン

          2+
          1. 繰り返しますが、私は序列や難易度の話をしてません。本人が本当にそれでいいと思って選択したことなの?と聞きたくなるような口ぶりの人が日本には本当に多くて、そういう人は決まって偏差値が、偏差値が、と繰り返す、という話です。

            シン

            1+
          2. シンさんのおっしゃる通りです。
            見掛け上の偏差値が高い所に行ったから偉い、という事はないのと同様に、
            手に職系の進路に就いたから堅実で偉い、という事もありません。
            結局は当人がどちらを取るかです。

            私立文系の進路は競争の過酷なレッドオーシャンですが、
            快適な環境であるのは確かです。
            環境を優先したいのであれば、それは本人が決めることです。

            医学系や土建系は、適応出来ればブルーオーシャンになりますが、
            ブルーオーシャンを目指すというのは、言ってみれば
            深海魚や高山植物に進化するようなものです。
            苛酷な環境に耐えられなくなって自滅する者も多いでしょうし、
            特殊な環境に適応し切ってしまうと、今度は普通の環境で生き辛くなります。

            私も僻地での男ばかりの寮生活が長くなり過ぎて、
            シャバの感覚が解らなくなっているのかもしれません。

            4+
    2. 私も私立文系と国立理系は国立理系の方が難しいという意見には賛成しますが、それを考える際に悩ましいのが語学の位置付けです。

      語学力と数学力をみると、
      私立文系: 語学力A、数学力D
      国立理系: 語学力B、数学力B
      のようになり、総合力で見たら国立理系の方が上になるものの、語学力では国立理系が劣ることになるからです。
      語学力と数学力のどちらが大事かよく考えますが、結論は出ていません。
      確実なのは、語学ができて数学ができない人は数学コンプレックスがあり、数学ができて語学ができない人は語学(だいたいは英語)コンプレックスがあるということです。

      0
      1. >語学力と数学力のどちらが大事かよく考えますが、結論は出ていません。

        出てませんか?いくら語学力に優れても、ネイティブには敵わず、それをお金に変えることは極めて難しいです。語学力が抜群に高くても、理解できないことは理解できません。

        数学力に優れれば、それをお金になる専門性を身につけるために大きく役立てることが出来ます。学問の基礎ですからね。

        平均的ノンネイティブの英語力は年々上がっていますが、数学力はむしろ落ちているくらいですから、ますます旨味が増しますし、数学力に大きく影響するビッグデータの解析なんかがどんどん需要が増えてます。単に語学が得意でもこの手の職にはありつけません。

        シン

        2+
      2. 私立文系と国立理系じゃ比較できないくらい国立理系の方が難しいですよ。
        国立理系を受験する人がその気になれば、英語、歴史はできます。
        私立文系受験する人の何割が数学、物理、化学ができるでしょうか。
        1割もできる人はいないでしょう。それどころか分数の計算も怪しい人が多いです。

        0
        1. 私が語学力と書いたのは、国語力+英語力という意味です。日本人は英語ネイティブではありませんが、バリバリの日本語ネイティブです。
          しかしながら、いくら日本語ネイティブであっても、論理的な日本語の文章、美しい日本語の文章を書ける人は多くなく、女子高生の書く文章で分かる通り、日本人の文章力は年々落ちているのが現実です。

          シンさんは数学ができればあらゆる職につけるとおっしゃいますが、数学だけで飯を食うには数学教師くらいしかなく、数学は工学系の仕事の基礎になるから重要だということですよね?
          同じように、語学力もそれだけで飯を食うことはできませんが、あらゆる仕事の基礎であり、論理的な文章を書けたらどこの職場でも重宝されます。

          あと、nobunobuさんの意見に対する反論ですが、私の場合、数学はそこそこ勉強するだけで高得点を取れましたが、英語・国語は勉強してもなかなか得点が伸びず、そちらの方が難しいと感じました。

          0
          1. 国語力という意味なら完全に同意です。国語力は全ての思考の根本であり、何をするにも国語力は物を言いますね。ただし、国語力そのもので飯を食うのは極めて困難です。その辺も数学力と同じです。

            外国語を専門スキルとして取り組むということはまったく割に合いませんね。

            シン

            6+
          2. 確かに、英語とか現代国語は、伸びずらかったような気がします。
            数学は、ちょっとしたテクニックがいるような気がしますが、何よりも継続した勉強が要求されると思います。
            でらさんは、数学も継続して勉強されてたんでしょうが、大抵の私立文系を受験する人は、最初から数学、物理を捨てていたように思います。

            0
      3. 国立理系が私立文系より難しいとかも、どっちでもいいことですよね。すみませんでした。

        偏差値がどうのこうのとか、馬鹿かと思います。
        自分の能力と世相(仕事に就くにあたっての需給関係)とを考え、いかにして効率よく生きていくかを考えて行動することが大事で、頭の良い生き方ですよね。

        高校生には世相を考えたうえで、効率よく生きるために数学、物理ができる人は需要のある船員、エンジニア等の職に就いてもらいたいし、数学が苦手な人は、看護師等の需要のある職を目指して頑張ってほしいです。

        1+
  4. よく考えたらなにを勉強したいのか無視して偏差値だけ追いかけて大学受験をするって恐ろしいですよね。
    入学してから適性を知るってのは仕方ないのかもしれませんが受けるときからってのはないですね。

    0
    1. 高校も、学科無視して合格するところを受けさせてきますからね。方針か知りませんけど、教員はバカが多いです。

      5+
      1. dwさん
        実社会で働いた経験が無い人が教員のほとんどを占めるわけです。そうなると社会で必要とされているものは何かを的確につかみ、それを生徒に説くということは期待出来ないですね。
        前のコメントでも似たようなこと書きましたが、中学時代の教師で生徒の自主性や好きなことを尊重したいと言って、アニメやゲームの専門学校を安易に進路として勧めたりと理想論やきれいごとで現実の見えていない人も多かったです。
        そんな訳で、教師になるには最低五年以上の社会人経験は必要かなと思います。

        8+
        1. こういうことは家庭教育しかないと思います。教員もサラリーマンだから、お客の為より自分の数字を優先します。それは仕方ないです。

          シン

          2+
    2. 高校生の頃から将来の目標を定めて邁進している立派な人は少ないですが、自分と向き合って、どんなことなら出来そうだな?、好きだな?と思える方向に進むくらいは出来るはずです。大学に入ってから適性のなさに悩むこともあるかもしれませんが、それはそれでいい経験になります。単に偏差値を追いかけて惰性で大学入ったら、そのまま何も考えずにモラトリアムに入り、就職活動の時に初めて自分と向き合う羽目になります。そうなると、短期間で職業選択を迫られ、単に目の前にある楽なことを選んで地獄を見る可能性が一気に上がります。

      シン

      0
      1. 厄介なのは、定年間際のオッサンが偏差値や序列を気にしていることや大学受験ほど悩んだ時期はないとか言ってるオッサンがいるんですよね。
        ある意味どんなけ幸せな人生なんだろと羨ましく思いますが、ビリギャルが流行ったりするのはそういう人たちがいるからなんですよね。
        英語の勉強方法や参考書を調べるためにとかで話を聞くだけなら効果がありますけど。

        3+
        1. バブル以前は世間の序列を追いかけてりゃ、生きてこれたからなんでしょうね。ある意味幸せな人たちです。

          シン

          2+
  5. はじめまして。
    偏差値は、高ければ高いほどベリーグッドですよ。
    偏差値が高かった僕は、医学部医学科に推薦で合格して、人生逃げ切り勝ちですからね。
    偏差値が僕の人生をハッピーにしてくれました。
    偏差値を追い求める高校生活、悪くないですよ。
    偏差値を悪く言う人間は、偏差値が高い人間に嫉妬しています。
    偏差値万歳。

    2+
    1. 何言っているんですか?医学部に推薦入学したなら、偏差値がどうのでなく、推薦枠を勝ち取るための戦略を立てて、見事成功したのでは?偏差値を追いかけたのではなく、医者という資格を狙って推薦枠を追いかけたんだと思いますよ。

      シン

      3+
      1. 釣りというか愉快犯というか、
        とりあえず医師をやってほしくない人ではありますね。
        偏差値はドラゴンボールの戦闘力のように使うものではありませんが、どの試験でかわからない、しかも70前後ですと、医学部に入ってから苦しみそうです。
        そしてこのコメントを承認してレスもしているシンさんは真面目な方だなと感じました。

        1+
        1. >しかも70前後ですと、医学部に入ってから苦しみそうです。
          医者の良し悪しも偏差値で決まるものではないです。アカポスを狙うならまだしも、底辺医大卒の名医なんて幾らでもいますから。天皇陛下を執刀した天野医師なんて、日大医学部を3浪して入ったのですよ。

          病院で地道に症例を学び、論文を読み、経験を積まなければどんなに頭がよくても名医にはなれません。それを行うのに重要なのは頭の良さでなく、忍耐力と暗記力です。

          医学科推薦合格さんを擁護するつもりは全くありませんが、この記事に関わる重要なことなのでコメントしておきました。

          4+
          1. 実は私もそう思ってました。

            臨床医は医は仁術なので人格者であること、誠実であることがかなり重要ですし、執刀医は職人的センスなので学力とほとんど無関係です。研究医くらいしか学力と関係が深い分野はないので、学力と名医の関係はあまりないと思います。まして、偏差値なんていう指標は学力とすら、どこまで結びついているかも微妙です。

            シン

            3+
          2. 補足しておきますね。
            70で鼻にかけるようだと、より上がいる医学部で自尊心が保てないという意味です。

            0
          3. 執刀医については、私も同じようなことを思っていました。
            手先は器用だけど、医学部に入れるほど頭の良くない人
            頭は良いけど、手先が不器用な人
            前者向けの資格を作り、監督医が立会いの元手術をするなどして運用しても良いのではないかと思います。難しいですかね。

            0
  6. 私立理系ってどうなんでしょう。
    国立理系でできなくて私立理系でのみできることがあるんでしょうか?

    0
    1. ないと思います。
      あえて言えば、就職支援が充実していることくらいでしょう。私立は就職実績が命なので。

      学費も国立より高いですし、遠くの国立に下宿して通うか、近くの私立に実家から通うかでようやく選択肢に入る程度だと思います。

      1+
    2. 設備的なものは国立理系が私立理系より恵まれているかもしれませんが、入試科目の少なさ及び入学しやすさから私立理系を選択するのは、十分ありです。

      0
  7. 私立文系より国立理系の方が圧倒的に難しいと難易度に拘っている方がいますが、
    勉強ができるって、そこまですごい事だと思いますか?

    優れた研究成果をあげたり、新しい事業を起こして成功させたり、面白いエンターテイメント作品を創り出したならともかく、受験勉強って既に答えがわかっていて、予備校などで受験対策も確立されています。
    予備校にいけるだけの環境があって、効率的な勉強方法で努力すれば、誰でもできるようになると考えているので、
    勉強ができる事は、すごいけれど、そこまですごいとは思いません。

    文系は、数学から逃げたと批判されやすいですが、
    まともな人間にとって、学歴なんて手段にすぎないので、
    文系でも目的を達成できるなら、数学から逃げたとしても何の問題もないです。
    なりたい職業が、大卒しか採用されないが、理系だと有利になるわけでない場合など。
    スキルがなくても、やっていけるだけの能力がなかったり、ただ安定した職業に就きたいだけの人が、ノースキルの文系にいくのが、問題なだけだと思います。

    2+
    1. まったくです。難しいことができること、そのものに意味なんてありません。それで何かしらの大きな達成をして初めて意味があります。簡単に入学できる私立文系に行って、自己実現できるなら、それで何の問題がありますか?という話です。単に安定した仕事を得て、まずまずの遣り甲斐をもって、平穏に暮らしていきたいだけの人が、大金、時間をかけて大学に通って得た専攻、学位で他人と差別化できない文系に行くと、図抜けた人以外は辛い目にあうけど、それを意識したうえで進学していますか?という話です。模試で偏差値が、XXだったので、近辺で最も偏差値の高い大学、学部を選びました、とかいう人は大丈夫かよ?自分の人生だろう?若い時の4年、数百万という大金払うんだよ、と言いたくなります。

      偏差値が、偏差値が、と連呼しても、曖昧な指標であるだけでなく、高い偏差値を取ったからと言って、それが直接何かになるわけではないです。医学部の推薦がどうとか言っている人がいますが、推薦取りたいなら、内申点を稼ぐために模試の偏差値よりも学内試験を頑張るべきだし、良い推薦状を買い貰うため、選考試験を優位にするために教員と良好な関係を築く、受けのいい課外活動するなどして点数稼ぎする必要があります。アメリカはこのシステムで、日本もアメリカに倣うそうなので、就活みたいな大学入試になるみたいですね。全く意味のない偏差値競争しているよりは履歴書の見栄えをよくする世渡りを学んだほうがいいのかもしれません。志望動機もしっかり書かなければならないので、自分と向き合うきっかけにはなると思います。

      シン

      1+
    2. >文系でも目的を達成できるなら、数学から逃げたとしても何の問題もないです。

      その通りです。
      私立文系どころか高卒,中卒でも関係ありません。
      要は目標達成できるかどうかです。
      過去に多くの国立理系以外の人が大きな成果を上げていることも知っています。
      ただし、一般論として、

      >受験勉強って既に答えがわかっていて、
      >予備校などで受験対策も確立されています。
      >予備校にいけるだけの環境があって、効率的な勉強方法で努力すれば、
      >誰でもできるようになると考えている

      たかだか上記のことさえ逃げまくった“だけ”の人が多いんですね。
      しつこいですが、勉強が不要と思って別ルートに行った人は入っていませんよ。

      1+
    3. >なりたい職業が、大卒しか採用されないが、理系だと有利になるわけでない場合

      恐れ入りますが上記に該当する職業を思いつかないので
      例をいくつか教えてくださいませんか?
      無知ですみません。

      0
      1. 大卒しか採用されないが、理系だと有利になるわけではない職業は、
        金融、商社、メディア、出版などの業界の会社員、
        文系公務員、文系科目の教師、文系学問の大学教員、法曹あたりだと思います。

        金融については、クオンツやアクチュアリーは理系でないと無理ですが、
        それ以外なら、理系は若干有利になる程度のイメージです。

        今の時代、高卒だと単純労働や肉体労働、接客業くらいで、それ以外の仕事はほとんど大卒しか採用していないので、
        むしろ大卒未満の学歴で就ける職業を探した方が早いのではないでしょうか?

        ちなみに、ビリギャルは高卒や専門卒でもいけるブライダル業界に就職したらしく、
        自分の知り合いで、文系の方は高卒で就職できるようなところに就職している人が多いです。
        学歴が何だろうと、目的達成できるならどうでもいいですが、
        残念ながら、文系だと達成できてない人が多いです。

        0
        1. >金融、商社、メディア、出版などの業界の会社員、
          >文系公務員、文系科目の教師、文系学問の大学教員、法曹あたりだと思います。

          なるほど。私が知らない業界ばかりで勉強になりました。
          自分がいかに視野が狭いか再認識しています。

          0
          1. 自分はまだ社会人でないので、職業や社会の事はまだわからない事だらけです。
            それなのに、勉強になりました、とまで言われると、とても恐れ多い気持ちになります。
            間違いがないように気をつけていますが、もし間違いがあったら、誰か指摘してください。

            文系にしかなれない職業や文系だと有利な職業は、ほとんどないが、文系である事が採用の不利にならない職業なら、割とたくさんあるという認識です。

            1+
  8. 国立理系って言っても結局就職先はシャープや東芝ですよね?
    そんな威張るような話なんですか?
    それも就職が一番いいと言われる工学部の話で理学部や農学部だとそれすら難しいでしょ

    1+
    1. えぇ!、国立理系の就職が二社しかないと思っているんですか⁈ 世の中に就職先は沢山あるので色々調べてみて下さいね。

      シン

      5+
  9. >国立理系って言っても結局就職先はシャープや東芝ですよね?
    就職先はメーカーだけって言いたいのでしょうか?
    機械や電気装置っておよそどんな会社にもあるわけで、ある程度の規模の会社であれば
    それらの面倒をみる人は必要になりますよね。

    先日、息子の通う高専で、これからの理系教育について講演会があり、聴いてきました。
    その話の中で印象に残ったのは、機械学習や統計の高度な運用のニーズが高まり、
    数学の出来る人が足らなくなってきているというお話でした。
    最近では、高等教育機関で工学を履修した人は高度な数学の知識を有しているとみなされ、
    メーカー以外からも引き合いが強まっているのだそうです。
    4力や電磁気を勉強した経験は、やはり強いようです。

    3+
    1. 高専は総じてクソで間違いありません。
      薄すぎる知識で高専を語ってほしくないです。
      高専とは言葉で言うのが難しいほど悲壮感に溢れたものなのです。

      0
      1. 石田さん
        社会人になり幾人の高専卒の方と関わってきた経験からすると彼らは総じて優秀です。図抜けた人はあまりいないかもしれません。しかし平均的能力が高く、企業としては短大卒扱いの給与テーブルで彼らを雇えるのは非常にお得と考えている節があります。
        物足りない点を強いて言えば、真面目で言われたことはしっかりこなすけど自分からアイデアを出して主張したり、先例にとらわれすぎてしまうことでしょうか?あとは英語力ですかね?。
        リア充でなければ、普通科高校に行ってトップレベル国立以外の文系に進むよりもコスパが非常に良いと思います。
        十中八九三十代中盤以降で年収500万円以上は狙えるのではないでしょうか?高専は高校受験の段階で地元のトップレベルの県立高校と同じくらいの難易度で、入学後にきちんと理系の勉強をしてきているわけですから、その程度の待遇が当たり前なのは不思議ではありません。

        2+
      2. 優秀な人を使い倒す側は最高でしょうね。
        Yさんも高専卒の立場になったらすぐに解ります。
        同じ会社で自分より無能なヤツが1000万とか取るのに自分は…
        違いは自分も普通高校に行ったとしたら届いたであろう学歴の差
        という考えに行きつきます。
        Yさんも優秀なのに一生アゴで使い倒される側になると「高専はクソ」という結論に辿り着くでしょう。

        ——

        勘違いしておられるようなので
        ×高専卒はクソ
        〇高専はクソ

        0
        1. そう思うなら高専出てから大学に行けばいいだけの話です。学歴による実力とは別の不遇があるのは高専に限ったことではないです。公務員、大企業は多かれ少なかれ同じです。高専からの大学編入枠は少なくないし、普通に受けてもいいでしょう?働きながら夜間に行ってもいいでしょう。働き出して2-3年経ってもまだ二十歳そこそこなんだから、大学行きなおしても不利になることはほとんどありません。

          このブログだと、駅弁理系と気軽に言いますけど、公立高レベルだとトップ校の並み、二番手校の上位2割、三番手以下だと上位1割の限られた層しか駅弁理系以上にたどり着きません。高専の多くが2-3番手同等なので、仮に普通科に行っていても、駅弁理系進学すら簡単ではないし、それより上の旧帝理系はもっと困難です。その辺の人たちと同じ職場で同じ給与テーブルであるだけでも恵まれていると言えば、恵まれています。それが不満なら早めに進路変更すればいいだけでしょう。

          自分が不満を感じているのに、行動に移さず不遇の理由を学歴に転嫁して、クソだ、クソだ、というのは前向きではないし、はっきり言ってしまうと、クソなのは高専ではなく、お前だ、という話ですね。学歴に限らずなんでもそうです。そこだけが問題だと思うならそこを変えればいいし、それは問題ではないと思うなら別のことを磨けばいいです。問題は常に自分にあります。

          シン

          7+
        2. 高専なら、5年が終わった時に専攻に進むか、大学編入で大卒の学位を得れるのでは?

          自分も、高専の学生は優秀だと思っています。使う側としても、大卒ほど世の中を知っておらず純粋なので企業色に染めやすい、給料は短大テーブル、専門知識があるので仕事はすぐにできるなどメリットばかりです。

          1+
  10. シンさん、はじめまして。いつもシンさんのblogを拝見させていただいております。
    過去の記事から、高校生が自分の市場価値を高める、選択肢を増やすために数学を学ぶ意味・意義・価値は理解できました。ならば、社会人が数学をお勉強する意味というのはあるのでしょうか? 自分は23歳のおじさんですが、この記事の通りに受験産業がでっち上げた大学序列に乗っかり、意味のない偏差値に一喜一憂し、有名私立文系に入ったものの4年間と400万円をドブに捨ててしまいました。また高校時代に、数学を捨ててしまった負い目、コンプレックスもあり社会人の今になってお勉強してみたいと思うのです。
    ご返信お待ちしております。

    0
    1. 趣味として数学をやるのはいいと思いますが
      その年齢で職種や収入につながることは少ないですよ?

      1+
    2. どんなことでも学ぶことは素晴らしいので数学がしたいなら、社会人になってからでもした方がいいと思います。それをベースにしてメシを食う、具体的なメリットを得るとなると難しいですが、それはなんでも同じだと思いますね。学生時代はろくにスポーツしなかったけど、社会人になってマラソンし出す人とか沢山いますし、良いことだと思います。

      シン

      3+
  11. 偏差値の話で盛り上がってますが、大学受験にも志望動機のようなエントリーシートのようなものがあったほうがいいのかもしれませんね。
    点数化はしなくてもいいと思いますが、少しでも将来を考えるきっかけがあるのはいいと思います。

    1+
  12. シンさん、ご返信ありがとうございます!
    数学をやるのは確かに、メシを食うための手段であればもはや遅すぎるのかもしれませんが、趣味という観点であればグダグダとつまらないことに時間とお金を割くよりも有益で良いかもしれません。
    コメントくださったことを心より感謝申し上げます。

    3+
    1. どういたしまして。

      自分がいい、と思うことを負担がかからない範囲でやってみるのは大事なことだと思います。後悔しても過去は何も変わりませんから、小さな行動によって現在、未来を変えていくほうが前向きですね。

      シン

      6+
  13. >迷い人さん

    自分のお話で大変恐縮ですが。
    自分はFラン文系大卒ですが、オッサンになってから為替をやるために微分積分と統計学をビットコインのブックチェ―ン技術を理解するために量子力学を独学で勉強し直しました。
    両方とも資産を減らさない程度に上手く回しているので、勉強し直して役に立ったと言えば役に立ちましたね。

    ただ、数学に限らず明確な目的なく勉強してもそれを実利に繋げられるかどうかは話は別です。
    自分の場合はたまたま為替と暗号通過の取引で利益を上げるには、現状不足している能力と知識は数学だと思い勉強したまでです。

    ですので、まずは今ご自身が具体的に乗り越えたい問題なり壁を把握してから、それを乗り越えるために一番適した知識と能力を身に付けられる分野の学門を勉強し直してはいかがでしょうか。

    6+
  14. 結局のところ偏差値というのは他人と比較をしてはじめて得られる値なので、他人から見た相対的な評価軸に過ぎないです。自分のやりたいことがまず最初にあり、それをやるために特定の母集団の中で学力テストのような競争に勝ってスタートラインに立つ権利を得ることが必要だから偏差値を参考にするに過ぎない、というのが本来の姿だと思います。

    そんな偏差値を動機にしてしまうときっとどこかで行き詰ります。私が見た最たる例は、受験で燃え尽きて教養学部で留年を繰り返した結果放校処分になった理Ⅲ生でした。偏差値に異常にこだわる人はそれを以って自分の心の拠り所にしたいのでしょうが、偏差値のようなつまらないもので自分を縛って他人に自分の価値の評価を委ねてしまうことに何も感じないままでいるのは、いささか不感症過ぎると思います。

    8+
  15. センター試験の季節になり、景気がいいからと言って文高理低の出願の傾向らしいですがよく考えもしないで文系って大丈夫か?とも思いますね。

    0
    1. 景気がどうであれ、子供は楽な方向に行きたがるものだし、一定レベルに理系科目でしあげることは誰でも出来ることではありません。大学進学率が過半数を越えると、文理選択することすら出来ず、文系しか大学進学は無理な層も進学するわけです。

      文理で初任給、就職のし易さが全く違うアメリカ、シンガポールでも文系の方が多いです。例外として統一試験のバカレロアで理系>文系、と明確に規定して、トップスクールがほとんど理系大学のフランスくらいしか出来る限り理系に進む、ダメだから文系という文化のある国はないです。

      ニコさんだって、一生食いっぱぐれないなら、好きな歴史研究でもして過ごしたくないですか?w

      シン

      2+
      1. そうですね。仕事しないで歴史研究でもやりたいですね。
        文系ならセンター試験と二次試験や私大の違いはマークか記述式かの違いだけですが、理系だと数学と理科の教科書がそれぞれ増えるのと数学なら数1~3まで融合問題の対策まで別にしないといけないですからね。
        また、文系だと大学の勉強と高校の内容が結び付いてるのが少なく、国公立でも理科の選択をわざわざ時間のかかる物理、化学を避けて地学や生物にして負担の回避できますね。
        同じ大学でも難しさに差がありますね。

        0
  16. ニコさん、皆さん
    ニコさんは、「公務員は、もう遅い。」で、「一種の偏差値病みたいなもんだと思います。学歴は終わっても勉強と人生は終わりませんしね。」とおっしゃっていました。そのとおりだと思います。偏差値なんかせいぜい大学受験が終了と同時に、終わりにすべきです。いつまでも拘るのは、愚かなことです。だいたい、大学受験時にこの偏差値に拘るのもよくありません。A大学、B大学があります。A大学の方が「偏差値」および世間でいうところの「大学名」が上だとします。ところが「A大学は文系中心で、実験・実習施設が狭くて古く充実していない。物理学の専任教授すらおらず、教授陣も充実していない。ところがB大学は理系中心で、施設は広く最新のものがあり充実している。教授時陣は、その分野の研究者がそろっている。大企業と提携して技術開発をしている。よって大企業と太いパイプがあり、就職は、B大学の方がずっとよい。」このようなことは、多々あります。古い話ですが、私はこれを直接体験しています。理工系はその大学によって得意分野がありますから、特に偏差値や大学名に拘るのはよくないと思います。
     私の子供が卒業した高校には、「私は、A大学の看板学部出身だ。○○工大なんて、名前がよくない。」なんてことを言う愚かな教員がいたと聞いております。教員がこうでは、どうしようもないです。

    0
    1. 平凡なサラリーマンさん
      最近は、いろいろ変わってきているみたいですが、大学受験で勉強が終わるって考えは文系だと大学受験と大学の勉強があまり関係がないからだと思うからだと考えてます。
      教職課程で文系の人が数学取ろうとしてて微積やってて、大学入るだけが勉強じゃないのかよって言ってましたので。

      0
  17. ニコさん、皆さん
    「大学入るだけが勉強じゃないのかよって言ってましたので。」これは、本当にひどいですね。これを拝見して、驚きました。大学受験で勉強は、終了なんですね。本来大学ではもっと勉強し、社会に出てからはさらにやらなければなりません。そのような方々の場合勉強は終了しても、いい年をして偏差値、偏差値と言うのではないでしょうか。学歴にしがみついているだけでは、生きてはいけません。社格にしがみつくことも難しい時代です。シンさんがよくおっしゃっている「個の力」が、重要になってきているのだと思います。偏差値なんて無意味なものです。私は、偏差値と就職率は必ずしも比例しないと考えています。今は売り手市場ですから、そうでもありませんが、第二氷河期と言われた時期、私立文系最上位の就職率はひどかったです。この時期自分の身内が就職したこともあり、就職率について調べました。ろくにデータを開示しない地方国立大学文系については、そこに知人がいれば直接関係者に聞きました。最上位校の就職率が6割台の文系学部が、ざらにありました。公式HPでは、院進学、就職留年、留学、資格試験準備、進路未定、不明等を分母から除いていましたが、これらを分母に含めると6割台になってしまうのです。また、多数進学している大学院の、はっきりした就職状況が示されていません。それに対して○○工大等の理系は就職率が高く、大学院の就職状況は学部以上に詳しく開示されています。文系の方がかなり高めに偏差値が出ています。同じ文系でも決して偏差値上位ではない女子大の就職率は、わりと高かったです。とにかく偏差値と就職率は比例しません。偏差値なんて本当に無意味なものです。

    3+
  18. 偏差値にあまり興味はないのですが、高校の勉強内容って面白いと思うのは私だけでしょうか?
    今だとなかなか面白い参考書が充実してますし、英語なんかは一冊繰り返せば英語でネットサーフィンくらいはできるくらいになれる質の高いものが出てますしね。
    つまらない会議や資料作るより授業受けてるほうが楽しいです。

    2+
  19. ニコさん

    私もニコさんのおっしゃることは非常に共感できます。
    学校の授業は、時間の無駄にしか感じられず論外ですが、
    特に優れた参考書は内容もこなれていて、読みやすく、範囲の広さも・難易度も適度でやりごたえがありますしね。 小学校・中学校・高校・専門課程の中でもぶっちぎりで面白いと思いました。 正直、疲れてなければゲーム感覚でやりこめるレベルです。

    残念ながら私は、高校の過程については英語の参考書以外はあまり読み込む機会がなかったですが、ほかの科目の参考書も 本屋で見た感じでは同じような印象を受けました。

    言うまでもなく、誰も読まないような報告書を書いたり、 上司の独演会になって何が言いたいのかわからないような長時間の会議よりも、点取りゲームと揶揄されようが、参考書を解きまくってるほうが遥かに楽しいですね。 

    それでも、参考書を解きまくってるほうが、前頭葉に血流が流れて、集中力が身についたり、自分なりの勉強の仕方が身につく分、遥かに優れているといってもいいかもしれませんね。

    2+
    1. 私も同感です。高校の教科書って、
      なかなか良く出来ていると思います。
      これをきちんとやり込めば、
      情弱相手にインテリ面できる程度の知識は付きます。

      例えば英語なら、わざわざ高い金払って英会話教室に通ったり
      TOIEC教材を買わずとも、中学・高校の教科書を
      ひたすらシャドーイングするだけでも、旅行会話程度は身に付きます。
      私はそこまでですが、参考書を徹底的にやり込んで
      ビジネスレベルにまで上達した人もいます。

      何かと批判される日本の中学・高校の学習ですが、
      実は結構カリキュラムとしては出来が良く、
      問題はそれを完全にこなせている生徒が極少ない、という点でしょう。
      ある意味では、大学入試がその修了試験の代わり、
      文系の大学生活はカリキュラム修了への報酬みたいな感じになっていました。

      しかし今の時代にそんな効率の悪いことをしている余裕はありません。
      高校の段階で各学習項目の習熟度を、厳正に試験を行って数値化し、
      その習熟値(仮称です)が偏差値の代わりに
      学歴で見栄を張る指標となれば良いと思います。

      そうなると、ますます実学系以外の大学・
      専門学校は不要なのが浮き彫りになりますね。

      最近はやたらと社会人向けセミナーやら
      勉強会が流行るようになりましたけれど、
      これも「これからは組織の人間関係だけでは生き残れない、
      しっかり勉強をしなければならない、
      でも今更高校生と同じ勉強をするのは大人のプライドが許さない」
      という心理に付け込んでいるのだと思います。

      4+
      1. 特に、社会の参考書なんかはゲームソフト買ってきたような感覚ですね。
        特に、日本史、世界史の予備校の先生の実況中継の参考書なんかは非常に奥が深いです。うっかりシンさんに記事を依頼しちゃうくらいです。
        あと、地理もオタク絵が描いてある参考書なんかはわかりますいですね。

        学習指導要領は、教養としての質は高いと思います。

        1+
  20. 東大や京大は文系でも簡単ではないですが、国公立の大学を受験するにあたり、ある受験ブログで理科の選択を地学にして、社会を地理、現代社会にして勉強時間をかなり減らせると書いてありましたね。
    物理、化学と数3を必修にされる理系と比べると全然違いますよね。
    たぶん、大学側も文系の先生は、受験と大学の勉強は違うんだと思っており、私の大学の先生も文系の学生は積み重ねっていうのはあまり意識がないと言ってました。

    1+
  21. 某医大が追加合格を決めたようですが、これによって枠が埋まるので、人気が下がっても偏差値は上がるかも知れませんね。
    まあ、私立は併願出来るので、既にどこかに収まっている人も多そうですが…。

    偏差値病に罹患した私文の方に、負け惜しみと思われないように説明するには、入学者の出身高校偏差値を国立理系と比較するのが良いのではないか、と思います(附属を除く)

    1+
    1. マグナムさん
      医学部はあまり併願されたくないので地域別ですが日程をずらさずに入試をすると学生時代のバイトの私立の医大生が言ってました。
      もし、何かの理由で日程が違う日に行われた場合は、志願者がメチャクチャ増えるとか言ってました。
      なので、日程の動向も踏まえて医学部専門予備校は対策をします。

      0
      1. ニコさん
        私立医大について調べてみました。
        確かに、1月末からの二週間に集中していますが、関東圏なら10校程度は併願可能なので、某医大に落ちても他で拾われている可能性が高いのではと思います。
        ただ、合格維持用の入学金が1校につき数百万円掛かるので、それを考慮するとあまり多くは受けられないのかも知れません。

        私立医は他の学部に比べれば併願がしにくいが、一本勝負の国立医ほどではないのかなと。

        日程を集中させるのは、裏で取り決めがあるのかも知れませんね。
        数百万円の入学金を取り放題にはさせないように。

        某医大落ちの浪人は一年間勉強してきたし恨みもあるので、某医大には行きたくないが、捨てるには惜しい。
        そのため、某医大に数百万円を納めて滑り止めを確保してから、本命を受験するのでしょうか。
        庶民は数百万円を用意するのに数年掛かるので、世界が違いますね。

        0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です