じゃあ、サラリーマン

元々サラリーマンって、明治維新で産業革命の概念が入ってきた時に現れた新しい生き方だったはずですが、いつの間にかサラリーマンでないと、ダメ人間みたいな風潮が生まれています。

宮仕え

現代のサラリーマンにちかいのは侍、公家なんかで、世襲制のサラリーマンだと言っていいと思うのですが、この人たちって明治維新の前はマイノリティーだったはずです。さらにサラリーマンの中でも公務員にちかい存在で、公僕だと言っていいでしょう。

丁稚奉公なんかはサラリーマンとは違い、あくまで独立するための準備期間として、修行をしているだけで、最低限の衣食住、小遣いくらいしかもらわず、商売の勉強をしていた学生にちかい存在だったわけです。

そう考えると、産業革命で商売規模が大きくなり、個人商店では組織的に動けないため、独立を前提としないサラリーマンが初めて登場したのではないかと思います。そう考えると、サラリーマンの歴史は短いです。

自営業

個人商店、農業、手工業、なんかは自営業であり、誰かに仕えているわけではないです。多くが家族が役割分担をして、何かしらの付加価値をつけ、それを需要に対して供給することで、対価を得ていたわけです。

それは本人の裁量次第で大きくなることもあれば、小さくなることもあり、農業なんかも上手に農業経営をする人が収穫を多く得て、下手な人に貸し付けたりして、返せないと、土地を代わりにもらったりして、地主、小作人、が生まれていったわけです。

個人商店も大きくなると、三越みたいに各都市に支店を置くことになりますが、それは各店主は三井家の子息であって、サラリーマン店主、ということではなかったようです。娘婿として、三井家に取り込まれる丁稚もいたんでしょうが、これもサラリーマンではないです。

新しい自営業

ノマド、とか言って、小さな自営業をやっている人が増えてきましたけど、不思議なことではないと思いますし、サラリーマンをやれない脱落者でもないと思います。意識高い系(笑)という人もいるんだろうけど、そういう人も何かしらの手段で、食い扶持を確保できているなら、何にも問題ないし、誰かに迷惑かけてないなら、何していても自由だと思います。

私の知り合いにアクの強い人がいて、サラリーマンやっている時は死にそうな目つきをしていましたが、好きな分野のせどりで食い扶持を確保してから、楽しそうです。単なるせどりでは将来性がないので、なんか考えているみたいですけど、ものになるのかはわかりません。

いつもお金に困っているので、私が会った時は奢ってあげるんですけど、楽しそうなので、奢ってあげたくなります。サラリーマン時代は愚痴ばかりで、あまり会いたくなかった人なんですけどね。まったく食えてなければ、荒んでくるんでしょうが、何とか食えていれば、楽しいことした方が明るくなるし、周りにも好かれるでしょう。

まとめ

産業革命がサラリーマンを一般化したなら、IT革命がサラリーマンを再びマイノリティーにしてもいいのではないか?、と思います。我慢して、競争して、サラリーマンとして上に立つことが、それほどいいとも思わないです。

企業の9割は10年以内に消えると言われているので、安易に起業を勧めはしませんが、仮に倒産しても、その間、楽しかったなら、それはそれでアリだと思いませんか? 私はつまらない仕事を嫌々やっている人よりは企業で失敗した人の方が好きです。

開業資金を個人から借りていると問題ですが、銀行融資、エンジェルインベスターからなら、それは契約なんで、何の問題もないと思います。投資は自己責任なので、うまくいかなくても、他人のせいにしてはダメです。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、サラリーマン” への 3 件のフィードバック

  1. シン様 新装開店おめでとうございます
    私ももうすぐ30代を去ります。
    おっしゃる通りサラリーマンは奴隷であり、消耗品ですね。
    私は三国志のSLGゲームを昔からやってますが、武将によってここの配置に置こう、こいつは使い捨てと決めてやります。
    企業も当たり前ですが、そうですよね。
    シン様の天敵wである某私立大学文系の一部学生は自分を郭嘉や孔明と思って社会に出るのでしょうね。
    また書かせていただきますのでよろしくお願いいたします。

    1. P団塊ジュニアさん、

      サラリーマンは駒で消耗品ですけど、そう思ってない人も多くて、私に噛み付いてくる人たちは自分を郭嘉だ、公明だ、どころか駒であることにすら気がついてません。

      メールアドレスは初期設定で必須になっていました。こちらから連絡などしないので、なんでもいいのですが、必須になっていると、多少なりとも責任を持ってコメントしてもらえるかもしれませんね。

      シン

  2. シン様
    今回からメールアドレスが必須となったようなので、インフォシークのメルアドを記入しましたが
    もしかしたら使用不能となっておるかもしれません。
    不快に思われたら申し訳ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です