じゃあ、EVの時代

次世代自動車はEVになることがほぼ決定的になりました。これについて書こうか、と思います。

環境

EVが優れているのはゼロエミッション、つまり、排気をしないので環境基準を気にする必要がありません。自動車そのものの廃棄やら、消費電力だって環境に悪いといえば、悪いのでトータルで見て、本当にエコなのは自動車の数自体を減らすことなんですが、その前段階、と言う感じですね。

自動車各社はどんどん厳しくなる排気に対する環境基準を従来型のガソリン車、ディーゼル車ではクリアできなくなり、VWの「クリーンディーゼル車」で不正データが発覚してから流れが完全に変わった向きがあり、今ではVWは社運を賭けてEVに取り組んでます。

つまり、どんどん厳しくなる環境基準をクリアする為のシステム開発コストとEVに必要な大容量電池コストのバランスが取れ始めて来た、という事です。そうなると、電池の開発、大量生産による価格低下によってEV化の流れは止まらなくなります。

如何にも日本人的だな、と思うのが、不具合を恐れず、一気にEVに乗り込んでしまう欧米勢に対して、日本勢、特に最大手のトヨタはHV、PHV、と徐々に移行しているので、考え方の違いなんだな、と改めて思います。最終的な目的地は同じですし、シェアが全てなので、どちらが正しいわけでもありません。

高級車

雰囲気に騙されてしまいますが、私が知る限り、テスラは独自技術は持っていません。既存技術を寄せ集めて、マスク氏のホラによって資金調達をして、量産化まで突き進んでいます。そして、一つのゴールである大衆車の量産化で苦戦中です。

つまり、EVはテスラだけのものではなく、他の自動車メーカーも作れますし、量産化の製造技術は新興のテスラよりも当然上な訳で、コストさえ合うなら、ガンガンと攻めてくるようになります。逆に言うと、今まではコストが合わないので様子見をしていたわけです。

そして、高級車でいいなら、他の自動車メーカーもEVに行けるんですよ。だって、コストの半分以上が電池だと言われているわけで、それは世界数社のサプライヤーから買っているわけで、どこでも買えるんですよね。

私が知る限りではテスラはパナソニックに対して独自契約を持っていて、独占購入権があるわけではないので、他の会社だってパナソニックから買えます。現にトヨタはパナソニックと合弁会社があるので、トヨタのEVもパナソニック電池と言えます。

そうなると、テスラはポルシェ、フェラーリ、レクサスと言った高級車とガチンコ勝負を強いられます。お値段も一千万円以上しますから、そこに手が届く人たちにしか売れないし、高級車勢がどんどん入ってくると、なかなか今のブランド力と独自の雰囲気を保てません。

大衆車

さて、大衆車でEVをするとなると、なかなか大変です。日産リーフなんかは赤字だと思います。だって、電池の価格は決まっていて、高級車用だろうが、大衆車用だろうが、極端に違うわけではないので、コストが下げられないからです。

日産リーフが300万円からスタートで、テスラのモデル3は35,000ドルスタートですが、この辺が限界であり、これだと赤字になります。そして、日産なら他の黒を持ってきて赤を埋め、先行投資をできるだけの体力がありますが、テスラにはそれがないんです。

現モデル3ですら、テスラらしいオプションをつけると、50,000ドルくらいに到達してしまいます。だから、実質的にマスク氏は60,000ドルくらいでしか売れないことを認めざるを得なくなりつつあり、テスラらしい車を35,000ドルという、ミドルクラスでも手の届くモデルは今の所無理、というのが現実です。

私はEVが10,000ドルくらいで大量販売されることはないのではないか?と思っていて、従来、10,000ドルくらいの車を買っていた層はライドシェアに移行するだろうと思ってます。お金がない層もそうですが、車そのものに興味のない層も大衆車を買って来たからです。

だったら、高くても買いたい人が環境に優しいカッコいい車を買ったり、長く使える快適な良い車がライドシェアに使われれば良いと思います。自家用車の時代は終わりでいいんじゃないでしょうか?少なくとも私は移動手段に困らないなら、自家用車は要りません。

サプライチェーン

でも、自家用車が当たり前ではなくなり、EVが当然になると、今までのサプライチェーンが崩壊するのは困ったなぁ、と思います。内燃機関が要らないので部品点数が激減するし、生産台数が減るので、かなりの自動車部品メーカーが倒産、大幅縮小するでしょう。

自動車部品メーカー大手のアイシン精機なんかは内燃機関への依存率が高く、かなり危機感を持っているだろうと思います。自動車に使われるだろう小型モーターなんかに移行して生き残りをかけるんでしょうか?それは日本電産もいますし、熾烈な競争です。

このブログには愛知県に関係する常連読者さんが多いんですけど、多かれ少なかれ無事では済まないでしょうし、愛知県どころか、自動車産業が縮小すれば、日本全体が大騒ぎになるので、日本人で無傷な人は少ないくらいなんでしょう。

トヨタが最高益を達成しているのにイケイケではなく、手探りで新しい道を探っているのは理由があり、ハード面でテスラと手を切り、ソフト面でグラブへの投資でソフトバンクと手を組んだのも、数年後にどれだけの規模、利益を生むのか?は誰にもわからないが、お金があるうちにキチンとお金を払って情報を取っておかないと取り残されるのが怖い、と言うのはあると思います。

これまで自動車メーカーはピラミッドの頂上に位置して、Tier 1、 Tier 2と階層化していたんですが、その頂上を乗り越えて、ライドシェア、自動運転技術に頭を抑えられそうになっていて、移動手段と言う産業の中の一部門になりそうな怖さがあります。

今後、ビッグデータを使ったマーケティング、広告、自動車保険、ドライバー向け融資、自動車メンテナンス、などが附帯事業になり、その頂上に位置するのはプラットフォームを抑えて、次世代の石油と言われるビッグデータを手中に収めるプレーヤーが王者になるのかもしれません。

事実、コンピュータ業界ではデファクトスタンダード、プラットフォームを握る企業が頂上に立ち、ハードを作る会社は強烈な大量生産でしか利益を出せなくなり、巨額投資、巨額回収を繰り返し、判断を間違うと立ち直れなくなるくらい厳しいものになりつつあります。

となれば、自動車産業においてソフトバンクがグーグル、マイクロソフト、Ndiviaになり、トヨタがホンハイならともかく、東芝、ジャパンディスプレイ、ルネサスという捨てるに捨てられない巨大なゴミみたいな存在になる可能性もあり、恐ろしさを覚えます。

まとめ

一つの時代が終わり、新しい時代が来ることは間違いなく、人類の移動手段が大きく変わり、それに伴って価値観も変わるでしょう。それくらい自動車は大きな存在でしたし、これからも大きな存在でありますが、そのキープレーヤーが交代するんでしょうね。

世の中の変化に対応するのは難しいですけど、あれがダメ、これがダメ、と決めつけず、どんなことも可能性があることは認めて、その中で自分が出来ることを探していくしかないんだな、と思います。

18+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、EVの時代」への16件のフィードバック

  1. EVのコストの半分以上が電池だとすると、EVの拡大に伴いリチウムイオン電池の需要が急拡大するということでしょうね。そうなると、今後は原料となるリチウムやチタンの需要が急拡大するということなんでしょう。
    一方、石油の需要がなくなることはないものの、これからは減る方向に進むのでしょうね。
    新興国ではガソリン車の需要がもう少し増えるので、急激に減ることはないと思いますが。

    0

    1. すでにリチウム鉱山は奪い合いになってます。採掘場がかなり限定的だそうで、どこにでもあるわけではないため、商社はもちろん、アップル、ソフトバンクまで参入してきてます。まだまだ石油の重要性は変わらないでしょうが、徐々に代替え材料が出てきてますね。

      シン

      0

      1. EV投入で自動車のガソリン需要が減る分よりも航空機燃料の需要増の方が大きいので、長期的に原油はbullですね。
        ニューヨーク先物はここずっと上昇基調です。
        リチウムなど材料もそうですが、そもそも電力を賄う送電線容量が足りない説がありますね。

        0

  2. 次世代自動車に関する話になると、今後はEVがすべてで、それ以外の機構は負け組のように議論されることが多いですが、少し飛躍しすぎな気がします。
    特に、よく将来性に疑問が叫ばれるFCVについては、トヨタ以外のメーカーもEVの影でこっそり取り組んでいますし、まだまだ可能性はあると思いますね。
    いずれにせよ、日本もドイツなどのように、もう少し国全体として自動車産業の道筋を示してリードする姿勢を見せて欲しいですね。

    0

    1. ゼロエミッションであるなら、他の機構もチャンスはあると思いますが、ルールメーカーのアメリカがEVに移行しているので、他の機構を認めさせるのはなかなか困難だとは思います。

      いずれにしても、官僚が主導して自動車産業に対して国としての方向性をきちんと決めないと、国内勢で潰し合い、共倒れになりかねませんね。

      シン

      0

  3. トヨタがFCVの技術を公開しても、水素ステーションがガソリンスタンドの様に普及する未来は描けそうに有りません。
    電気自動車だと町場の整備工場レベルでも作れそうです。全固体電池が鍵になるのでしょうか?

    0

  4. EV自動車が次世代になるのは間違いないですが、ガソリンに取って代わる未来は来ないと思います。
    まずは充電設備ですね。自宅で充電し、翌日から使用するという使い方を想定してると思うのですが、問題は長距離運転でエネルギーが切れた時の充電方法です。
    ガソリンは2,3分で補給できますが、EVは電池容量にもよりますが40分以上かかるとか。スタンドですごい待ちが発生しそうです。
    旅行先で泊まるのが充電設備付きのホテルなら良いですが、普通の駐車場に止めるならば、充電設備は期待できなさそうです。
    あと、基本的にはスマホの電池と同じ仕組みなので、将来の消耗も気になりますね。iPhoneなんかは持続時間が目に見えて減っていきますし。
    今のHVくらいの普及率になると予想します。でも、欧州の勢いを見てるとHVなんかすぐに越すくらいに増産に傾いてますね。身の回りでもリチウムイオン電池関係の工場、増設してます。

    そのうち技術が発展して、駐車場に止めておくだけでワイヤレス充電ができるようになったりするでしょうね!それはそれでワクワクします。

    0

    1. 私もDWさんの意見に賛同ですね、EVがガソリンに取って代わるなんて我々が生きてる間には難しいと思います。
      技術的な観点では無く、別の観点から言うと、欧州勢がEVに力を入れだしたのは自発的にやりたいと思ってではなく、消去法的にやらざるを得ない、という点です。
      ガソリン車は日本勢の天下であり、そこに食い込むためにEU補助金をじゃぶじゃぶ投入したディーゼルがあの結果であり、もうどうしようもなくって感じがありありなんじゃないかと思います。
      車と言えば電気以外は認めない、みたいなルールを作って自分らが市場支配者になりたいだけでしょう?
      顧客の方を向いていないのは商売姿勢としてどうか?と思います。
      そもそも私のような100万クラスのコンパクトカーや軽貨物といったコスパで車を買う貧乏人層からすると、能力が低いくせに割高でめんどくさいEVとか勘弁してください、というのが本音ですねw
      現状だと金持ちや新しい物好きしか需要が無いと言っても過言じゃないと思います。

      2+

    2. dwさん
      >>ガソリンは2,3分で補給できますが、EVは電池容量にもよりますが40分以上かかるとか。スタンドですごい待ちが発生しそうです。
      →スタンドで充電するのではなくて、電池ごと丸々交換してしまう構想が進行しているようです。巨大なマーケットである中国が共産党主導でEVの導入を進めており、数の論理でEVに押されそうな気がします。現在中国国内の大気汚染がのっぴきならず、国民の不満が頂点に達しつつある状況です。国民生活の向上、経済発展という公約で国内をまとめている以上、力業で進めてくるでしょうね。日本としてもそれをバックアップした方が身のためです。何故ならば公約が不達ならば、その批判の的を日本へ逸らされることで、反日の機運が加速されて危険です。

      1+

      1. 中国の石炭火力発電だと、EV導入進めた方が大気汚染が進むのでは。

        世界的なEV導入は、日本車はずしが目的ですよ。

        1+

        1. >>中国の石炭火力発電だと、EV導入進めた方が大気汚染が進むのでは
          →原発の建設を増やして、火力からのシフトを試みています。

          >>世界的なEV導入は、日本車はずしが目的ですよ。
          →目的は何にせよEVシフトが世界的な潮流になりつつあることは明らかで、その中でどういう戦略で戦うかが重要だと考えます。

          前のコメントで書きましたが、自動車メーカーへの就職で悩んでいる学生がいたらタイヤメーカーも選択肢に入れておくことをお勧めしますね。動力源が何にシフトするにしろタイヤは残りますからね。

          0

          1. 原発こそ勘弁してほしいですね。
            ブラックな職場環境で悪名高いタイヤメーカーに安易にお勧めするのは感心できませんね。

            0

          2. >>世界的なEV導入は、日本車はずしが目的ですよ。
            →目的は何にせよEVシフトが世界的な潮流になりつつあることは明らかで、その中でどういう戦略で戦うかが重要だと考えます。

            →既存技術であるディーゼルエンジンですらまともに進化できなくて国家ぐるみで不正を行った欧州勢に技術的に何が期待できるのか?と素人目には思います。
            怖いのは白い奴らのお得意の政治力ではありますがw
            先進国である日本でさえ、EVに向かない小型車が過半以上を占めているのに、EVにあらざれば車にあらざる政策を推し進めたら世界のほとんどの人は車なんて所有できなくなりませんかね?

            1+

      2. Yさん

        電池丸ごとって、ダイナミックですね笑
        EV自動車ですと100kgありますし、消耗具合も電池によって違うので実現は難しそうですね。
        それよりも急速充電の技術が発展する方が早そうです。電池容量を犠牲にしてより急速充電に特化し、20分くらいまでなら充電時間を短縮できそうです。
        ヨーロッパではスタンドの数も多く、EVにシフトの準備をしているみたいですね。

        0

        1. くろねこさん
          >>先進国である日本でさえ、EVに向かない小型車が過半以上を占めているのに、EVにあらざれば車にあらざる政策を推し進めたら世界のほとんどの人は車なんて所有できなくなりませんかね?
          →自家用車については都市部に限って言うと台数が過剰であり、EV転換を契機にライドシェアに移行していけば良いのではないででしょうか?都市部のほとんどの人は平日は自家用車に乗りません。公共交通機関が天災で麻痺すると自家用車を足にしますが、そうなると都市部の車は大渋滞です。つまり都市部の道路のキャパに対して自家用車が明らかに過剰なんですよ。

          dwさん
          >>ヨーロッパではスタンドの数も多く、EVにシフトの準備をしているみたいですね。
          →ヨーロッパの自動車メーカーがディーゼルに注力してきたので、うまく方向転換できればいいですね。フォルクスワーゲンとかはディーゼルにかなり投資をしてきたので、ソフトランディング出来ないとドイツ経済、ひいてはヨーロッパ経済に悪い影響を及ぼすかもしれません。

          0

  5. ディーゼル列車と電車のように、地方と都市部で普及率が変わりそうですね。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です