じゃあ、評価獲得

多くの人が承認欲求から逃れられず、他人の目を気にして生きています。

肯定

女性に不自由しない方法は誰でも知っているでしょう。女性の意見、考えを一切否定せず、ひたすら肯定し、相手が望むことを常に考えていればいいのです。それをやり切れないから女性に不自由するのです。

接待の達人も同じことを言ってました。自分の考えを一切出さず、相手をひたすら肯定していけば、相手はどんどん気持ち良くなり、余計なことまでベラベラ喋り、重要な情報をくれるでしょう。

出世するのだって簡単ですよ。自分の考えは無視して上司の考えや範囲内で成果を出すことです。上司を無視して成果を出しても粛清されることはあっても引き上げられる事はありません。

みんな、自分が可愛くて仕方ないんですが、不安なんです。だから、ひたすら肯定されることは気持ち良いんです。称賛は露骨でなく、自然にやって貰えば、どんなモノ、お金よりも喜ばれる宝物だと言っていいでしょう。

無料

従業員を食い物にする居酒屋オーナーの標語って「全てはありがとうの為に」だったと思います。これは非常に危険です。それっぽいことなので否定しづらいが、滅私奉公を要求するパワーワードです。

外国人が日本に来るとサービスの良さにびっくりする、というような日本称賛番組が増えましたが、それは少し違います。「サービスが無料であることにびっくりする」というだけのことです。

労力、原価のあるものを無料提供すれば、誰だって喜びますよ。サービスにお金を払いさえすれば、どこの国だって親切だし、至れり尽くせりですよ。そういう意味では「スマイルは無料」ではありません。

サービスでお金が取れないと利益率は上がりません。それが日本人の苦手なことです。製品そのものからしかお金を取る意識がない為、単なるコスパの良いものしか作れないわけです。休めないし、安い報酬なのは当たり前です。

孤高

極めて難しいのは「突き抜ける」ことです。他人に合わせず、自分を貫き、客が割高な製品、サービスを喜んで買うだけの美学があるのなら、それ以上の承認はないでしょう。

アメリカのソフト業界だとか、欧州のブランド業界がそうですよね?どう考えても原価を無視したサービス、製品を有無言わせず売り切ります。ある意味では売る方が偉そうにしているくらいです。欲しいなら売ってやる、というようなスタンスにならないと好き勝手には出来ません。

芸人なんて言うのは原価タダである歌、曲、演技、しゃべりなんかでお金を取ろうとするんだから大変ですよ。その彼らだって承認されるまでは売れる為に媚びて自分を曲げる必要があります。そうでないと、好きなようにはできません。

必要最低限の有形無形資産を持っていて、自分の考えを突き通せる人はサラリーマンであっても強気です。Fuck you moneyではないですが、理不尽に対して立ち向かえるお金、技術があるなら媚びなくてもある程度思うように出来るでしょう。

まとめ

単に認められたいだけなら自分を殺して他人に尽くしていれば良いと思います。相手に舐められないように常に計算、駆け引きをして、恩を着せがましくならない程度に媚び続けていれば良いです。

偉くならなければ、おかしいことをおかしいと言うことすら出来ない、だから、今は偉くなる為に媚びる、というのはそれっぽいですが、そうやって媚びて出世した人は骨抜きになって青雲の志など忘れているものです。

正当な評価を得るにはやり続けるしかないんですよ。

13+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、評価獲得」への7件のフィードバック

  1. 日本人がサービスでお金を取るのが苦手ってのはわかりますね。
    ソフトウェアの分野が苦手なのも目に見えないものにお金を払うのを嫌がる人が多いんですよね。極端な話、特に年寄りはコンピュータやネットの便利な機能はタダだと思っていますね。
    自動車や産業機械のソフトウェアはハードウェアにソフトウェアの価格をのせるためコンピュータエンジニアリングはやれているので能力的に情報分野ができないわけではないんでしょうね。

    0
  2. >>女性に不自由しない方法は(中略)女性の意見、考えを一切否定せず、ひたすら肯定し、相手が望むことを常に考えていればいい

    私はこの通り、交際中から可能な限り元妻の要望を聞いてきましたが、関係を築けませんでした。

    中学以来、素人女とは口を利いたことさえ無かった私は、某週刊誌のデートマニュアルを参照に、何でも彼女の言う事を聞いていました。今にして思えば、何度も予定の変更を要求したり、平気で遅刻やドタキャンをしたり、かなり我儘な女でしたが、女性とはそういう物なのだと納得していました。

    結婚する時は、元妻の望む通りに、通勤往復4時間を甘受して元妻実家近くに新居を借り、元妻の欲しがる通りに高級家具・新車を買い、ディズニー好きな元妻の要望に従って結婚式ではディズニーキャラクターの着ぐるみを呼びました。但し、実家近くに一戸建てのマイホームが欲しい、という要求だけは、私が転勤が避けられない仕事なのを理由に拒否しました。

    そして結婚した途端に、実家入り浸り、家事放棄、セックス拒否。少しでも私が注意すると泣き喚く。地獄の日々が始まりました。

    4年半に及ぶ単身赴任の末、元妻は絶対に実家近くを離れないと言い張り、一緒に暮らしたいなら弁護士か公認会計士の資格を取って東京で安定した職に就け、と要求して来ました。これで私の堪忍袋の緒が切れて離婚となりました。

    離婚時も、養育費は元妻の望み通りの額とし、今に至るまで滞納した事は一度もありません。親権も家具も車も家計用の貯金も全て元妻に譲り、私は私物と独身時代の貯金のみを持って、文字通り身一つに近い状態で出て行きました。それでも元妻の機嫌は直らず、子供との面会交流の約束は破られ続けています。

    元妻の要望をもっと受け入れて、元妻実家近くに一戸建てマイホームを建てれば良かったのか、弁護士か公認会計士の資格を取って転職すれば良かったのか、妻が毎日実家に帰って家事をしないことを注意したのが悪かったのか、セックスを求めなければ良かったのか、今を以て解りません。

    以前にシン様は私を「戦う気が無く元妻の言う事を聞いていたからこの様になった」とご叱正下さいました。しかし今回は「常に相手が望む通りに」と仰せられます。一体私はどのように振る舞えば良かったのでしょうか。

    1+
    1. >以前にシン様は私を「戦う気が無く元妻の言う事を聞いていたからこの様になった」とご叱正下さいました。しかし今回は「常に相手が望む通りに」と仰せられます。一体私はどのように振る舞えば良かったのでしょうか。

      完全に読み違えています。記事にあるようにひたすら媚びていれば、短期的に一定の利益を引き出すことは出来ますが、そうやって得た利益は長続きしません。自分がおかしいと思うことをおかしいと言えないような相手と関係を築けるわけないです。だから、突き抜けるしかないのです。言いたいことを言っても認め合える関係にならないなら婚姻関係は維持できません。もちろん、夫婦には演技はありますが、根底にある価値観の違いは演技では埋められません。

      女性に不自由しない遊び人は定期的に相手を変えますし、遊び相手、結婚相手は分けて考えています。単にその場でセックスしたいからひたすら肯定をしているだけです。相手のことを考えて話しているわけではありません。

      いつきさんも元妻のわがままを許容することでセックスは引き出しました。その人とのセックスに飽きたら捨てればよかったんです。他人を変えることなどできません。付き合っている頃からわがままな人は結婚すれば酷くなることの方が多いです。強く言い続ければ、多少は改善されるかも知れませんが、根本的には変わりません。

      シン

      10+
  3. >>の要望をもっと受け入れて、元妻実家近くに一戸建てマイホームを建てれば良かったのか、弁護士か公認会計士の資格を取って転職すれば良かったのか、妻が毎日実家に帰って家事をしないことを注意したのが悪かったのか、セックスを求めなければ良かったのか、今を以て解りません。

    元妻をより以上に調子づかせるだけだとおもいます。
    それこそ元妻の完璧な奴隷になるだけです。
    シンさんが、この記事でいっているのは、遊びでセックスをしたい時の要領です。

    3+
  4. アドラー読めって話ですよ。

    いつきさん
    都度コメントの行間から漂ってましたが、ご苦労されてきたんですね。天まで育つ木は無いが、人間の欲は底無しですね。

    ATM代わりだと思われてたんでしょうね。と言っても私も人のこと言えませんが笑

    三国志の劉表も夫が弱い家は滅びます。と言ってたとのこと。その通りだと思います。

    2+
  5. 行動基準が「目の前の人の評価」なら分かるのですが、「インスタのフォロワー」や「世間」の評価を行動基準にする傾向があって、愚かだなぁと思いますね。
    かくいう自分も若干はそういう目に捉われているところがあるので、凡人だなぁと思いますw

    1+
    1. 一昔前は「世間が」という不特定多数を主語で語るだけだったのにフォロワーだとか、いいね!だとか、不特定多数が可視化可能になり、更に人は迷走しています。そういえば、VALUは破綻しましたね。

      シン

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です