じゃあ、言論封殺

私が前に書いた記事に対してコメントをもらって改めて調べてみたんですが、女性論ってやっぱり超危険な議論テーマなんですねw そりゃ、ぬるりはグーグル様に嫌われるし、女性がらみの記事ばかりがベスト10に入るわwと思いました。

じゃあ、女性脳

https://assets.documentcloud.org/documents/3914586/Googles-Ideological-Echo-Chamber.pdf

上記が例のグーグル勤務のエンジニアが解雇されたメモなんです。極めてまともなことを書いており、これで解雇になるなら、私はグーグルに絶対入れてもらえないなwと思いました。

James Damore氏

著者であるDamore氏のLinkedinを見ると、イリノイ出身で地元州立大学を出た後にステップアップを目指すためMIT、ハーバードのインターンに参加してMITでアシスタントの職を手にしハーバード修士に合格、グーグルに入社した苦労人の若者みたいです。(ありがちなパターンです。)

彼は西海岸、東海岸育ちではない田舎の人で「ポリティカリーコレクトネス」をあまり意識せずに育って「これを言うとヤバイ」という感覚を身に着かなかったのでしょう。田舎のギーク系秀才と言う空気読めない典型的白人だと思います。ギークって思ったことを平気で口にしますからね。

ハーバードはこういうことにうるさいほうですが、同じようなギーク男性に囲まれてあまり意識しなかったんでしょう。トップスクールの理系なんてアメリカでも白人、アジア人の男性だらけで、フェミニストなんてまずいません。女性がらみの発言を目くじら立てて騒ぐ女子学生がいる文系出身ならこういうことは絶対に言わないでしょう。

ちなみにJames Damore氏のLinkedinアカウントを見ているときにPeople Also Viewedに知り合いが出てきてかなりドキッとしましたw ダミーアカウントで見ているのにリアル知り合いが出るとかなり緊張感が走りますねw 本当にびっくりしました!これ以上はDamore氏の二の舞になっては困るのでコメントを控えます。

流れ

最初はグーグルのアファーマティブアクションっておかしくない?という素朴な疑問から発して上記のメモを上げて、それはほとんど無視されたようです。(多くの人はポリティカリーコレクトネスに引っかかることを察知して流したのでしょう。)このことを何人かと議論をしたみたいですが、それ以上は発展せず放置されました。

これが大事件に発展するのはフェミニストが目にして怒り狂い拡散し、グーグル幹部、人事に怒りの抗議メール、突撃電話で騒ぎまくりました。他のIT企業のフェミニストと共闘してDamore氏だけでなく同意した人、好意的だった人まで攻撃対象にするのは時間の問題になり、手がつけられなったグーグル幹部は解雇を決めた、と言う流れです。

こうなったら、Damore氏は諦めて顔出して「そういう人」に徹することで賛同者からの救いを求めるしかありません。グーグルがダメなら、別のIT企業に行くぜ、ということは無理な立場になり、経営者自らがあえて助けをだしてくれる会社にしか受け入れてもらえません。

ぬるり

この流れって第2版から読者の人は知っていると思いますが、私も経験者です。普段の私の主張を読めばわかりますが、Damore氏と似たようなことを言っていますし、第2版ではもっと激しい言い方をしていたので、フェミニストの女性に目をつけられて壮絶に荒れました。

彼女に何を言っても話が振り出しに戻るので議論にはならず、私のメールアドレスに毎日抗議のメールが届き、それを無視して受信拒否するとメールアドレスを変えてすごい長文の抗議メールを送ってくる。

それが何回か続くとアンチブログを立ち上げて、私の記事を無断転載しては嫌がらせ記事を毎日上げていました。それはそれですごい執念だと感心しましたよw そして、賛同者(主にプライドをずたずたにされた文系男性)を引き連れて正義の拳を私に向けたんです。

フェミニスト団体とか、官庁のセクハラ対策室にもメールを送られたみたいですし、Damore氏とまったく同じ状況ですよ。それでも、無断転載を止めるように運営のJugemは一切動きませんでした。「当事者同士で話し合って欲しい。」と言って責任を丸投げし、ぬるりと生きるは休止に追い込まれました。最終的にはアンチ同士で抗争になり、アンチブログも休止、再開、休止と混乱を極めて収まりました。

最後はその女性が疲れ果てたのか、1年くらいでネット上に現れなくなり、今に至ります。その時の凄まじい荒れっぷりはネット上にログが残っていますし、興味がある人はその辺の履歴を追ってみるといいでしょう。

まとめ

例の女性はまだ見ているのでしょうか?ならず者の私もだいぶ反省して書き方を改めましたが、それでもダメでしょうか?こういう言論封殺って真の男女平等に遠のくんだと思うんですよ。違いは違いと認めて、お互いに尊重すべきです。

ともかく、Damore氏と違って、私は匿名でやっていたので実害はありませんでしたが、特定可能だったら、あらゆるリアル関係者に妨害工作をされていたでしょう。そうなれば、温利は開き直って顔出ししてメディアのインタビューを受けるくらいになっていた可能性があります。そういう意味では私はDamore氏の先輩ですw

私はどんな属性の人も出来る限り本人が望んでいることで楽しみながら暮らしていけるのが一番いいと思っており、その為には対話が不可欠だと思うのですが、アメリカ社会はマイノリティー(弱者様)に対して意見することは許さない、と決めてしまっていて、それは日本は見習うべきじゃないだろう、と思いますね。

0

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、言論封殺” への 12 件のフィードバック

  1. 女性に対する言論でややこしいのが、例えばフェミニストが、「女性はAだ(Aとは、共感力が強いとか、現実的だとか、いわゆる女性に対してよく言われる論説です)」と言ったとします。
    そしてそれを踏まえて、シンさんのような人が「女はA’だ(A’とは、先ほどのAと同内容をやや批判的に言い換えたものです)」と言った場合、言い換えただけなのに、先ほどのフェミニストが何故か怒りだして女性差別者認定をしてくるケースが多いことです。

    シンさんは「人それぞれという議論は無しで」と言いますが、女性は、男性から女性全体を一般化して議論されるのを非常に嫌がる感覚が脳に埋め込まれているのではないでしょうか。
    確かに人間は多様であり、男だから女だから○○だというより、個人個人をよく見ようという意見は分かりますが、それにそぐわない言論を封殺するのは行き過ぎなのじゃないかと思いますね。

    0

    1. 「人それぞれ」と言うのは魔法の言葉でそれを言い出したら議論を問答無用で停止させることができるのである種の言論封鎖です。そして、「一般的に言って」女性が多用する言い方です。このブログでも予め禁止にしているのに、女性が気に入らない議論を停止させるために何度も使って来ました。

      ただし、それは「一般的に言って」でしかなく、男性が気に入らない議論を停止する為に「人それぞれ」と言い出したことは何度かあります。

      だから、個人差は当然あるので、ソフトウェアエンジニア向きの女性、黒人、ラティーノもいる為、そういう人たちがステレオタイプな判断で平等なチャンスを与えられないのは間違っていますが、だからと言って、白人、アジア人男性のチャンスを奪うのはダメだろう?、と言うのがDamoreさんの主張です。

      それに対して、男性社会、男性的価値観によって平等なチャンスを与えられていない女性に予め枠を与えて、その中で争わせるべきだ、と言うのがアファーマティブアクションであり、フェミニストの主張ですが、これも一理あります。不利な条件、実績がまだない人間に下駄を履かせるの競馬の条件戦みたいなものです。そうでないと、差がどんどん開いて勝負にならない、ということです。

      フェミニストはDamoreさんのメモと同じ、それ以上のクオリティで反論すればいいのに、彼女たちが選んだのは周りに圧力をかけて彼を潰すことですから、タチ悪いなと思います。そうなったら、ファシズムです。

      公務員など非営利団体が一定の枠を設けてマイノリティだけにチャンスを与えるのは理解できますが、グーグルは営利企業であり、ごく少ない黒人女性のソフトウェアエンジニアを一定数探して来い!っと言われたら、質を度外視してかき集めることになり、競争力がなくなったらどうするの?という話です。それでもアファーマティブアクションはアメリカ社会で止められないのです。まったく役に立たないレベルのエンジニアでも雇わないと暴れる人が現れて、もっと大事になります。

      もっと前向きな議論をしたいですが、それは女性が望んでないみたいというか、まともに議論できる女性より、議論を圧力によって封殺するフェミニストの声の方が大きくて、現実に沿った真面目な議論にならないです。真の意味で最大多数幸福を目指していく社会にはほど遠いなぁ、と思います。

      シン

      0

  2. 某フェミ団体と七年に渡り本人訴訟をしまくった私が通りますよ。。。

    まあ、既知外と渡り合うには、こちらも人生ブン投げて既知外になるしかないわけでして。
    まさに穴二つです罠。
    しかし、そのフェミも、それまでは影に隠れてやってきたものの、本人尋問で対面に引きづり出されてやり込められたわけですから、これに懲りて以降やたらなチョッカイを出さなくなったとしたら慶賀の至りではあります。

    0

  3. Damore氏の主張は事実に基づいて述べていると意味でより「真実」ですが、米国の社会思想に照らして「正しくない」からこそ、叩かれたんだと思います。真実かどうかと正しいかどうかは全く別であり、正しいかどうかの判断基準はその国の社会思想となります。

    米国の社会思想は、多様性の尊重と結果平等(機会平等ではない)を推進することが「正しい」と選択したため、それに合致しないものは正しくないものであり、当然非難の対象となります。

    Damore氏が本当に公に自分の主張を通し、信念に沿って生きたいなら、それを受け入れてくれる国・社会なり組織に行けばいいのでは?と思います。グーグルに自分から望んで就職しておきながら、会社の思想とも米国の社会思想にも沿わない主張をされて騒がれたら、グーグルもいい迷惑だと思います。こんな主張をすれば袋叩きに合うのは目に見えてるのに、正直Damore氏が何を成し遂げたかったのか理解に苦しみます。

    リスクをとって結果に責任を持つ覚悟がないのであれば、本音の建前を使い分け、理想と現実の齟齬の折り合いをつけるのが周りに迷惑をかけないという意味でも重要だと思います。

    0

    1. まったくですね。

      アメリカ、グーグルという視点に立つと話題にしたら社会的に抹殺されかねないことをあまりにも不用意に記録に残して発言したわけで、救いようのないバカだと言えます。

      彼の言っていることは「ポリティカリーコレクト」ではなく、他国、他企業なら正しいとみなすかもしれないが、アメリカ、グーグルでは正しくないんです。

      若気の至りでバカッター自爆した、と言える事件なのかもしれません。内容はバカでなくとも、メリットもなく、着地点もさだめず、リスクだけとったという観点では同じです。

      その意味で私も絶対に特定されないようにしないと、ブログは続けられないことをテーマの一つにしているということでしょう。

      シン

      0

  4. フェミニストにしろ学歴中毒者にしろ、何で客観的な事実を直視できずにイデオロギーを通してひん曲がった解釈をしてしまうのかなと疑問だったのですが、おそらくそのイデオロギーが本人たちのアイデンティティーと化してしまっているからだろうなと記事を見てふと考えました。

    つまり彼らの論を否定すると、彼らは自身の人格や存在意義を否定されたことと同義に捉えてしまうからだろうなと思います。だからこちらがいくら丁寧に説明しても、彼ら彼女らは自分のアイデンティティーを守りたいがために聞くことや理解することを拒絶し、その結果また話が振り出しに戻ってしまうんだろうなと思います。徒労ってやつですね。

    0

    1. どんなイデオロギーも筋を通しているなら賛同はできなくても一定の理解、尊敬を勝ち得ます。私は右翼ではありませんが、野村秋介さんの生き方に尊敬をします。

      でも、イデオロギーがアイデンティティになっている人だと一切の異論を受け付けず、異論を唱えたことに怒り出すので議論にはなりません。論理的ではないだけでなく、筋も通さないので話し合うだけ無駄になってしまうんですよね。

      シン

      0

  5. こういう、人権に即した問題は中々意見し辛いですよね。ネットだから、本音を聞けると思います。ジェンダーの話をする時は、社会的な性差と生理的な性差をごちゃ混ぜにして話す人が多いと個人的に思います。これを、よくよく考えて発言しなければ、言葉狩りにあってしまいます。口は災いの元ですね。

    0

    1. 女性の本音を聞きたいですね。意見に対して反論するのでなく、言論封殺して社会的に抹殺するような暴力的な反撃が社会全体の幸福度向上になるのでしょうか?

      シン

      0

      1. それは私も思います。
        まぁ、フェミズムは社会の成熟度合と比例関係にあるので、この流れは今後も進むと思います。しかし、私は正常だと思っていません。女性の社会進出で少子化が加速したのは、誰の目で見ても明らかですが、声高らかに主張すると、レイシストとして「狩られ」ます。
        黙っておくのが、ベスト解です。

        ただ、社会的に性差を無くすと、いつぞやの電通のように、男性と同じような長時間労働に耐えなければなりません。それが、女性の幸福につながるかといえば、ノーです。

        ついでに言うと、女性の社会進出が高い国(北欧)は離婚率も高いです。社会全体に子育ての負担を強いているため社会保障費が高いのです。日本とは社会構造がそもそも違いますよね。
        こういった前提を理解しないまま、日本は世界から見ると遅れていると言われると、なんとも言えない気持ちになります。まぁ、現実問題、個人としては黙っておくのがベストですね。

        前から思っていたのですが、シンさんの記事ではなぜか女性を扱ったテーマのViewが一番多いですよね。笑

        0

        1. フェミニストって、実は一般女性の敵であり、自分の首を絞めているのではないか?、と思います。一部「プロ市民」みたいな活動家はフェミニスト運動で利益を得ているのかもしれませんが、きちんと議論されず、タブーになったら問題が地下に潜ります。まぁ、すでにタブーなので私もリアル社会で声高い言うつもりはありませんw

          シン

          0

  6. ネット上で、特定されて住所や勤務先や学校などの個人情報を晒されまくっても、今のところ何もできないようです。
    自分は、これを初めて知ったとき、法律や制度は意外と上手くできていないもんだと思いました。
    刑事事件ではないから警察に頼ることもできず、民事裁判をするにしても相手の身元を特定する必要があり、個人情報を書き込んだ相手のipアドレスをサイトの管理人などに開示請求する事はできるが、アドレスがわかっても個人ではそこから身元の特定まではできないようです。
    週刊誌に晒されたのなら、相手がわかっているので、週刊誌側を民事裁判で訴えて辞めさせる事もできますが。

    また、特定する人の名探偵ばりの捜査力には驚きます。
    例えば、ある大学生Aは、炎上し特定された他大の学生Bのゼミを調べるために、Bの大学のゼミ担当の教授全員のメールアドレスを調べました。
    そして、フリーメールでBになりすましゼミを欠席する旨のメールを教授全員に送ります。
    学内メールの調子が悪いので、フリーメールで連絡します、という一文も加えてです。
    学生は、ふつう大学側から与えられる学内メールで教授と連絡を取るからです。
    そして、教授たちからの返信をみて、Bの所属するゼミの教授を特定します。
    Aは、YouTubeでBに対してゼミをばらされたくなければ謝罪動画をアップロードしろ、と脅す旨の動画を投稿しました。
    しかし、Aもその動画に自分の個人情報を載せてしまい、特定されかけます。
    ヤバイと思ったのか、自分の投稿した脅迫動画を削除して、Bのゼミを晒したあと、ネット上から行方をくらました。
    特定されたら沈静化するまで耐えるか、自分も相手を特定して相打ちになりたくなければやめろ、と交渉するかしか対策はないようですね。
    核の抑止力みたいで、興味深いです。

    0

Garfield にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です