じゃあ、ファッキューマネー

第2版にはファッキューマネー、という記事がありましたが、第3版にはないので、書きたいと思います。人が望むレベルは違うので、ファッキューマネーがいくらかなのかはそれぞれです。

一般人

平均的なサラリーマンの生涯賃金は2-2.5億円なので、3億あればファッキューマネーをゲットした、と言っていいでしょう。仮にインフレがあっても、現金で丸抱えしてないなら、インフレ連動するので、関係ありません。

サラリーマンがこのファッキューマネーをゲットするにはグロスで10億円の稼がないと、税金、生活費で3億円を残せません。ここに到達したければ、東証一部上位規模の役員まで行かなければならないので、相当難易度が高いです。数十社程度しかありません。

だから、ファッキューマネーをゲットしたければ、サラリーマンはやるな!、と私は言うわけで、サラリーマンをやっても、生活費を確保しながら、副業に勤しんだほうがゲットできる確率が上がるでしょう。もっと良いのは自営業をはじめて、自分の労力、資金を全振りして、一点集中、突破を目指すことです。

たかが3億円作っても、大した生活は出来ませんが、上司、顧客があまりにも失礼でむかついたら、「Fuck you!」と言って、その場を立ち去る権利が与えられるので、余裕を持って仕事に望むことが出来ます。金持ちケンカせず、と言いますが、お金があると、少々のことは笑って見逃したり、自分は悪くなくても、「ごめんねw」と謝るくらいのことはなんとも思わなくなります。

妙にカリカリしている人って、余裕がないんですよ。男性ヤンキーはどうでもいいことにこだわって、少しでも引いたらオシマイってくらい突っ張りますけど、それは突っ張る気持ちくらいしか誇れるものがないからだし、自活していない高齢独身女性が常にイライラしているのは若さを失って、頼れる旦那もいない焦りから、気を張りすぎているのでしょう。

富裕層

富裕層、と言って、次元の違う生活が送れるのは純資産が100億超えるクラスになり、文字通り桁が違います。六本木なり、オーチャードに広めの高級コンドミニアムを買うだけで、二桁億円必要で、高級車を複数持って、頻繁に乗り換え、若い愛人も囲えば、年間に億を超えるフロー収入が必要です。

ここに到達するのは極めて困難で、サラリーマンやっていたら、ほぼ無理ゲーで、年間報酬が二桁億貰って、半分近くの税金払いながら、三桁を溜め込むのは何十年かかるので、そこまでトップ張り続けるのは相当キツく、ルノー日産、ゴーン氏ですら、三桁あるかどうか?、だろうと思います。

ドラマに出てくるキャラって、現実離れしていて、たかがサラリーマンの官僚が都心の豪邸に住んで、子供に贅沢三昧させているなんて、ほとんどあり得ません。それこそ、麻生家、鳩山家みたいな道楽で仕事をしている元からの資産家である必要があります。

民進党の岡田さんはイオングループ創業者の次男で、官僚出身なので、サラリーマンしながら、六本木ヒルズに住んで、高級外車乗り回して、銀座で呑んだくれながら、そのまま霞ヶ関に直行も可能だったかもしれません。こういうレアケースでしかサラリーマンは豪遊できません。

リタイア

実は死ぬまでお金が尽きない程度でいいなら、ファッキューマネーをゲットすることも可能です。私と同業?wのち○りんさんはこのパターンで、ファッキューマネーを用意して、セミリタイア生活に入っています。そのいくつかの条件をあげます。

中年独身者が自分一人だけが生きていける程度なら、そこまでたくさんお金がいるわけではなく、快適に住める家、五千万円もあれば、ファッキューマネーになってしまいます。四十超えて独身なら、セミリタイアを考えてもいいかもしれません。

ちき○んさんは外資コンサル大手のM勤務で、バックオフィスの人事をしており、四十超えて、マネージャークラスをしていた為、先はない状態で、若手を支えるオバチャンポジションを掴んで、しがみつくくらいしか生き残る道はありません。

彼女は自費でMBAを取っているので、まともに資産形成しだしたのは三十路過ぎてから、10年でファッキューマネーを作ったことになります。Mは世間が思うほど、報酬は良くないし、彼女はバックオフィスなので、レートがコンサルよりも低いですし、コツコツと貯めて、家とは別に数千万円作ったのでしょう。

そして、本人の弁によると、家のローンが終わったことを期に辞めているので、恐らくは億はいかない程度の端金でセミリタイア生活です。Mは退職金がそこそこいいことで知られていますが、それでもトータルで億もいかないでしょう。

そして、彼女は過去に築いたコネで、成功した元同僚にフリーランスの仕事を頼んで、資産の減少を遅くするとともに、まだまだ勃興期だったブログに手を出して、名を売ることに成功し、成功した元同僚と肩を並べるまでにいたるサクセスストーリーです。

セミリタイア後の成功はともかく、それまでの流れなら、凡人でも真似できます。独身で四十過ぎまでコツコツ給与を貯めて、心地の良い不動産を買って、ローンを繰り上げていき、副業を同時平行しながら、仕事をくれそうな人脈を少しずつ築けば、引退できます。十分に現実味があると思いますよ。

まとめ

どういう形でもファッキューマネーを作ると、気持ち的に楽になります。ちき○んさんもM社で若い上司にギャーギャー叱られながら、かつての同僚の活躍を横目に見て、イジイジしながらブログを書いても、今の成功はなかったと思いますよ。そんなネガティブなブログを誰も読みたくないでしょう?w

どんな分野の芸であっても、元から資産家出身者が多いのは余裕が芸の幅を広げ、成長のキッカケに成るわけで、貧困文学、貧困音楽みたいなものもありますけど、そういうジャンルでないなら、消費者としては楽しくて、余裕のある芸が見たいものです。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、ファッキューマネー” への 4 件のフィードバック

  1. ち◯りんさんコースで狙いたいですねw
    ネットで金稼いで、沖縄らへんのボロ屋を買って、歌を歌いながら寝てみたいです。

    1. 税金の安い国は物価が高いので、よほど稼ぎがないと節税分は物価に相殺されます。かなりの稼ぎがあるなら、国はどこでも節税の方法はいくらでもあるという矛盾です。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です