じゃあ、電話嫌い

私は電話嫌いなんですが、日本企業を相手にすると、やたら、電話をしてくる人がいて迷惑します。

時間

まず、電話って、時間の無駄なんですよ。メールなら、暇な時間に読んでいくことができるんですが、電話だとその時間を完全に拘束されるし、電話を取れない場面も多々あります。

だから、電話はメールでらちが明かない時、緊急を要する時だけで十分で、それ以外はメールで連絡して欲しいのですが、日本企業は電話、口頭が大好きで、ファックス送ってきて、届いたか、電話をするとか、冗談みたいなことをします。メール送信、受け取ったら受領しました、で十分でしょう?

多くの外国人はReceived, Noted, Confirmed とだけ簡単に返してくるのですが、日本企業は頑なにA様、お世話なっております、とか意味ないこと書くので、時間がかかるのかもしれません。礼儀というなら、返事をよこさないことが無礼です。

記録

口頭のやりとりだと、記録が残らないので、揉めた時に言った、言わない、の水掛け論になるので、電話で何かを決めるべきではありません。どんな小さなことでも、メールで送っておくのが正解です。

相手が返信をよこさなくても、送信記録があれば、それを根拠にして、連絡したけど、無視されましたので、自分の責任ではない、と突っぱねることができます。口頭なら、弱い立場が泣きをみることになりますので、弱い人ほどメールで記録を残す癖をつけるべきです。

特に平社員のサラリーマンなんて、責任とれることは何もないので、会社が決めた通りに業務遂行して、その遂行を記録に残して、自分の身を守るべきです。日本企業に解雇がほとんどない為、ミスの責任取らされて、解雇される恐怖がなく、口頭でやりたがる人が多いのかもしれません。

特に英語ノンネイティブ同士でやる時はどこまで伝わっているのかわかりませんし、言い間違いなど、ミスもネイティブ同士よりも激増するので、メール主体でやり取りすべきです。相手が相手がネイティブなら、もっと気をつけるべきで、まくしたてられて、適当にYes, Yes言っていると、完全にやられますよ。

記録したくない

シンガポールの個人商店のオヤジだと、逆に書類、メールを極端に嫌がったりします。アングロサクソン達に契約で散々やられてきたので、恐怖心が植え付けられているのでしょう。

見えないような細かい字で、何十枚にもなるような英文契約書を英語ノンネイティブが確認するのは一苦労で、読んでも専門家でないと、解釈が難しい言いまわしだったりすると、サインした時点でアウトだったりします。

こういうのをみると、アングロサクソンがどれだけ植民地を契約によって食い物にしてきたか、がわかりますし、契約意識が薄いと、食い物にされるか、を思い知ります。大英帝国は合法的にアフリカ、アジアを食い物にしてきました。

別に法律の勉強なんかしなくてもいいんです。記録を残して、わからないことにサインしない、重要な契約はプロに相談すればいいのです。それでやられたら、そのプロに損害賠償請求してやればいいんですよ。

まとめ

日本はのんびりしていて、ナアナアでやってきているので、記録意識が薄いし、危機管理ができてません。そうやって、適当にしているから、海外ビジネスでは格好の餌食になるんです。特に半国営企業の海外投資なんて、完全に食い物になってます。NTTは特に酷いです。

皆さんも電話には気をつけましょう。メールの補助ツールとして電話を使うくらいにして、出来る限り電話を使うのはやめた方がいいです。その方が確実に早く、正確に仕事が進むと思います。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、電話嫌い” への 6 件のフィードバック

  1. 責任の所在が明確になってない組織で、皆が皆をCcに入れてメール送信・返信し出すとメールが飛び交う頻度が指数的に増大して、逆に効率悪化を招いていると思います。
    あと、言った言わないを避けるために同じオフィスの席が隣同士でメールでやりとりしてるのも、何のために通勤させてるのかって疑問です。
    要点を得たメールを過不足なく速やかに出来るのは、仕事と英語が両方できる希少人材かと思います。

    1. 多くの日本企業が職務領域、権限、指示系統をはっきりさせずに運営しているので、膨大なccになってしまうのでしょう。個人レベルでは要点を得たメールを過不足なく送れると仕事がスムーズになるでしょう。

      シン

  2. 契約の意味を日本人は軽く捉えすぎですね(韓国人ほどではないですが)。例えば放送法ではNHKと契約する義務を定めていますが、契約内容はある程度自由に変える余地があるはずですよね。つまり、月額380円にするべきである!と根拠を持って交渉すれば、不成立だからといって咎められないはずです。すみません話が飛びましたが、NHKについても書いて頂けると嬉しいです。

  3. 私も生産技術にいたころによく上司や現場が電話や対面に拘るのかわかりません。内容も残るのでメールがいいかと思ったのですが電話や対面がないと現場がなにも協力しないと脅したのでわざわざ20分かけて現場まで歩きました。
    設備の緊急停止や怪我なら急ぎなので仕方ないですがよくわからない文化です。

    上司も電話が好きで出れないと不機嫌になるし説教もされました。

    席を離れてる時間も多かったので現場で打ち合わせとかダラダラ時間を消費する職場だな~という印象でした。実際、けっこうサボれる環境になります。

    1. そんなに現場というなら、現場の横に事務所を置けばいいし、移動しているだけ、電話しているだけで、時間がどんどんなくなりますね。そんなんで残業が減るわけありません。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です