じゃあ、ペット以下の夫

民進党、蓮舫党首が「夫はペット以下」とテレビで公言して話題になりましたが、いかにもアジア的だと思いました。

本能

女性の本能として、夫を支配下に置いて、妊娠中、子育て中の保障をさせようとするのは本能であり、特に変なことではないです。そのため、女性は試し行動が好きで、最も顕著なのは寄ってくる男性がどれだけ尽くすかを試そうとしますし、付き合っている時、結婚してからもあの手この手で、男性を試そうとします。かぐや姫なんかがその象徴です。

アジア人は特に女性的で、女系社会だと言っても良く、日本でも平安時代は通い婚で、相続権は女性にあったくらい女系社会で、古来から日本は農耕を主体とした女性を中心とした家庭形成をしてきた、と言って良いでしょう。これは多かれ少なかれ他のアジア諸国でも変わりません。

本質、という観点で究極状態で本能剥き出しである、スラム、ストリートチルドレンを例にすると、アジアでは男女混合グループで社会ができるのに対し、アフリカでは男女別れて社会が出来上がるようです。前者の女性的な緩い空気に対して、後者はかなり男性的な暴力支配で、これも農耕民族、狩猟民族の違いなのだろうと思います。

例えば、性問題だと、アジアのスラムだと、女性が同じスラムの間男を引っ張って浮気する、私は被害者だ!だと叫んで、間男が夫に殴られる、とかいう話がザラにあるんですけど、アフリカのスラムだと、同じの男性が一人でいる女性を襲って、まわす、とかしますし、それどころか、強い男性が弱い男性を性的に襲う、とかもするくらい弱肉強食、修羅の世界です。

文化

蓮舫党首は二重国籍問題で揉めたように父親が台湾人、本省人だそうです。台湾の本省人は南方系の福建、潮州出身が多く、いわゆる、華僑文化の人たちで、シンガポール、マレーシアの華僑も同じ文化圏の人たちです。彼らの文化って、本当に女性上位なので、恐妻家が多く、それを隠そうともしません。女性はどのくらい自分が夫を支配しているか?、を競うくらいです。

シンガポールの国父、リークワンユーですら、恐妻家で有名だったくらいで、シンガポールでは社会的に地位のある男性ですら、すぐにヒステリーを起こす妻にビクビクしていて、尻に敷かれているっていうのはありふれた光景です。日本でもそういう男性はいますけど、そこまで一般的ではないでしょう。

蓮舫党首は母親を恐れて、小さくなっている父親を見て育ち、それを自分の家庭でも実践しているだけで、夫に対して、悪いことをしている自覚はないどこらか、カッコいいと思っているので、テレビで公言したんでしょ。純日本人家庭でも、かかあ天下を見て育った女性は結婚後に同じように家庭の主として君臨しようとします。

これが欧州、アフリカだと、かかあ天下はほとんど存在せず、アジア人女性が欧州系、アフリカ系の男性と結婚して、アジア人男性にするのと同じように、感情的になり、夫を苔下ろしたり、泣き喚いて自分の希望を押し通そうとすれば、夫に激怒され、出て行ったきり、戻ってこなくなるか、激しい暴力で仕返しをされます。

男女逆

もし、安倍首相が昭恵夫人をペット以下の存在だと、テレビで公言したら、フェミニストが狂ったように喚きだして、収拾がつかないことになったでしょう。フェミニストって、男女逆なら、騒がないどころか、カッコいいとすら考えるダブルスタンダードを旨とする人たちなのです。

当たり前ですけど、夫婦は運命共同体なので、お互いに助け合って生活をすることを契約するのが結婚制度ですから、どちらかをペット以下、と公言するのはまずいわけです。蓮舫党首の夫がろくに家事もしない専業主夫であるなら、実質は蓮舫党首が飼っているペット以下なのかもしれませんが、公言はまずいでしょう?

お互いが自分の立場を自覚しているのはいいのです。専業主夫の男性が妻を上司、オーナーとして陰日向に立てているのはいいことだと思いますし、それは夫婦円満の秘訣だと思いますが、その場合、妻は夫の支えで、仕事を一生懸命出来ます、と公言して、労ってあげるべきです。

まとめ

なんでもそうですけど、企業オーナーが従業員など、代わりのある駒、と言うより、従業員を大事に出来ない会社が顧客を大切に出来ない、とか言う方が心地いいじゃないですか?実際、建て前は違うけど、キレイゴトを口にするのはタダなんだから、褒めとけばいいのです。

この点で蓮舫党首はトップの器ではないな、と思いました。もっとイメージ戦略をしっかりして、夫を立て、尊重し、家庭円満を築いてます、と嘘でもいいから、アピールしまくれば、好感度アップするのに、なんで、夫に暴言吐くのでしょう?多くの男性は不愉快になるでしょうし、得になることがありません。

オバマ大統領など、民主党系の政治家は白々しい妻の賞賛をしまくりますし、それが女性票の獲得に有利だと知って、至る所で妻リスペクトを公言します。実際、オバマ大統領の妻は元会社の先輩らしいので、頭が上がらないのかもしれませんけど、クリントン夫妻なんて、夫の女性問題で、荒れまくったのに、円満強調してます。それが政治だと思います。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、ペット以下の夫” への 2 件のフィードバック

  1. こんにちは シンさん

    この「ペット以下の夫」という発言は聞いていてとても怒りを覚えたの同時にとても悲しく寂しく思います。
    私自身、こういう発言をしたことはございません。アジア的とシンさんは申し上げておりましたが、アジアの方でもこのような公言をする人はめったにいないと思います。
    確かに、リー・クワンユー元シンガポール大統領は恐妻家として有名でした。が、その奥さんはこういう公の場ではきちんと夫を立てる人だと思いますよ。間違っても自分の夫のことを「ペット以下」と仰らないでしょう。
    それ故に、蓮舫党首は人の上に立つ資格はないと私は思います。

    1. 夫婦間の関係って、本人たちにしかわからないものですけど、公人が配偶者をペットと公言するのは他人を不快にさせます。仮に村田さんがマゾで罵声が気持ちいい人だったとしても、家の中だけで言っていればいいことです。政治家は鬼嫁タレントではありません。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です