じゃあ、ハイパーインフレ

ハイパーインフレ、と一口に言っても、その幅が問題であり、今までデフレを続けてきた日本にとっては5%インフレでもハイパーインフレと言えないことはありません。

ジンバブエ状態

日本がジンバブエ状態になることはありえません。仮にあったとしたら、世界は北斗の拳の世界に突入するはずなので、貯金しようが、金塊持とうが、暴力が支配する世界になるので、諦めましょう。

どうしても不安な人は肩パットに鋲のついた革ジャン、モヒカンのカツラ、大型バイクを買っておき、部屋で「ヒャッハー」と叫んで、来るべき暗黒世界を生き抜くために筋トレしておくと良いと思います。

衰えたとは言え、世界第3位のGDPを誇る日本円が完全に壊れることになれば、世界経済も終わりで、収拾がつけられなくなるでしょう。まず、米国債の処理問題があるので、いきなり日本円がハイパーインフレすることはありません。

倍プッシュ

私は日本の物価がいきなり倍プッシュくらいなら、あり得ると思っています。バブルの頃から、ずっと20年以上デフレしているので、溜まり溜まった振り子の力が一気に振り下ろされることはありえる、と考えます。

事実、他の先進国物価は日本の倍以上なので、そこまで一気に上げていっても取り立てて変だとは思いません。給与も上がるでしょうし、株価も上がるでしょうから、しばらくは混乱するでしょうが、正常な方向に向かうと思います。

こうなると、老人から合法的に貯蓄を奪い、借金を半額に出来るので、日本の財政状態は一気に改善されます。老人は日本円現物を信じ込んで、外貨建、株価に資産分散してない人も珍しくないので、そういう人から無慈悲に奪うような形になります。

緩やかなインフレ

安倍首相、黒田総裁が目指しているのは緩やかなインフレなんですが、これはうまくいった例がほとんどなく、通貨流通量を増やしても、それが実経済に回らず、投機マネーになるので、あまりインフレしないんですよ。

日本より先に衰退している欧州では消費文化が廃れ、スローライフを楽しむ文化になったので、お金を持っていても、華やかにお金を使う人は少なく、多くの人は必要な物を必要なだけしか買わないので、一足先にマイナス金利を始めて、無理やり使わせようとしたわけです。

だから、日本も規制緩和による通貨のバラマキをしても、あまり効果がなく、お金を持っている人でも、わかりやすい成金的使い方をせず、貯金に回ってしまうだけです。バブル世代の定年で購買力が下がったら、もっと使わない世の中になるでしょう。

アメリカが先進国で唯一成長していくのはアメリカ人が消費大好き人間だからです。少し余裕が出ると、お金を借りて、家だ、車だ、外食だ、とガンガン使うので、お金が回って、市場規模が大きくなるのです。国民総バブル世代、とでもいう国なんですよ。

まとめ

ハイパーインフレがどの程度か?、という私の予想ですが、デフレの反動、他の先進国レベルに物価上昇という常識の範囲を超えないと考えており、経済の基本である振り子の原理が働くだけだと考えています。そして、上りより、下の方が速いです。

なんにしろ、日本円現物の一本足打法で臨むのは危ないので、ポートフォリオの一部を外貨建にしておくと、良いだろうと思います。その上で、ETF、商品なり、REITなりで、リスクヘッジしておくと良いだろうと思います。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、ハイパーインフレ” への 8 件のフィードバック

  1. 確かに日本人はデフレ慣れしすぎて、インフレ対策をほとんどしていないですよね。

    資産を日本円で現金に近い状態で持つというのは、将来デフレが続くことに100%賭けている状態で、
    偏った資産配分はリスクが大きいと思います。

    かといって、金融機関に相談にいったらろくな商品を薦められませんから、
    自分の頭で考え、正しい情報を入手し行動するしかないと思います。

    あと、現在低金利だといって住宅ローンを変動金利で借りている人は、インフレ局面では痛い目にあうことも想定しなければなりません。
    もし、給与がインフレに追いつくのにタイムラグがあった場合、破綻してしまいます。
    痛い目にあわないとしても、給与の上昇と共に変動金利が追いかけてきて、あまり気分の良いものではないでしょうね。

    1. まったくです。

      日本円キャッシュに全振りって、デフレに全振りなのです。もし、そうならなかったら、えらいことになります。多くの人が意識せずにやっていると思うので、しっかり考えたほうが良いです。金融機関の人間はノルマをこなすために商品を売りたいだけなので、自分で勉強したほうが良いです。

      住宅購入はフルキャッシュがお勧めですが、それが無理なら、固定なり、短期間で返しきるのをお勧めします。どういう展開になるかなんて誰にもわからないので、あらゆる事態にある程度の対応ができるようにしておかないと、危機に呆然として、しゃぶりつくされます。

      シン

  2. ハイパーインフレは、人的資産が金融資産に比べ相対的に少ない方々にとってはかなり恐ろしいでしょうね。若くて健康な人はハードリセットがあってもどうにかなりますから。戦後の焼野原から復興した時のように、若者が活き活きするでしょうし。私を含め庶民は体を鍛えるのが実は一番のリスクヘッジではないでしょうか?

    1. ええ、ハイパーインフレが起こったら、年寄りは力を失い、若者が元気になるでしょう。でも、年をとっても、健康で体力があれば、何かしらはできるので、体を鍛えておくのが一番手近な対策だと思います。

      シン

  3. 消費者物価指数を数値で追いかけてるんですが、ここ最近で日本の急激な物価上昇(インフレ)があったのが1970年代でして、70年の物価指数を仮に1とした場合、77年までの7年で約2倍、81年までの11年で約3倍上昇してます。
    この間にあった世界的な出来事はニクソンショックとオイルショックです。

    当時サラリ―マンだった団塊世代に話を聞くと確かに急激な物価上昇(インフレ)はあったが、同様に給料も上昇していったため何とかなっていたとの事です。
    シンさんのお話しされた2倍の物価上昇(インフレ)がどのくらいの期間で起こるか。
    物価上昇(インフレ)の際に給料が上がらないスタグフレーションにならないか。
    小市民が生活に困るかはこの辺りが肝なんだと思います。

    1. そうですね。
      一般市民にとって困るのはスタグフレーションに陥ることです。インフレ分だけの給与が上がってくれれば良いし、その反応が早いなら問題ないです。給与がインフレに数年遅れで追随していくとなると、それまでに干上がってしまう人が少なからず出るだろうと思います。

      シン

  4. 感覚的な話で恐縮なんですが、
    ここ数年、消費税の影響もあってか食料品が高く感じます。

    ですが衣服に関しては安いファストファッションが主流(私だけ?)な気がします。

    なので多少インフレになっても不必要に高いものはどうせ売れずに適正価格に収束するように思います。

    経済が先細りの日本で、もしインフレになっても給与も同じ様に上がるとは思えません。

    現実的には庶民は
    記事に書かれてる欧州的なスローライフにならざるを得ないのではないでしょうか。
    国単位だと社会保障を食い潰しながら、騙し騙しの延命になるんでしょうが、
    どうしようもない気がします。

    個人的には、それならそれでちょっと楽しそうです 笑

    1. すでに若者はコスパ、コスパといっているので、欧州的なスローライフになっていくのだと思います。働き方も変化しつつあり、法律違反して、従業員を拘束する企業は私的、公的に罰則を加えられるようになったので、無茶できなくなりつつあります。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です