じゃあ、投資家は孤独

投資家って本当に孤独だな、と思います。日本一の投資家、孫正義氏なんて誰よりも孤独な人だろうと思います。日本人で彼ほどの投資を経験した人がいませんから、本当の意味で彼の孤独を理解できる人はいません。

お金

お金は命の次に大事なものなので、誰でも身銭を切ることって真剣になります。多くの人がほんの数千円の出費ですら良く考えて使うものです。そして、お金には魔力があり、世の中のほとんどのことを解決しますし、熱い友情、家族愛をぶっ壊すくらいの破壊力もあります。お金を受け止める器が育たないなら器ごと崩壊します。

日常での出費、貸し借り、などですら常にリスクを含んだ媒体を何かしらの対象に大きな関心を持ち、お金を放り込むだから、きちんと向き合ってすると、恐ろしくなります。だから、ある種の麻痺状態に頭をしてから突き進むしかないですが、完全に麻痺したら食い物にされてしまいます。

自宅を買うときを想像して下さい。選択肢は沢山あります。場所、形態、広さ、設備だけでなく、資金の出し方、借りる相手など、本人の意思で打診して、相手が了承すれば、どんなことでも出来てしまうわけです。多くの人は苦悶しながら、最終的には踏み出します。投資家はそれを日常的なやっているんですよね。

責任

サラリーマン経営者だとか、機関投資家なんていうのは投資家でもなんでもないです。ほとんどの人が口が上手いだけの詐欺師みたいな連中だと思います。だって、その投資で損しても責任なんて一切取らず、ごめんなさーいwと言って逃げてしまうし、上手く行ったら巨額報酬を受け取るんだから詐欺師ですよ。

山一破綻について記事を書いたことありますけど、破綻の原因となる決断をしたのは会見で号泣し、社員を庇った社長ではないです。彼は責任を取らさせらただけで、本当に責任を取るべき犯罪者どもは逃げてしまっています。彼らが惨めな最後を迎えたのは自業自得ですが、そのまま逃げる人もざらにいます。

自分の身銭を投資してこそ責任であるから、その損益は自分のものになるわけですよ。その点でオーナー社長とサラリーマン社長は全く違うものだと思います。だから、投資家とはオーナーのことであり、それ以外の人間は投資家でもなんでもありません。

どんな投資の責任は全て自分にあります。勝っても負けても自己責任てますし、負けたことにどんなに文句を言っても、誰もなんともしてくれないし、自分の身銭が市場の養分として流れていくだけです。養分のならないために自己責任を何度も何度も意識して、それでも踏み出すのが投資なんですよ。

逆張り

投資で勝ちたいなら、他人と逆に行かなければならず、誰にも理解されないんです。アホだ、バカだ、と言われながらも、自分が信じたことを進めるしかなく、そうでなければ、勝つことなんて出来ません。だから、他人に共感を求めたら負けだと言えます。自分の考えに周りが共感してくるまで突き抜けないとダメです。

自分のポジションに不安になって掲示板で喚く人、負け組で傷の舐め合いする人、思考停止して一切の批判を受け付けず暴君と化すは少なくないですが、そんなことは全く無意味であり、不安と向き合い、馴れ合わず、一切の批判を受けて、向き合い、乗り越えていくことでしか勝利にたどり着きません。

ソフトバンクが赤字を出した時、当然ですが、株主総会は大荒れになりました。でも、孫氏は批判を受け止めた上で、赤字になることもあるが、それ以上のパフォーマンスを達成する、自分のやり方は間違っていない、と言い切って乗り切りました。この精神力が必要なんですよ。

まとめ

共感は媚びるようにして周りに求めるものではない。突き抜けた信念に周りが付いてくるものであり、それを突き通す意思、精神力がない人間は投資家失格です。私自身も辛くなるときは少なくないですが、愚痴を吐き、暴れたところで失った資金が返ってくるわけはありません。まったく無駄です。

ヤフー掲示板で「そう思う」「そう思わない」をいくらもらっても、数字が全てです。どれだけ賛同を得ようが、失笑を浴びようが、作った数字以外に正義はありません。弱いから共感が欲しくて書き込んでしまう。その反応を確かめたくなってしまう。そういう意思の弱さが食い物にされるのです。

15+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、投資家は孤独」への5件のフィードバック

  1. ヤフーファイナンスの板に株価が下がって社長に文句をいう前に、投資した自分を戒めるべきですね。

    0

    1. 下方修正くらいなら完全に自己責任だし、粉飾すら自己責任だと思います。間違った決断をした自分を責めるべきです。

      シン

      0

  2. 命の次に大切なお金を、投資に注ぐのは、自分の腹を切る、家族の命を奪う、
    くらいの覚悟が必要かもしれませんね。

    人殺しも数をこなせば麻痺すると兵士がいいますが、投資もそれに近いのでしょうか。

    孤独、ヘミングウェイの「老人と海」を思い出しました。もう一度、読み直してみたいと思います。

    ここ何回、投資の記事が続き嬉しいです。

    忙しさにかまけて不勉強ですが、これからは毎日1時間程度投資の勉強時間を取ろうとあらためて思いました。感謝です!

    0

    1. 数万円の含み損にビビっていたのが、数千万円の含み損にも慣れてくるので戦争と同じなのかもしれませんね。でも、戦争に参加している、という事実に慣れてしまうと近いうちに戦死するだろうと思います。入る瞬間のなんとも言えない気持ちはずっと変わりません。

      シン

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です