じゃあ、日本の凋落

私は日本と凋落は避けられない、と思っていますし、変に抗わなくても、そういうものとして受け入れるべきだと思います。日本は少なくともアジアの盟主的立場は失われ、イギリス的な立ち位置になるのではないか?、と思います。

非合理

日清戦争、日露戦争の勝利以降、日本人は非合理的なことが大好きになり、精神論、完璧主義、前例主義を正義としてみるようになり、無謀にアメリカに挑み、負けたのに、未だに同じことをしています。明らかに非合理的でも、上が決めたら、下はそれで従っていき、心中します。部下が上司に対して、疑問をぶつけることすら許されないから、何にも改善されないのです。

今まで、それが通用したのは日本人の粘着、完璧気質が高品質を提供できたからですが、世の中は不完全であっても、まずは進めてみて、徐々にアップデートする、というやり方が主流になって、完璧を狙って、世に出さないと、完璧になった頃にはもう遅いわけです。ITではアップデートすればいいので、小さなバグは大したリスクではないですが、勝者総取りなので、出遅れてシェアを奪われたら、致命的ダメージになりえます。

ポケモンGOは正しくアメリカのゲームで、ゲームとしては実験状態でリリースして、市場の反応を見ながら、徐々に完成度を上げているようなもので、それがシリコンバレー流です。日本的な任天堂はあれこれ言いながら、完成度を求めすぎた結果がソフト不足になり、WiiUの惨敗になり、無残な状況がしばらく続きました。

スタートアップなんかは一定のマイルストーンを達成できないと、それで資金が尽きて、終わりなので、時間勝負で突っ走るんです。だから、完璧なんか狙ってないし、自分たちにとって完璧であることでなく、顧客がより求めるものを追いかけるのが使命だと思っているでしょう。なんなら赤字でも売上、シェアが高ければ、資金繰りできるので、突っ走ります。

不完全であっても、先進的なサービスが求められる時代に日本人気質って、機会損失にしかならないんです。文体が気に入らないだ、敬語がおかしいだ、と社内向けの報告書を書き直させる暇があるなら、もっとお金になることをやらせたら?、挨拶に顧客訪問するなら、新しいサービスなり、製品開発したら?、という疑問は日本企業じゃ、通りません。

人口

言うまでもなく、日本は高齢社会で、人口は減り続けますし、優秀な移民はほとんどきませんし、仮にきても、活用できるような土壌もありません。ほぼ単民族が単言語で暮らしてきた国に、異物が来ても、良い化学反応は生まれません。

どの国でも最優等移民はアメリカを目指し、それ以外の国に行くのは何かしらの親和性がある場合のみです。そうなると、日本に来るのは最優等ではないアジア系くらいのもので、彼らが新しい産業を興すようなことはないでしょう。

厚切りジェイソンさん、みたいな日本贔屓の人ですら、Why Japanese people? 、と思うわけです。私は日本人ですけど、シンガポール人以上に日本人の行動に理解ができないことは珍しくないです。シンガポール人はいたってシンプルですから。

これはアメリカ以外の先進国も同じで、移民が大きな経済効果を出したことを客観的に示せる国はないんじゃないかと思います。ほとんどの場合、社会保障費の増大、地域社会の分断の原因になっているだけで、社会不安を呼び、今の連続テロに至っているのでしょう。

例外的にシンガポールは移民が経済貢献していますが、先進国としてはありえないような人権無視を行っているから、成立するわけです。その意味でシンガポールは先進国ではない、という人も少なくないです。

浮上

日本が売られ過ぎれば、買われるタイミングがあるでしょうが、それはハイパーインフレが終わってからだと思います。何でも片方に振られると、引き戻されるわけで、デフレが長く続けば、その反動が来るし、多くの場合、下の方が早いものです。

できるだけ早いタイミングで緩やかにインフレを起こしたくとも、うまくいった試しはないです。だいたい、これほど長いデフレが続いた例って歴史上に存在しないでしょうから、どこまで金融緩和をすればいいのかもわからないでしょうし、散々やってもあまり効果がなかったわけです。

来るべきハイパーインフレに備えて、何ができるか?、ということですが、余剰資金を幾らか外貨に換えて、リスクヘッジすること、相続予定も含めて、不動産をまったく持っていない人は買っておいたほうがいいと思います。インフレになっても、住む家さえあれば、働けば、暮らすことはできます。

そういった大混乱が終わった頃に日本は浮上するのではないかと思います。危機には一致団結する民族ですし、ストレスにも強いので、離散せず、日本復活のために志士達が大暴れするのかもしれません。逆に言えば、危機が迫らないと、行動に移さない民族です。

まとめ

日本の産業はニッチを除けば、壊滅状態になるだろうと思います。その第一陣が弱電の失墜で、バブルの頃には相手にもならなかった中国、韓国、台湾メーカーに食い荒らされています。重電も他人事ではなく、忍び寄る影に注意して、国主導で早めに再編して、国際競争力をつけたほうがいいでしょう。

取捨選択して、勝てる産業に力を集中させれば、ドイツのように戦っていけるのでしょうが、日本人はサービス残業してでも、競争力のない会社を生かしてしまうので、本来消えるべき会社が残ってしまうのです。そうなると、国全体が疲弊し、どんよりムードになるに決まっています。

ブラック企業に我慢するのでなく、きちんと証拠をとって、SNSで発信すべきです。 みんなが団結すれば、反社会的企業を抹殺できる、という例はいくつもあるじゃないですか? その一歩一歩がよりよい日本につながるのだと思います。

私は日本が暮らしやすい国になる代わりに、経済的優位性を失ってもいいと思います。ITをうまく利用すれば、生活するくらいは稼げるんだから、横暴に我慢をするのでなく、見栄、欲を制限して、精神的自由を優先するほうがいいんじゃないかと思います。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、日本の凋落” への 12 件のフィードバック

  1. すごい分析力ですね。
    これだけ分析できる人、私知りません。
    もはや凡人じゃないですよ。

    来るべきハイパーインフレに、いつでも対応できるように体制を整えときたいですね。

    1. nobunobuさん、

      お褒めに預かり恐縮です。でも、全くの凡人だと思いますよ。当たり前のことを書いて、漠然とした考えをまとめているだけで、分析というほどのものではありません。

      ハイパーインフレに関しては時期はわかりませんが、起こるのはほぼ間違いない、と思っています。今の日本が劇的に財政再建できるとは思えません。後生大事に日本円だけを抱えていると、目減りするでしょうから、余剰資金の一部を外貨、外貨建て資産に変えて、保険的に備えておくべきだと思います。

      シン

  2. シンさん ご無沙汰しております。
    ブログお引越しされたのですね。
    まあブログを長く、しかも濃い内容のものを発信していると
    必ず荒らす人が出てきますよね。
    まあ避けられないこととはいえ、面倒くさいですよね。
    それでもやめずに、引っ越すという方法を取られて
    配信を続けられること、嬉しく思います。

    日本はねぇ。。
    携帯にしても、本当にガラケーの時代、もう10年以上前から
    すでに良い技術やアプリが存在していたにも関わらず。
    日本国内だけのシェアに終わり、後出しiPhone, Androidに
    グローバル・シェアをあっさり奪われ、さらに日本国内での
    シェアすら許してしまったという始末。

    家電は周知のごとくの有様ですし、自動車業界もいつまで
    もつことやら。。。

    これに加えて、精密機器、重工業、医療機器まで海外の
    メーカーにシェアを奪われてしまえば、もう日本はおしまい
    ですな。。。。 と思います。

    技術力はあるのに、本当にもったいないです。

    単一民族、単一言語で守られてきた日本が
    インターネット、ITの急速な変化に対しては
    逆にそれが仇となった結果なんでしょう。

    旧式のウォーターフォール型の開発やマーケット戦略は
    さっさとやめて、現場で働く技術者の声を取り入れ、
    技術者を優遇する会社形態にならない限りは
    変わらないだろうと思います。

    最近、どこかの記事で、日本政府が10年計画で特に
    ベトナムからIT技術者の労働ビザ枠を儲け、日本で
    働けるよう支援するプログラムが立ち上がった等を
    見ましたが。

    アホか!と思いましたね。

    IT技術者に関して言えば、アメリカのほうが日本の
    2倍も3倍も給与、各種ベネフィットは良いですから、
    優秀な技術がわざわざIT土方などと言われるような、
    技術者を冷遇するような国に行くか?

    通貨価値の安い国の特にアジア系なら、日本で
    薄給で一生懸命働いてくれるだろう?
    と思っているんですかね?
    浅はかだと思います。

    日本人が日本で、今後せめて今と同等くらいの
    レベルの生活を維持するためには、発想の180度の
    転換をするべきだと私は思っています。

    まずは帰国子女採用枠を延ばすことが先決かと。
    そのために、学生をどんどん国のサポート付きの
    条件付留学(理系に限る)させ、そして日本帰国後
    必ず一定の条件を満たす就職先を斡旋すること。

    帰国子女を冷遇しない、いじめない。(笑)
    個人的感情が入ってしまいました(笑)

    日本国内にいると、どうしてもグローバル的な発想が
    なくなるのでしょうね。
    それでこのように思いいたるわけです。

    ITもソフトウェア開発、技術は良いものを持っているのに
    徹底的にやられてきてますね。
    楽天もとうとうアマゾンにやられちゃいましたか。

    もったいないです!
    日本人のIT技術者は、一緒に仕事したことが何度か
    ありますが、本当にバグを出さず、正確に早く仕事が
    できるんです。

    文系出身のなんちゃってプロマネやSier 、セールスが
    全部台無しにするんです!(怒)

    そういえば、日本ではまだアジャイル方式の開発手法を
    取り入れている企業が少ないのだとか。
    *日本は未だにウォーターフォール式が多い。
    概要:http://www.nec-nis.co.jp/ja/column/01_agile.html

    ポケモンGOもまさにアジャイル式です。
    完璧さを追求する日本型の開発方式はもう時代遅れなのだ
    ということを、本当に理解できている日本人はどれくらい
    いるんでしょうかね?

    ブラック企業に勤めている優秀なプログラマー諸氏!
    立ち上がってください!
    企業するなり、アメリカに渡るなり、もっとましな道を
    模索してくださいー!
    ブラック企業は消えるべし!
    そうやって、優秀な人材が海外に流れてしまうのだ。。。

    1. かりりんさん、

      逐一もっともです。あなたのようなしっかりした方達と議論したくて、ブログをしています。今まで過激に書きすぎたことで、まともな議論ができなくなり、つまらないことを延々と喚き散らす人ばかりがくるようになり、私自身がつまらなくなったので、一度、過去記事を放棄して、まともな議論をできるブログに作り直そうと思っています。

      IT革命に乗っかれないと、かつての中国のように官僚主義がはびこり、形式ばかりにこだわるかつての古豪のようなつまらない国になり、外国の食い物になりかねません。

      あなたがおっしゃる、ウォーターフォール型の開発って、まさしく官僚主義で、現場のわからない上流が実態に合わない無茶振り、下流はそれに従い、馬鹿馬鹿しいものが出来上がります。それが通用していた時期はいいのでしょうが、もはや、完全に時代遅れです。

      有能なベトナム人エンジニアはアメリカ行くので、日本には二流の人しか来ないでしょうね。その人たちも環境の悪さにすぐに去っていきます。今更、日本人はなんで上から目線で、他のアジア人を見ているかもわかりません。嘗ての栄光が忘れられない官僚が考えた計画なんでしょう。

      帰国子女に限らず、能力主義で、力のある人間に相応の報酬を出す体制にしないと、競争力がなくなります。ネイティヴ英語なんて特殊なケース以外にいらないように、ネイティヴ日本語も同じです。仕事は英語でやればいいし、湿った政治なんて、管理に行ってから考えればいいので、末端の平社員に数字以外は求めるべきでないです。

      エンジニアはブラック企業で我慢せず、起業したり、アメリカに行ったりして、日本に危機感を持たせないと、国がボロボロになってしまいます。

      まずはアジャイル開発を浸透させ、チームで仕事を完結させ、その成果を数字で管理するようにしないと、競争力のある業界までやられ、焼け野原になりかねません。

      黒船が来て脅してくれないと、日本人は上流だ、下流だ、と新卒で入った会社の格で仕事し続けるんでしょう。若い人は本気で会社の格でなく、自分の市場価値に敏感になって、生きて貰いたいです。

      シン

  3. 自分が得意な分野で、その中の1%クラブを目指す事がこれからの若者の人生だと思うのですが。シンさんはどう思われますか?

    1. バードさん、

      得意なことがお金にならないなら、意味ないので、お金になることの中で得意なことに集中すべきだと思います。完全に図抜けていれば、お金になりますが、上位1%くらいでは飯を食えない仕事も珍しくないです。

      シン

  4. 日本の借金は一人当たりで、恐らく1千万円くらいありそうですが、今の状態で、これを返していくのは無理な気がします。
    残念ですが、今から日本の産業が、衰退していくことは想像できても発展していくことを想像することは難しいです。
    企業からの税収が増えていくとも思えません。

    政府はどうやって借金を返すのか、消費税をかなり上げないと(よくわかりませんが、30パーセントくらいまでは上げないと借金かえせないんじゃないかと思います。)返すことができませんが、今ですら、何回も次は上げるといいながら10パーセントにさえ、上げることができない状態です。
    なかなか難しいのかなと思います。

    その他に借金を返す方法というと、私には、お金を刷りまくることしか思いつかないです。ハイパーインフレですね。
    何か良い方法があったらいいのですけどね。

    1. nobunobuさん、

      理屈的には増税も借金を減らすことができますが、ただでさえ、消費意欲が下がって困っている中の大増税は現実的ではないですから、ハイパーインフレしかないだろう、と思います。

      シン

  5. 「日本人は上流だ、下流だ、と新卒で入った会社の格で仕事し続けるんでしょう。」

     おっしゃるとおりです。こう感じているのは、私だけかもしれませんが、今の20、30
    代はこれが強いと思います。「これだけの大企業に入社したから、人生安泰だ。自分は勝ち組だ。」こういった20,30代が多いように感じます。定年まで働くとしたら、40年近くあるわけです。にもかかわらず、入社自体がゴールとなってしまっている、新入社員もいます。私のような逃げ切り寸前の年配でさえ、この先安泰だとは全く思っておりません。
    世界的企業でさえ、万単位の人数でリストラです。大企業だからといって、安泰ではありません。こういった若い人達が、もし多くなってしまえば、日本は本当に凋落します。

    1. 平凡なサラリーマンさん、

      これだけ変化の激しい世の中で大企業社員だから安泰だと考えられるのはかなりおめでたい頭の持ち主だと思いますし、そういう若者が多くなっていくと、国は衰退を逃れられないのだろうと思います。何にも生み出せませんからね。

      シン

  6. シン様
    シン様は個人主義者で国家など考えない方と思いましたが、、、
    まず日本には日米安保がある限り、国難などありません。現在の問題はぜいたく病です。
    どんな田舎だろうと道路が整備され、バリアフリー化され、大型商店があり、病院もあります。半分死んだ老人が税金を湯水の如く使われ延命されています。
    それで地方切り捨てだの、弱者に厳しいだのよく言えたものです。

    目の前にある現実的な問題は植松聖じゃないですが、野蛮に暴力的に解決するしかないです。
    人口減ですが、白人のみ許可・クローン人間の開発。
    海外から優秀な人材など来ません。来てもそれを活用せさる能力なんか日本人は持ち合わせません。
    理系優遇社会にするしても、それでどうなるのか理解する力など持ち合わせません。
    小室直樹じゃないですが、ゼロ戦を作れてもそれを合理的に使えない日本人。

    近代は白人が創ったのだから、日本人がうまく生きれないのは当たり前なのですがね。

    1. P団塊ジュニアさん、

      個人が国家を無視して生きられるわけもなく、国籍、居住国の政策に大きく左右されますので、気にしていますよ。

      日米安保が枠組みを変えつつあるので、これも守る努力をしないと、安泰ではなく、安倍政権は守るために取り組んでいると理解しています。タダでアメリカが守ってくれるわけないですから。

      弱者切り捨てをすれば、治安上の問題もでますし、役に立たない人間を養わないと安全には暮らせません。アメリカの治安の悪さは最低保証がないからで、欧州の治安の悪化は難民、移民を養いきれないことにあります。ベーシックインカムがその答えなのかもしれませんね。

      私は白人にそんなに期待はしてないです。平均値としてはアジア人以下の人たちなので、日本が白人なら喜んで好条件で受け入れる、となれば、プアーホワイトが喜々してしゃぶりにきますよ。当然ですが、エリート層はまず来ませんし、使いこなせもしません。

      一般的な日本人は指示系統がないと動けないので、アジャイル開発は不得手ですし、技術はあってもお金にできませんから、流れが速くなると、生き残れなくなります。俺は大手企業社員だ!っと踏ん反り返って、下請けに仕事を丸投げしても、良いものが作れる時代ではないです。

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です