じゃあ、黒田電気

ちょっと前から注目しているんですけど、黒田電気って面白い会社で、シャープの液晶パネル特約店として、ホンハイのシャープ買収に巻き込まれ、村上ファンドの娘からも狙われています。地味な電子材料商社がこんなに注目されるなんて、珍しいことです。

歴史

黒田電気のシャープの付き合いが始まったのは正確にいつからなのかは知りませんけど、特約店契約が始まっているのは昭和50年からなので、40年以上前の話になります。まだ、日本が高度経済成長に沸き、イケイケだった時代の話で、メーカーは自分で販売せず、代理店が販売するのが一般的だったみたいです。

シャープに加えて、住友グループの商材(テープ、積層板、ワイヤー)に対して特約を持っており、それが黒田電気の商売の基本となります。その為、黒田電気はディスプレイ製造会社を相手に仕事をしてきて、今でも仕事の半分以上はディスプレイ関連事業となっています。それに加えて、自動車産業への部材供給があり、それ以外は小さな仕事です。

世紀が変わるころから、家電日本勢は凋落していき、黒田電気の最重要顧客は韓国、サムソンになりました。今ではサムソン向けの供給が最重要となっています。有価証券報告書には最大顧客はサムソン、メキシコだと書いてあるので、これが完全に止まったら、えらいことになるのは見えています。注文確定分は責任があるのでするでしょうけど、それ以降はどうするのでしょうか?

村上ファンド

村上ファンドが乗り込んできたのは2015年で、一線を退いた、という形になっている世彰氏の娘である、絢氏がトップとして、黒田電気株を大量に買占めが始まり、株主総会で大暴れして、自分達を社外取締役として向かえるように吠えたのですが、これの試みは失敗に終わりました。

それでも、絢氏の資金源は父親、その取り巻きなので、短期的に利益を上げる必要がなく、あきらめず、虎視眈々と黒田電気を狙ってきました。そして、2017年、3/16付けで1/3を超える議決権を手にした、という報告がなされたのです。さて、これがどういう意味を持つのだろうか?、というところです。

1/3の議決権は特別決議に対する「拒否権」の発動がされるので、定款変更、取締役・監査役の解任、会社の解散・合併、事業譲渡、資本の減少等、が特別決議になり、実質的に村上一派を取締役にせざるを得ない状況になったわけです。過半数抑えているわけではないので、完全に掌握したわけではありませんが、かなり迫ったといえます。

ホンハイ

ホンハイ、総帥、テリー・ゴー氏の野望はホンハイブランドでの世界制覇だといわれており、サムソンに液晶パネルの供給なんてしたくないわけで、16年末、17年の供給停止を通告しました。当然、サムソンは怒り狂って、ホンハイ、シャープ、黒田電気の三社をアメリカ、ニューヨークで提訴して、国際裁判に持ち込むとともに、LGからの供給を模索し始めています。

テレビは組み立てするだけになって、それほど難しい技術がいるわけでもなく、単に巨額投資さえすれば、誰でも出来るわけで、単にブランド名が必要なだけになりつつあります。だから、ホンハイは他社名でテレビなどを作っているEMSで、自社ブランドで出来るなら、したいに決まっています。製造だけなんて、美味しい部分は全部持っていかれます。

だから、ホンハイはシャープブランドでホンハイの製造力を使った製品を売り出すことからはじめるのが定石で、誰でもそれは想像するでしょう。そして、シャープの液晶パネルはシャープブランド、フォックスコンでEMS生産分だけに供給を制限するのも当然の流れです。その中に黒田電気はどんな形で残るのでしょうか?

まとめ

村上一派の本当の目的って何なんでしょうか?確かに黒田電気は長い歴史で溜め込んだ内部留保はありますけど、シャープの特約を失ったら、仕事の半分はなくなってしまうわけで、実際、黒田電気は業績予想の下方修正をしています。このまま行けば、すぐに倒産はしないですけど、右肩下がりになるのはほぼ確実です。

絢氏の語る名目は村上一派の持つ人脈、経験でM&Aを進め、黒田電気の持つ歴史、遺産との相乗効果が期待できる、ということですけど、そんな上手くいくのかわかりませんし、もっと別に狙いがあるような気がするんです。じゃなきゃ、こんな地味な会社狙わないでしょう?黒田電気からシャープが消える可能性を把握していなかったわけがありません。

今後、ホンハイが黒田電気をどういう風に扱うかも不透明で、すでに価格競争が激化した業界で、マージンを与えなければならない代理店をそのままにしておくでしょうか?資本が入っているわけでもないですし、サヨウナラ、という展開になる可能性も高いです。そうしたら、村上一派がどんなに頑張っても、どうしようもないくらい経営は悪化します。

本当のところを知っている人、意見がある人はぜひ教えてください。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、黒田電気” への 6 件のフィードバック

  1. 本当のところを知ってる読者さんからのコメント、あるといいですね。
    株価が急落していて、ビックリです。

    私なりに調べてみたところ、既にこちらの記事で触れられている内容(おそらくすでにシンさんが知りえた情報であろう)にあったので特筆すべきものは見つかりませんでした。
    ICCで何かアップデートがないかも調べてみましたが、まだ公開している情報はないようです。

    ここから先は自身の勝手な予想なのですが。。。
    そもそもソフトバンク、孫氏が ホンハイにシャープの買収を促したそうで。
    ホンハイは表向きは台湾企業ってことになっていますが、本体は中国と聞いています。
    ホンハイはサムスンを敵視しており、また自社製ブランドの世界戦略を狙っているので、最近の一連の動きはホンハイがやりたい方向に進んでいる気がします。。

    さて黒田電気は、純粋な日本企業ですよね。

    浅はかな予想かもしれませんが、ホンハイの黒田電気に対する 次の打つ手はサヨウナラ か 買収か? 
    になると思っています。

    なんだか戦争抜きで、気付いたらいつの間にか日本は中国資本に乗っ取られているような未来予想図で悲しくなります。
    前のシンさんの中国人に関する記事、コメントしてませんが、まさにあの通りです。
    アングロサクソンはもっと酷くて、自分が一番で 家族も邪魔になったら切り捨てますね。
    他人、組織は論外です。社交辞令的な挨拶やコミュ力は長けてますけどね。

    日本人はもっと非情にならないと、国際ビジネスでは勝っていけないでしょうね。

    1. シャープの持つ技術で、極めて重要なものが黒田電気と共有特許になっていて、ホンハイは黒田電気を無視できない、とかでしょうか?だから、村上ファンドはそれを知って、目をつけたのかもしれません。何か裏がなければ、黒田電気に投資する理由を見つけられません。

      どんな手を使っても勝つ、という根性は日本人にはなく、国際競争だといつもやられる側ですね。

      シン

  2. シンさん

    おそらく村上ファンドが投資する理由は、黒田電気が持っている特許に目をつけたのではないか?と私も思いました。
    もう既に見ていらっしゃるとは思いますが https://www.kuroda-electric.co.jp/asset/2332/view
    少し古い資料ですが、欧州への今後のビジネス展開などを視野にいれ、また子会社に黒田テクノはハンダ付けや精密機器等も扱ってますね。特許出願は結構されている風です。こういう地味だけど地道な会社、個人的には好きですね。

    1. かりりんさんしか相手にしてくれませんが、私はかなり注目しているんですよ。新村上ファンドは新しい神輿を担いでの初陣で、絶対に負けられない戦です。武人は初陣での戦功が終生付いて回るものです。プライベートファンドは下克上、戦国大名みたいなものだと私は思います。

      欧州への展開はシャープの液晶パネルありきで、なければ、やることがほとんどありません。黒田のビジネスは特約のある製品に付帯する部品、加工をセットにして、ユーザーに入れる、と言うものなので、打ち抜き、ハンダなど、技術的難易度の低いことしかしません。精密機器も組み付け外注で、コアとなる技術はないのではないか?、と思います。

      隠れている何かがあるはずなのですが、それが見えてこないです。特許も単純なものでなく、決定的に抜けられないコアなものでないと、ホンハイはすり抜けてくるはずです。

      これが見抜けて、勝負に踏み切り、大勝利を収めたら、ぬるりファンドを立ち上げます!w

      シン

  3. 内部に精通している方のコメント、もしくは プライベートでシンさんへのコンタクトがあればいいですね。
    シンさんと目的は違うかもしれませんが、私も企業分析は好きです。
    ぬるりファンド! 期待してます!
    その暁には、くじ引きでもいいので 何名かシンガポールにご招待くださいねw

    1. シャープ系の専門商社の黒田、三信、エクセルを買い集めて、統合して、ホンハイに買わせたいのかもしれません。三社統合すれば、国内最大の電子材料商社になるので、ホンハイも無視できない、といえるのかもしれません。ただ、今の日本の専門商社のスタイル、頻繁な訪問、過剰な接待、人海戦術が変わらないと、アメリカの大手2社には太刀打ちできないだろうと思います。すでに業界の再編は始まっているので、そこに新村上ファンドは絡んでいって、出口を探るのでしょう。

      ファンドが儲かったら、読者さんをシンガポールに招待します!w

      シン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です