じゃあ、海外移住

このブログは「海外移住、ぬるりと生きる。」というブログからスタートしており、海外移住がテーマだったんですよ。でも、そこに縛られるのも嫌だったので、海外移住を除きました。しかし、海外移住について書きたくないわけでもないので記事にします。

行き先

多くの日本人は英語圏を望みますが、これは世界中どの国の人も特別な理由がない限りは同じです。移住先が英語圏、非英語圏ではハードルが違いすぎますので当然だと思います。非英語圏であっても、英語の通用度は誰もが気にします。逆に考えると日本が外国人に人気移住先にならないのは理解できるでしょう。

世界一を目指すならアメリカ、歴史を愛す人はイギリス、アメリカの経由地としてマイルドなカナダ、まったりしたいならオーストラリア、ニュージーランド、アジアの準英語圏で先進国なら、シンガポール、香港、発展途上国なら、フィリピン、マレーシア、変わり種ならインドとかでしょうか?

何を求めているのかは人それぞれ違いますのでどこに行くかを決めるのがすべてのスタートです。それによって必要な準備が変わって来ますので漠然と移住したいとか言って、漠然と英語の勉強したり、無計画にワーホリに飛び出して行く人っていますけど海外移住って下準備で9割決まる、と言っても過言ではありません。

ビザ

まず、多くの人はビザの問題にぶち当たります。当たり前ですが、観光客として、お金を落とすだけならほとんどの国で歓迎されますが、現地人の雇用を奪う、社会保障を濫用する、地域社会を不安に陥れる可能性のある移民は受け入れたくないので世界中どの国も慎重になります。

特殊な理由で移住先の市民権、永住権を持っている人なら話は別ですが、ほとんどの人は純日本人なので移住先で滞在、労働をする為にビザを確保しなければなりません。確保する方法はいくつかあり、お金、技術、日本関連、と言うのがメジャーなビザ取得方法です。

上記のように何かしらの理由でその国に貢献出来ますと証明できないなら外国人に来て欲しい国があるわけないので、自分に何ができるか、を考えて下さい。芸能人がハワイ、ニューヨーク、ロンドンとか住んでいますけどお金さえあればどこでも住めます。一般人は技術、日本関連で貢献を証明することになります。

ビザが取れそうと言うことで希望の国でない国に行く人も結構多くて、アメリカに行きたいけどビザが取れないからカナダとかオーストラリアでワーホリして現地で仕事を探したけどなかったからシンガポールとかになります。そういう人たちは早い段階で挫折して帰って行きます。希望の国ではないので不満しか出てこないからでしょう。

仕事

海外で仕事をするとなると、2パターンあり、技術を売る、日本関連のことをする、となりほとんどの日本人は日本関連のことしかできません。特に海外が好きで国際なんたら学部とか英文科を出ている人は日本人であること以外に海外で活躍できる要素がないので日本企業に現地採用されたり現地企業のジャパンデスクをすることになります。

前者は自分の技術次第で伸びて行くことが可能ですが、後者は最初から先の見えています。現地採用は派遣社員みたいなものなので本社採用にならない限りその後のキャリアパスなんてありませんしジャパンデスクもそこを超えてアジア統括とかまで上がれない限りは先はありません。コミュ力が高く外国人を下につけてやっていける必要があります。特に欧米系だと白人を下につけられるか?が勝敗を決めます。

私の知る限りほとんどの海外移住希望者は文系で売れる技術もなく外国人を下につけられるコミュ力もなく、単に海外への憧れ、現実逃避で飛び出して来ただけなので、早い段階で挫折して3年以内に半分以上が失意の帰国、残っている人も帰るに帰れなくなっているだけで順調に現地に根を生やしている人は1割もいません。

まとめ

海外へ行くってゼロからでなくマイナスからスタートするので日本で燻っていたような人が海外に活路を求めたって、良い方向に行くわけありません。どうしてもと言うなら、性根を入れ変えて今までと別人になるつもりで努力しないと行っても無駄です。

海外就職だ!っとか煽る人が沢山いますけど安易に日本から逃げるように飛び出しても、まず上手くいかないし、日本にいれば確保できたような小さな幸せも放棄することになりかねません。正社員として仕事があり、少しは昇給、昇格して結婚して子供がいてローンだけど持ち家と手にしたとかいう頑張れば手に届きそうな幸せなと放棄してまで海外に行きたいですか?

特に海外にいる現地採用日本人男性は独身率が異常に高いです。30超えても9割以上未婚です。待遇の違いすぎる駐在員に劣等感を持ち現地にいる日本人現地採用女性にすら相手にされないしまともなローカル女性にも相手にされず、お水の女の子に入れあげて、しゃぶられている姿は哀れです。特に欧米にいるならローカル女性にまったく相手にされないしお水文化もありません。一人寂しくシェアハウスで若くて希望に満ちた人達に混じって暮らすなんて拷問ですよ。

若い女性はどこでも多かれ少なかれチヤホヤされるので、アジア人、日本人好きなローカル男性と付き合ったり、結婚できるかもしれませんけど、離婚率は日本人同士より高いですし、日本みたいに女性に有利な離婚条件がなっている国ばかりではありません。最悪、無一文で放り出され途方にくれるかもしれません。日本なら得られた保証もアウェイではどれくらい確保できるかわかりません。

こういう現実を理解して海外に行くことで日本以上の待遇を得られて駐在員、ローカルに引け目を感じず自信を持ってその場所で生きていけるという自信があるなら、是非、世界に羽ばたいて下さい。シンガポールはメリットさえあれば、誰でも受け入れてくれますし、アメリカだって、手順さえ踏めば、やる気を応援してくれます。

0

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

“じゃあ、海外移住” への 13 件のフィードバック

  1. こちらの記事、公開日付が12月25日になっているのを見て、クリスマスでもきちんと記事を書かれていたシンさんに頭が下がる思いでコメントします。(笑)
    私も自身のブログでさんざん海外へ飛び出すことや国際結婚のリスクを書いてきました。
    ぶっちゃけ私も 日本で成功しない人間が海外に行ったところで成功するわけないでしょ!と思います。
    結婚も同じで、国際結婚は安易に絶対しないことです。
    特に白人+日本人の組み合わせはアメリカでは5年以内離婚率は80%です。
    5年だと慰謝料も財産分与の権利もありませんので、裕福な白人夫、自分はプール付きの広い家の主婦!って希望の方は肝に銘じておいてください。天国から地獄へ一転した日本人女性を何人も見てきてます。

    逆に日本より海外のほうが幸福度が上がるであろう職業もあります。

    (医療・バイオ研究職):日本の大学で学位取得後、ポスドクからスタート。
    ポスドクは薄給ですが、それでも年収40K(約400万円)くらいはもらえます。
    数年やってみてその先を考えてみるのも悪くないでしょう。
    ただし、年齢が30越えてからのポスドクならやめたほうがいいと思います。
    30越えの場合はドクターで、海外の大学からのオファーで行く場合は良いと思います。
    ドクターの場合、割と簡単にビザやグリーンカードが取れます。

    (IT技術職):主にプログラマーなら海外のほうが断然厚待遇です。
    日本でIT土方と称される人たちが、地から天へ昇っていけます。
    また何故かはわかりませんが、他の主にアジア圏(インド系など)のエンジニアにはほとんどプログラマーはいません。彼らはネットワーク系、システム系、セキュリティ系に多くいます。
    実際にインド系エンジニアと話をした際、分刻みでロジック、ロジック、ロジック!は頭がおかしくなりそうだから無理!と言ってました。また白人プログラマーも少数派なので、椅子取りゲームは比較的楽です。即戦力しか募集してないので、新卒者ともかぶりません。あとはビザの問題だけになります。英語力はさほど必要はありませんが、面接で受け答えできるレベルの英語力は最低限必要です。

    しんさんもおっしゃられているように、一番まずいのは英文科卒で専門職の経験が全くない方たちは危険です。
    英語圏の国で英語を母国語としている人たちと同じ土俵で戦うのはまず無理な話で、おっしゃる通り文系出身で
    体育会系だ!という日本人は薄給で日系企業の営業職、事務職、オペレーターくらいしか行くところはないです。
    それでも正社員として雇用されればまだラッキーなほうで、少し気を抜くとレストランの従業員くらいに落ちぶれます。
    また日本と違い、機電系卒、経験者の欧米系企業正社員の道は限りなく閉ざされています。
    この分野の場合は、まずは日本企業で実績を作り、ヘッドハンティングされることくらいしかないかなと思います。 

    アメリカであれば、映像製作系、特にアニメ系製作現場での日本人採用が若干見られます。
    ただ、かなりの狭き門です。

    悪いことばかりではなく、逆転ケースの場合もあります。
    海外で日本人、日本語はかなりのマイノリティ、また永住権保有率も他国からの移民者と比べて稀少性があるので日本ではスーパーのレジうちパートくらいしかなかったであろうおばちゃんが、そこそこのお給料で正社員として採用されているケースもあります。男性でも鬼畜になれば、現地女性と結婚して永住権ゲット後、すぐ離婚。働きながら、好きなことをしつつ2度目の結婚は日本人女性と という人も少数派ですがいますね。  
            

    0

    1. 予約投稿しているので、クリスマスに書いたわけではありませんよ。私は空き時間に書いて、予約を入れるスタイルでブログ運営をしています。

      アメリカの状況をありがとうございます。こんな風に色んな読者さんがコメントして、情報サイト、議論サイトになるといいなぁ、と思っています。

      一物一価時代でも、まだまだ国によって価格差があるので、それを利用して、海外進出するのはありだと思います。アメリカだとソフト系エンジニアは日本と大きく価格差があるので、それを生かすのがいいでしょうね。

      相手が誰であれ、パートナーの資産に乗っかるような生活をするのはリスクなので、何かしらの方法で自分一人くらいは食っていける方法は常に確保するのがいいでしょう。

      シン

      0

    2. 大学の同期知り合いのソフトウエアエンジニアの派遣さんが似たようなことを言ってました。
      派遣会社のピンハネがひどくて手取り15万以下なので実家でしか生活できないとか言ってました。元請の仕様書作成からコーティングまで請け負って休日も仕事してます。
      彼は、真剣に海外移住を検討しております。

      0

  2. アメリカの話があったので私からはドイツの話を。ドイツのとある日本人がたくさんいる都市です。海外に住みたいという方のご参考になればと思います。
    (長い投稿で申し訳ないです。もし不要であれば消していただければと思います。)

    【仕事】
    ・ワーホリの方はかなり多いです。日本食レストランなど飲食関係で働く方が多いです。年齢層は20代から30代が多いです。
    ・駐在員とその家族も多いです。待遇が明らかに良いので、できることならば駐在員として渡独されることをお勧めしますが、こればかりは会社の事情と本人の経歴と運になります。年齢層は30代から40代が多いです。
    ・日本で既に技術を持った方(美容師や料理人)も多いです。開業されている方も多くいらっしゃいます。美容院は本当に多いです。年齢層はさまざまです。
    ・ドイツの仕事の資格は基本学歴とリンクしています。即ち、専攻分野と業務分野がほぼ一致しています(というより一致していなければならないです)。そして最終学歴に関しても院卒は院卒、大卒は大卒、高卒は高卒にふさわしいとされる仕事にしか基本就けません。日本の会社はこの限りではないです。

    【住居】
    ・日系不動産屋が何店もあります。しかし地元不動産屋に比べて高いです。中にはぼったくりレベルもありますので注意です。
    ・便利な場所は東急東横線よりちょっと高めの価格です。高い不動産屋を選ぶとえらい金額になります。中心街から見てライン川対岸に高級住宅地域がありますが、各国駐在員が多く居住しています。
    ・ビザはそれなりにもらいやすいです。先人が築いた信用と遺産のおかげで、日本人には基本優しい都市です。

    【言語】
    ・基本ドイツ語です。英語もまあまあ通じます。しかし役所などで英語はあまり良い顔はされません。その割りにはドイツ語が下手だと親切心からか英語で返されます。
    ・語学学校はたくさんありますが日本人向けは料金が高いです。先に日本でせめてB1レベルまで勉強しておく方が良いです。優れた教科書や辞書が売っているので1~2万円くらい投資すれば独学で十分できます。英語がわかるならば習得は比較的速いです。

    【学校】
    ・ドイツ人が大学に行こうと思うとギムナジウムに行ってアビトゥーアを取ってようやく行けますが、外国人はそこまでの道を経ずに横入りできるようです。
    ・学費もタダみたいなもの(外国人が増えたので値上げの動きはありますが)なので、若かったり明確な目的があるならばドイツの高レベルの理系や専門大学を選んで学ぶのもありかもしれません。ただしドイツ語レベルはB2以上が必須です。
    ・中心街から見てライン川対岸の高級住宅地域に日本人学校があります。

    【食べ物】
    ・当都市ではお米など日本食には困らないです。でも割高です。
    ・現地のスーパーマーケットチェーンもいくつか種類があります。チェーンによって所得などの点で客層は分かれます。
    ・果物が日本より安いです。

    【お店】
    ・日本のコンビニのような24時間営業のものはほぼないです。日曜祝日は基本飲食店以外は全部休みです。
    ・クレジットカードやECカードで買い物をする人が多いです。駅の売店やタクシーなどは基本現金です。

    【銀行】
    ・日本デスクのある銀行が旧市街近くにあります。その系列はATMも多いので便利です。インターネットバンキングも使えます。

    【交通】
    ・普通電車や地下鉄や路面電車が発達しているので移動は楽です。定期券を買うと良いです。
    ・車なしで生活できます。

    【旅行】
    ・EU内は電車や飛行機ですぐに外国旅行ができます。時期と時間帯によっては飛行機往復直行便で100ユーロ未満もざらですので色々行けます。
    ・ドイツ国内も素敵な観光名所が多いです。

    【結婚】
    ・日本人同士が一番多いです。既婚者が渡独するケースが一番多いようです。
    ・ドイツ人との結婚は男性がドイツ人、女性が日本人というケースがほとんどです。ドイツ人と結婚された日本女性が現地で専門職をされている例は多いです。

    【病院】
    ・公的保険が受けられます。しかし明らかにプライベート保険の方が病院の対応は良いです。
    ・プライベート保険しか受け付けてくれない病院も多いです。掛け金はまあまあかかります。

    【治安】
    ・日本のテレビで色々と報道されているとは思いますが、実際のところは余程変な所に近づかなければ、またあまり深夜に出歩かなければこの都市では今のところ問題ないです。
    ・年々中央駅周りは中東系や黒人の割合が増えて雰囲気が微妙になっています。去年の難民無制限受け入れ宣言後にわさっと増えました。

    【その他】
    ・東洋人といえばほぼ日本人でしたが、最近は中国人がかなり増えています。日系スーパーは韓国人が経営しています。
    ・コスプレをしているドイツ人をちらほら見かけます。日本デーにはピカチュウの気ぐるみを着たドイツ人に会えます。w
    ・当都市の情報はネット上で日本語で大量に有益なもの(専用サイトやブログなど)があるので、じっくりと事前に調べていただくと良いです。何事も準備が肝心だと思います。
    ・その後実際にまず1~2週間ほど当地まで旅行して滞在し、街中を隅々まで見て回って実感としてここに住みたいかどうかよくよく考えた方が良いです。ネットに書いてあることと肌実感は異なることが多いです。
    ・ドイツに永住すると決意された方はお子さんを現地校に入れる方が多いです。
    ・駐在という会社の後ろ盾がない、もしくは専門技術職でない状態の場合、英語もドイツ語もできないままだと先がどうにもなりません。ワーホリで来て何かしら掴み取って上に上がった方たちは皆さんドイツ語でビジネスに問題がないレベル(C1以上)にまで自己研鑽されていました。

    0

      1. はい、記事にしていただいて問題ございません。

        下記いくつか補足があります。

        【お店】
        ・完全に調べきってはいないのですが、地元に定着して日独双方から支持されている日系のお店(特に料理店)は、バブル崩壊前後の1980年代から1990年代にかけてドイツでお店を開いた例が結構あるようです。しかし最近は日本人通りを少しずつ中国系のお店が塗り替え始めています。

        【スポーツ】
        ・ソフトボールやサッカーなど日本人同士でやっているサークルも結構あります。
        ・トレーニングジムも日本より安いところがいくつかあるので、利用している人も結構います。

        【交通】
        ・自動車免許は日本の免許が通用しないのでドイツの免許を取得する必要があります。日本の免許があれば書き替えは書類だけで済みます。
        ・普通日本の免許は戻ってきませんが、日本一時帰国時に車が必要だと言えば、日本の免許も同時に持つことが可能な場合があります。

        【治安】
        ・歩きタバコをしているドイツ人が多いです。タバコだけでなく、オランダから違法に持ち込んでいるのか、たまに大麻の独特の生臭い匂いが漂ってくることもありますので、無視してすぐにその場から離れた方が良いです。
        ・車上荒らしがかなり多いです。知り合いも何人かやられました。
        ・スリも多いです。特に地下鉄や、地域間を結ぶ比較的長距離のRE電車に多いです。どちらも時間帯によっては結構混雑しますし、酔って大声を上げている乗客もいます。

        0

        1. きちんとした記事にできそうです。こうやって、情報のシェアをしたいです。前からこのブログはコメント欄を楽しみにしている人も多いです。

          シン

          0

  3. ふと思ったのですがなぜ日本人男性はそこまでもてないんでしょうか?
    アウェイの日本にいるインド人男性がろくに金も無いのに日本人女性を連れてますし、日本にいるインド人女性は絶対にインド人男性と付き合ってます
    日本人男性が日本人女性に拘ってるからもてないなんて理由もあるかもしれませんが
    一番の理由は単にアジア人男性がもてないだけなんでしょうね
    国際恋愛多くあれど日本人女性がアジア人男性と歩いてる姿は見たことがありません

    0

    1. 積極性の問題で、インド系は数撃ちますし、強烈にしつこいので、アウェイでも現地女性を落とせます。日本人男性は淡白です。

      シン

      0

  4. あさん、
    インド人やパキスタン人、また中東系は人種的にはコーカソイドに分類される人が多く、また彫りが深いハッキリした顔立ちで毛深い等、白人と身体的特徴も共通する傾向にあり、文化的にも強烈に押しの強い男性が多いので、日本人男性に無いものを求める日本人女性は落ちやすいのでしょう。インド人女性のほとんどがインド人男性と付き合う、または結婚するのは、本人達に以前聞いてみたところ親からの強烈なプレッシャーがあるからだそうです。移民2世、3世で完全に現地化してる場合はその限りではないですが、両親が移民1世の場合は母国のカースト制度の影響を強く引きずっている傾向があり、異人種や外国人との結婚、もっというと他階層のカーストや時には同じ地方出身以外のインド人以外との交際は露骨に反対されるそうです。この制限が女性側に著しく厳しそうなのは、やはり男尊女卑の文化だからでしょうか。

    アジア人男性と結婚する日本人女性が少ないのは、無意識か意識的か未だに日本以外のアジア諸国を下に見てる女性が多いからじゃないでしょうか。女性は上方婚を望みますので、よほどのイケメンか金持ちでもない限り、単純にアジア人の外国人だと彼氏・旦那を女友達に自慢できません。

    日本人男性が海外でモテ辛いのは別に日本人だからというわけではなく、多くの場合現地でモテる要素を理解しておらず、容姿の作り込みがマーケットの要求に合致していないのと、自分を売り込む営業・マーケティングが絶対的に足りないからだと思います。日本でモテる瘦せ型で髭も生えていないような中性的男性は一般的に異人種女性に受けませんし、日本人男性でアグレッシブに女性にアプローチする人もあまりいません。ちゃんと市場を理解して、それに合致したアプローチをすれば、あとは確率論の世界です。基本的に女性が格上男性を望む傾向は人種を問わず普遍的ですので、相手が自分と現地男性とを比較して格上だと判断すれば、十分にチャンスがあります。ただし、異人種間の場合は相手がどんな条件や見た目でも生理的にダメな人も多いので、対象マーケットは小さくなり、同条件の現地男性と比較すれば不利となります。

    0

  5. かなり逃避したくてネットを見てたらこのブログにたどり着き自分の情けなさにため息が出ました。。。

    しかし、若輩者の甘えかも知れませんが、就活が上手くいかずもう日本で生きていくことが不可能ではないかという気持ちが膨らんでいます。
    その上で、日本で暮らして最低限の幸せって言うものがホントにあるのかと疑問に思うことがあります。

    甘えかも知れませんが、道を教えて欲しいです。

    0

    1. あえて厳しい事言います。驚かずに聞いて欲しいと思います。

      年齢等分からないので何とも言えませんが、空前の人手不足でも就活が良い結果でなかったのなら、高望みしすぎか、社会性にすごく問題あるか、個体として純粋に劣等者、という事が考えられます。
      就活ごときが上手くいかずに海外に逃げたくなる様な、悪い意味で生真面目なあなたは、現実逃避しても、正直あまり楽しめないと思います。

      実家が性悪なド田舎、等でないなら、実家近辺に戻って、共働き可の気立ての良い配偶者を探す、等やりようはいくらでもあると思います。
      状況がよくわからないので、反論などあったら(オレはそんなに無能じゃねぇ等)
      お聞かせください。乱文失礼しました。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です