じゃあ、任天堂

日本にソフトの会社ってあるの?ってくらいソフトに弱いです。国内勢は税金にたかってつまらないものを作るだけのダメ会社だったり、アメリカのパクリでしかないように思います。逆にアメリカに殴りこめるようなソフト屋はいないの?、という答えになるのは任天堂くらいだろう、と思います。ソフトバンクは投資会社であり、ソフト屋ではありませんしね。

ファブレス

先進国で物作りをするならファブレスが最適解です。設計、調達だけを行って、製造は特殊なものに限定し、量産品の製造を専門とした会社に委託し、その代わりに集中すべきです。そうすることで固定資産を極力持たず、半完成品の在庫を減らし、高い利益率を確保できます。

これの最高峰がアップルだと言えますし、半導体ではNvidia、ARMがそれに当たります。圧倒的な技術力、ブランド力で突き抜けて、きちんとサプライヤー管理を出来て初めてファブレスは成り立ちます。中途半端なファブレスは真似されてお終いです。

任天堂は古くからファブレスであり、自社工場は持ってません。製造を神聖視する傾向のある日本企業としては珍しく、ソフトに集中してハードは代わりに集中する体制に慣れています。逆に言うと、ソフトさえ良ければ、ハードはほどほどでも売れます。

ソニーは元は製造会社であったため、スペック偏重で攻めるのに対し、任天堂は既存の部品を組み合わせるだけなので、ソフトが良くないと囲い込みは出来ません。そのソフトにキラーコンテンツがあり、戦えるということになります。

知的財産

ハイテク企業の追徴課税が相次ぎますが、現在の税法は不動産など、目に見える有形資産に対して課税することを前提としており、目に見えない無形資産に対する課税にはうまく適応していません。その為、知的財産権をタックスヘイブンに移して、節税と言う名の脱税が簡単に出来ます。

先に挙げたApple Nvidia ARMがカリフォルニアだったり、ロンドン近郊だったりの物価の高い地域に拠点を構えてられるのは付加価値の高い仕事しかしないからです。そういうことはどこでしても、やれる人が限られている為、人件費は高くつきます。

さて、ビジネスが大きくなると、無形資産はアイルランド、オランダあたりに移して管理しだすのが基本ですし、ケイマン諸島だ、デラウェア州だ、と住民よりも、会社登記数の方が多いような地域が存在するのはこの手の節税行為によるものです。

これを日本人は悪いことだと考えがちなんですが、白人達はルールに従っているのならギリギリまで利益を追求するのは当たり前の感覚として撤退します。経営とは経営資源を最大限に活用して最大限の利益を得る為に活動することです。

この辺は任天堂とて上手いとは言えず、キラーコンテンツのマリオをうまく活かすことも出来ず、長らく低迷していました。逆に言えば、任天堂はキャラという財産を持っているので、その管理、運営だけで食って行くことが可能であるだけではなく、その権利を動かすことも可能であり、無限の可能性がある、と言えます。

マリオたちをオランダに引っ越しさせて、アメリカにマリオランドを作ってVR ARパークを作って出稼ぎさせることも可能で、そうすれば、日本の高い法人税を出来るだけ回避しながら利益を追求することが可能です。

アメリカ

世界で通用する、とはアメリカで通用することです。世界一の市場、デファクトスタンダードとして他国にその流行が伝わる国で勝ってこそ、グローバル企業であり、アメリカで相手にされてない時点でローカル企業だと言っていいでしょう。

任天堂のソフトはアメリカで通用しており、売上構成の最大市場はアメリカにあります。これをソフト分野で出来ている日本企業は任天堂しかないと言っていいでしょう。ハードであるならトヨタであり、かつてのソニーもそうでしょう。

ポテンシャルはディズニーに匹敵すると言って過言ではない、と思います。ディズニーの時価総額は19年1月現在、15兆円くらいなので、3倍くらいになってもおかしくないと思います。ゲームというキラーコンテンツがあるので、もっと上になるポテンシャルはあります。

ただ、任天堂は商売の上手い会社ではなく、多角化もしてこなかったし、アメリカで真剣に戦って来たわけではなく、たまたま売れたので今に至る、という感じです。亡くなったオーナー、山内溥氏は飛行機嫌いでアメリカに行ったことはなかったくらいです。

ソフトを使ってアメリカで勝てている、というメリットをどうやって活かしていくのか?が再成長への鍵であり、世界的知名度を持つマリオ達をもっと有効活用するべきです。安倍首相を知らないけど、マリオは知っている人だっているでしょう。

知名度がある、というのは悪名ですらお金になります。世界中で子供から大人まで知っていて、良いイメージを持たれているキャラなんて最高の広告塔です。ブランド管理さえできれば、名前だけでお金にすることができます。

まとめ

任天堂って、商売下手です。現金を寝かせているだけでなく、知財も寝かせています。長期低迷にようやく奮起して知財を活かそうという機運が高まってきましたが、どこまで出来るでしょうか?日本のハードが通用しなくなり、ソフトを売ろうとするなら、やはり、ゲームの王様、マリオから出稼ぎに行ってもらうべきでしょうね。

11+