じゃあ、ポルポト

リクエスト記事です。

カンボジアの独裁者、ポルポトは人類史上、最も純度の高い共産主義を目指した革命家であり、最も凄惨な残虐な施策をした政治家だろうと思います。

育ち

ポルポトはアッパーミドル出身で、学業で落ちこぼれています。こういう人が非合法活動に手を染めることはよくある話で、日本の過激な安保闘争をしていた人たちも多くが割と裕福な家庭で、高等教育を受けていた人たちが身勝手に労働者の権利を主張していたんです。

ポルポトの従兄弟が王室に側室として入ることになった為、その口添えで貴族が通う学校に通い、プノンペンの名門高校を受験するものの失敗、地方の高校に通い、再度、プノンペンの高専に入り技術を学び、奨学金を得て渡仏、グランゼコールに入りました。出来は良くないが出身が良いので、優遇されてきたのでしょう。

フランスで共産主義に触れて、思想に取りつかれるようになり、民族主義と合わさって、仏領インドシナからのカンボジア独立を夢見るようになります。革命活動に熱中して学業の方はまったく振るわず、三年連続で試験に失敗すると、奨学金を打ち切られ、強制帰国となります。

ちなみに妻のキューポナリーはフランス滞在時代に出会ってますが、ポルポトとは正反対に秀才で、カンボジアの高校を首席で卒業すると、カンボジア人女性としてバカロレアに初めて合格しています。若き日のワルぶったポルポトの危険な感じにやられたんでしょう。

クメールルージュ

ポルポトが帰国したカンボジアでは対仏独立運動に共産主義が加わって、混乱状態になり、母国では新参だったポルポトはさほどの地位にはなかったようです。フランス帰りのインテリ、というところで、ぞんざいには扱われない、という感じだったのでしょう。

そこにシハヌーク国王陛下が蔓延してきた共産主義を止めるため、退位、自らが政治家として活動するようになります。この辺の活動は先頃、崩御されたタイ、プミポン元国王陛下みたいなもので、単に王族ではなく、政治家として混乱を戦い抜いた歴史上の人物です。

ここで、次第に力をつけてきて左派の旗頭となったポルポト、右派元国王のシハヌークの闘争になり、国は二つに割れて大混乱になり、その混乱にアメリカが介入、右派を支援し出すと、ポルポトは窮地に陥ります。そこで、中国、北朝鮮へと逃げ、共産主義リーダーと何かしらの接触をしたようです。帰国後はゲリラとなり、活動を再開します。

アメリカはシハヌークがベトコンを支援していると判断し、シハヌークを見限ると、軍人、将軍のロンノルを支援する方向に切り替え、ロンノルはアメリカの支援を根拠に軍事クーデターをして政権を奪取、シハヌークは北京に亡命します。そこで、敵の敵は味方、とシハヌーク、ポルポトは手を結びます。

独裁

アメリカはパリ協定でインドシナから手を引き、シハヌークの支援を得たポルポトは首都を落とし、ロンノルを追放、政権の座につきます。この時にサロットサルからポルポトに改名しています。そして、毛沢東主義を基盤にした原始共産主義を掲げて、究極の方向に向かいます。

多くの共産主義者はいきなり共産主義を始めることは無理だと知っており、社会主義から共産主義を目指す、という中道路線を採っていますが、ポルポトはこれを良しとせず、最初から共産主義を目指したので、とんでもない方向に進みます。

貨幣は廃止、都市住民を農村に強制移住させ、知識階級は処刑、医師、教師を殺害、メガネをかけているだけで知識階級とみなされて殺害されたそうなので、百万人と言われる国民がクメールルージュの思想によって殺されました。

そうなれば、反発も当然あるわけで、ベトナムの支援を受けた反乱軍が首都、プノンペンを制圧、傀儡政権が成立すると、ポルポトはゲリラ軍に戻り、反乱軍としてゲリラ活動に入ります。アメリカ、タイ、中国は反ソ、反越の政治的立場からポルポトを支援、ベトナム傀儡政権も倒れます。

最後はポルポト、シハヌーク、軍の三国志になり、混乱の最中、ポルポトは心臓発作でなくなりますが、暗殺という説もあり、事実、葬儀は質素なもので、国家の宰相まで登った人に対するものではなく、古タイヤと一緒に火葬されたようなので、厄介払いされた、という感じかもしれません。

まとめ

金持ちのドラ息子が思想にかぶれて、そのまま革命闘争に突き進み、自分の出自を無視して、同族嫌悪のように資本家、知識階層を残虐に殺戮の限りを尽くし、カンボジアを地獄に落としました。今のカンボジアは暗い歴史を引きずり、発展をし続けるタイ、ベトナムを尻目に最貧国です。

現在のカンボジアにはルールもへったくれもないので、世界中の怪しい人たちが出入りする怪しい国に成り果てて、ヤクザから詐欺師、お笑い芸人、世捨て人、買春マニアがウロウロする訳わからないになってしまったのはポルポトが起因してます。

アンコールワットの華やかさ、文化的成熟を見ると、悲しくなります。それほど、危険思想は全てを破壊するだけの劇物ですね。でも、タイ、ベトナム両国の発展で、間にあるカンボジアにもお金が流れ、徐々にインフラが整ってきてますし、今後に期待します。

6+