じゃあ、役職乱発

トヨタが職位を減らそうと必死になってますが、世界的に役職の乱発があまりにも増えすぎた、と言えると思います。もはや、職位を見てもどの程度の権限を持っているのかわかりません。

乱発

フラットさを売りにしていたGoogleですら新卒エンジニアにAPM、アソシエイトプロダクトマネージャー、と名乗らせているように、組織が大きくなると役職の乱発が避けられなくなります。

単にマネージというなら担当を持っているならマネージャーとは言えるでしょう。営業ならアカウントマネージャー、技術ならプロダクトマネージャーとは言えなくもないです。主担当者であることを示しているのでしょう。

銀行に至っては主任、係長クラスにVPと名乗らせてますから意味不明ですよね?ちなみにGoogleではVPは日本で言う常務役員でしょうか?SVPで専務役員ということになります。これもかなりの人数いますので絶対的幹部とも言えません。

社内取締役はオーナー、社長だけで、せいぜい身内は2-3人だけ、後は社外取締役、という形は増えたと思います。でも、経営陣がVP、副社長という名目の人が何十人もいたら何が何だかわからないです。

転職

これほど役職が乱発されるようになったのは転職回数が増えたからでしょうか?2-3年に一度、職場を移るのが珍しくなくなり、常に次を意識して動くようになるとハッタリかましてなんぼ、になってしまいます。

学位も同じで、修士くらいは当たり前、博士だって珍しくなくなってきていて、学歴も信用できなくなってきています。査読のある博士はともかく、マスターコレクターというような修士をいくつも持っている人だと意味わかりません。

LinkedInを見ると、リーダー、マネージャー、ディレクター、がウジャウジャいます。実際に実情を知っている人の履歴書を見ると、嘘スレスレのことを書いていることが本当に多く、部下のいないマネージャーどころ、ディレクターすらいますね。

現実

結局、所属業界で確かな成果を出し、引き抜き、紹介が得られないようではひたすらハッタリかましても意味ないと思いますが、騙される人がいるからギリギリまで盛るんでしょうね。

シニアレベル、実際に数人の部下を持つ立場になると、半年から一年くらいの試用期間があり、契約解除可能オプションをつけるか、過去の同僚へ問い合わせが行くのは当たり前だと言えるでしょう。履歴書見てもわからないですから。

いくら着飾っても半年も一緒にいれば、成果を出せるかどうかくらいは判断されるし、成果の可能性が見えなきゃ契約解除でしょうし、3年以内に成果出さなきゃ解雇は当たり前だと思いますね。

まとめ

そのうちトヨタもGoogleみたいに訳分からない役職を乱発するようになると思います。それが悲しい人間の性てあり、実力で黙らせられないとハッタリで切り抜けようとし出すものです。

誠意とは言葉でなく金額、という名言を吐いたFuckdome選手ではないですが、役職、学位なんてお金の前には無力であり、そんなものに惑わされず、お金を追求するべきでしょうし、一定のお金があるなら自分が納得しているかを優先させるべきだと思いますね。

衣食足りて礼節を知る、というのもまったくの正論であり、お金のない奴がやり甲斐を主張しても説得力がありません。そして、必要なお金がいくらなのか?は自分しか知りません。他人に対して着飾る前に自分の内面と向き合うべきですね。

10+