じゃあ、仕事

仕事と言っても、必ずしも義務ではなく、権利でもあり得ます。

自己表現

どんなことをするにしてもある一定レベルになると、生活の為ではなく、自己表現の為にするようになります。そうなると、どれだけ高みに登っても辞めることがなく、生涯現役ということになります。

還暦超えた孫正義氏どころか、古希を過ぎて尚、現役の永守重信氏なんかは、ビジネスこそが自己表現であり、辞める時は死ぬ時なんだろうな、と思います。こういう発想は老害になることもあり得ます。オーナーであるなら自由だと思いますが、サラリーマンなら完全に老害です。

芸術家なんかも同じことであり、一定レベルで評価されれば、相応の経済的評価も付いてきますし、売れ線を狙って、自分のやりたいことを曲げる必要もなくなります。やりたきゃやればいいし、やればそこそこは売れる、というところまで行きつける人は大成功だと思います。

ここまでたどり着く人は万人に一人というところで、稀有の才能、強運を持った人だと言って良いだろうと思います。ここを目指しても、早い段階で挫折しますし、ここに到達する人は遅くとも二十代には頭角を現しているものです。

食い扶持

多くの人は生きる為に仕事をしているだけで、その仕事を自己表現だとは思ってません。惰性でしているだけで、ファッキューマネーを手にした後に続けるか?という問いにはノーという答えが返ってくるでしょう。

なんとなく生きてきて、なんとなく選んだ仕事をめんどくさいなぁ、と思いながらダラダラと続けて、そこにやりがいを見つけられるように前向きになろうとするのが精一杯であり、どこに辿り着けるわけでもありません。

たかがサラリーマンというところであり、ファッキューマネーという観点ですら大企業の部長程度では到底たどり着けない領域であり、サラリーマンをしている時点で仕事を自己表現とする高みに行くのは諦めたも同然ですね。

と言っても、自営業、起業したら必ずしも高みに行けるわけもなく、なんとか喰うに困らない程度の評価で独立している方が辛い場合も多いです。喰う為に主義主張と食い違うことをしなければならないなら、趣味でやっている方がマシであるとすら感じることもあるでしょうね。

その中間

実はその中間くらいの人もいて、ビジネス、芸で大成功するとまでは言わないが、食えるくらいにはなっている人はある程度の満足度は得られているだろうと思います。少なくとも自分の意思を市場に伝えて、それが対価になっています。

サラリーマンでも、トップレベルの技術者、研究者は経済的にはともかく、その分野では大家として評価され、自分の名前がその世界で轟き、教えを請う人が後を絶たないくらいになると、一生の仕事と言って良いのでしょう。この辺は公共性の高いものだけになるでしょう。

かなり前に書いたアカポス関係の記事に延々とPVがつき、時折、感情的になって殴りがいたようなコメントがつくのも、経済的価値でない何かがあると信じているので、経済的価値で評価されると感情的になるのでしょう。わからなくもありません。

何の専門もない仕事だと、やりがいを得ようとすれば、偉くなって権限を得ることしかなく、それはサラリーマンではなく、オーナーになった方が早道だと思います。

逆に何らかの形でファッキューマネーは手にしたが、承認欲求を満たされてない、というケースもあります。投資家なんかは3桁億を動かすようにならないと、そこらのサラリーマン以下の扱いになりかねません。側から見れば、ただのフリーターです。

まとめ

仕事を自己表現に出来る人を目指すなら高校生くらいから狂ったように取り組むべきで、どんなに遅くとも二十歳前後で意識的に動いてないと達成することはほとんどありません。二十代を終えてしまえば、後は惰性で仕事をすることになります。

なかなか残酷な現実ではありますが、出来るだけ早い段階でこの事実に気がつき、リスクを取り、リターンを得る、ということを覚えないと、自己表現で飯が食えるようにはならないということです。

と言っても、ほとんどの人はなんとなく生活の為に仕事をすることになり、仕事の中で出来るだけ達成感を得ようともがき、仕事以外に生き甲斐を得ようとするのです。

12+