じゃあ、シンガポールの銀行

シンガポールの銀行について記事にします。

地場

シンガポールには地場銀行がPSOB, DBS, UOB, OCBCと4行あります。そのうち、前二つ、後ろ二つが提携しているので、同系列ですし、POSBは日本とゆうちょ銀行みたいな存在なので、集約されきっている、と言っていいです。全てにおいて効率重視の国なので、乱立することはありません。

ちなみにPSOBは支店、ATM数が多くて便利ですが、支店が常にごった返していて、見た瞬間に入りたくなくなります。日本と同様に過去の経緯からお年寄りが口座を持っていることが多いので、些細なことで窓口に行きたがる、と言うのもあるでしょう。

ITに関しては一昔前は日本の方が使いやすいプラットフォームのオンラインサービスでしたが、今ではシンガポールの方が圧倒的に上になったと思います。日本がモタモタしているうちに抜かれた、と感じます。

シンガポールの銀行員が日本の銀行員がやるようなドブ板営業しているのを一度も見たことありませんし、無駄なことは一切していないのだと思います。日本の銀行員はほぼ全ての人がフロント業務を経験しますが、シンガポールの銀行員はフロント業務を絞り込んでいます。

支店は主に住宅ローンの貸し出しをしていますが、これはHDBと呼ばれる公団住宅とセットになるので、ルーチン化しています。シンガポールの中小、零細企業は銀行融資でなく、出資者から融資を受けることが多いので、融資業務も少ないのでしょう。

外資

邦銀を含めて、外資銀行のほとんどがシンガポール拠点を持っていますが、邦銀の存在感はほとんどありません。日本企業以外で邦銀を相手にしている企業はほとんどないと思います。

私はシンガポール人、外国人で邦銀勤めの人にも会ったことがありません。出張所みたいな小さな拠点があるだけで、人員も欧米銀と比べて少ない為だと思います。日本企業向けの投資銀行業務だけをやっているのでしょう。

米系のCiti、英系のHSBC, Standard Chartered は支店もありますし、リテール営業もしているので、存在感もあります。特にクレジットカードは地場銀行発行のクレジットカードは人気があります。

邦銀は存在感がないし、人気もなく、入りたがっている人に会ったこともありません。欧米銀に入りたがっている人は多くいます。報酬が高いですし、イメージもいいです。特に金融はアングロサクソン発祥ですしね。

スタイル

シンガポールは金融ハブとして、シンガポールを経由して、東南アジアに投資してもらう、と考えていて、香港をモデルにしています。香港-中国のモデルを踏襲する、と言うことです。

どんなことをするのも、パイオニアになるのはリスクが高いので、他国がやったことで、成功したことをコピーして、出来るだけ良質なコピー、出来るなら、オリジナルを越えることを狙うわけです。

その上で、IT革命によるリモートワークを利用して、バックオフィスの一元化を狙い、欧米銀が持っているアジア拠点のバックオフィスをシンガポールに集約しようとしているのです。

その煽りをもろに受けたのが東京で、欧米銀は撤退、縮小、バックオフィスはシンガポールに移して行きましたので、日本の雇用は奪われました。まぁ、東京に置いておく意味がなくなったので、仕方ありません。

まとめ

つらつらとシンガポールの銀行事情を書きました。日本人銀行員は留学、ポスト割り振り、みたいな形で来ている駐在員がメインで、国際バンカーという感じではなく、シティーで、日本の銀行員スタイルをしているので、目立ちます。

欧米銀の日本人クオンツ、トレーダーはシンガポールに来ているので、たまに会うことがあります。トップスクールの理系、叩き上げトレーダーのどちらかです。邦銀銀行員と違って、ファンキーな感じの人が多いです。

日本人富裕層向けに怪しいことしているジャパンデスクは日本で修羅場を潜り抜けてきた歴戦の勇士、あとは銀行員と言っていいのかわかりませんが、日本人向けにジャパンデスクをしている少し英語を話すだけの素人で、ごく簡単な金融知識もなく、働いている現地採用がいます。