じゃあ、猿山の猿

女性論ばかりしても面白くないので、男性論も記事します。男性って多かれ少なかれ猿山の猿なんですよね。

序列

猿山ってボスが君臨して序列順に自分の立ち居地が決定していくらしいですが、人間社会と同じなんですよね。その序列は猿にとって極めて重要で熾烈な競争を繰り広げます。

ボスは強いのは当たり前なんですが、ある程度人格者(猿格者?)であることも要求されて、女子供は守る義務があり、餌を食べる時も女子供はボスと一緒に食べることが出来ます。それからは序列順に餌を食べて、最下層の若い猿は食べるところがほとんどないこともあるそうです。

群れにも序列があり、大きな山になると、複数の群れがあり、その中にも序列があり、餌をとる順番があるそうです。この辺も人間社会と同じで、派閥だとか、グループとかにも序列があり、ボス同士の力関係で決まります。

人間

人間社会では物理的なケンカが強くても、さほどの意味はなく、お金を持っている人が偉いことになります。そして、お金をくれるグループに入ることが就職であり、オーナー企業なら明確なボス猿がいて、上場企業なら目に見えない株主がボス猿というわけです。動物園のオーナーみたいなものですね。

その狭いグループの中でしのぎを削っているのがサラリーマンであり、冷静になると動物園の猿なんだから、本当に狭い社会でしかなく、そんなところの序列を気にしてどうするの?、と思うんですが、猿達にはそれがすべてであり、序列をあげるために日々闘争を繰り広げるわけです。

その切なさを思うと、すべてがバカらしくなりませんか?でも、それが男性に生まれた試練であり、女性のようにボス猿にくっついて、自分で序列を勝ち取らなくても、自然に餌にありつき、餌にありつけない下位猿を下に見て偉そうにしているわけにはいかないんです。

家庭

男性が家庭で威張りたがるのはサラリーマンと言う猿社会で下位猿として、辛い思いをしているから、せめて家庭でくらいはリーダーとして君臨したい、という悲願なんですよ。それが妻によって、夫婦対等と言う名の妻支配体制が確立されてしまうと、男性は家に寄り付かなくなります。

だから、賢い女性は男性と言うのは悲しい猿なんだから、女子供相手に威張りたいだけだし、威張らせてやる代わりに裏から支配体制を確立させて手のひらで転がすものなんですが、ワガママを突き通して表も裏も取りたがる女性が増えて離婚率も上がっているのでしょう。

あと、女性の社会進出が進み、女性自身も猿山にいるようになると、女性も序列争いにストレスを感じますし、山を降りた自分の家庭くらいは自分の支配権を確立させたくなるので、夫を立ててあげることが心理的に出来なくなるのかもしれません。

まとめ

我々、人間がボス猿だろうが、ナンバー2だろうが、猿は猿だと思うように、支配社会層出身の安部首相、麻生副首相からすると、サラリーマンなんて、社長だろうが、部長だろうが、平だろうが同じサラリーマンだと思っているはずです。そう思うと、なんか出世競争に参加するのがバカバカしくなってきませんか?

もっと気楽に楽しむことを考えて生きるほうが良いんじゃないかと思います。猿山で高い位置に上ろうが、隅っこで遊んでいようが、飢えない程度には餌は確保できるでしょうし、人間社会は一夫多妻制ではないので、結婚して子供を持つことは出来るでしょう。それで良いような気がします。

6+