じゃあ、東京の一極集中

止まらない東京一極集中について記事にします。

一極

他国に目を向けると、首都一極集中のほうが一般的であり、東京だけがおかしいわけではないです。東南アジアでは細長く、南北に交通の便が悪いベトナムはハノイ、ホーチミンの二極ですが、あとはすべて一極集中です。他の地域見ても、アメリカ、中国など、広大な領土を持つ国を除けば、一極集中をしています。

この観点からすると、日本の狭い領土で明治維新前の東京、大阪の二極化って世界的にも珍しい状況だったといえるでしょう。京都に象徴政権があって、歴史的に関西が商業の中心であったこともあり、大名も大阪屋敷を持っているのが普通であり、地元で取れた米、特産品を大阪でお金に変えていたわけです。

これが明治維新で大名、公家が東京に引越しをして、すべての中心が東京に移ったことで、徐々に東京の一極集中化が進み、戦後、もっと加速して、関西発の大企業も事実上の本社を東京に置くようになりました。結局は大企業がお役所と交渉できない場所に本社を置いておくのは辛いからでしょう。

人口減

日本では少子化が進み、地方都市を維持するほどの労働人口を確保できなくなってきています。地元に仕事がない、大学の選択肢が少ないから上京し、そのまま東京で就職して、帰ってこない、となるわけです。どこの国でもあるまったく自然な流れだと思います。例えば、タイもバンコクは田舎者の集まりであり、バンコクジモティーってあんまりいないです。

先進国ではどんなに頑張っても少子化は止まらないし、仮に移民を受け入れたって、都市部にしか住まないわけです。前に経営に行き詰って中国人を受け入れまくった田舎の短大が倒産しましたが、学生の大半は籍だけ田舎において、東京で出稼ぎ労働していたそうですよ。日本人ですら、嫌がる田舎暮らしを外人が出来るわけないでしょう?

地方なんて農業立国している間は意味があっても、工業化されて、サービス産業が確立されてくると、田舎に用があるのは地主など利権を持っている人間だけであり、自分の土地も持たない貧乏人にとっては地縁がある、という以上の価値はなく、だったら、田舎にしがみつく意味もないような気がします。

今後

今後、日本の地方は寂れていくでしょうし、それを止めることはできません。特に関東近郊、東海道沿線沿いでもなければ、まともな産業を維持するのは困難です。東北、北陸、四国などは税金使ってインフラ整える価値はないでしょう。整えたところで、若者は流出して行くので、誰も使わないインフラがそこにあるだけになります。

かつては東京と並んでいた大阪も凋落が止まりません。関西発祥企業が東京に本社移転をしたり、会社登記は大阪にあっても、事実上の本社は東京に移してます。また、産業として関西は弱電系企業が強かったため、弱電企業の凋落も関西の凋落に拍車をかけています。こうなれば、何か大きな産業が勃興しない限りは盛り返すことができません。

例外的に中京圏だけ、徐々に人口が増えてります。理由は自動車産業がこのご時世でも増収増益を続け、仕事があるため、東海圏、それ以外からも人が就職のために集まってきているからです。決して文化の中心ではありませんが、職さえあれば、人は集まってくるのが自然現象です。トヨタを中心とした自動車産業が成長を続けるなら、この地域は悪くないのでしょう。

まとめ

田舎にいる若い人でその土地に何の利権も持っていない人はさっさと東京なり、最低でも地方都市に進出する準備をするのがいいと思います。国道沿いなどのそれなりに価値のある土地を相続予定とか、公務員、地方大企業などに入り込める予定があるならともかく、それがないなら、田舎にいても何のチャンスもないです。

東京はいろんな意味で競争が激しいので、普通の若者は地元の県庁所在地を目指すといいでしょう。通常、駅弁大学は県庁所在地にありますし、ともかく駅弁理系にさえ入れば、地元の公務員、地元大企業社員になれる可能性が高いからです。もっと、自分の可能性を見たいなら、修士で東京を目指すなり、就職を東京本社企業にすればいいです。

東京への一極集中は止まらないし、止める必要もないです。国会議員は地元に税金引っ張るために無理やりインフラを整えたがるでしょうが、国益にはならない、単なる利益誘導です。そうやって焼け野原にしたほうが効率のいい農地利用が出来るでしょうから、逆に地方を寂れされたほうがいいくらいです。

0