じゃあ、アフィリエイト

気がついた人もいますが、ぬるりと生きるではアフィリエイトをはじめました。私もアフィリエイトを鬱陶しい、と感じていたのですが、今後のブログ発展のためにマネタイズはしたいので、この問題についてみんなで考えたいと思います。

親切

私は小さな親切くらいなら、無償でしますし、特にお金取りたいとは思いません。実際、このブログを通して、メール相談を受けていますが、お金を取ったことはないし、取るつもりもないです。ほんの数分で終わる助言で、何かしら得るものがあるなら、光栄です。

ほんの少しの手間で、助かる人がいるなら、その労力は惜しまないし、ありがとう、と言われれば、悪い気はしないので、最低限の礼儀さえ守ってくれるなら、私は他人に親切にしようと思っています。これは労力がほとんどかかってないので、出来ることです。

まあ、相談者さんの中にはまともに挨拶、お礼も言えない人も少なくないですが、それでも、実質ダメージはありませんから、そんなに気になりません。ダメな人だな、と思うだけで、それ以上の感情は生まれません。

無報酬

学生の頃、老人ホームでのボランティアをやったことあるんですけど、数回行って、行くのをやめてしまいました。老人は嫌いではないし、話を聞いたり、肉体労働するのはいいんですけど、責任がないので、少しでも腹が立つと、なんで?、と言いたくなりました。

結局、お金にならないと、責任が伴わないので、相手にも失礼になるんですよ。こっちは親切心でやっているけど、サービスを受ける側からすると、ああして欲しい、こうして欲しい、と言うのは当然あるわけで、ストレートに言うなり、我慢するしかありません。すると、どちらかは嫌な思いをするのです。

このパターンは本来得られるはずの報酬を受け取らず、無料のご奉仕をしているので、何かしら別に目的があるわけでもなければ、真面目になんてやってられません。アメリカ人は大学入試の点数稼ぎにボランティアしますし、ドイツ人は兵役免除の為にボランティアしますが、多少の生活費は貰えます。

社会起業家

最近、社会起業家という人たちがいるんですが、理想はいいんですけど、もっとシンプルに自分のしたいことを収益化する為に全力を尽くし、それが成功したら、社会の為になるし、その報酬は受け取れますから、あれこれ言う前に収益化しろよ!っと言いたくなります。

彼らって、税金の補助をもらって、ようやく成り立っているビジネスでしかなく、上手くマネタイズできない事の言い訳にお金の為にやってない、と言い出しているような気がするんですよ。私はそれが嫌です。

NHKが税金で運営されているのに、特に民法と変わらない賃金体系を取り、ある時は公共放送、また、ある時は一般メディアだから、と顔を使い分けるのに似ています。社会起業家って、その意味でずるい人たちです。

スポーツ

プロ野球球団、ソフトバンクは孫正義さんのポケットマネーみたいな形で資金を得ており、採算度外視で、有力選手をお金にものを言わせて取ってきますけど、それって、長い目で見ていいんでしょうか?目に見えない広告効果なんかを狙っているにしても、それ自体でマネタイズ出来ないことで、公共性が失われます。

Jリーグは企業名がチームに入ってないので、まだマシですが、親会社からの損失補填なしに運営できてません。ほとんど手弁当のボランティアに運営協力してもらって、なんとかやりくりしています。そして、ほとんどのチームは火の車です。

アングロサクソンが凄いのはスポーツをマネタイズして、自活させていることで、目に見えない広告効果でなく、収支が数字でキチンと合うように努力しているんです。もちろん、スポンサーはいますけど、対等な関係を維持できています。MLB, プレミアの有力チームは自活できるだけでなく、凄い資産価値を持ってます。

本来、プロスポーツチーム、プロスポーツプレーヤーは自活まで行かないと、そのスポーツ全般が発展しないし、ファン中心の運営ができないです。スポンサー見て、運営することになってしまいます。だから、スポンサー頼みの経営は良くないのです。

ブログ

元々、ぬるりと生きるは無料ブログでやっていて、次にサーバー代、独自ドメインでやっていたんですけど、報酬をもらってない、単なる自分の所有物だと言う気持ちだと、やりたい放題になって、タガが外れてしまったことで、最後の方はメチャクチャに荒れてしまいました。

やっぱり、お金をもらっている、少々の収益化したい、と言う気持ちがないと、自制心を持つのは難しいのです。自分の部屋でくらいは好きにしたい、という気持ちになりますから、公共スペースにするなら、多少なりとも収益化が必須になります。これを学びましたね。

アフィを感情的に嫌っても、どんなメディアも何かしらの方法だマネタイズ出来ているから、良質な情報の提供ができるわけで、マネタイズ出来てないメディアなんて、悲惨なくらい低レベルな情報がほとんどになります。逆に言うと、アフィじゃなくても、収益化さえ出来れば、方法は問いません。

まとめ

私は仏じゃないので、何かをやるからには運営費くらいは稼げる収益化を目指して、その上で小さな社会貢献をします。こんなのはサラリーマンやっても、自営業しても、株価投資しても、税金払うんだから、社会の為になるんですよ。かっこいい事を言う前に納税したら?、と思います。

どんな良いものでも、収益化できず、維持費を払えなければ、廃れていきます。公共性の高いものは税金の補助によって維持するのでしょうが、そうでないなら、やはり維持費くらいは稼げないと、やる意味はないのだと思います。だから、何が目的であれ、趣味でないなら、収益化に取り組むべきですよ。

ぬるりと生きる、は温利オーナーのポケットマネー、手弁当で成立していて、まったく自立出来てません。この状況を打破して、次のステージに行く為には必須なことですが、方法はアフィでなくても、なんでもいいんです。

読者さんの中で、ボランティアで編集を引き受けてくれる人、サイトのカスタマイズをしてくれる人、サーバー代、ドメイン代を寄付してくれて、運営に一切の口を出さない人がいるなら、直ぐに連絡下さい。そんな人はいないだろうから、マネタイズが必要なんですよ。

ブログが良くなるなら、方法は問わないので、ご自由に意見を下さい。喧々諤々やるのがぬるりと生きる、ですし、間違ったやり方は改める、より良いやり方があるなら改めます。皆さんと良い方法を考えていきたいです。