じゃあ、博士号の価値

日本と海外では博士号の価値がかなり違います。よく言われることですが、PhD.を持つ人をMr.と呼ぶと怒り出す、と言うのは実際にあります。怒り出すまでは大げさでも、むっとした表情になる人はいます。

就職

一部のアカポスを取れる人を除いて、日本の博士号は無用の長物状態で、一般企業に就職するときは嫌がれることが多いですが、海外、英語圏では博士号を持って、一般企業への就職は珍しいことではなく、在日外資企業なんかは多くの博士号持ちの社員を抱えているところもあります。金融、コンサル、なんかは看板が重要ですから、東大博士、という名前が信用を生みます。

日本企業は年功序列、終身雇用をしてきたので、こういった年齢、プライドが高くなった人を取りたがりません。自社に研究所があるので、修士くらいで雇って、企業文化に染まったうえで、研究開発した貰った方がいいからです。博士課程でどんな勉強をしていても、企業がやりたいことをピッタリ嵌るかの保証はないので、自社で若い人間をはめたほうが効率がいいのです。

最近、徐々に博士採用が増えるものの、あくまで理系だけの話であり、文系でPhDと書いた名刺を持っている日本企業社員に会ったことはありません。つまり、文系は博士を取ったら、一般就職はほとんど諦める必要があるということです。アカポスのめどが立たないなら、行き場はありません。以前は予備校が受け皿になっていた時代もありましたが、予備校も経営が苦しくなり、受け皿として機能しなくなりました。

審査

日本ではアカポスが取れそうにもない学生を簡単に博士課程に受け入れてしまいます。多くの場合、育英会の無審査同然の学資ローンを使って、大学にお金を払ってくれるので、担当教官、研究室はタダの労働力として受け入れてしまうのです。博士が取れず、路頭に迷っても、知ったことではないからです。

以前に記事しましたが、日本学生支援機構は誰にでも貸してきたので回収不能の巨額の不良債権を抱え、破綻寸前に追い込まれています。そりゃ、Fラン進学者、文系課程博士などは無職予備軍なので、闇金並みの利子、追い込みをしないと運営が成り立つわけがないです。

身銭切って、学生を雇っているわけでもない、日本の大学はきちんとした中間審査で研究成果の進捗を厳しく問うこともなく、入ってしまって、論文さえ出せば、博士号は取れてしまいます。つまり需要もないところに大した能力もない学生が自腹で入り口になだれ込み、出口はパンパンになって、行き場のない人が大量に発生するのです。

利権

文部科学省はロースクールと同じように必要もない大学院をそこら中に設置した結果、Fラン文系にすら修士課程くらいは存在し、場合によっては博士課程まで存在します。Fラン大学院を出た後、どこに行くのでしょうか?

そんなことは学校側は知ったことではないのです。こういった課程は完全に利権がらみで存在しているだけであり、教員は一流大学から天下り、運営側には役人の天下りがいるのです。その大学プロパーの教員はほとんどいない植民地となっているのです。

この状態で得をしているのは利権をむさぼる大人だけで、学生達は搾取されるだけの奴隷みたいなものです。教育とは国を支える若者に対する投資のはずですが、こういったFラン大学院は利権者を肥え太らせるだけの無職予備軍養成機関になっているのです。

東大ですら、大学院定員を大幅に増やして、基礎学力に不安のある学生を受け入れますので、すでに修士すら、よく考えて進学すべきだと思います。すでに修士とったから、博士とったから、どうだ、ということはなくなりつつあり、就職して働いていたほうがメリットが多いかもしれません。

まとめ

よほど優秀でない限り、日本企業に就職するつもりの人は博士課程に進まないほうが良いです。まずは修士で就職して、どうしても博士に進みたいなら、英語圏に行くべきです。審査の結果、何の援助も受けられないなら、才能、努力不足なので、諦めた方が良いです。

援助を受けられるなら、そのまま突き進んで、正規教員になれるまでは日本に帰らないつもりで頑張ればいいのではないでしょうか?日本人は外圧に弱いので、海外で実績を挙げていれば、正規教員になりやすいですよ!

当たり前ですが、文系大学院はもっと修羅の道なので、自分は天才だ!、という人以外は進むべきではありません。学部を旧帝出ているなら、せいぜい修士までなら、なんとかなるでしょうが、博士まで進んでしまえば、引き返し不可能な一本道となります。

 

2+