じゃあ、残業

残業って何なんでしょうか? こんなシンプルなことが頭によぎったので、考えてみます。

ライン

例えば、製造現場のワーカーが仕事が忙しいため、3時間の残業をしました。それに対する3時間分の割り増し給与を払います、と言うのはシンプルです。多くが仕事が多く入っているため、稼働時間を上げて、通常能力以上の生産をして、売上、利益を増やそうとしているわけですから、対価が発生して当然です。

そこで大事なのは特急対応で仕事して欲しい、顧客に頼まれたなら、その特急料金が発生するわけで、その割増料金が現場の労働者に行くのも当然だと思います。多くの日本企業はこれが苦手で、お客さは神様だ、とかいう間違った思想で、無料で特急対応をしがちです。

ラインでは残業の概念は凄くシンプルであり、取り立てて議論になるようなことはないのだろうと思います。残業に対して割増料金を払う人がいて、その対価を受け取っているだけなので、ここに異論はないでしょう。ですから、ラインワーカーにサービス残業は存在しないのが一般的です。

一般事務

本来、一般事務に残業ってないはずです。仮に顧客が特急で仕事を仕上げてくれ!、と言ってきても、それを現場に投げるだけで、それ以上の仕事は発生しないからです。それでも残業が発生するのは二種類の理由があり、元から一人でこなせる分量ではない、個人のミスで時間内に終わらなかった、と言うことになります。

つまり、元から一人でこなせないのなら、上司に相談して、人を増やしてもらう、もしくは残業代込みの給与にしてもらうことがいいでしょう。それに対して、自分のミスで時間内に終わらなければ、自分の責任なので、残業代など申請する資格などありません。シンガポールではこのどちらかで処理します。

その事務員が割に合わないと思うなら辞めればいいし、時間内に終わらなくても、帰りたいなら、帰ればいいのだと思います。その結果として、上司が解雇に踏み切るなら、それが結果として出るし、それでも使うなら、それも結果です。シンガポールの事務員は非常にシンプルに雇用が成り立っています。

もちろん人間なので、楽してお金が欲しくて、仕事している振りしたり、忙しいアピールで昇給、昇格をねだりつつ、新人をいびって辞めさせ、小さな利権を守るのに必死な人もいますが、そういう面倒な人は上司が折を見て切ってしまうのが、シンガポール流です。日本みたいに簡単に解雇できない正社員利権がないので、それも自己責任です。

総合職

日本の問題点は総合職社員に該当する人が多すぎることです。男性社員で一般職の人はほとんど存在せず、総合職と言う名前の下、自己責任を強いられているが、取り立てて厚遇されているわけでもない、と言う状態になっていることはザラにあります。だから、実質的な一般事務である内勤管理系総合職を望む人が多く、「営業」っとか言う人がいるのは割に合わないからでしょう。

シンガポールの総合職は1%くらいの官僚社員、2割程度の国立大卒社員、それ以外は一般職です。官僚社員総合職は誰でも出来る雑用事務作業はせず、一般職にさせます。自分の仕事に集中するために自分用のアシスタントが与えられているわけです。組織上は新卒総合職はベテラン一般職の上に立つので、自分の雑用をさせることも可能です。実際は気を使って、あまり露骨な雑用押し付けは出来ないですが、権限上は出来ます。そのため、文系新卒はインターン、契約社員をこなしながら、仕事を探すのです。

本来の総合職社員は幹部候補生であり、官僚社員が残業でグダグダ言うことはないです。彼らは酷いボンクラでもない限りは部長クラスに上がれますし、総合職社員であっても、一般職社員よりもかなり割高の給与を貰っている上、管理職になる権利が与えられているので、一般職をねたむようなことはないのです。日本では一般事務をうらやましがる総合職社員がいて、それは大して待遇が変わらず、時給にすれば、一般職のほうが楽なくらいだからでしょう。

まとめ

本来、オフィスワーカーに残業手当なんて要らないのだと思います。それ込みの給与体系になっているべきで、ともかく数字さえ出せば、残業していようが、いまいが、経営的には知ったことではないからです。むしろ、成果も上がっていないのに残業手当を申請してくる社員なんて害でしかないのです。

日本の「残業している=頑張っている」という習慣は変な感じはします。そんなもの結果がすべてでしょう? ある意味では評価をする上司が「根性主義」であり、「残業美徳」をする人間であるなら、それに沿った振る舞いをする、している振りするのも結果だとも言えるでしょう。明らかな数字の出るコミッション制の仕事でもなければ、上司の評価=数字、なので、上司の望まないことをして、顧客の信頼を得ても、後ろから刺されるだけです。

しかし、今の日本の企業文化を考えると、ホワイトカラーエグゼンプションを導入すれば、単なるただ働きを肯定するだけになるのは目に見えているので、まずはサービス残業の徹底的撲滅から始めない限りは経営者が悪用するだけで、本来の意味で残業なんて自己責任っていうところには到達しないと思います。日本人の浪花節好みって文化なので、なかなか変わるものではないと思います。

0