じゃあ、シンガポールvs東京

シンガポールと東京を比較したいと思います。

不動産

不動産は完全にシンガポールの方が高いです。だいたい、三倍するうえ、選択肢が少なく、それなりに質が良くて、価格がほどほどの物件は奪い合いになるくらい出物が少ないです。そのため、シンガポール在住の外国人は不動産価格にギャーギャー文句を言います。

シンガポール人にとっても高いんですけど、シンガポール人には優遇措置があるので、不動産価格がもろに転嫁されるのは外国人で、駐在は会社が払ってくるので、どうということはないですが、現地採用は家賃のために働いているような状態になります。

公共料金

公共料金はシンガポールの方が安いです。すべてが効率重視で設計されているので、無駄がなく、利用者に無駄を押し付けることがないからです。電気、水道、ガスは一括請求で、無駄がありません。ただし、年がら年中暑いので、ずっとエアコンをつける人は東京以上に公共料金が電気代がかかります。

電車、バス、タクシーという交通インフラもシンガポールは安いです。ほとんど無駄がないので、不採算路線がなく、ほぼ政府系企業なので、利益を追求してもいません。儲けることを主眼に置いておらず、住民にいかに車を使わせないか?、を主眼に置いています。

どの程度の仕事か?、を問わないなら、シンガポールは仕事にあふれています。日本でいうところの派遣社員にあたる、現地採用でいいなら、かなりの低スペックでも就職可能です。実際、シンガポールに飽きて、日本に戻ったはいいが、まともな仕事が見つからず、シンガポールに帰ってくる人がいるくらいです。

日本企業、ジャパンデスクであっても、基本的にはシンガポールの法律に準拠するので、残業はほとんどありませんし、有給も消化できます。日本のようにパワハラすると、人がいなくなってしまうので、日本人駐在員も無茶はできません。アウェイなので、怖いっているのもあるでしょう。

教育

シンガポールの教育レベルは高い、と言いますが、日本人の子供が現地校についていくのは本当に大変です。少なくとも小学校低学年から現地校に通わないと、とても授業についていけません。そのうえ、セミリンガルになるので、シンガポール以外では働けない人になる可能性が高いです。

インターナショナルスクール、日本人学校は高いので、両親が日本人現地採用なら、かなり家計を圧迫します。高給現地採用で資金に余裕があっても、選択肢も少ないので、あまりお勧めはしません。インターナショナルスクールの大半が高いだけのFランで、通わせる価値を見出せません。

インターナショナルスクールで一番レベルの高いUWCは入学試験を受けるのも順番待ち、何とか入っても、そんなに進学実績は良くないですし、日本人学校は高校から早稲田渋谷シンガポールというになりますが、ここは私立文系の推薦狙いで、コスパが悪いです。

環境

東京のほうがいいと思います。シンガポールはすべてが人工的で、歴史がなく、自然のない、嘘くさい街なので、住んでいて、あまり面白いとは言えず、ほとんどの外国人は早い人は数か月、遅い人でも数年で底の浅さに嫌になってしまって、シンガポールの悪口ばかりを言っています。

当のシンガポール人ですら、シンガポールに飽きているので、海外旅行が大好きですし、頻繁にマレーシアに遊びに行くことを習慣としています。国内の海岸は人だらけで、人を見に行くような状態であるうえ、そんなに面白いものでもなく、フランチャイズチェーンの娯楽がそこにあるだけです。

まとめ

富裕層、独身、シンガポール人と結婚しているのなら、シンガポールで暮らすのもいいでしょうが、家族持ちは駐在で数年間いれば十分な国だと思います。現地採用として移住してくる人、駐在から現地採用に切り替えて居ついてしまう人がいますが、親はともかく、子供にとって迷惑だろうな、と思います。

マスコミがいうほど、シンガポールはいいところではないですが、暮らしていくのに楽な国ではあります。若い人がどうしても海外が見てみたいなら、数年限定でシンガポールで現地採用をするのもいいかもしれませんが、それ以上は勧めませんし、先行者利益を得られるほど未開拓でもありません。

0