じゃあ、シャープ

弱電シリーズを連載したいと思います。第二弾は台湾、ホンハイに買われたシャープにします。

創業

早川徳次さんが約100年前にシャープの前身となる早川金属工業研究所を創業したことから、この企業はスタートします。この人は道徳の教科書に出てきてもおかしくないくらい苦労して育ち、成功を収めた歴史上の偉人です。

最も有名かつ、会社の看板なのはシャープペンで、これは徳次さんが発明したアイディア商品で、シャープという会社がシャープペンを作らず、外資になってしまい、名前がホンハイジャパンに変わったとしても、名前だけは残るかもしれません。

この早川徳次さんは不屈の精神を体現したような人で、不遇の少年時代を過ごした後、丁稚奉公を始め、頭角を現して独立、一度は成功を収めるものの、関東大震災により全てを失い東京から大阪に移動してやり直し、また成功しました。

意識高い系はアメリカ人のジョブズさんなんかを崇拝する前に同じ日本人の早川徳次さんから学んだらどうだろうか?、と思いますよ。まぁ、台湾企業に買われた会社の創業者なんてダサくて、尊敬できないんでしょうけどw

中興

佐伯旭さんが二代目社長なのですが、この人の経歴も数奇に満ちており、あまり生い立ちを語りたがらなかったようですが、満州で孤児になっていたところを拾われて、早川徳次さんの家で下男をしていたようです。

早川徳次さん自身が正規教育を受けていないため、佐伯旭さんも義務教育しか受けず、シャープの前身で働くようになります。寝るまも惜しんで勉強するとともに、人望もあったようで、男子のなかった早川徳次さんから後継者を受けるような形で29歳で取締役になり、実権を握ります。

この後、佐伯旭さんが町工場から、大企業へと躍進させ、日本を代表するような技術を育て、日本の高度経済成長を支えた大経営者になりました。今となっては非難される韓国への技術支援を行った、佐々木正さんがシャープ技術者として有名です。

この人は本流へ繋ぐ中継ぎ登板ではなく、主流になり、早川家から主導権を奪うことになります。経営陣を自分の姻戚で固め、早川家の婿養子、孫も要職にはつけませんでした。辻さん、町田さん、という薄い親戚を雇われ社長のような形で代表者にして、死ぬまでオーナーとしての実権を握りました。

没落

片山幹雄さん、シャープ元社長、この人はシャープを経営危機に陥らせ、責任を取って辞めざるをえなくなり、日本電産に引き取られました。名物経営者、永守さんの下で、もう一花咲かすか、惨めに捨てられるか?、今後が注目される人です。

元々、片山さんのお父さんが佐伯旭さんとかなり親しい関係にあったようで、将来の社長を密約されるような形で入社します。そうでなければ、彼は東大工学部を出ているので、当時、新興企業が大きくなった程度のシャープなんかに入るわけがありません。

実際、片山さんは若干40歳で部長になって、技術から離れて、経営者として順調に階段を登り、50前に社長になっているので、入社当初から特別扱いで、佐伯旭さんの寵愛を受け、育ってきたのだと想像します。技術にあまり興味がなく、経営者に憧れていたので、その可能性が高い、コネ入社を選んだんでしょう。

念願のトップになった片山さんは常に二流のイメージがつきまとったシャープを一流にしようと、当時勢いのあった液晶パネルに大型投資をし、一時は亀山モデル、と持て囃され、一流企業と見做されるほどに成長します。

後は皆さんご存知の展開で、液晶パネルの売り手市場で傲慢な態度を取り、顧客離れを誘発し、家電、パソコン、スマホの価格崩壊が始まると、大型投資が裏目に出て、どうすることもできない経営状態になります。

簡単に片山さんを責めることは出来ず、他の弱電も同じように虫の息ですし、シャープは価格崩壊が激しい液晶パネルに集中投資していた為、破綻が早かっただけで、「じゃあ、どうすりゃよかった?」と聞かれても、iPhone並みのブランド商品を作る以外にできることはありません。

まとめ

私が見るに、シャープには二つの問題があり、佐伯旭さんの権力が強すぎて、特定の人たちだけで、経営を固めすぎたこと、技術の会社なのに、文系志向の人が力を持ちすぎたことです。

技術的にシャープらしさがあるなら、規模を小さくしても、そう簡単には外資に買われることはなかったでしょう。プラズマクラスター、とかいう名ばかり商品でなく、本物の技術がなければ、メーカーとして生き残れません。

液晶パネルって、もはや、単なる設備産業で、どれだけの大型投資をして、どれだけ早く回収出来るか?、のチキンレースみたいなものです。もっとも、汎用性弱電部品はどれも同じなので、特殊な部品を開発しないと、とても生き残ることはできません。

東芝の分社化が取りざたされていますが、彼等は技術的に難しいフラッシュメモリというドル箱があり、そこだけが魅力なので、そこを売ってお金にする、ということですが、逆に言うと、そこを売ったら、汎用部品しかありませんのて、終わりでもあります。

東芝、ソニー、パナソニック、富士通、どれもが技術の会社なのに、文系出身でほとんど技術がわからない人が大きな権力を持ち、長期政権になり、身内で脇を固め、社内政治に明け暮れる。その間に技術が衰え、しばらくすると没落してくる、という流れはまったく同じです。

外資も同じで、Appleが急降下したのはApple初のMBA取得者CEO、スカリーさんが実権を握り、技術的なことを無視して、ブランドイメージだけで売ろうとしたからです。彼はコカコーラのマーケティングをしていたので、それと同じことをして、失敗しました。

ソニーのように、もはや技術が事業の根幹でないなら、文系経営者でもいいでしょうが、技術が衰えたら、生き残れない業界で、技術をほとんど知らない人がトップになれば、その会社は徐々に衰えていきます。

ごく当たり前なんですが、どんなビジネスでも、根幹となる部分があり、それを疎かにして、現場経験のない人間がいるトップになり、小手先の経営をするようになると、的外れなことばかりして、何かのきっかけで、転がり落ちるように経営危機になる、と言うことでしょう。

0