じゃあ、技術派遣

技術派遣について記事にします。

技術

自分の技術を磨きたいのであれば、技術派遣をするのはお勧めしません。なぜなら、雇う側の企業がその仕事は重要性が低く、外注化してもいい、と思っているから、自社社員として育成しないのです。つまり、ニッチ技術が身につくことはなく、汎用的な多少の訓練をすれば、誰でも身に着けられる程度の技術力で止まってしまうわけです。

いくら専門を一生懸命勉強しても、大学を卒業してすぐに社会で即戦力なんかになるわけがなく、長い時間をかけて、自分の技術の市場を価値を上げていくのが普通です。派遣で頻繁に職場を変えては腰を落ち着けて何もできません。会社の都合、世の中の景気でバンバン異動させられて、時間ばかりが過ぎているが、何の成長もない状態で放置されます。

特にローテク分野は経験工学がモノを言う世界であり、どれだけ長く同じ技術に接しているかが成長の鍵だったりしますので、大学を卒業したら、まずは腰を落ち着けて、自分の技術を磨くことに専念すべきです。技術的には良い上司、先輩の下について鍛えてもらうのが良いですし、また、精神的に不安を覚えるような派遣は向きません。

収入

若いうちは派遣のほうが収入がいいのではないかと思います。元々のベース自体が高めですし、サービス残業もないため、残業手当もフルでもらえますから、忙しければ、手取りで30万円くらいもらえることもあるのではないでしょうか? 正社員の場合は明らかなホワイト企業以外で残業手当をフルでもらえることは少ないです。

しかし、40歳になっても、大きくベースは変わらないでしょう。なんといっても、他社に助っ人として行っているだけなので、管理職にはなれませんし、管理的な仕事をしていないので、出来もしないでしょう。要はずっと一担当者レベルの仕事をし続けているだけの捨て駒なのです。

短期的には実入りが増えても、将来に繋がっているわけではなく、やれることは出来るだけ高い技術力を身につけて、出来るだけ高い時給を勝ち取ることしかありません。と言っても、技術派遣で年収1千万円に到達したって言う話を聞いたことないので、どこかで頭打ちになるのでしょう。それ以前にそれほどの技術があるなら、正社員として誘われないわけがないですし、フリーランスとして食っていくでしょうから、ずっと派遣していないのではないでしょうか?

メリット

技術派遣する取り立ててメリットはないと思いますが、何かを上げるとすると「入りやすいこと」だと思います。ボロボロの職歴であっても、理系学部出身で、経験が少しあれば、誰でも入れてくれます。理系出身でどうにもならくなった人にはいいリハビリになるのではないかと思います。

女性技術者で妊娠、出産、夫の転勤などでブランクが空いた場合のリハビリとしてはいいかもしれません。子供が小さい場合は時間通りに退社したいでしょうし、何年も働いていなければ、いきなりバリバリやるのは難しいですから、まずは肩慣らしをしてから、その後の身の振り方を考えてもいいでしょう。

しかし、新卒で行く意味はゼロだと思います。どんなに小さな会社でも、正社員で受け入れてくれるところを探すべきだろうと思います。新卒で入れば、どの程度か別にして、新卒教育を受けられますし、周りも温かい目で見てもらえます。日本企業のメリットってまだまだ終身雇用、年功序列的な雰囲気が残っているため、上司、先輩が親身に指導してくれることです。シンガポールの場合は必要以上のことを教えてもらえることはありません。

まとめ

私は新卒で技術派遣なんかになるのは大反対ですね。メーカー直系のところならまだいいのでしょうが、それでも肩身の狭い思いをするでしょうし、だったら、企業規模を落としたって、本体正社員がいいと思います。派遣である自分はそれなりの経験があっても、本体の新卒よりも下であるような劣等感にさいなまれるでしょう。

自動車業界でよくある「ゲストエンジニア」は帰るところがあり、修行だと思って、客先出向していればいいです。それでも精神的にきついみたいですが、前向きに見れば、部品しか扱ってない会社でずっといるより、自動車全体を勉強させてもらういい機会だといえるでしょう。これが海外メーカーへの出向なら、いい経験になることは間違いないです。

要するに「派遣」は「費用」であり、「固定費」ではないんですよね。企業からすれば、忙しいときにマンパワーを確保して、暇になったら、切ってしまうだとか、別会社扱いにして、給与テーブルを変えたりする「バッファ」に過ぎないわけです。こんな立場に理由もなくなる意味ってないと思います。

1+