じゃあ、英語を学ぶ

前にある程度の英語力がある大人が何をしたら、英語力アップに繋がるか、という記事を書きましたが、今回はほとんど英語力がない人向けに記事を書きたい、と思います。

TOEIC900って、英語で業務遂行したいなら、取れて当然、取れなきゃ、話にならないレベルですが、海外に関わりを持たず、生活してきた人には当面の目標でしょうし、こちらの方が参考になる人も多いかと思います。

文法

聞き流すだけ、で英語が身につく!っとかいう勉強法を売っている業者がいますが、完璧に間違っている、と言い切っても構いません。単に言語に触れているだけで、その言語が身につくのは言語の臨界期を超える前、10才以下の子供だけで、それ以上の子供には当てはまりません。

従って、英語をネイティブとして習得するのでないなら、まずは最低限の文法構造を理解しないと、読んでも、聞いても、何の成長にも繋がらず、眠くなってくるだけです。人間は意味のわからないことを聞くと眠くなるだけで、頭に入ってこないのです。

まずは中学英語の見直しから始めて下さい。自称中級者くらいの人でも、簡単な文法理解が抜け落ちていることが珍しくなく、それが理解できていないから、伸び悩むことが多いです。ワーホリ、語学留学経験者に多い傾向で、実地で身につけたため、基本を疎かにしています。

英検もバカにしたものではないし、高校英語もそんなに悪くないです。日本人にあった形で書かれた参考書をきちんと精読すれば、着実に英語力はあがります。英語を英語で学ぶのは効率が悪く、母語でろくに参考書がない人、母語が英語に近い人向けで、日本人には当てはまりません。

あえて、参考書を買わなくても良いので、学校で使った英語の教科書でも引っ張り出してきて、復習すればいいですよ。大学生、高校生でも、前の学校の教科書を引っ張り出せばいいです。今、受けている授業に楽についていけないなら、基礎が抜け落ちている、ということです。

読み込み

次に読みまくって、語彙を増やして行きましょう。これはネイティブであっても、よく読んでいる人は語彙が多く、文章のパターンも多く、読みやすい文章を書くわけで、初心者から上級者まで、常にやって行くことです。母語のように余暇の楽しみで読むことが難しいので、あえて時間を取る必要があります。

読む材料は何でもよく、社会人なら、自分の専門の本を読めばいいですが、それが苦痛で、眠くて仕方ない、という場合は趣味の本を読んで下さい。サッカー、ファッション、エロ、ゴシップ、なんでもいいので、単語を調べるのが苦痛にならない材料を読んで下さい。

単語帳をずっと読むのは受験生でもあるまいし、単なる苦行なので、やめた方がいいです。人間は関連のないことを記憶するのが苦手なので、A-Zで試験に出る順番にひたすら記憶しても、試験が終わったら忘れます。試験のために英語をやっているのでないなら、無駄です。

語彙に関していうと、ネイティブ、ノンネイティブには超えられない壁があり、ネイティブの大卒クラスが3万語、ノンネイティブの最高クラスが1.5万語、なので、倍の差があるだけでなく、使い回わし、第二義などを加えたら、まったくレベルが違うことになります。ネイティブを目指すのはまったくの無意味です。

話し

タダで話したいなら、英語で話す友達を作ることですが、これは難しいです。逆の立場になるとわかりますが、初心者、中級者だけでなく、テンポ、発音の悪い人と話すのはかなり苦痛で、何かしらのメリットがないと、話していられないものです。言っていることがあまり理解できないし、集中しないと会話が成立しないので、会話を楽しめません。

カナダで痛ましい事件がありましたが、あなたが女性なら、かなり下手でも話してくれる男性がいますが、男性は対価を期待して我慢して聞いているだけで、いざ、関係を迫られた、そんなつもりでなかった、と言っても、そんな言い訳は通りません。逆上して殺されても、自己責任だと思います。犯罪者が100パーセント悪いですが、犯罪を煽るのも責任が伴います。

ラングエッジパートナー、とか言っても、英語の需要ばかりが高く、他の言語を学びたい人はごく少なく、これも語学でなく、他の意味でパートナーになりたい人でないと、英語ネイティブが純粋に付き合ってくれはしません。英語ネイティブと言うのは適当に話すだけでお金になる人たちですから、無料で何の意味もなく、興味のない相手と話しません。

そうなると、お金を出すのがいいのですが、コスパ的にはオンライン、フィリピン英会話がオススメです。ネイティブじゃない、発音が悪いとかいう人がいますが、たかがTOEIC900も取れてない人がそんなこと気にしているのはナンセンスで、ともかく、話す習慣、経験を積むのが先で、上手くなったら、ネイティブを検討すればいいです。

オンラインフィリピン英会話のお金もないなら、YouTube 独り言練習でもして、ひたすら口真似したり、映画のセリフの丸覚えをひたすら繰り返していればいいです。孤独に耐えられるなら、無料でできるのでオススメです。自分の声を録音して、見直しをするものいいでしょうが、よほど研究熱心でないとここまではできません。

大して英語のできない人ほどノンネイティブ英語スピーカーを軽く見る傾向が強く、シンガポールでも、シングリッシュを見下す人は大して英語ができるわけではなく、コンプを募らせて、他を見下すことで自我を保つ寂しい人になっています。たかが語学で他人を判断する、というのはシンガポール人自身もやるので、それが跳ね返って来ている、とも言えるので、反面教師ですよ。

まとめ

たかがTOEIC900も行ってない人は逆に言えば、適切な方法で、適切な量の勉強をすれば、ガンガン英語は上達するので、やってみたらいいと思います。たかが試験の点数取るなら、若くなくてもいいし、片手間でもやれます。それがチャンスを広げることになるなら、やらなきゃ損です。

それ以上行った人は努力で超えられない壁があり、折り合える点を探す必要になりますが、そんなことはほとんどの人に関係ないです。気にすることないし、気にする意味もありません。楽しんで英語を使うことに心がけて、取り組めば、必ず、通じる程度には使いこなせます。

 

2+