じゃあ、盛り上がること

何でもそうですが、盛り上がることは楽しいし、盛り上げていかないとお金が回らず、継続もできません。

ともかく、ある程度の人がいないと盛り上げようがなく、だから、どんなことも集客から始めるのが基本です。資金力のある大手は無料でサービスを広げて、シェアを独占状態にしてからマネタイズをします。その間は赤字の垂れ流しなので、大変です。

自治体、国だって、同じで人口って七難隠すんです。問題が多くても、人が多ければ、やれることは多く、成長して行くので、人口の多い国、都市は魅力的です。だから、インドは魅力的ですし、バングラデシュ、パキスタンも魅力的です。

いや、俺は田舎が好きなんだ、という人もいますが、必要なインフラを国が赤字で整備してくれた田舎暮らしが楽しいわけで、完全に自給自足の生活は本当に辛いですし、よほどのスキルがないと生活ができません。

子供

人が多ければ盛り上がる、というのに加えて、子供が多くないとダメで、子供はやはり可愛いものです。コミュニティに子供がいると盛り上がります。将来があり、希望に溢れているからでしょう。人間は明日が良くなると信じられないと楽しく感じないです。

そうなると、妊娠出産ができる若い女性がいないとダメです。男性は若い女性がいるとテンションが上がって、お金を使います。男性だけだとギスギスするのが若い女性が一人でもいると和らぐのです。ケンカになるもありますがねw

そして、男性が競って若い女性を手にするために、色んな活動をして、手にし、子供を持ち、家族になり、コミュニティが大きくなるので、盛り上がります。その過程で大きなお金が動きます。男性は女性を手にするためなら、どんな馬鹿なこともするからです。

シンガポールが若い外国人女性優遇しているという話がありますが、それは当たり前です。男性は年を取っても、子供を持つことが難しいわけではありませんが、女性は難しくなるからです。それを単に人権問題になるので、公表できないだけです。

循環

そして、お金が循環しないとダメで、イベントをしたら、子供、若い女性を餌に人を集め、色んなサービスを提供して、お金を落としてもらい、そのお金をまた次のイベントの為に保留するサイクルを繰り返すわけです。

その繰り返しが産業になり、地域にお金が落ちて、経済活動が循環し、更に人が集まってきます。アメリカがこれを体現していて、広大な領土、莫大な資源をお金にする為に人が集まり、色んなイベントで祭りを仕掛け、お金を回し、更に人を呼び込んでいます。

日本は山がちな領土、資源は海洋資源くらいしかなく、人口が武器だったんですが、とっくに人口オーナスになり、イベントが減り、人が集まらなくなり、お金が回らなくなり、みんなお金を溜め込んで、デフレなんですよね。

まとめ

ぬるりと生きる、もイベントとして盛り上がたいなら、人を集めなければならないし、出来れば、若い人、特に女性が必要です。でも、ブログのタイプ的にその属性の人はあまり来ませんねw

まぁ、私が楽しむことが一番大事で、盛り上がらなくても、私が楽しめれば継続は出来ます。とは言え、新しく読者さんが新しい目線でコメントをくれないと、私自身が退屈する、常連読者さんも退屈する、と停滞します。

だから、香具師みたいですが、興行をするって大事なことで、モノよりサービスを売って、盛り上がることを日本人は考えないと、売るもの無くなるし、お金が回らないし、なにより我々が楽しくないなぁ、と思います。

0

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、盛り上がること」への16件のフィードバック

  1. すぐ出来て荒れない方法としては、記事に、選択式質問をつけてみるのは、いかがでしょうか?
    マスコットのぬるりんの命名アンケートでは、100件程の投票があったと思います。コメントするのは面倒だが、ボタンひとつなら押してもいいかなと思う人が、コメント者の10倍いるのだと思います。
    炎上させないで人を集めるのは難しく、評価経済社会では集客力が財産そのものですね。

    0

    1. ちなみに評価経済って、かつてガイナックスの岡田斗司夫さんが繰り返し布教しており、当時はトンチンカンなと言われていましたが、最近は盛り上がっています。先見性がありすぎても、そんなに評価してもらえないだなと思いました。

      1+

      1. 確かにフェイスブックは評価経済であり、どれだけのlikeを取るかを勝負してお金にしています。先進性があり過ぎても、無視される好例です。

        アンケートは設問つくるのが面倒なので、読んだよ!ボタンくらいから検討してみますかね?

        シン

        0

        1. 一意見ですので、非採用にして頂いて良いですよ。読んだよボタンや、いいねボタンって、PV数カウントと同程度の意味しかないと思うのですが、各SNSサイトがあのボタンをつけている理由が理解できません。

          0

          1. 企業はlike数をお金に換算してマーケティングしますし、個人にしたいのがValuです。企業はともかく、個人がすると自分を見失う可能性はあります。

            PVと変わらないなら、やる意味もないのかもしれません。ただ、アンケートは一定のコメントがついた時点で定期的にすると、面白いかもしれませんね。毎回やるのは面倒ですけど、たまになら面白いです。コメントする人がマジョリティの意見を持っているとも限りません。

            シン

            0

  2. フットインザドアで、ポチポチしているうちに、障壁が下がる点では、読んだよボタンも意味が無いとは言い切れません。訂正します。

    0

    1. 確かにコメントするきっかけ作りには良いかもしれません。少しでも積極関与してもらうための小道具ですね。

      シン

      0

  3. 若い女性がいると盛り上がりますね。
    出会いの場のイベントでは、2倍〜3倍の料金の差があることがほとんどです。

    若い女性が、自分の価値を使ってうまく売り込みに成功してるのを見ると、うらやましいと思うと同時に、その人のことを人間的には好きになれないなと思います。もちろん正しいことだとは分かってるのですが。。妬みですかねw

    0

    1. アッパーミドルの子供が親の金と力で世の中を渡って行くのは正しいことだけど、やっかみの気持ちもあるのと同じでしょうね。

      シン

      0

  4. 女性はハッキリ言ってこのサイトに来て欲しくないです。

    苦労と努力を重ねて社会を支えていながら、
    男臭くて泥臭いと偏見に晒され、日の目を見ることのない
    理系・技術系の男性が安心して本音を語り、
    フェミなどと言った偏った思想に囚われることなく
    議論が出来るのがこのサイトの良さだと思っていますので。

    ただでさえ現実社会で女性と文系に辟易させられているので、
    せめてこういったお気に入りのサイトでは
    女と文系に関わることなく有意義に過ごしたいです。

    0

    1. まぁ、そう言わずw

      自分と違う属性の人からの意見を聞くことで見えてくるものがありますよ。きちんと意見するなら誰でも歓迎しましょうよ。それが非論理的なら論破すれば良いし、単なる荒らしは削除します。それによって考えが深まります。同じ属性だけだと、単なる自画自賛になって視野が狭くなります。

      シン

      0

  5. 男性だけだと活動がマニアックな趣味や飲み会に限られてしまうのに、女性がいると旅行や夏祭りとか出掛けたくなります。

    1+

    1. シンプルに女性、特に若い女性がいると場が盛り上がるので、単純に楽しいことをしたくなります。男同士だとマニアックになりがちで、単純には楽しくありませんね。

      職場の花とは言いましたが、やはり若い女性がいると、場が和むし、華やかになります。

      シン

      0

      1. 大人になると男性同士だといろんなことが楽しめなくなるんですよね。
        何か行動をするには非常にエネルギーがいります。
        だから、マニアックな趣味を持っていない人になりますと休日引きこもりな人もいます。

        1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です