じゃあ、留学の現実

海外留学に興味がある読者さんがいるみたいなので、こうなったら、現実を記事にします。成功は本人の価値観になりますが、失敗は明らかです。

目的

まず、目的がはっきりしないまま、現実から逃げるように海外留学する人、がいますが、いく前から失敗が約束されたようなもので、成功の具体的なイメージすらないんだから、成功するわけないです。なんでも同じですが、目的のはっきりせず、行動に移しても、どこにも行き着きません。

当たり前ですが、ホームで出来ないことをアウェイで出来るわけないので、日本で日本語で学んでも、出来の悪い人が海外に行けば、どうなるかなんてわかりきっていて、外国語がわからないので、授業について行けず、日本人とつるんで、悪い遊びを覚えるだけです。最悪は強制送還になります。

ソフトバンクの孫正義さんがアメリカ留学で、英語がわからないから、問題が解けないだけで、辞書さえあれば、楽勝だ!、とうそぶいて、試験官と交渉して、最終的に州知事まで持っていき、辞書の持ち込みを許可させ、編入試験を突破させた、という伝説がありますが、実際、彼は日本でも屈指の進学校を中退して、渡米しているので、嘘ついたわけではないです。

英語

ネイティブと対等にやれるレベルを目指すなら、言語の臨界期を越える前、10歳以下で行くべきだし、日本語を第二言語にする覚悟が必要ですが、そんな気は無いんでしょう? 英語、白人コンプで、やりたい、やらせたいだけで、英語を使ってどうしたいのかなんて、皆目検討もつかないのがほとんどです。

高校、大学から英語圏に行っても、ネイティブ並みにはならないし、仮になっても、アジア人が白人と対等にやり合うのは困難なので、着地点を決めた、何を生かすために英語をやるのか決めておかないと、サンクコストから、英語がプライドの全てになりやすく、そんな人は使い物になりません。

英語ノンネイティブ、非白人はフロントには立てないと思っていいし、であるなら、何かの専門家でないと、世界に通用する人材にはなれません。英語に集中して、文系選べば、専門を持つことはほぼ不可能になるので、英語の前に何を専門とするか?、を決めることの方が圧倒的に重要です。

資金

気軽にアメリカ留学する、とか言う人がいますが、アメリカの学校の学費はめちゃ高いですよ。高校、大学、どちらにしても、自費で払えば、3-500万円/年は当たり前で、ローカルが通う公立高校は親が現地にいて、税金払ってないと、受け入れてもらうことは困難なので、私立に行かせると、えらいことになります。大学はそこらの州立大ですら、外国人料金はそんなもので、名門私立大学に限ったことではないです。

結局、語学留学、コミニティーカレッジ、など、誰でも受け入れてくれる質の悪い学校しか行けず、朱に交われば赤くなる、というパターンで、落ちぶれていくものです。コミニティーカレッジから、駅弁レベルの州立大に行く人もいますが、そういう人は日本でそこそこ以上の学力を身につけて渡米した人です。にしても、英語に手一杯で、文系選べば、それ以上の広がりはほとんどないので、お金の無駄になる可能性が高いです。

当たり前ですが、アメリカは資本主義を突き詰めた国なので、いいものは超高額になり、それが払えないなら、そこらに転がっているようなつまらないものを手にすることになります。個人的にはアメリカに行って、駅弁レベルの州立大に行くなら、日本の駅弁国立に行った方が圧倒的にコスパが高いです。

語学留学

語学留学は留学ではなく、遊学なので、欧米の若者が行うGap Yearという人生の長い夏休みを楽しむ目的なら、それもいいんだと思います。大学を休学して、好きな国でダラダラ語学学校に通うなり、ワーキングホリデーに行くなり、バックパッカーやるなり、遊びなんだから、したいことをすればいいです。休みは終わるから楽しいのであって、延々と続けばつまらなくなります。

でも、いいおっさん、おばさんのすることではないし、するのは勝手だけど、大きな代償を払うことになります。機会損失も大きいし、単なる無職期間が長くなれば、なるほど、次の仕事は決まりづらくなりますし、キャリアも中断されます。それを承知で、自分のキャリアなんて終わってるんだから、遊び呆けて、時間を潰して、帰ったら、どんな汚れ仕事もやるんだ!、と覚悟して行くなら、いいんじゃないでしょうか? 評価されない日本はおかしい!、とか言いだしたら、泥沼にハマるでしょう。

まとめ

海外大は入りやすく、出にくい、とか、何を根拠にして言っているかわからないことを言って、海外に変な希望を持つ人がいますが、そんなことはなく、トップスクールは入りづらいし、Fランクはお金さえ払えば、誰でも受け入れてくれます。楽な専攻さえ、選べば誰でも卒業出来ます。単に外国人料金を払わされるだけです。

英語圏ではこの外国人料金を取るために外国人を大量に受け入れる大学はFランクだけでなく、かつてはそれなりに評価されていた大学にも広がっており、出来の悪い外国人で溢れ返っていますから、質は本当に下がって来ています。箱と教師さえ用意すれば受け入れられる文系は本当に酷い有様で、全く勧められません。

アメリカに限ったことではなく、英語圏はどこも似たようなもので、源流が同じなんだから、システムも似通っています。入試は不平等だし、基準もよくわかりません。お金がものを言うので、特権階級に有利になっています。平等より、ビジネスとして成り立つことを選んでいるのです。

この辺を考えて、それでも海外留学にメリットがあると思うなら、日本できちんと成果を出し、きちんとした受け入れ先を確保して、しっかり努力して、スキルを身につけ、お金に変えればいいです。特にアメリカはスキル、やる気があれば、やらせることはやらせてもらえる国です。大きな成果を得られるかもしれません。

語学留学、ワーキングホリデーに行く人も、自分が遊び呆けていることを自覚して、精一杯遊んだ後は泥水啜ってでも、我慢するんだ、と覚悟していけばいいです。勉強してないんだから、評価されようと思う方が間違いで、現地、日本、どちらでも評価されないどころか、マイナス評価から始まることを理解してください。

 

1+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、留学の現実」への2件のフィードバック

  1. 全くその通りですね。私の場合は、日本の大学卒業後に語学留学ー>正規大学への編入だったのですが、同じ授業を受けているのに、現地学生のほぼ2倍(今は3倍近くになっているようです)の授業料を払わなくてはいけないのが理不尽に感じていました。外国人留学生はほんとに毟り取られます。また現地に行って初めて知ったのは、ドーム(学生寮)は夏休み期間中は閉鎖になるということ。(アメリカの夏休みは3ヶ月と長い。。。)それでも居たい場合は、割高な滞在料を取られます。また最近は特に大学の教師はだんだん質が悪くなってきており、また教師不足の為、すぐに定員が一杯になり、クラスが取りたくても空きがない為、必須クラスの場合は、次の学期にやむをえず持ち越さざるを得ない。ゆえに4年ストレートで卒業できなくなってきています。実家がよっぽどの金持ちとかじゃない限り、アメリカへの留学はまったくお勧めできませんね。

    1+

    1. 最近はアメリカの大学は完全にぼったくりで、外国人をカモにしか見てないんだろう、としか思えない政策ですね。よほど親が金持ちでないと、アメリカに自費留学はすべきでないと思います。

      シン

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です