じゃあ、人間関係

人間は一人で生まれ、一人で死ぬため、孤独を恐れます。どんなにメンタル鍛えても、完全に孤独に耐えるのは並大抵ではなく、できるなら、仙人です。孤独とうまく付き合う方法を模索し、孤独を恐れないことが人生を豊かにする秘訣です。そうすれば、人間関係はシンプルになります。

家族

最も身近な他人であり、利益共同体なので、最も気を使わなければなりません。多くの人は逆だと考え、家族に横柄に接したり、見返りもなく何かさせたりし、利害関係のない赤の他人に気を使って、世話焼いたり、お礼したりします。血の繋がりのある家族ならまだしも、夫婦はお互いに最も気を使い、利害関係をきっちりしておくべきです。

夫婦はどんな場合でも対等なので、役割により上下関係をつけるべきでない、と考える女性は多いですが、それは間違っています。どんな人間関係もそこに利害が発生するなら、ギブアンドテイクであり、与える物、受け取る物には価格があるので、どちらが高いのかは意識しないと、徐々に関係は悪くなっていきます。対等関係を望むなら、対等のギブアンドテイクを心掛けなければなりません。

親子も同様に親は与える側、子は受け取る側なので、対等ではありません。友達親子っていますが、私は大嫌いで、養ってくれる親を尊重し、感謝の意を伝え、一歩下がって接することができない人間は他の場面でも、上下関係をつけられないバカになります。親の意見が絶対だというのではなく、議論したり、ぶつかるのはいいが、どちらが上なのかを意識しておかないと関係が悪化します。

仲間

男性の人間関係は比較的シンプルで、利害関係のない仲間は友達で、ギブアンドテイクなので、一方的に利用するだけの関係は長続きしませんから、貸し借りのない対等な関係を心掛けなければ、五分の付き合いをする友達ではないです。奢られっぱなしなら、それは兄貴分と子分なので、上下関係が存在します。奢られているのに、対等気取りの乞食野郎は相手にされません。

女性は上下関係が付くと、仲良くできないため、最初から同じ属性、立ち場の人間が集まるカーストを形成し、その中で順位争い、マウンティングの仕合をします。表面上の対等を装いながら、上下関係に非常に敏感で、カースト内の誰かが大幅に上下に振れると、その人はカーストから出て行くことになります。また、孤独を恐れるので、嫌いな人とすら気を使って、カーストに所属します。

利害関係のある仲間は会社のオーナー、上司、同僚、部下に当たるんですが、この関係は上下関係が絶対ですし、我慢しないと、その組織にいられず、収入源を失います。白人社会は上下関係がない、と言う人がいますが、そんなことはまったくなく、上司を尊重さえすれば、意見をすることは許されることが多いと言うだけで、上下関係がないわけではありません。むしろ、ある意味では日本人よりも厳しいです。

投資

投資は孤独との戦いです。結果は数字でしかなく、頑張ったとか、頑張ってない、とから関係ありませんし、その心中は誰もわかってくれません。同じ経営者、自営業者は共感はしてくれるでしょうが、他人事ですし、雇われの部下は自分の報酬以外のことなんて考えません。餌をくれなきゃ、他に行きますしね。

だから、強靭な精神力を持った創業者はともなく、2代目以降はそのプレッシャーに押し潰されて、わけわからなくなり、会社も潰れてしまうことが多いわけです。孤独に打ち勝って、利益を出していけるのは1割いませんから、二代続けて、才能があることの方が珍しいです。

もう一つは投資は少数派が必ず勝つ、という法則があり、人と同じことをする人は負けます。つまり、みんなと同じことに安心感を持つ人は負けるので、他人と違うことを受け入れ、利益が乗るまで、じっと待っている必要があるのです。だから、投資で勝てる人は変人が多いわけです。大多数と同じことする常識人は投資ではボロ負けです。

まとめ

人間関係って、極めてシンプルなんですが、人間は孤独を恐れるため、嫌いな人とすら付き合うし、欲深いから、テイクの方が多いのに、対等気取りでいたいから、感謝を避けて、人間関係をぶち壊します。メリットのまったくない人間なんて、血の繋がった家族ですら、関わりたくないですよ。

不義理をしてないなら、孤独を恐れる必要はないです。いくらギブしても、常にテイクばかりで、感謝もしない、対等気取りの人間なんて、縁を切ればいいんですよ。それで悪口を吹き回られても、本当の家族、友達は去って行きません。むしろ、一方的な話を信じ込んで、避ける人間なんて、どこかで切るべき存在です。そして、人間は一人で生まれ、一人で死にます。

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です