じゃあ、女性の反撃

多くの女性の反撃は具体的な反論ではなく、喚いて暴れるだけです。

喚く

「ふざけるな!」「なんで、こんなことを主張するの?」「男女論ばかりアップして気持ち悪い」と主張について反論はせず、自分、自分たちに不利な主張、気に入らない主張をしたことそのものを潰そうとして来ます。反撃できるほどの考えもなく、単に私の主張が気に入らないから喚くわけです。

「男女論しか記事を書けないクズが!」っというスタンスで批判を来るくせに、男女論が全体の記事に占める割合を確認してもないし、他のテーマではコメントをすることはほとんどありません。仮にしたとしても、なんの面白みもないコメントしかなく、私が唸るような鋭いコメントをするわけでもありません。まったくの矛盾だと思います。

実生活でも、女性の主張は感情的に喚くものが多く、反論する、主張の矛盾点を指摘すると、反論、指摘したこと自体に怒り出し、そこから議論に発展させ、前向きな方向に持って行こうとはしません。そうなると、話し合いにならず、女性の意見を全面的に受け入れるか、無視して決定事項として通達するしかなくなります。

女性は性玩具ではない!っと声高くいうのに、セックスを取引のネタにする矛盾をおかしいとは思わないし、男女平等を叫ぶのに、女性に重労働をさせるとは何事だ!とも喚くので、自分の考えを整理して主張が出来ないのかな?と思います。単に損したくないから、喚いているだけになってしまってます。

騙り

女性の反撃として「俺は男だけど」というパターンは割と多いんですが、あまりにもリアリティがない騙りので、また始まったか、という感じになります。女性という立場で反撃するのでなく、男性だけど、ということで説得力を持たせようとするのでしょうね。

男性を騙って「同じ男として恥ずかしい」ということを言い出すこと自体が女性的です。そんなことを口にする男性はまずいないので、嘘をつくなら明らかに研究不足です。たまにあるのは男性フェミニストがそれをお金、セックスにする為、これ見よがしに女性に迎合することはありますが、個人ブログでそんなことをする必要はありません。

過去、アンチの方が「俺は年収一千万円あるから、専業主婦、二人子供がいても楽勝!お前は甲斐性がないから女性叩きをするのだ!」と主張してましたが、本当に家族持ちで年収一千万円なら、そんなに楽ではないし、世帯収入一千万円の方が有利なことくらいは知っているでしょう。

確定申告すらしたことない人に税金のことがわかるわけもないのと同じことです。お金のことじゃなくても、なってみないとわからない感覚、というのはあるので、騙るのは難しいです。盛ることすら、適度に盛らないと収拾がつかなくなるわけで、女性が男性を騙るなら、よほど研究しないと本当っぽくなりません。

騙るのもなかなか難しいもので、一定割合の真実がないと、まったく面白くもなんともないのです。フィクション作家は相当勉強しないと面白くならない、というのは実体験してないので、そのまま書いても、まったくリアリティのない薄いものになるからですね。

同調

「女性はそういうものであって、仕方ないよね」「女はケチ、ワガママ、感情の生き物」と諦めたように同調してくる人もいます。これは面白い発見にはなりませんが、ここまで開き直ると清々しいです。そういうものとして、受け入れ欲しい、というスタンスなら、良いと思いますね。

ぬるりに好意的な女性はこのスタンスが多く、特に反論はない、そういうものなんだから、それをどうしたらいいのか、という所なら意見はあるが、根本的なことを変えるのは無理だ、というならごもっともだと思います。

私も基本的にはこのスタンスであり、女性が本能として、損が出来ないし、セックスを餌にして男性を支配したがるのは仕方ないと思います。妊娠、出産、子育てを円滑に進めるためには仕方ないことだと思います。だとするなら、過度の男女平等を主張しても、女性にとってやりづらくなります。

「こんなことを書いても、女性は変わらないから無意味だよ」と言う人もいますけど、私は他人様を変えようとなんて思ってないです。むしろ、男性側に対して、そういうものなんだから、それが嫌なら遊びで関わり、嫌になったら切り捨てるようにしなよ、と言いたいです。白人社会はそうなりつつありますしね。

まとめ

私は女性と議論したいわけじゃないんですよ。もう10年近く、折を見て疑問点を記事にしてきましたが、きちんとした男女論で女性からきちんとした反論が来たことなど、思い出せません。そういうものなんだと思いますよ。

生は性であり、人間が生きる、と書いてセックスなんだから、避けられるわけないんですよね。だから、私が男女論を書かなくなることはないでしょう。それしかコメントしない人も珍しくないです。知識、経験の要らない誰でもコメントできる簡単な話題ですから、これはこれで良いですよ。

ある程度の知識、経験の必要な記事は閑古鳥、というのは当たり前といえば、当たり前だと思います。歴史の話なんて、知らない人には???でしかないし、経済の話なんて、興味ない人には何のことを話しているのかすら、よくわからないと思います。そういう記事だけでもつまらないですしね。

22+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、女性の反撃」への73件のフィードバック

  1. 確かチェッカーズの歌の歌詞に「わがままは男の罪、それを許さないのは女の罪」ってありましたけど、その頃の世相を反映してたんだろうなと思います。
    一方、現代では、わがままは女の罪、それを許さないのは男の罪の方がしっくりきます。というよりも私はこっちの歌詞が正しいと勘違いして(チェッカーズかっこいいな〜と思ってましたw)、女性と接する時の金言として肝に命じていたのですが、正しくは最初に書いた方だったんですね。
    ぶっちゃけ婚約者でもない限り女性に求めているものってほぼセックスでしかないんで議論とかどーでもいいんですよね男からすると。汚い表現で恐縮なんですけど、うんうんと同調して心を開いてお股も開かせることしか男は基本考えてないので、女性の方は自分に近づいてくる男性が身体目的なのか、本当に心から惚れてるのかは見極めが必要です。「そんなことないよ!」って言う男性はシンさんのおっしゃる通り結局安心させて股を開かせるかお金、その他宗教マルチの勧誘なんで余計にタチが悪いです。当ブログの女性読者の方はいわゆるTHE女性ではないと思うのであまりショッキングではないと思いますが、男なんてそんなもんですよという身もふたもない駄文でした

    0

    1. >ぶっちゃけ婚約者でもない限り女性に求めているものってほぼセックスでしかないんで議論とかどーでもいいんですよ

      私は老若男女と色んな議論がしたいです。(したかったです。)でも、あまり期待してません。コメントが見目麗しい若い女性読者さんかどうかはわかりませんしねw 本音を隠して持ち上げてお股を開かせようとする意味もありませんw

      テーマはなんでもよく考えて、意見、コメントしてくれるなら誰でも嬉しいんですが、女性論客は数人しかおらず、それも中高年層に偏っています。また、良いコメントをするな、議論巧者だな、と思っていた女性が男女論になると、途端に論理破綻し出すのは不思議です。

      シン

      0

    2. Tさん
      >「わがままは男の罪、それを許さないのは女の罪」
      チェッカーズではなくてチューリップですよ。「虹とスニーカーの頃」(作詞は財津和夫)

      ニコさん
      >便所の落書きのような思い付きに真実がある
      これはサイモンとガーファンクルでしたかね? いやニコさんの普通の意見かもしれませんが。

      他人様のブログで私の勝手な質問要望ですが、
      ・「昔は典型的な >『主張について反論はせず、自分、自分たちに不利な主張、気に入らない主張をしたことそのものを潰そう』とするタイプの女だったけど、
      現在では、変わりました。」
      という女性が、もしおられましたら、ぜひ教えてほしいのです。

      Q1 どういった経緯・背景で、「反論はせず、気に入らない主張そのものを潰そうとする」ような性格になったのですか
      Q2 どういったきっかけで、その性格が変わったのですか

      0

      1. ブッチャーさん、
        極端なタイプではないですけど、私も昔はもっとそっち方向でしたよ。

        A1 
        日本の土壌といいますか、文化といいますか、言葉ひとつとっても、主語をいわなかったり、数を言わなかったり、曖昧ではっきりしない、相手が意を汲む部分がありますよね。他にも、日本発着の飛行機で見る日本映画に、すごく違和感感じるようになりました。はっきりきちんと話し合わないというシーンが多すぎて。あと、学校の話だと、女の子が男の子を蹴ったり、こんなの見たことないです、こっちで。あとは、反論せず気に入らないと言い逃げ、捨て台詞、というのは、女性に限らず、男性でもしますよね。こういうの、外国に住んでると、日本人に多い気がします。

        A2
        性格が変わったというか、日本でも外国でも社会にもまれ、話さないと通じない外国人夫と議論をたびたびし、子育てで精神的、体力的な忍耐力がつき、自分勝手さはずいぶん削げ落ちました。

        0

        1. Akiさん
          A1 >日本の土壌、文化といいますか~曖昧ではっきりしない、相手が意を汲む部分がありますよね

          それはむしろ、対立を表面上だけは避けようとしたり、ハッキリ主張をして嫌われるのを避けたい心理ではないかと思います(それがいい悪いではなく)。
          しかしここで言われているのは、「相手の話への反論はないのに、話自体をわざわざ潰そうとしてくる女性」です。
          彼女らは、意見内容の対立なんて存在しないところへ、妄想人格認定や罵倒、さらには相手の主張内容を捏造をしてまでも攻撃しようとする方々です。ですので、Akiさんの話とは、むしろ逆なのではと思いました。

          A2
          なるほど。厳しい環境や経験を積まれたことで変化したわけですね。
          やはりそういう外的要因・リアルな必要性がないと難しいのでしょうね。

          0

          1. ブッチャーさん、
            なるほど、そういう女性の話ですね。誤解して、的はずれな返事をして失礼しました。

            ブッチャーさんのおっしゃる「主張について反論はせず、自分、自分たちに不利な主張、気に入らない主張をしたことそのものを潰そう』とするタイプの女」の被害に近年あったので、その経験からも考えていました。

            思うに、自分の考えに絶対的な自信があり、思った通りに物事が進まないと、他の意見は、悪と決めつけて排除しようとしたり、それがうまくいかないと、被害者ぶって、自分を正当化しようとしてるんだと思います。

            そもそも、その考えの根拠は、実は、私利私欲だったりするのに、そこに全く気づかないのか、薄々気づいているけど、知らんぷりを決めこんでるんだと思います。その根拠を指摘されると、「そんな風に私を見てるの?」とか、「そんな風に自分は考えたことはないのに、そう指摘するあなたこそ、実は腹黒い」と、逆ギレ演技も披露します。夫だったら、家庭内で収まりますが、相手が私みたいな女性だと、自分は正しいのに、Akiさんにこんなこと言われた、邪魔されたと、頑張って吹聴します。

            ご質問の1と2へのまとめての答えになりますが、ワガママの延長だと思うので、子供の頃からの躾で随分矯正できるのではないかと思います。

            ちなみに、上記女性は、子供の頃から「男の子に負けないように」と育てられたらしい、他の女より優秀だとも思ってるような選民意識のある女性なので、他の人の意見を取り入れて、自分の思い描くプランに変更を加えることに我慢がならないのかと思います。変に勝ち負け主義を子供に植え付けるのも良くないです。

            私は、コメント欄で、常に、ここで学んだことについて、時期が来たら娘に教えると書いたり、躾や子育ての仕方で矯正可能だと思うと書いているのに、そこについては、男性の皆さんは、全くスルーされてるように感じています。

            躾、子育てにおいて、父性からの教育も重要です。関わらないで、女性の本能だからと言っていると、いつまでもそういう女性をのさばらせる原因になってると思います。

            ブッチャーさんは、親の育て方と躾でワガママは矯正できる、という私の主張にどう思われますか?

            育て方の大前提として、親が見本を示せないといけません。子供は良く見ていますから、ガミガミ煩い口だけでの躾は、身に付かないか、小さい頃はうまくいったように見えて、後で反動が出たりすると私は思っています。

            3+

          2. Akiさん
            すいません都合で後半部分についてのみです。
            子育てについてのコメントがみられないとのことですが、このブログで自身の子育てについては、あまり触れたくない方が多いのではと思います。私も他者への激しい批判や下ネタも書き込んでいますので。

            >親の育て方と躾でワガママは矯正できる、という私の主張にどう思われますか?

            それについては、私はまだ答えが見つかっていない状態です。
            もちろん親も大事でしょうけど、同時に「子どもって生まれつきでハッキリ性格があるんだなあ」と、最近感じています。
            私ももちろん、子供がおかしな言動をしたら注意するつもりですが、それが、自分の考える正義・自分の価値観の押しつけになってしまわないか、との不安もあります。それこそAkiさんのおっしゃる「ガミガミうるさいだけの親」になってしまわないかと。

            ただ、万が一我が子が、一部リアルの女性とネットの多くの女性にみられるような、
            『他人を実際の言動内容ではなく、勝手なでっち上げや捻じ曲げで攻撃する』
            なんて真似をやらかそうものなら、「そこに座りなさい!」と、仏壇の前で二人で正座して説教するつもりではいますw

            1+

  2. 投資はなかなかコメントできてないのですが、歴史、経済にはちょっと考えてコメントしても周りの反応が薄かったりしますが、男女ネタでは便所の落書きのようなコメントにもいいねがついたり私の名前を引用したコメントがついたりします。
    たまに、適格に私の人柄を分析したコメントもいただきだいたいあっているので笑えます。
    便所の落書きのような思い付きに真実があるような気はしますけど。

    0

    1. >歴史、経済にはちょっと考えてコメントしても周りの反応が薄かったりしますが、男女ネタでは便所の落書きのようなコメントにもいいねがついたり私の名前を引用したコメントがついたりします。

      そうなんですよ。他のテーマだと、私自身が面白いと思って書いたこと、良コメントもスルーされますが、男女論はしょうもないコメントに続々とコメントがつき、いいね!も伸びて行きます。

      下世話な話ほど、多くの人は興味を持つし、多くの人は身近な話題くらいにしか興味がない、ということなんでしょう。そして、そこに人間世界の真実が隠れているのかもしれませんし、男女論ブログにするつもりはありませんが、これはこれで良いのだろうと思います。

      シン

      3+

  3. 本当にひどいな、どうせお前は女性に相手にされない恨みで暴れているだけなんじゃないのか?
    世の中出てみろよ、素晴らしい人はたくさんいるぞ
    お前の女性像は妄想臭すぎるんだよ
    妙な思い込みでこんな記事を書いて…恥を知れ、女性差別主義者が
    この記事は女性への誹謗中傷、ヘイトスピーチだ
    今すぐ削除して謝罪しろ、嫌な思いをする女性への配慮はないのか?

    1+

    1. ご自分のコメントが私の記事が正しいことの証明にはなっているとは思わないのでしょうか?反論は受け付けますが、そのように喚かれても、困惑するだけで何に対して議論もできませんね。

      シン

      17+

      1. シンさん
        >ご自分のコメントが私の記事が正しいことの証明に~

        自称「一般男性」さんは、女性の中でも中身がダメな方々によくある特徴を、見事に体現してくれてますね。

        ・女性にありがちな愚行A・愚行Bについての話がされる 
        → その話に言い返すつもりで、A・Bをまさに具現化した言動をする

        そして、この手の女性たちご本人に、「一体なにがあってそんな性格になったの?」と聞いても、
        決して答えは返ってきません。むしろ同種の愚行が繰り返されるばかりです。
        ですので、「昔はそういうよくいる感じの女だったけど、今は変わった。」という女性がもしいましたら、上記の疑問に答えてほしいのです。

        kawaziさん
        >悲しいかな息子は女は嫌いでも、エロは大好きみたいで、まさに男は性欲の奴隷

        明石家さんまも、「どんなに男が偉くても、女の乳房にゃかなわない」と言ってましたね

        0

      2. 男性の中には、女性にいい顔したい・女性からモテたいがために甘いことを言う人が必ず現れますから。
        仕事において子連れでの会議出席はOKと言った紀里谷和明氏などは典型です。

        3+

  4. お邪魔します。男女論面白く見させていただいています。
    常日頃女性は「共感」を常に求めている生き物だなと感じます。
    女性が私に何か意見を聞いてきたときに私の意見の内容にはほとんど何の興味も無い。そして女性はすでに結論を持っていてそれ以外の意見を言うと途端に期限が悪くなる。じゃあ聞いてくるなよ!と言いたいです。女性の意見に「そうだね」と言って欲しいだけ。
    正直まともな議論は出来ないと思います。
    まだ小学生の息子にも女は別の生き物だからと教えています。
    (悲しいかな息子は女は嫌いでも、エロは大好きみたいで、まさに男は性欲の奴隷。小学生でこれですから将来は・・・)

    2+

    1. >(悲しいかな息子は女は嫌いでも、エロは大好きみたいで、まさに男は性欲の奴隷。小学生でこれですから将来は・・・)

      男性から性欲がなくなったら人類は滅びますね。

      シン

      1+

      1. 男は性暴力の加害者、だからこそ性欲を否定しなければならいなんだ
        お前らの存在自体が女性をどれだけ苦しめているのか、いい加減わかれ

        0

        1. >お前ら

          あなたが男性だということなら「俺ら」じゃないとおかしいと思います。

          男性が性欲を否定したら、女性と関わるメリットがありません。用事がなければ話すことすらなくなります。当然、子供もいなくなり、人類は消滅しますね。

          シン

          21+

          1. ある女性が、世の中の仕事の大半が男性の体力に合わせてできてるから本当に男女平等にしたら困るという話を聞いたことがあります。

            0

  5. 女性論客の少ない理由の一つは、そもそも、シンさんのブログをみつけない、みつけても、その面白さがわからない、ということで読者自体がすごく少ないんだと思います。

    勝ち負け大好きマウンティング女で、自称リケジョ(なにげに自分は他の女とは違うのよ!と思ってるタイプ、中年で女子という言葉を使うとか私には嫌悪感です)とかいう人が、「この本どう思う~?」と聞いてきたのが、きちんとした文章の載っていない、雰囲気だけで中身がない、と私には思える本でした。彼女にとっては、子育てにおいて、常に初心に帰れるためのバイブルだとか。。。。この上昇志向女、自称自分は他の女性と違って理系思考女子、でも、こういうのを良いって思うんだなぁ、とびっくりしたことがあります。ちなみに、私が「これのどこが良いのか私にはわからない」と答えたら、「え~~~??!!」と驚かれました。アマゾンとかのレビューとかをよくチェックして本を買うような人なので、きっと高評価の本だったんだろうと思います。ここでご紹介できたらよかったんですけど、タイトルも表紙の絵も、全然思い出せません。

    というわけで、シンさんのブログは、一般的な女性の嗜好に合っていないのが、読者が少ない理由ではないかな、と思います。

    8+

    1. グーグル様によると女性読者さんは少なくないみたいです。4割近くいるらしいです。ただ、コメントされる方は少なく、男女論以外にコメントされる方はもっと少なく、中高年層、特に中年層に限られていて、若年層はほとんどゼロです。ほとんどの女性は経済記事、歴史記事にまったく興味がないのだと思います。お仕事記事はそこそこ興味あるみたいですが、機電記事とかになると、男性すら寄り付かないですね。まぁ、世の中の絶対数として文系の方が多いですしね。

      シン

      2+

      1. 女性読者が、実はそんなにいるなんて、驚きました。

        コメント欄に女性が少ないので、女性コメント自体が目立ってしまうので、喚く女性以外の女性論客は駄文にならないように気をつけて書いているから、どうしても長文になるんだと思います。

        歴史記事には興味はありませんが、経済記事、機電記事は面白いと思って拝読しています。ただ、くだらないコメントにならないようにと用心したら、何も書けないのが実情です。

        その点、コメント欄に男性が多いので、男性はもっと気楽にコメントや感想を書かれている印象を持っています。また、「虎の威を借る狐」といいますか、男性のコメントの中には、シンさんと同じ側に立ってるつもりで、大した経験則もない方の印象なのに、女性についてあれこれ好き放題レッテル貼ってるなぁというコメントがあるのも事実だと思います。
        ということで、女性の私からの反撃でした。

        2+

        1. 意外ですが、ぬるり相談にも女性が来ますよ。ただ、中高年の知的レベルのかなり高い人しか来ません。男性は幅広い年齢層が来ますが、やはり知的な人がほとんどですね。無償の頃は頭が悪い人も来ましたが、有償にしてからパタリと来なくなりました。でも、一人だけいましたね。

          確かに女性の喚かない方は真剣に長文をかなりしっかりと書かれる論客しかいないので女性は二極化してますね。男性はリラックスしてチョロっと感想を書いていく人も少なくありませんが、女性でそういう人はほとんどいません。

          確かに私に乗っかってくる男性はいますねw

          シン

          0

          1. 女性の喚かない方は真剣に長文をということでピンときたのですが、お見合いのお断りでも連絡先交換してから無視かかなり悩んで長文で申し訳なさそうにお断りを書いてくる人の二極化してますね。

            0

          2. そう思うと、女性は平均的で極端ではない、という意見は間違っているような気がします。

            シン

            0

        2. Akiさん
          機電記事についてキチンと読んでいただきありがとうございます。
          私の経験も踏まえてリクエストしたのに反応が薄いのが寂しかったです。
          男女ネタだと体験を踏まえると私だとほぼ自虐ネタになり、それはそれで読んでいるほうが楽しいだろうし、身元がわからない程度に自分を出せるのが楽しいかもしれないです。

          0

          1. 私は機電記事、歴史記事はニコさんとの共作だと思っています。我々の思いが文字になり、形になりましたね。

            力作もいくつかありますが、悔しいことに一記事たりとも、バズったことはありません。そして、力を抜いて、適当に書いている男女記事ばかりがバズるので、そういうものとして受け入れるしかないなwという感じです。

            シン

            0

  6. 動物、特に哺乳類は、争いに勝った雄が雌を獲得出来るので、雄の方が脳や体が大きいそうです。
    ただし、社会に出て矯正される事も多いので、厳しい仕事をしている女性とニートの男性であれば、前者の方が話が分かると思います。
    生まれ持った差もありますが、女性は腰掛け的な仕事、実家生活、家事手伝い(?)が多いので、残念な比率が高いのでは無いでしょうか。

    ロリコンだったら、[幼いから仕方ない]で済むので、この悩みはありませんね。

    1+

    1. >ロリコンだったら、[幼いから仕方ない]で済むので、この悩みはありませんね

      ロリコンw以外にも、女性を本当に見下しきっている男であれば、その悩みはないんですよね。
      [女だから仕方ない] と割り切れるので。
      しかし、男女平等主義が染みついてしまった男達には、その割り切りができません。

      かつて三島由紀夫が、
      「女に精神性や人格を求めると、『女嫌い』と言われてしまう。女にそれを全く期待せず肉体だけ求める男は、『女嫌い』とは言われない」
      旨を書いていました。
      まるで現代の一部女性達が、
      ・ネットはモテない童貞の 『女叩き』 がひどい~
      と言い出してる状況を、先取りするかのように。

      2+

  7. 初めまして。

    男女論は面白いですが、議論が非常に難しいなあと常々感じています。

    統計的には男女に有意差があることは明らかですし、シンさんがおっしゃる傾向も
    頷ける部分が非常に多いと思います。
    しかし、個別差が大きいので、女性はこういうものだ、と主張すると
    レッテル張りと感じて不快を覚えるのでしょうね。

    女性が性を利用するのは男性が性を求めるのと同じ次元の話で、
    むしろそれをしない人はある種の病気と言えるかもしれません。

    例えば、食欲がない人は摂食障害、睡眠欲がない人は睡眠障害と言われますし、
    異性を愛せない人は性同一性障害と病気になってしまいます。

    ただ、そういう欲求があることと、コントロールできるか否かは全く別の話で、
    理性や忍耐を持って対処できれば男女で協力的な関係を築けるのでは?と思います。
    (男性の大半が性欲を抑えて、性犯罪者にならないのと同様に)

    もちろん、コントロールできずに失敗することもありますが、
    そういう問題を乗り越え、なんとか良好な関係を作っていくプロセスを見ていると
    これこそ愛だなあと感じます。

    5+

    1. はじめまして。

      >しかし、個別差が大きいので、女性はこういうものだ、と主張するとレッテル張りと感じて不快を覚えるのでしょうね。

      男性も個体差が大きいですが、男性は性欲の奴隷だ、と主張しレッテル張りをしても、感情的になって喚き散らす人はいませんね。

      シン

      5+

      1. お返事ありがとうございます。

        >男性も個体差が大きいですが、男性は性欲の奴隷だ、と主張しレッテル張りをしても、感情的になって喚き散らす人はいませんね。

        感情的になってキレる人は何人か知ってますし、twitterで見かけませんか?
        まあ水掛け論になるので不毛ですね、データもないですし。

        ところで、騙りの男女差って感じますか?
        男女問わずに、やっているものだと思ってましたが、傾向とかあるのでしょうか?
        (そもそも、ネットで騙りをしていない人は少ないと思いますが)

        0

        1. >感情的になってキレる人は何人か知ってますし、twitterで見かけませんか?

          男性が感情的になって切れるってことですか?それはそこら中にいますよ。ただ、男性は性欲の奴隷だ、という指摘に感情的になってキレる人は見たことない、という話です。多かれ少なかれ、個体差はあっても認めるでしょう。女性は「人それぞれ」と喚いて、認めようとしません。

          >ところで、騙りの男女差って感じますか?

          感じますね。男性は設定、調査が甘いのに喋りすぎるからバレてしまう。女性はそもそもろくに設定、調査もせずに自分が思うように喋るからすぐにバレてしまう、と思います。男性は盛る、女性はまったくの嘘をつきます。

          シン

          4+

          1. >ただ、男性は性欲の奴隷だ、という指摘に感情的になってキレる人は見たことない
            男性なら誰しも性欲をコントロールできない現実と直面しますから、そこで怒っても仕方ないというのは分かります。高校生ぐらいなら、体目的だろうとからかうと本気でキレる人はいましたが。

            この辺りの男女差をもう少し調べてみると何か発見がありそうな気がしますね。

            騙りの差も生存本能由来な感じで面白いです。
            雄が、自分を盛って大きく見せるというとは様々な動物に共通してみられる仕草ですし、
            女性の騙りは共感することが目的で、事実は二の次という印象を受けます。

            色々と気づきがあって面白かったです、ありがとうございます。

            0

          2. >騙りの差も生存本能由来な感じで面白いです。雄が、自分を盛って大きく見せるというとは様々な動物に共通してみられる仕草ですし、女性の騙りは共感することが目的で、事実は二の次という印象を受けます。

            確かにそうですね。他の動物も似たようなことをするので、本能には逆らえないんでしょう。自称一般男性さんなんて、こんないい加減な設定で騙る意味がないですが、男性だと騙ることで共感が得られると思うから、深く考えずに騙るんでしょうね。

            シン

            0

  8. 私と私の周りのお話ですが、30代になる手前頃になって男性はどんなやりたくないような仕事でも正社員を探して食い扶持を探すのですが、女性は派遣事務やパートやフリーターもたくさんいます。
    よほど親しくないと理由を聞いたら叱られるので聞かないですが、下らないような理由が多いようです。
    友達は、そろそろ将来が不安だからと言ってますがその目標の一つが結婚かなと思いますね。
    性欲がなければ、本当に頑張る気がなくなるんだと思います。

    1+

  9. うーん、日本人は全員恋愛禁止にして去勢すればいいだけでは?わかりあうとか共生とか必要ですか?
    人類は滅びたら困りますが日本人は滅びても誰も困りませんよ(笑)

    0

    1. >わかりあうとか共生とか必要ですか?

      必要ではないと思いますが、そういうのが好きな人もいますよーって話です
      (私は一人が好きなので、ぶっちゃけ興味ないですw)

      ただ、私は結婚は義務だとか恋愛は必要と言われると不快ですし、
      逆に恋愛禁止と言われると嫌な人も多いでしょう。

      みんな好きにすればいいじゃん、というスタンスです。

      0

      1. 恋愛なんかしない方が、男性はずっと楽に合理的に生きられますよ。
        「恋愛」なんて、結局は女からの搾取を口当たり良く言い換えているだけです。

        1+

  10. 私の友人(知人かな?)女性の中にも、話している最中に、急にまったく違う事を言い出して、本当に何の関連性もないことを突然! で対応に困ることがあります。

    そういうタイプの女性が、この記事で言われている、いわゆる議論にもならず、違う話で責めてくる 人が多いように思いますね。

    たぶん。。。なんですけど、彼女達の特徴として
    1.基本、負けず嫌い
    2.でも実力が伴っていない
    3.美人の部類に入る
    4.3をフル利用して、仕事に、恋愛に、婚活に生かして生活している
    5.困ったことがあると、自分で解決を試みようとせず、他力本願

    ただし、このタイプの女性は、女性として最大の武器である「若さ」を失った時、メンタルやばくなっています。
    特に独身(×がついていようが、結婚暦ゼロであろうが とにかく今は独身)の人にそういう傾向があるように思います。

    シンさんのブログで、もしこのタイプの女性が来るとしたら、コメントされたら、どういう事になるのか興味ありますねw

    3+

    1. >シンさんのブログで、もしこのタイプの女性が来るとしたら、コメントされたら、どういう事になるのか興味ありますねw

      何回か来たことありますよ。上から目線で関係ないことをわめき散らして、捨て台詞を吐いて去っていきました。

      シン

      1+

    2. かりりんさん
      >>このタイプの女性は、女性として最大の武器である「若さ」を失った時、メンタルやばくなっています。
      →三十歳、四十歳になっても意識が二十代のままなので、接するのが本当に難しいです。仕事で嫌でも関わらないといけない状況だと大変です。美人で与えてもらうことに慣れきってしまうと、自分が努力する意識、責任感が薄く、スキルアップのスピードが遅いです。仕事を頼むにも無用な気遣いをしてしまいます。
      話は脱線しますが、三十歳で出産をしていなければ、ある程度仕事のスキルを上げて、稼いで納税することで社会貢献する方向にキャリアチェンジするよう社会としても働きかけるべきかと思います。何度も言いますが、定時上がりの楽な事務仕事は子育てと両立しているお母さんに積極的に譲るべきだと思うのです。
      男性も三十歳までに正社員が一つの道標かと思います。もちろん正社員の雇用環境が責任の割にはそこまでおいしくない状況です。しかしこれも一人暮らしの経験に近いですが、一度は経験をしておかないと、人間的な成長の面でマイナスかと思います。男性の非正規雇用の方が能力的にそこまで劣っていると思いませんが、困難に直面した時に逃げ癖が強い人が多い印象は受けます。業務スキルを上げる資格試験の勉強をきちんとやらない、試験当日にドタキャンする、能力というよりも気の持ちようだと思うんです。

      1+

      1. プライベートだと関わらなくてよい、残念な女性が職場だとそうはいかないですよね。
        Yさんの苦悩が想像できます。

        私はこういったタイプの女性から相談事を受けたりすることが多いのですが。
        聞けば聞くほど、知れば知るほど 結局のところ 自分が楽したいだけなのね?と思いました。

        楽して、良い生活をする というのがデフォルトなので、キャリアを磨くアドバイスをしても馬に念仏?
        聞く耳がないのなら、最初から相談してくるな!と言いたいのですが、要するにこれもただ聞いてほしいだけ。
        解決を望んでいるわけではないんですよね。

        なので、最近は話の流れで、この話って?って思ったら、予め
        これ聞いてほしいだけ?それともアドバイスが欲しい系の相談?と 最初に聞くことにしています。

        自分を客観的に、社会的、家族単位として評価できない人は、何を言っても無意味です。
        結局は因果応報でいつか、その人が非常に困った状況に陥らない限り変わらないだろうと思います。
        ましてや逃げ帰れる実家が裕福だったりすると、一生変わらないでしょう。

        3+

        1. かりりんさん
          >>自分を客観的に、社会的、家族単位として評価できない人は、何を言っても無意味です→その通りですね。ミスを指摘して、改善要望を出した時にミスを認めずに感情的な応対をされるのには苦労します。男女の区別をしたくないですが、女性に多いですね。それくらいならいいでしょと喚いたり。ミスを無かったことにしようと腐心したり。そんな時間があったら、ミスの再発防止に時間を使った方がよっぽど建設的です。だから自分よりも何年も長く在籍しているのに進歩も僅かです。(基礎的な業務知識が書いてある本を渡しましたが、おそらく読んでいないでしょう。)
          こんな体たらくならば、社会人になるなよって言いたいです。低い待遇で中小企業で働いている男性に席を譲った方が良いのではないでしょうか。
          自分が一生懸命やった事実ばかりに目が行き、そのoutputが適正なものであるかに考えが及ばないのかもしれません。一生懸命やってるんだからと喚かれると閉口します。お金を貰っている以上、一生懸命やるのは大前提の筈ですが。
          能力が同等であれば、仕事で男女差別はあってはならないです。しかし、適正で言うと自分で考えて決断して、その結果に責任を取ることが女性には不得意な人が多いなと思います。自分で署名をしているにも関わらず、問い合わせを受けると、私の上長に聞いてくださいという責任回避的姿勢も強いです。
          政府主導で女性の管理職登用を増やすとか正直無理ですよ。権利ばかり注目されて、それに伴う責任がなおざりにされるのは毎度のことですね。
          適性がないというよりも、勉強やスポーツで成果を厳しくジャッジされる経験などが比較的少ないからなのかもしれません。ましてや若いと若いだけで無条件の承認を得られてしまいますし・・・。

          0

          1. Yさん

            >こんな体たらくならば、社会人になるなよって言いたいです。低い待遇で中小企業で働いている男性に席を譲った方が良いのではないでしょうか。

            それは一理ありますね。
            一方で、本当に能力もあって、努力もされていた時期も昔あって。。。
            それでも同期入社の男性が昇進していくのを横目で見ながら、次第にモチベーションが下がっていったという女性社員も中にはいるかもしれません。
            そうなると、どうせ女性だからというだけで、何をやっても正当な評価をもらえない、クビにもならないのなら適当にやるのが一番!と開き直るしかなくなります。

            私にも昔、そういうジレンマに悩んでいた時期がありました。
            今は正当な評価がいただけているので、満足していますが。

            ですから、正しくは、日本の社会風潮として、女性としてのジェンダーを煽る一方で、企業戦士としてもともと女性を戦力として看做していない、もしくは最初からはしごを下ろされている状態なので、少数かもしれませんが、その被害を蒙っている女性社員も少なからずいると思われます。
            Yさんの部下の女性社員に当てはまるかどうかはわかりませんが。。。

            1+

          2. かりりんさん
            >>それでも同期入社の男性が昇進していくのを横目で見ながら、次第にモチベーションが下がっていったという女性社員も中にはいるかもしれません。
            →なるほど。そうやって努力されている方もおられるのは事実ですね。ただし今の二十代から三十代前半の方に限って言えば、その人達が新卒の頃にはある程度男女の待遇差は改善されてきていると考えています。むしろ優遇されている面もあります。

            >>女性としてのジェンダーを煽る一方で、企業戦士としてもともと女性を戦力として看做していない、
            →難しい問題ですね。企業はどうせ出産で辞めるだろうから真剣に育てない。はたまた、入社時に男女差を目の当たりにし、失望したことで、出産をきっかけに辞める。鶏が先か卵が先かの水掛け論になりますが、双方が実直に意見を出し合って、能力のある女性活躍できる環境作りが必要ですね。

            0

          3. 公務員や一部企業では、むしろ女性優遇に憤って、やる気をそがれてしまっている男性たちもみられます。
            もう20年ぐらい前から、進学の時点で、女性合格枠や女性専用奨学金を設けてる大学・大学院が出現しています。そして現在に至るまで、似たような優遇が増えつつあります。

            また採用・昇進では、「何十%以上を女性に」という、人を性別で区別して判断しろ・女性を優先して採用しろという、性差別の権化のような推奨が、公務員や公的団体等では堂々まかり通っています。

            さらには、「男は悪意ない言葉でも女性の気分次第でセクハラ」+「ただし女性が男を触ったり男を侮蔑するのはほぼ自由」という風潮も、いまだに根強くあります。

            ある国家公務員男性は、「歴史の授業で教わったような、『昔はこんな差別・迫害がありました』 的な事に、いま俺たちがじわじわと近づいてきてる、、、」と言ってました

            また、これも10年ほど前になりますが、ある女性経営者は新聞紙上で
            「うちは女性優遇は絶対しません。あくまで平等です」 と、あえて公言していました。
            まともな男女に対しては、「お役所のような女性優遇なんて絶対しない」 というほうが、プラスのアピールになるということが、
            その女性経営者の方はわかっていたのでしょう。

            1+

          4. 女子更衣室が無いとか、女性用トイレが極端に少ない等の企業側の環境整備の怠慢については
            論外だと思いますが、
            本来、能力のある女性を積極的に登用することと、
            女性だということで下駄をはかせて実力以上の地位につけることは、まったく別物だと思います。
            これは、男女を逆にしても、同様だと思います。

            よく、「立場が人を作る」と言いますが、男性については、部下が付いて以降は、
            以前のロックな言動を控えて、いい意味で丸くなった等、変化を感じましたが、
            無理に「引き上げた」女性の場合、やる気ない人はやる気ないままですし、
            教条的なフェミ思想を前にも増して振りかざす、と言った感じで、
            野心家の女性ばかりでもないでしょうし、いわゆる腰掛の状況も女性のほうが多いでしょう。
            本人も昇進が面倒、迷惑そうな場合は、皆が不幸になるだけだと思います。
            女性の管理職登用がホワイト企業ほど目玉人事になるでしょうし、
            今後もこの流れ(女性活躍推進)は続くと思います。

            性犯罪の相談等があり得る警察官や、刑務官等は別にして、
            人の命に関わる治安・保安職は、(男も女も)純粋に実力のみで任命されるべきだと思いますし、
            厳しい訓練に耐えて、場合によっては死ぬよりつらいこともあり得る、
            外国の女性特殊部隊員などに対しては、国は違えど、尊敬の念しかありません。

            最近、色々あって某国では女性防衛大臣が辞任しましたが、
            有事の際は最後の一兵になっても戦い抜く覚悟はあったか(防衛大臣ってそういう仕事ですよね)、
            あったと信じてますが、機会があればきいてみたいです。 

            2+

          5. まずは女性差別にあたる環境改善を徹底させることが第一段階だと思います。胸、臀部を触る、卑猥なこと言う、メッセージで送る、という類の話にならないセクハラを犯罪として厳罰に処すなど、誰の目にも明らかなことから改善すべきです。また、男性すら辛い長時間残業などの習慣を撲滅して露骨な体力勝負にしないようにするのは男性も含めてすべきだと思います。

            そこを飛ばして、能力無視した女性枠を作って強引に力の足りない女性を引き上げるのは社会に悪影響があると思います。当たり前のことを徹底して、それでも女性だからという理由で評価されていないケースが散見されるなら、段階を踏んでアファーマティブアクションも良いと思いますね。

            シン

            4+

          6. 私は現状でも既に多数あるアファーマティブアクション(AA)に反対です。
            あり得ないでしょうけど、仮に遠い未来に、「20世紀後半から続いた酷い女性優遇主義への反省」 などとの理由で男性優遇のAAが始まったとしても、同様に反対します。

            男性差別にせよ女性差別にせよ、どちらも許されない事です。それは当該差別をした加害者達こそが、責任を負うべき話です。
            それを、加害者でもなんでもない人達に、「悪い事した人とお前は、たまたま性別が同じだから連帯責任取れ」 などというのは、不当であると思います。

            ところがなぜか女性優遇についてだけは、
            「A男やB男が50年前に東京で女性差別をしたから、いま長崎在住のX男さんは、連帯責任取って男性差別を甘受してね」
            みたいな政策が、まかり通ってしまっているんですよね。
            これが性別逆で、例えば、 「昔は男だけ徴兵義務負わされてたから、現代の女達はその分女性差別を我慢しろ。」なんて絶対あり得ないのに。

            前にも書いたと思いますが、「男-女」 を、あたかもずっと戦争が続いている外国同士みたく捉えてしまっているような、「性別対立主義」とでも言いたくなるような方々が、この世には一定数いるんだなあと感じています。
            そんな人達に、一刻も早く、一人でも多く、そんな考えを治してほしいと思います。

            0

          7. スイス人の女性が兵役に志願した下記の記事は考えさせられます。
            https://www.swissinfo.ch/jpn/society/44115944
            かりりんさん、美和さんがもし読まれていたら、お尋ねしたいのですが、女性の兵役についてはどのようにお考えですか?
            そして仮に日本が有事になった時にはどのような選択をなされますか?
            頭脳労働など、体力差を考慮思慮した現場で部分的にでも協力したいorやっぱり戦場は男性が行くもの?
            とりあえず何とか平和な日本でこのような思考実験をするのははばかれるのですが、とても大切なことだと思うので、議論の俎上に乗せさせていただきました。
            私の考えは以下です。妊娠可能性の高い二十代までの若年女性(子供の有無に関わらず無条件)と子供を持つ女性で子供が18歳未満の方は兵役は免除。
            子育てを終えた平均的に四十代以降の女性は男性と同様に平均的体力差を考慮した現場に配備。男性については第二次世界大戦に基本的に倣う。(医者、希少性の高い分野の科学技術者、軍事技術、それにに近い分野のエンジニア、暗号解読に貢献する優れた数学者やデータサイエンティスト、外交官は免除→戦況がかなりやばい状況になるまで温存。外交官を除き、しこうしたスキルのある人は世界中でニーズがあるので、さっさと日本を脱出してしまうかもしれませんが・・・)
            あまり日本では論じられることの無いテーマなので、上記の女性お二方のみならず様々な人から意見を伺えたらと思います。

            1+

          8. Yさん

            女性の兵役に関しては、私はYさんのコメントと全く同様の意見です。
            第2次世界大戦では、将来有望な若い男性が徴兵、特攻隊で散っていったのは痛ましく、本当に残念でした。

            また、男女平等は生物学的、肉体的にあり得ないことであり、それぞれの特性を生かした社会作りをすべきというも同感です。

            1+

      2. 筑波山様
        >>最近、色々あって某国では女性防衛大臣が辞任しましたが、
        有事の際は最後の一兵になっても戦い抜く覚悟はあったか(防衛大臣ってそういう仕事ですよね)、
        あったと信じてますが、機会があればきいてみたいです。
        →男女平等の本質を突き詰めると女性の徴兵まで行きついてしまいます。男女平等にはある種の残酷性を孕んでおり。私はそうした風潮を歓迎しません。性差による適性、違いを認めた上でお互いの得意なところを持ち寄って協力しあう、歩み寄る風潮になることを祈っております。
        男女平等を謳う方に筑波山様同様問いたいのです。もし日本が戦争に突入した時に戦場に行く覚悟はあるのかと・・・。戦争は嫌だけど男の人だけが戦場に行けばいいんでしょという気持ちが寸分も無いかと・・・。
        ある意味で力が劣っている、頼っている故に守ってもらっていることを認めた上で、守ってくれている人に対して感謝と謙虚さを持てる風潮が訪れることを祈っております。

        1+

        1. ある国では、女性にも徴兵義務があります。
          で、ここから先はネット情報で、真否確認ができなかった話ですが、
          その国で女性にも徴兵義務が課されることになった経緯は、そこの女性たち自身が、
          「義務や責任、危険の負担も平等でなければ、真の男女平等なんてありえない」
          という理由で運動したから、だそうです。

          徴兵制度自体の是非や、その国の壮絶な状態はさておき、
          上記 「  」 の理屈を理解してる女性って、どの程度いるのでしょうか。

          なお、あくまで私の知ってる範囲では、「女が●●扱いされてる~」・「まだまだ日本は女性に厳しい社会~」 的なことを言いたがる女性達に限って、
          突発的事態が発生した際に、自分で動こうとはせず、男達が動いてくれるのをまるで当然かのように信じ込んでいます。
          逆に、いわゆるフェミ的な要素やバリキャリな感じは少しもしない女性のほうが、すぐに主体的に動いてくれたり、
          あるいは、「ここは女が前面に出たほうがおさまりやすい」と、あえて悪質クレーマーの矢面にたってくれる女性もいます。

          1+

  11. 男性の場合、影響力がある立場にある人のほとんどがまともな考え方をしており、まともな考えをしていない人の多くがニートとか単純労働者など、影響力のない立場に置かれています。

    一方で女性の場合、狂った考え方をする人が政治家や学者など、発言力・影響力のある地位に就いていることが非常に多く、まともな考え方を持つ人のほとんどが発言力のない立場に立たされています。

    女性に対する批判を許さないという錦の御旗は男性はおろか、女性に対しても向けられており、今の世の中の最大のタブーでしょうね。

    4+

  12. >男性の場合、影響力がある立場にある人のほとんどがまともな考え方をしており、まともな考えをしていない人の多くがニートとか単純労働者など、影響力のない立場に置かれています。

    →今日の記事のポルポトもそうですけど、狂った男性思想家のせいで社会が崩壊した例は歴史上たくさんありませんか?
    宗教指導者なんかは男ばかりですし男女差を論じる意味は無いと思います。

    3+

    1. 男女差を論じるのは無意味だと言われるなら、シンさんのこの記事に言ってください。
      それともシンさんに言うのが怖いから私に言っているのでしょうか?

      6+

      1. でらさん 

        もうあなたの屁理屈はいい加減飽き飽きなんですけどねw
        極端な思考をする人の社会的地位に男女差をあてはめる、論じる意味は無いんじゃね?と書いただけでしょ。
        いい加減にしろよw

        7+

        1. 私もくろねこさんとは話が合いそうにないです。
          貴方と議論すると不快になるので、絡んで頂かなくて結構です。

          いい加減にしろとか、議論に勝てない負け犬の遠吠えにしか聞こえません。

          1+

          1. >貴方と議論すると不快になるので、絡んで頂かなくて結構です。

            >議論に勝てない負け犬の遠吠えにしか聞こえません。

            →ご自分の言葉をよく読みなおしてみましょうw
            天に唾するとは、こういうことだと思いますw
            あなたは他人の痛みには鈍感だけど自分の痛みには非常に敏感なんでしょうねw
            左翼的な思考の方々にありがちな傾向ですね。

            5+

          2. 屁理屈だと言われますが、それじゃあ、どの部分がどう屁理屈なのか教えてくれますかw

            そもそも、理屈と屁理屈の明確な基準なんてあるのでしょうか。
            それこそ受け取った側が自由に決めているものでしょう。セクハラなんかより遙かに曖昧な基準ですww

            あと天に唾するって、くろねこさんは神にでもなったつもりなんですか?
            そんなこと、畏れ多くて私はとても言えませんwww

            0

          3. 二人ともこの辺でやめてください。そんなことで争っても面白い話になることはありません。

            シン

            2+

          4. 確かにそうですね。ここで終了です。
            これ以上コメントするつもりはなかったのですが、dwさんから煽られてつい、書き込みました。
            今後、私はくろねこさんとは議論しないことにしますので、よろしくお願いいたします。

            0

          5. でらさんが聡明なのは明らかですし、それはでらさんにあまり好意的でないdwさんも認めるところです。議論にならないと思ったら流して下さい。管理人の私はそうしてます。意見の違いはあれど、お互いに尊重は必要だと思います。

            シン

            2+

    2. とんでもないマスキュリストの男性権力者が本音をぶちまけると強烈に叩かれますが、強烈なフェミニストの本音をぶちまけても、誰も何にも言わない、と言うのはあると思います。

      シン

      2+

    3. くろねこさん

      彼の屁理屈は相手にしなくて良いと思いますよ。
      負けず嫌いで独善的、他人の性格批判や煽りも厭わないタイプです。
      この件も、nobunobuさんとのサクラ云々問答についても、また屁理屈を言ってるなぁと私は感じました。
      正しい情報提供もするので有益な部分もあるのですが、自分の間違いは絶対認めないので、そこが人間的に惜しい性格だなと思います。

      8+

  13. >確かに女性の喚かない方は真剣に長文をかなりしっかりと書かれる…

    ですが、長々と語る割りには何が言いたいのか分からないコメントをする人が多いですね。つまり喚かないというだけで、反撃には変わりないからだろうと思います。

    5+

    1. Canadaさん、
      いい加減に、具体的に私を名指しで批判して、議論したらどうですか?

      「じゃあ、妻の奴隷」のコメント欄で、私が、2018年5月19日 12:1 AM にしたあなたへの反論に対して、きちんと議論せず、こんなところで、また、ちゃんと名指しはしないけど、あの時、くろねこさんと私に反論されたから、ここ他の方に乗っかって憂さ晴らしですか?

      そんな暇があったら、「妻の奴隷」の方のくろねこさんと私にきちんと反論して下さい。

      6+

  14. しかし、いくら異性のフリを完璧にこなすのは難しとはいえ、
     ・意見内容には全く反論できず「モテない男の逆恨みだ~」と喚く
    これで男のフリができると思っているのは、
    いくらなんでも男について、あまりに無知すぎだと思います。

    ネットの一部女性達を見てると、男への無知さ(性経験ではなく、男の性格・傾向・性欲等について)に驚いたり、
    『へえ、女性だと社会の半分を占める存在にここまで無知でも、生活していけるんだなあ、、、』と驚いたりします。

    仮に、『社会的にも異性としても、男らからどう思われようがどうでもいい!』 と思っている人であれば、そりゃ勝手ですよ。
    でもちょっとでもそれらを気にするつもりがあるなら、
    ・『男は、「相手の意見内容にはまったく何一つ反論できないのに、妄想人格攻撃だけを繰り返す」 なんて真似は、しない』
    この程度のことは、知っておいたほうがいいと思います。

    1+

  15. このブログも女性への性暴力を構成しているということにいい加減気づいてほしいですね
    なぜ男女論を語る必要があるのでしょうか?
    なぜ男性が女性について、よく知らないのにあれこれ語ることを許さないといけないのでしょうか?

    この際だからもう一度だけ
    シンさん、あなたは男性なのだから知ったような顔をして女性について語るのはやめてもらえませんか?

    2+

    1. なぜ男性が女性について、よく知らないのにあれこれ語ることを許さないといけないのでしょうか?
      → 言論の自由、表現の自由というヤツです。
      世界人権宣言第19条と日本国憲法第21条において保障されています。
      ゼツユルさんのやろうとしていることは、検閲ですよ。

      5+

    2. >このブログも女性への性暴力を構成しているということにいい加減気づいてほしいですね

      根拠を示してもらわないと、その妥当性も判断出来ませんよ。

      >シンさん、あなたは男性なのだから知ったような顔をして女性について語るのはやめてもらえませんか?

      前にゲイの話をしたときに、私の認識に誤りがあり、ゲイの方が論理的に誤りであることを説明してくれました。私は大変感謝しましたし、他の読者さんも勉強になったと思います。当事者でないからこそ、知らないからこそ、考えを記してみることで、正解に近づけるのだと思います。

      ゼツユルさんも単に間違っている、話題にするな、と喚くのでなく、私の誤りを論理的に説明してくれるなら、私は感謝しますし、他の読者さんも感謝して、世の中の誤解が少し減りますね。

      シン

      17+

  16. >「女が●●扱いされてる~」・「まだまだ日本は女性に厳しい社会~」 的なことを言いたがる女性達に限って、突発的事態が発生した際に、自分で動こうとはせず、男達が動いてくれるのをまるで当然かのように信じ込んでいます。

    フェミニスト、or、フェミニストに共鳴してる女性ほど、いわゆる『女々しい、女の腐った…』と呼ばれるタイプの人が多いですね。

    2+

    1. Canadaさん
      >フェミニスト、or、フェミニストに共鳴してる女性ほど、いわゆる『女々しい、女の腐った…』と呼ばれるタイプの人が多いですね

      同感ですね。そもそも、悪い意味で女性に比較的ありがちな特徴
      (論理性・客観性ゼロ、くだらんグループ別対抗合戦大好き、嫌いな相手を捏造のウワサで叩く、等々)を、
      多く持ってる女性だからこそ、フェミにかぶれるのだと思います。

      彼女らが、「女がバカにされてる!」 と主張する際、大抵は論拠が全く示されていません。
      なのでこちらから、
      「では同じ状況で、あなた達と同程度の能力・精神力・異性の扱い技術の男性がいたとしたら、女性の場合と比してどんな高い評価をされたと? またその根拠は?」
      と確認するのですが、質問の回答は返ってきません。
      罵声か、「とにかく女をバカにしてる!」と連呼されるだけです。

      結局、「女性であるがゆえに、同程度の男性と比して、不当に低い評価をされた」 のではなく、
      「男らが私の高い自尊心を満たしてくれなかった」 これを、「女性差別だ!」 と勝手にでっち上げてるだけです。

      彼女らの中身で万が一男だったら、今よりもはるかに悲惨な扱いされるというのに。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です