じゃあ、新幹線殺戮

また、新幹線で痛ましい事件がありましたね。日本は諸外国と同じように安全ではないし、病んでいるんだな、と思います。感想を書き記したいと思います。

背景

小島容疑者は発達障害だった、という報道がありますが、どの程度なのかはわかりませんが、このような大事件を起こしてしまうくらいですから、何かしらの障害は持っていたんでしょう。でも、おそらくはコミュ障程度の良くある生きにくさ、だったのだろうと思います。

前にも記事にしてますけど、精神状態なんて目に見えないし、数字にもならないので、非常に曖昧なものであり、事前の診断はともかく、結果として問題を起こして他人に多大な迷惑をかける人は何かしらの障害を持っていると言えるだろうと思います。

異様さを覚えるのが、父親が完全に他人事のように捉えていることです。これほどの大事件を起こして、まったく無関係な人を死に追いやっているのに、近所の人みたいなコメントを出しているのは良くあることではなく、関係が冷え切っているにしろ、普通は申し訳ない、というでしょう。

そうした父親、おそらくはその父親の言いなりである母親と絶縁になり、救いの手を祖母、伯父に求め、祖母の養子になっているわけですから、単なる親子間の不仲ではないな、と思います。孫養子なんて相続対策以外では聞いたことありませんよ。

祖母の元でも立ち直ることがなく、職を転々とし、やりがいを見つけることもなく、劣等感と挫折感に苛まれ、精神を病んできて、今回の犯行に及んだ、とするなら、本人が持って生まれた資質より、二次障害の方が大きな要素を持っている気がしますね。

新幹線

新幹線で無差別殺人が起こるのは初めてではありません。そろそろ国、JRは手荷物検査をすべきなんだろう、と思います。利便性が落ちるので嫌ですが、こう何回も事件が起こると誰のためにもなりません。新幹線のイメージダウンにもなります。

ふと思うと、東海道新幹線って、のぞみを選択すると、新横浜を出ると名古屋までは一時間以上密室状態であり、飛行機とそんなに変わらないんですよね。厳重に手荷物検査をする飛行機だって近距離便なら一時間程度のものです。

ドル箱の東京大阪間で、新幹線を利用する理由は中心部から中心部に移動が出来る、座席がゆったりしている、本数が多い、待ち時間が短い、などの理由が挙げられますが、手荷物検査がないのも有り難いです。飛行機みたいになんども手荷物検査をされると、それだけで面倒です。

そもそも、公共交通機関を安全に使えることが幸運なことであり、アメリカなんかでは汚い車内、構内に貧困層がいて、乞食をしているような路線も少なくなく、日本もプライベート空間でないと安全が確保できない時代なんでしょうね。

被害者

まず、殺戮者に勇気を持って立ち向かった梅田さんのご冥福をお祈りします。その上で、こういう事件に不幸にも接してしまった場合の対応策を考えたいな、と思います。梅田さんは勇気、正義感が溢れる人で、それは素晴らしいが、正しい対応ではなかったのかもしれません。

興奮して、凶器を振り回す狂人にまともに立ち向かうのは危険すぎますから、警察など、その道のプロでも身を守りながら時間を稼いで狂人を落ち着かせるように立ち回ると思います。どんなに鍛えても刃物で刺されたら致命傷になりかねません。

誰も致命傷を負わないように襲いかかる狂人を止めつつ、興奮が収まって、話し合いが成立しそうになるまで、出来るだけ被害を最小化するのが良いのでしょうね。秋葉原事件でも、警察は細道に誘導して観念させています。

梅田さんの座席は小島容疑者、被害者女性から少し離れており、正義感から飛び出て、大声を上げて、正面から対峙したのでしょうから、これだと、小島容疑者は益々興奮することになり、実際、梅田さんは滅多刺しにされているようです。

様子を見て、静かに後ろから近づいて小島容疑者を止められないなら、黙ってチャンスを伺っているのが正解だったんでしょう。小島容疑者は素人ですから、背後を見せるチャンスはいくらでもあったでしょうから、そこでタックル、羽交い締め、他の加勢を得るのかもしれません。

とは言え、こんなことに遭遇したら、呆然としてまともに動くことすらできないのが凡人です。妊婦の女性は叫んだそうですが、これはもっと危険なのに恐怖から叫んでしまうわけです。私が近くにいても、梅田さんほどの勇気、行動力もなく、何もできなかったことを悔やむのだろうと思います。

まとめ

色々考えるところがありました。発達障害の支援が進み、生きづらさを感じる人に理解が得られるようになりつつありますが、だからと言って、その責任を取るのは本人でしかありません。社会は面倒を見ません。ナマポもらって生ける屍になっても、それは本当の意味で生きていると言えるのか?は疑問です。

教師、同級生、上司、同僚と上手くいかなきゃ、組織から弾き出され、子供は定時制高校などの他の道に進むことができても、大人になれば、やはり社会で生き残るしかないわけです。そういう時に唯一の絶対的味方であるべきの親が突き放したら、誰が辛い時に救いになるのか?とも思いました。

新幹線は残念だけど、手荷物検査をすべきで、するだけでも心理的プレッシャーになるので、犯行は起きづらくなります。アメリカの空港は手荷物検査を受けると、疲れるくらい厳重にしますけど、それによって変な気を起こさないように警告しているんですよね。

最後に土壇場で見せる本人の行動はその人の全てであり、梅田さんの行動は尊いものでした。もしかしたら、黙っていれば助かったかもしれないし、もっと良いやり方があったかもしれませんが、彼の正義感は尊敬されるものですね。

24+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、新幹線殺戮」への22件のフィードバック

  1. 強烈な劣等感から社会に対しての復讐を感じます。自死を選ぶか他者を巻き込むかの選択で後者を選んだんでしまったのか。バスジャック事件のネオ麦茶を思い出しました。弱い人間程刃物を持って女性等更に弱い相手に襲い掛かり、相手の反撃が怖いので滅多刺しにするのでしょう。目的が社会に対する復讐だとすると、今回はたまたま新幹線車内で犯行が行われたが、路上でもスーパーでも何処でもあり得ると感じます。

    0
    1. >目的が社会に対する復讐だとすると、今回はたまたま新幹線車内で犯行が行われたが、路上でもスーパーでも何処でもあり得ると感じます。

      確かに逃げ場の違いだけで、新幹線だろうが、路上だろうが同じことで、秋葉原事件は人通りが多かったのでもっと被害が多かったわけです。いくら手荷物検査しようが、他の場所で起こるなら意味ないとも言えますね。飛行機は進路を変えられますが、新幹線は無理ですしね。

      シン

      0
  2. 手荷物検査は現実的に厳しいと思います。
    手間、設備導入がかかるだけでなく、危険物があった場合他の輸送手段がないからです。
    飛行機は荷物を預けることができますが、新幹線はできませんからね・・

    現実的な対策としては、警備員かなと。
    1車両には150人乗れます。警備員を3~4時間高速しても2万円くらいだと考えると、1人150~300円の運賃UPで対応できます。
    全ての車両に警備員を配置するのは難しいかもしれないので、ひとまずはグリーン車のみに警備員を配置します。この場合、安全を買いたい人はお金を出してグリーン車に乗ればよいと思います。
    あとは座席が盾になることの周知、問題が起こったときは警報を鳴らして、警備員が到着するというシステム導入もよいかもしれませんね。

    3+
  3. ただでさえレ○プや性暴力で男は女性を傷付けているのに
    こういう時に女性を守れないとか本当に終わってるな
    罪滅ぼしのチャンスだったのに、周りの男たちは何をしていたんだ?

    0
    1. あなたが、犠牲になって殺されればよかったのにね。
      あなたが、殺されても社会的に何の損失にもならないのにね。

      9+
    2. 梅田さんは命を張って立ち向かいました。まさに英雄です。
      これでも日本の男性に文句を言うのですか?一般女性さん。

      2+
  4. なんとも痛ましい事件が起きてしまいました。
    この事件について、3つの観点から検討されて頂きたいです。

    ・精神障害について
    精神障害などと言うものは存在せず、弁護士と精神科医とかいう
    役立たずクズ文系共が利権のためにでっち上げた虚構なので、
    この点は検討するに値しません。原因は何だか考える価値はなく、
    ただ、犯人はコミュ障で社会に適応できなかった、という事実があるのみです。
    以前に私は、この手の社会不適合者は殺処分すべき、
    と書き込んで非難されたので、もう少し穏健にして、
    終身刑のように施設に隔離する、というのはどうでしょうか。
    拘置所の執行待ちの死刑囚のような生活をさせるのです。
    個室で他人と関わる必要がなく、働かなくても食事が出て、
    ネットだけ自由にやらせておけば、本人もそれで快適でしょう。

    ・刑罰について
    現行犯で冤罪の可能性がない以上、もう死刑で良いでしょう。
    犯行は明確なので、裁判をすることは無駄です。
    犯行に至った経緯を聞き出して、同様の犯罪が起こらないようにする、
    などと寝言を言う識者もいますが、それよりも、
    犯罪者は問答無用で即刻殺す、とした方が良いと思います。
    加藤智大もそうですが、この手の自棄になった犯罪者は、
    犯行直後には「死刑でいい」と言っておきながら、
    拘禁されて少しの安定を得ると、見苦しく命乞いするパターンが多いです。
    そして利権に群がる弁護士が、何とかして裁判を長引かせて
    死刑執行を回避しようとして、実に無駄です。
    死人には税金も空気も水も食糧も要りませんから、早く殺しましょう。

    ・手荷物検査について
    現状、新幹線と飛行機では、乗る乗客数が桁違いなので、
    手荷物検査を実施するのは不可能でしょう。
    「のぞみ」は新横浜―名古屋間は無停車で密室と化しますが、
    他の新幹線は結構頻繁に駅に停まるので、飛行機と同列には扱えません。
    それよりも、車掌の権限を強化し、更に武装した警備員を乗務させ、
    不審な動きをした者は即刻射殺出来るようにすべきです。

    3+
  5. >日本は諸外国と同じように安全ではない
    → 安全だと思います。私は東京の山谷、横浜の寿町、大阪の釜ヶ崎といった日本のディープエリアを歩くのが好きですが、汚いおっちゃんから声をかけられることはあっても身の危険を感じたことはありません。一方、外国のスラムエリアを歩くのはマジモンで怖いので絶対に嫌です。

    今回の事件で私が感じたのは、警備強化よりも社会的に排除された人間にどう対応するかです。特に若い男性が社会的に排除されると犯罪に走りやすくなりますので、彼らを排除することなくどう社会参画してもらうかを考える必要があります。
    どんな男性でも社会的に排除されると犯罪を考えるようになり、それはシンさんの好きな孫社長も同じです。
    https://twitter.com/masason/status/14202802709
    (孫社長による総務省爆破予告)

    5+
    1. 初めてコメントさせてもらいますが、でらさんの意見には100%同意します。
      いつきさんの意見には95%同意しません。
      衝撃的な事件事故が報道されるとよく極論を展開する人がいますが常に違和感を抱きます。
      暴走した今回の犯行への罰は死刑が妥当だと思いますし、それは仕方がないと思います。
      それは人を殺したから死刑という単純なことではなく、今回の犯人の人を殺すということの認識の軽薄さと動機に対する私の主観です。
      しかしながら排斥、不寛容、効率化の極致を渋々ながらもしくは進んで受け入れる風潮は誰にとっても月らに生きにくい社会に進んでいくようにしか思えないのです。

      1+
    2. >>警備強化よりも社会的に排除された人間にどう対応するか

      社会から隔離すべきですね。
      社会不適格者収容所を作って、独房に終身軟禁とすればいいんですよ。
      刑罰ではないので、ネットは自由に使わせてあげましょう。
      内職で稼いだ金でネット通販もできるようにしてあげましょう。
      ほとんど働かずに飯が食えて、誰にも関わらずに一生安泰なんだから、
      社会に適応できないコミュ障にとっては天国のような環境になります。
      そして一般社会からは危険なコミュ障を駆除出来て、一石二鳥です。

      問題は隔離処分する基準を決めるのがなかなか難しいことです。
      友達がいない、定職に就いていない、「発達障害」の「診断」を受けた、
      社会に不満を持つ言動をした、等々、
      いずれも機械的に選別をする基準とするには曖昧過ぎるのが悩ましい所です。
      公益を重視して、疑わしきは隔離せよ、で対処する手もありますがね。

      0
      1. >社会不適格者収容所を作って、独房に終身軟禁とすればいいんですよ。
        →思いっきり憲法違反です。また、社会に不満を持つ言動をしたら強制収容所送りというのは、北朝鮮とやっていることが同じです。
         助六さんの言われる通り、排斥、不寛容の考え方が社会を覆ったら、誰にとっても住みにくい世の中になりますし、社会が停滞することは間違いないです。

        4+
  6. >ただでさえレ○プや性暴力で男は女性を傷付けているのにこういう時に女性を守れないとか本当に終わってるな罪滅ぼしのチャンスだったのに、周りの男たちは何をしていたんだ?

    なにバカなこと言ってんだ、クソブスが。
    女は男性の性欲解消の為に存在してるんだから、ヤリ捨て、レイプされていいに決まってるだろうが。
    その為に女は腕力が弱く作られてるんだよ。
    お前みたいなクソブスこそ死ねよ。男性の性欲解消として使えないブスは存在する意味がないから。

    1+
  7. 1名殺害、2名傷害なので残念ながらこの容疑者は極刑にはならないでしょう。
    人権派を謳う弁護士が殺意はなかったと言い出して、傷害致死を訴えるかもしれません。ともかく被害者や遺族感情を逆なでするような展開が予想できます。

    こういった輩は警備の手薄で弱そうな人を狙い、自分が危なくなれば生け捕りされることを前提に行動していると思います。ニュースやワイドショーに取り上げれ、自己顕示欲を満足させることができますし、その後出所までの衣食住は保証され、出所後は再チャレンジのチャンスが与えられますので、本人的にはしてやったりでしょう。
    したがって予備軍含めての抑止力を求めるのならなら、警備やセキュリティ強化といった生ぬるい話ではなく、刃物を振り回しただけで無慈悲で無様な死が待っており、再チャレンジも更生のチャンスもないことを知らしめることかしかないと思います。刃物を振り回したら武装した警察により即排除。説得だの威嚇だのなしで、投降のチャンスすら与えられずに頭部ズドンです。指紋、DNA等身元確認に必要な情報を採取後、焼却。あとからがたがた言ってくる加害者関係者がいたなら、骨と引き換えに要した費用を全額負担させればいいんですよ。何人か見せしめにすれば、あとになって死ぬつもりだったなどとのたまう、いわゆるアマチュアキラーは消滅するはずです。

    そのためにはまずは生け捕りが基本で極端に銃器使用が限定される警察法の見直しが必須で、更に銃器扱いに長けた人材育成も不可欠でしょう。ですからその範囲をアマチュアキラーだけではなく、反社会的勢力、テロリスト、民間人のふりをして領土侵犯する外国人に適用すれば、国防、国内治安維持にも寄与するはずです。

    3+
    1. 現行犯の殺人・強盗などへの刑罰は基本的に死刑でいいと思います。
      現状では何年も裁判をした挙句、ようやく死刑が確定し、
      更に何年も拘置所でタダ飯を食わせた挙句やっと執行では効率が悪過ぎます。

      犯罪を犯した者はその場で殺処分を鉄則とすべきです。
      カツカレーさんの仰るように、反社会的勢力、テロリスト、
      民間人のふりをして領土侵犯する外国人も同様に処すべきです。

      平和と治安は綺麗事では守れません。
      暴力に裏付けされた恐怖のみによって守られるのです。
      凶器を取り出した、不審な行動をした=死、という事を徹底するべきです。
      それでも犯罪がなくならなければ、
      串刺しや鋸引きや火炙りによる公開処刑を行い、
      更なる恐怖を突き付けるしかありません。

      0
  8. 新幹線をなくせばいいだけでは?そんなこともわからないんですね無能日本人って

    0
  9. 極計等の厳罰化はある程度の犯罪抑止力になると思うが、宮崎勤、宅間守、大久保清、等は厳罰化では防げないと思います。日本の刑務所はアメリカの連邦刑務所や中南米の刑務所に比べると天国だと思うので、日本の刑務所自体恐ろしい入りたくない場所にすべきと思う。

    2+
  10. 最近、凶悪な少年事件を昔起こした元少年が、殺人未遂で逮捕されました。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15198178/

    この少年事件は、人間がやったとは思えないほど残虐なもので、知っただけで気分が悪くなります。
    それだけでなく、現在も更生するどころか明らかなキ○ガイの危険人物として有名でした。
    警棒とナイフを隠し持って、近所の人に因縁つけて首をナイフで刺し、連行されるときもニヤニヤしていたとは、本物のヤバい奴です。
    近所の人も、こいつが実際に人を殺していたと、知って驚いただろうと思います。
    こいつは、無職のようですが、どうやって収入を得ていたのでしょうか?
    生活保護の可能性も十分あるので、税金がこんなクズのために使われるのは嘆かわしいことです。

    日本だと刑罰は、残虐さより殺害数・犯人が未成年かで決まってしまいます。
    最近は、事件当時より少年法が改正されて厳しくなってきているとはいえ。
    いくら残虐に人を殺そうが、1人なら死刑にはならないし、少年ならよっぽどでないと無期懲役にならず、10年以下で出てきてしまいます。
    基本的に残虐な殺人なら、
    被害者が1人だろうが少年だろうが、死刑や無期懲役でいいだろうと思います。
    更生したときのメリットより、再犯したときのデメリットの方が、圧倒的に大きいので。

    10+
  11. その当時社会を震撼させた女子高生コンクリート詰め殺人事件ですね。本も以前読みましたが、鬼畜以外のコメントが考えられないし、加害者家族自体が長期間拘束を知らなかったとは思えないし、犯罪の一翼を担っていたと感じます。
    何の落ち度も無いバイトに行く途中に拉致されて、暴行、集団レイプとこの世の地獄のようです。
    少年院や刑務所に入ったくらいではとても更生して真人間になるのは不可能です。
    法治国家なので極刑が相当と思いますが仮に有期刑の場合にはアメリカの連邦刑務所か中南米の刑務所に入れて欲しいです。

    0
    1. 松本さん
      そうです。
      事件自体の残虐さだけでなく、
      加害者が全員少年(それも大学生くらいの年齢ですらない高校生くらいの年齢)な事、
      少年だから異様に甘い刑罰で済んでしまった事から、
      胸くそ悪くてしょうがない事件です。
      極一部とはいえ、こういう事をする人間がいるという事実に、人間自体が嫌いになりかけるほどでした。
      幽遊白書の仙水が、残虐な人間を目の当たりにして、その残虐な人間だけでなく人間自体を憎むようになる気持ちが、わかります。

      しかし、再犯してしまうのは、そいつ自身の問題だけでなく、
      出所後社会に出たら嫌がらせにあい追い込まれてしまうという側面もあると思います。
      実際、出所後も職場でひどい嫌がらせを受けて職を転々とし、追い込まれた挙句再犯や生活保護というのはよく聞きます。

      だから、身近に元犯罪者がいても、嫌がらせは絶対にするべきではないと思います。
      犯罪者に同情しているわけでもなく、
      私刑を許さないという社会理念から言っているのでもなく、
      殺すなり一生拘束するなりしないなら、変に嫌がらせをしても逆上して再犯するリスクが高まるからです。
      遺族が加害者を殺すなどなら、再犯の恐れはなくなるし、
      違法とはいえ結果的に、犯罪の抑止力になるので、悪いとは思いません。
      が、中途半端に嫌がらせしても、再犯してしまうだけなので、
      正義感や感情論や鬱憤晴らしで嫌がらせするのは、絶対にやめるべきです。

      0
    2. その事件を考えるときに、少年法と死刑、精神鑑定による責任能力の有無について考えさせられますね。
      普通に考えて、少年法が更正に寄与してるとは思えないので、廃止までいかなくとも軽犯罪にのみ適用で良いし、死刑は必要だと考えますが、勘定論や思い込み抜きで考えなくてはいけません。
      そもそも、刑が必要なのは
      ・今後再犯しない
      ・今後の犯罪発生を防ぐことにつながる
      といった目的です。死刑廃止論者や、少年法改正反対者、精神病鑑定を重視する人たちは
      ・犯罪者は後先考えないため、厳罰が予防につながるとは考えにくい
      ・未成年は環境に左右されるため、今後更正の可能性がある
      ・精神病と判断されたら、それは病気が悪いのであって人が悪いのではない ⇒ 普通の生活や育て方をしてても、自分もしくは自分の子どもが加害者になる可能性がある
      などの主張があります。
      しかし、市川一家4人殺人事件でも当時未成年だった犯人から「少年法ではよほどのことをしないと死刑にならないと思った」との発言があることから、極刑は抑止力になると思います。
      そして環境が悪かった、精神鑑定で責任能力が無いと認定された人に関しては、社会が生んだ「バグ」のようなものなので、残念ですが隔離するか、極刑やむなしだと思います。
      事件を「起きてしまったことは仕方ない、今後を考えよう」と過去のものにするのに対し、加害者への環境・病気に対しては「起きてしまったことは仕方ない、今後は隔離しよう」ではなく「仕方ない、治そう」と人権擁護に働く姿勢には賛成できません。病気になった時点で健常者ではないので、健常者と同じように過ごさせる必要はないはずです。

      1+
  12. 私が感じるのは今の刑法や刑務所が犯罪傾向に有る者にとっては、全く恐くないので犯罪抑止力に成らないという事です。極刑ですら其ほど苦痛を与えるものではなく、自ら望んで凶悪事件を犯す輩がいるという事実。刑法改正は、今の支配層が危機に感じない限り無いでしょう。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です