じゃあ、テスラの挑戦

少し前にテスラの将来について記事にしましたけど、要点は三つに分けられることを改めて思いました。

単に自動車メーカー、というカテゴリーに入れると、世界中、すべての自動車メーカーの時価総額を足しても、150兆円規模しかなく、これが爆発的に伸びていくとは考えづらいです。中国、インドが底上げすることで自動車を欲しがる人が増えても、先進国で持たない生活が普及することで自家用車普及率が下がったり、自動車の耐久年数が長くなり売れなくなることも想定されるからです。

世界一の時価総額を誇る自動車メーカーはトヨタ自動車、時価総額は20兆円程度であり、テスラは5兆円を超えてGM、フォードという同国の老舗企業を抜いてしまっているので、単に自動車メーカーとしてだけテスラを見るなら、たった年間数十万台しか生産できていない企業としては明らかに割高です。

そうではなく、テスラを世界に革命をもたらす企業だという期待がある為、ひたすら繰り返される目標未達を無視して、株価は勝ちあげます。そして、マスク氏はとんでもないスケールの夢を語り、良識的に見える一般人が熱狂の渦に巻き込まれていきます。特に機械いじり、航空宇宙なんかに興味がある男性エンジニアが入れあげている印象です。

前置きが長くなりましたが、テスラが期待されている点を三つに分けて記事にしたいと思います。

自動運転

まずは自動運転です。人類の夢である自動運転ができたら世界は変わります。私は自動車の運転が好きではなく、仕方なく自分で運転するだけで、他人が運転してくれるなら頼みたいし、公共交通機関が使えるなら、それを優先させるくらい自動車に興味がありません。

そして、自動車の運転はレーサーみたいな特殊な職業を除けば、誰でもできることであり、多少の甲乙はあるにしろ、何の付加価値もないことだと思っています。料理も同じことでトップレベルの料理人、それ自体が面白いと思う趣味の人を除けば自動になればいいと思います。料理はインスタント食品、半自動化が達成できているのだから運転だって何とかならないの?という気持ちになりますね。

しかし、料理はさほど危険なことではなく衛生問題さえしっかりすれば、人間が死に至ることはありません。仮に食中毒になっても特殊なケース以外では死にません。でも、運転はかなり気を付けても人間が死に至ることがあります。どんなに運転が上手くても、歩行者が飛び出して来たら避けられないことはあります。

テスラ、マスク氏は自動運転で革命を起こす、と言い切っていますが、実務部隊のエンジニアは「ちょ、待てよ」と言い返しており、自動運転のレベルはいくつかの階層に別れ、部分的には自動制御が可能になっているが、マスク氏が主張する完全自動運転の目途は全然立っていないのです。

自動運転の試みは世界中で行われており、シンガポールは交通状況の統制が取れており、政府の力が強大ということもあり、MITと中心としたアメリカ勢もシンガポールに来ていますが、大きな成果を出すには至っていません。突発的状況の変化に対応できないからです。

自動生産

次にテスラは物価が世界トップクラスのカリフォルニアで生産すると言っています。それはロボットによる無人ラインを設置するからであり、単純労働者が消滅し、ラインマネージャー、メンテ、などしか必要ないので、人件費は関係ないんだ、といい張っています。

しかし、現実はそんなに甘くはなく、ロボットメーカーもテスラの要求に合うだけの供給はできておらず、実質的にはかなりの単純労働者が生産に携わっているそうです。去年の年末、マスク氏はクリスマス休暇返上で工場にべたづきしたそうです。

これも、単純労働者は人間がするのをやめようよ、という製造革命を起こそうとしているわけで、成功すればとんでもないことになります。先進国は製造ラインを自国に取り戻すことができます。製造が戻れば、雇用は確保され、経済が回りますからすごいことです。

EV化によって部品点数が減るにしても、自動車ほどの複雑な機構をした製品が完全自動化された例はありせん。既存の自動車メーカーは半自動くらいがせいぜいです。ロボットが増えるにしても、大量の期間工を雇って対応しており、人の手が最低限になるなら、本当に革命的な工場になるでしょう。

電池革命

EVというのは理想です。排気ガスが一切出ないので、グリーンテックによって作られた電気で自動車が安全、快適に動くなら、世界の環境はかなり改善されます。エコというテーマはお金になりますし、各国政府も補助金を出して援助しています。

発展途上国は排気ガスで青空が見えないくらいです。ディーゼルエンジンによって欧州の空は汚された、と言います。もちろん、自動車の排気だけが環境汚染になっているわけではないですが、一つの要因が消えることで大きな進歩となることは確実です。

しかし、現段階でコスト、耐久性、量産性のある自動車用電池はありません。パナソニック(旧三洋)の電池はマスク氏に評価されており、一社購買となっていますが、5分充電で一日は走れるとか、一晩充電で一週間は走れる、という性能のものではありません。そして、まだまだ価格が高いです。

電気を扱う各社がしのぎを削って電池開発をしていますが、今のところ、革命的、ブレークスルーになるような開発はできていません。それをテスラができるのではないのか?という期待感もあるんですが、今のところ、何かしらの方法で突き抜けるような何かはありません。

まとめ

三つの内、どれでもいいので一つやり遂げられるなら、テスラは自動車メーカーという枠を超えた支配的企業になるでしょう。そのノウハウは他の業界に進出していき、ジャカジャカと富を奪えるような圧倒的存在になるだろうと思いまうし、そう信じているから株主がついてきます。

実際、マスク氏は他にも事業を持っていますし、テスラが起点になって、交通革命、宇宙開発、とか、とんでもない大きな夢が一つずつ繋がっていき、ワクワクするような世の中になっていくだけの力があるのかもしれません。しかし、今のところ、数字はついてきていません。

ともかく、弾(汎用車、モデル3)を込められるなら撃つことは出来る勢いがありますが、弾を用意できない可能性が高くなりつつあり、そうなれば、資金が回らなくなります。とにかく、生産体制が整わないと、どでかい夢を追っていけなくなります。マスク氏は危機を乗り越えられるのでしょうか?

5+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、テスラの挑戦」への9件のフィードバック

  1. 確かにテスラは思ったようには自動運転の普及が出来ていないのが現状ですね。
    自動運転中の事故がマスコミでも話題になったりしていますが、そのほとんどは予測不可能な突発的な事故がほとんどのようです。人間が運転しても、避けることが難しい突発的な事故になり得ることはありますが、対コンピューターとなると、一斉に批判が集中しますね。対人間よりも、批判しやすいのでしょう。

    Model 3 は最近はさほど話題に上ってきていませんが、スペースXの話題は活気があります。
    私の自宅から、スペースXの試験的打ち上げがよく見れます。
    特にその時間にあわせて空を見ている訳ではありませんが、自宅のパティオでお茶している時などに、ふと目にすることがありますね。たまたま運が良かっただけだとは思います。

    マスク氏はいろんな夢を語っており、前例にこだわることもなく、机上の空論だけにせず、とりあえず資金を集めてやってみよう!マスク氏なら何かやらかしてくれそう!と思わせる、エンジェル投資家が後を絶たないように思います。

    女性から見ても、十分に魅力的な男性で、何となく映画のIron Man 主人公を彷彿とさせます。
    私もマスク氏は応援したいですね。でも彼の成功は、日本の更なる衰退を暗示しているようなものでもあるので微妙なんですが。。。

    そういえば、テスラで一時期働いていた日系人の方の話だと、とにかく休日、祝日関係なく、しかも無理な要求をマスク氏から直々にオファーされることはザラにあるそうです。ある時、テスラの工場建設がほんの少しずれ、不足している資材調達が間に合わない旨を報告した際、電話で「すぐに来い」と、気づけばすでに飛行機の予約が既に行われており、数時間後にはカリフォルニアからNYへの便に乗って、マスク氏とのミーティングに向かっていたそうです。(その時、マスク氏はNYにいたようです)。ミーティング自体は2時間ほどで終わったそうですが、かなりの叱責にあい、出きなければクビ!と言い渡されたそうで (苦笑) で、すぐにカリフォルニアへとんぼ返りという。。。

    結構、社員は大変なようです。

    それを聞いて、私はテスラで働きたくないな。
    ただの傍観者、応援くらいにしておこう!と思いました。(笑)

    1+

    1. 突発的な事故はドライバーの判断力が優れていれば避けられることもあり、それはドライバーの責任になりますが、自動運転だと誰が責任を取るのか?という話になります。この辺の法整備もしっかりしないと、裁判が絶えなくなるでしょう。

      ジョブズ氏を彷彿とさせるカリスマ独裁者ですね。ムチャクチャが嫌なら関わるな!っという話なんですが、妙な色気がありフラフラとついて行ってしまうのがこの手の人物の特徴です。

      シン

      0

  2. >特に機械いじり、航空宇宙なんかに興味がある男性エンジニアが入れあげている印象です。
    シンさん、まさにこれです。
    うちの夫をはじめ、周りの同じような人たち。

    私も仕方なく運転している人間なので、自動運転が発展するとありがたいと思っています。
    ベンツもEVトラックを発表しましたが、ベンツの乗用車と業務用車(トラック、バス、バン)を作る部門の人たちのカラーは全然違うんだそうです。
    業務用車部門は、エンジニアの力が断然強いらしく、実際、ベンツの業務用車は本当に運転しやすいです。
    ノウハウや今まで貯めて来た情報で、この部門が本気を出せば、テスラのトラック技術はすぐに抜いてしまうかもしれません。乗用車部門はまだまだでしょうね。時代遅れな社内政治好きなおっさん達はいつまで経っても口だけの気がします。

    単純作業はロボットにさせる、っていうのも、本当に早くそうなってほしいです。
    料理は自分で言うのもなんですが、レシピさえあれば、ある程度のものは何でも作れる自信はありますが、できれば、どんどん手抜きしたいです。栄養面も考えると、正直、とくにあれこれ手を加えず、旬のものをそのまま食べるのが、時間も労働も必要なく一番かなと思うようになりました。

    0

    1. EVに関してはベンツに限らず、VW、トヨタという大手が本気になってきているため、既存の技術の範囲内で生産するなら、テスラは太刀打ちできないだろうと思います。何かしらのブレークスルーがないと経験の差がモロに出てしまうでしょう。「それでもマスクなら、マスクならきっとなんとかしてくれる」とスラムダンク、仙道風の期待感があるのも不思議です。

      シン

      1+

  3. 私もシンさんと同じで運転があまり好きでなく、疲れた日や眠い日は運転したくないですね。
    運転の自動化に期待します。

    0

  4. モデル3生産量未達で、ここ最近で株価は20%以上の急降下をしてますね。自動車を簡単に大量生産出来るとは思わないので、この機会にさらに株を買い増しているものの、見通しは不安定ですね。
    それでも、彼ほど魅力的な方向性を示している経営者は他に見当たらないので、アイドル感覚で、引き続き気になる存在です。第2のテスラにあたる会社も、出てきてくれたら、競いあってもっと面白くなりそうですね。

    0

    1. 小さなものとはいえリコールも出してしまいましたし、このままだとキャッシュが持つか?という感じです。モデル3は納車待ち一年以上なので、弾さえあれば、、、という感じですが、その弾が明らかに足りてません。

      色んな意味で見た目がかっこよく、テーマがハッキリしているので引き込まれるものがあり、そういうわかりやすさ、は厳しい展開を打開することが少なくないので、いつもの「マジック」に期待する人が絶えませんね。

      今後の展開はドキドキワクワクしますね!

      シン

      0

      1. 結局、ドキドキワクワクに弱いんですよね。先日記事にされていた奥崎謙三氏(まだ怖くてDVDは観れていませんが)なども、違う切り口でのドキドキ感がありますし、不安定なものを求めるのは、人間の習性なのだと思います。

        0

        1. ドキドキワクワクは不安定であるだけでなく、徹底して突き抜けてないと冷めてしまうので、鬼気迫る本気が要求されます。マスク氏はクレージーを体現してますから痺れます。

          奥崎謙三氏は完全に狂気の世界であり、ドキュメンタリーを見ているだけでこちらの精神をぶっ壊されるくらいの迫力です。二、三日は寝付きが悪い、肉が喉をすんなり通らなくなりますよw

          シン

          0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です