じゃあ、タイ国王陛下の逝去

まずはタイ国王陛下のご冥福を祈ります。

国王陛下

タイ国王は日本の平成天皇陛下と違って、絶対王政の匂いを多分に残した君主で、昭和天皇陛下に近い存在だと言っていいと思います。直接的な統治権はないものの、混乱時のバランサーとして、タイの安定に長らく寄与してこられましたし、タイ国民から愛された素晴らしい君主でした。

日本企業がタイに安心して投資して来られたのは政治混乱はヤバイ状態に行く前にこの国王陛下が収めてくれるから、少々のどんぱちはパフォーマンスでしかなく、しばらく放置しておけば、それらしくなっている、と言う安心感が大きな理由の一つです。当のタイ人もそう思っていて、陛下がいる限り、タイが内乱に陥ることなどありえない、と思ってきました。

今回、陛下がお隠れになったことで、タイ、タイ人、在タイ外国人は大きな精神的支えを失ったことになり、忍び寄る本格的軍政復活の動き、賄賂政治、民主化運動、など、いくつかの分派に別れ、タイが混乱に陥る危険が否定できなくなりました。こんな時は跡継ぎがしっかり舵取りをして、落ち着かせなくてはなりません。

跡継ぎ

跡継ぎは長男の皇太子殿下に決まりましたが、この人は父上に似ることなく、かなりファンキーな人で、ついこの前にドイツ、ミュンヘンで頭のおかしいパンクロッカーみたいな格好で空港に現れたのが報道されているのからわかるように相当な問題児です。単なるボンボンなら、笑い事ですが、彼は皇太子なんですから、笑えません。

公式に三回の離婚が確認され、二度目の妻は子供と一緒にアメリカに追放、王族としての地位、王位継承権を奪い、三度目の結婚は元ストリッパーだったことが暴かれ、宴会で裸で立たせていた動画が流出、この人とも離婚し、端金渡して、故郷に送り返し、三番目の子供はミュンヘンにいて、そこに別荘があり、愛人を囲っているそうです。

この人は国王になる資質がないので、他の人がやったらどうですか?、という話題はずっとありますが、実現性は乏しいです。王位継承権を持つ妹がいて、よく出来た人なんですが、既に高齢で、子供がいないので、国王になっても、すぐに跡継ぎ問題が浮上し、皇太子殿下は子供がいるので、そっちに継承権が移るため、あまり意味がないのです。王位継承権を持ち、ミュンヘンに住んでいる王子はまだ小学生だそうです。

国内問題

タイは微笑みの国と言いますが、のんびりした平和な国でもなく、結構複雑な国で、少数民族との衝突、権利侵害、バンコク、それ以外の格差拡大、軍政、賄賂政治、民主化運動、と国はバラバラに動いていて、あまりまとまりがありません。それを国王陛下がまとめていたんです。

タイは軍隊の強い国で、今の首相も軍人で、皇太子殿下も英語圏の陸軍士官学校で学び、タイ国軍にも在籍していました。これは王族によくあることで、イギリスなんかも同じですし、シンガポールの半王族もそうです。日本も戦前はそうでした。今、悠仁親王が防衛大学に行く、とかなれば、サヨクたちが暴れて、手がつけられなくなるでしょうが、世界的にはよくあることです。

さて、皇太子殿下が即位されると、発表されたみたいですが、軍政からされた、と言うのが気になります。皇太子殿下は前述の通り、国民の支持を受けておらず、不安定な立場なので、後ろ盾が欲しい。元からタイ国軍にいた人なので、タイ国軍が後ろ盾になるのは当たり前の流れです。そうなると、暫定政権が本格的軍政に戻ってしまいます。

せっかく軍政から脱去、賄賂政治からも脱去しようという機運が高まっているのに、また軍政に戻るの?、と言いたくなります。二昔前くらいはタイよりミャンマーの方が栄えていたらしいですが、軍政で寂れたミャンマーがようやく軍政から脱去するというのに、そこに戻るんですか?

まとめ

私はタイが好きだし、多くの日本人はタイに多かれ少なかれ関係があり、好意を持っており、タイ人も日本人に好意的な人が多い、親日国家です。その親日国家がカリスマ国王陛下の逝去なら、混乱に陥る可能性があることは残念です。

日本としては内政干渉をしない程度に事態を円満に落ち着ける手伝いをすべきで、内乱になれば、日本企業の資産が失われ、特に自動車産業は一大拠点を失うことになります。国益の為にもなんとか出来ないか?、と思います。

皇室、特に秋篠宮殿下はタイ王室と仲良くしていたので、こういう時こそ、皇室外交で国益を守り、友好関係を強化するべく一肌脱いで頂いたいです。象徴天皇制についての話をして、一歩引いた立場からの国家貢献について、当事者として話をされると、得られるところもあるのではないか?、想像します。

0

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です