じゃあ、残された時間

人生もある時点を過ぎると、残された時間を意識すると思います。

青春

若い時は若さが死ぬまで続くような錯覚をして無敵感に溢れているからこそ、青春とはかけがえのないものであり、人生の中で最も価値のある時間だと言っても良いのかもしれません。

極みを目指す若者ならともかく、凡人は時間に追われるように過ごすことはしないません。気が向くまま無為に過ごして若さを浪費していくものです。少なくとも私はそうでした。

後になってみれば、この時期にしか得られないものは本当に多いですし、若さの無駄遣いをしたことを後悔するものですが、取り返せるものではありません。

もはや、青春を使い果たしてしまった私からすると、若者が青春をどう使うのかは自由ですが、よく自分の頭で考えて価値あるものに使って欲しいと思います。誰も責任をとってくれはません。

中年

三十も半ばを過ぎて、中年になってくると世間知が身についてくるので、無為なことに振り回されることは少なくなりますが、もう時間切れ、ということになります。

後の人生は今までに身につけたことをベースにして残された時間を有意義なものにしようと必死になるわけですが、必死になっても時すでに遅しです。

タイムスリップ物語は焼き回された手法ですが、一定のおもしろさが確保されているのは、中年になると誰もが夢を見る展開だからでしょう。あり得ないから面白いのです。

人生の時間が100年前より伸びたとは言え、四十にして立つ、がギリギリであり、何かを成し得るギリギリのラインが四十歳ということでしょう。ここを意識すると、もはや時間がないことに焦りますね。

老年

還暦に近くなると、もはや積み上げた有形無形の財産しか支えがなくなります。もはや、新しいことをするはほぼ不可能です。趣味ですら今までの流れなしに始められません。

そして、若さがかけがえのない財産で有り、その財産を自分が生かすことができなかったことを悔やむのみです。成功した人ですら、そんな気持ちが少しはあるでしょう。

死が目の前に来て、刻々と迫る終わりにどう向き合うのか、それが「土壇場」ということであり、もはや、いつ死んでもおかしくない状況でこそ、真価が問われるわけです。

老境とはどんなものなのか、わかりませんが、見苦しく生にしがみつきたくはないな、とは思います。それも今までの人生の過ごし方になるなだろうと思います。

まとめ

何をするにも一定の成果が欲しければ、最低3年くらいはいるんです。欲を言えば、10年やれば、何かしらにはなっていると思います。

無為に時間を使えば、何も得ることができないし、関連のないことを摘み食いしていれば、いつまでも素人です。若者が素人でも許されますが、中年が素人なら相手にされません。

日本が伸び盛りの頃なら素人のオッサン、オバサンでもなんとかなったのかもしれません。今後の日本では、そんな人たちはどうなるのでしょうか?社会保障が崩壊するのは目に見えてませんか?

今日という日をこれに使って良いのだろうか?と考えることが増えました。メインの時間だけでなく、隙間時間も有効に使いたいです。無理は効かないので、よく考えて時間を使おうと思います。

やるだけやってダメならともかく、斜に構えて何もしない、現状維持で十分、と考えることを放棄して、地獄に叩きつけられたら悔やんでも悔やみきれません。

20+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、残された時間」への14件のフィードバック

  1. 自分も残された時間を意識するようになりました。

    アメリカに来て、はや20年以上が経過。
    日本に帰りたかった時期には帰れず、このままいけばアメリカに骨を埋めるのか?
    もし日本に帰国するとなると、いつ頃? そのころ日本はどうなっているだろう?
    など、いろいろ考えます。

    とりあえず、日本国内にキャッシュで中古一戸建てを購入しようかといろいろ調べています。
    条件は 古すぎない(ある程度の改装はOK)、寒くない地域、比較的自然災害がないところ、都市部は避けたいが、超田舎でもない、温泉が引ける 等です。洋館で温泉街が理想的。
    *福岡に実家がありますが、母が実家を売却して弟夫婦のいる名古屋へ引っ越すことになったので、日本で住宅購入しようと思いたちました。新築一戸建てを買うつもりはありません。日本の不動産は一度買うと、車と同じで価値が上がることはないのと、マンションは管理費やルールが煩わしいので、安価で良い中古物件を物色中。

    現在の候補地は、大分県別府市、もしくは伊豆なんですが、他にも良いところあったら教えてください。

    0
    1. かりりんさん、

      日本では米国と違ってせっかく借家人の地位が強力に保護されているのですから、購入ではなく賃貸にしてはいかがですか?単に飽きたり、健康を害して自立が難しいほど衰えてしまった場合に転居するのも簡単ですし。温泉を引くとすれば配管の劣化なども激しいでしょうし、維持管理は普通の民家より大変だと思います。地方の流動性の低い不動産市場で将来売却に困る様な状況になれば、売るに売れず自分が維持管理で疲弊するのはまだいいとして、日本では不動産の所有権の相続は放棄できても管理責任は放棄できないので、自分が亡くなった後の家族にまで重荷を残してしまうかもしれません。

      何れにしても別府や伊豆で引退生活なんて心踊りますね。私も温泉地に心惹かれるので、異国に移民して何年経ったとしても、自分はやはり根本的には日本人なんだなぁと思います。

      私もこの記事は身につまされる思いで読みました。コロナで帰国もままらなず、自分や家族の老いを感じて折り返し地点にいるであろう自らの人生の残り時間に思いを馳せることが多くなりました。若い時には圧倒的に責任とお金が無い一方で、健康と時間があり、無謀なことをや馬鹿なことをする自由があり、そして将来は未知数であるとともに成長が期待できました。年とともにそれが真逆になって行くのを実感しています。最近は物事の判断基準が残されているだろう時間に照らして後悔しないかどうかです。家族と自分の生活を支えられるある程度の金銭的な目処があれば、健康で体力がまだあるうちにやることやっちまおう、金も好きに使っちまおう、なんて思ってます。極端なことを言えば、誰だって明日死ぬかもしれないですしね。老人になってから金持ってても若者と同じことはできません。

      5+
      1. >日本では不動産の所有権の相続は放棄できても管理責任は放棄できない

        私も賃貸で過ごす方が良いと思います。何かしらの事情で自分で管理できなくなっても、売ることはかなり困難ですが、管理責任だけは残ります。ご家族が大変だと思います。

        >最近は物事の判断基準が残されているだろう時間に照らして後悔しないかどうかです。

        全くです。時間をお金で買う、という考え方が理解できる歳になりました。

        シン

        2+
    2. かりりん様

      日本の県庁所在地は札幌と那覇以外は温帯に区分されますので白人感覚だと寒いところはほぼないとは言えますが、箱根辺りをどう感じるかでしょうね。寒そうとお感じであれば、関東以西の太平洋岸、更に温泉地となればかなり絞られます。私は西日本は詳しくないので首都圏近郊になりますが、湯河原・熱海(ほぼ伊豆ですが)、房総エリアとなります。

      購入か賃貸かは将来的な管理の問題もあると思いますが、日本の場合、自治会や町内会というカルト組織が幅を利かせている地域が多数ありますので、購入するにせよ場所の当てがついた時点で一定期間近くの賃貸に住みながらリサーチしたほうが良いかと思います。町内会加入費60万円とか、集会所の建替えで数十万の負担とか、かといって加入しないと近くのゴミ集積場にゴミ出しできないとか・・・・購入して身動きとりずらくなるとダメージが大きいです。別荘地帯等、移住者が多い所だとかなり回避できるようですが。

      0
  2. 温泉街はお客様として訪れるから良いが定住するのはどうかと思う。ホテルですらアパート化する時代に高齢になってから家と敷地の管理から隣保とのお付き合いを田舎でするのは余程酔狂でない限りお勧め出来ないと思う。別府も静岡県東部も住んだ事があるので尚更思います。
    伊豆の温泉の引ける別荘地は開発が古く道も狭く敷地の勾配もきつい所が多いので高齢者向きでは無い。

    0
    1. 松本さん

      伊豆高原のあたりですかね。
      あそこの別荘自体は居心地がいいし海もよく見えるのでとても好きなところです。
      でもその一方、確かに坂道も多いし、買い物には車が必須になるので不便かもしれませんね。運転できる年齢まではいいかもしれません。「高齢」と一口に言っても前期や後期などありますし個人差もありますからね。

      0
  3. 私もシンガポール在住20年以上になり、老後の人生をどこでどのように過ごすか考えることが多くなりました。
    シンガポールの生活は便利すぎて、今すぐに日本への本機国は考えていませんが、体の元気な内に一年の2/4(日本の夏冬)をシンガポールで、残りの2/4(日本の春秋)を日本で過ごすのが理想です。現在、時々リモートでやっている仕事をそのまま継続できればコロナ騒ぎが治って自由に行き来できるようになり次第、そのような二重生活をしたいものです。

    最終的に日本に機国することになった場合、一般の賃貸物件は年齢を重ねるともに断られることが多くなるそうで、その場合は最終的には中古マンションを一括購入しようかと考えています。生まれ育った瀬戸内の町には実家も親族も温泉もなく、東京で就職してからは幼友達とも連絡はとっていないのですが、慣れ親しんだ方言に包まれて暮らすのもいいかなと思っているところです。東京地区は物価は高いし地震も怖いし、時々、友人に会うために上京するだけで十分かな。

    0
  4. 皆さまのご意見 大変参考にさせていただきました。
    皆さま、様々なご意見とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    しゅうまいさん
    私もこの記事には身につまされる思いで読みました。
    本当にその通りで、若さとは財産であったなとしみじみ思います。

    オンラインで物件探ししている時に、伊豆の物件は富士山が見える、熱海が近くていいなー、しかも安い!
    カリフォルニアではあり得ない安さにびっくりです。
    東京都心以外だと、結構安くて本当に感動します。

    賃貸はどうかとのご意見を多数いただいたのですが、MDCSさんと同意見で、高齢者はたとえお金を持っていても、賃貸は断られることが多いと聞きます。単に死亡した際、その後始末が面倒だと嫌がるオーナーが多いようです。 それに1年中、日本で過ごすということは多分ないので賃貸は考えていないです。

    温泉街に惹かれるのは、まあ言うまでもないのですが、屋内に温泉があるのは海外では考えられないので、それだけで自分が使っていない時には、海外からの旅行者短期宿泊用に貸すことも視野に入れています。
    それを考えると、富士山が見えて、東京へもそれほど遠くない伊豆に軍配が上がっているところです。

    確かに車でないと不便そうな感じですが、今から20年後を想定すると、自動走行車でUber なんかも普通に利用できる時代になっていると思っています。なので、最初から日本で車を購入するつもりも、運転するつもりもないです。なので、車の運転に関しては心配していません。

    それから、なるほど確かに自分が死亡した後のことを考えると。。。と思いましたが、その頃は日本も今のアメリカ同様、不動産の売買や譲渡などすべてオンラインで出来る時代になっていると信じます。
    *米国での不動産売買は書類一切、全て電子書類、電子サインで出来るところがほとんどです。
    実際にエージェントにお会いしたのは、物件を見せてもらった時だけでした。

    なので、生前財産分与という形で息子か姪っ子にと思っています。
    温泉があるところなら、喜んでくれると思うのですが。。。

    確かに町内会やら今はうるさい人が多いように思いますが、20年後はこれも変わっていると思います。
    そもそも町内会のような組織?そのものがなくなっているかもしれません。

    1+
    1. >高齢者はたとえお金を持っていても、賃貸は断られることが多いと聞きます。

      そう言う人は本当に多いですが、すでに高齢者向けの保証プランがあり、これからもっと充実するでしょう。買う意味はほぼなくなると思います。オーナーはテナントを選り好みできなくなるくらい不動産が余るのはすぐそこです。

      シン

      1+
    2. 私もこれからの日本で不動産を所有する事はリスクにしかならないと思います。理由は他の方々が詳しく述べられた通りです。

      かりりん女史は既にアメリカに長く暮らされ、お子様もアメリカ育ちとのことなので、もう完全に日本人を捨てて、家族揃って日系アメリカ人になられた方が得策かと存じます。

      考えれば考えるほど、この国に将来性は無いと思える様になりました。少子高齢化と晩婚化は最早手遅れで、労働力は減るのに老人・障害者ばかりが増え続けます。利権にぶら下がってしがみ付く、性根の腐り切った無能な役人や文系社員や女どものせいで、真面目に働く現場の男性ばかりが非合理・理不尽に搾取されています。

      それでも私は自民党・農協と癒着した土建の現場で働くしか能がないし、今更英語を学び直して単身でアメリカに渡る覇気はありません。幸いな事に、堅実な仕事をしていたおかげで蓄えはそれなりにあります。早くクズ元妻との調停を決着させ、隠居の世捨て人として、蓄えを切崩しつつ余生を過ごしたいと考えています(隠居地の候補は大阪か福岡です)。情けない中年男と言われれば正にその通りです。

      であるからこそ、有能なかりりん女史には、是非こんなダメな国は見捨てて頂きたいです。もし日本が恋しくなったら、旅行者として滞在されれば良いでしょう。働いて住むには最低ですが、一時的に滞在する分には、物価は安いし民間のサービスは良いし、魅力的な歴史遺産もあって「良い国」です。

      5+
      1. 私もかりりんさんは本帰国する意味はないのかな?と思いますね。

        本帰国すれば、グリーンカードホルダーも国籍離脱税対象になるし、所得税申告義務も消滅しません。面倒なだけです。どうしても本帰国するならアメリカ国籍を取って元日本人として滞在ビザを取れば良いです。そうすれば、日本がトラブルになったらアメリカに即戻れます。グリーンカードのままだと、年一回以上アメリカに戻る必要があり、政策が変わったり、入国管理官の裁量で取り上げられるリスクがあります。

        アメリカ人になり気が向いた時に親元の近くで三ヶ月以内の家を借りたり、温泉地に住んでみたりとするのが良いと思いますね。

        シン

        4+
  5. >>オーナーはテナントを選り好みできなくなるくらい不動産が余るのはすぐそこです。

    その通りだと思います。
    特に地方においては、今後年寄りがどんどん亡くなり残された子供達は親が住んでいた家をどうしようか悩んでいる人が多いくらいです。
    中堅の地方都市でも田舎ほど顕著じゃないとしても、その傾向は変わらないと思います。
    借りて有利になるのは間違いないと思います。

    0
    1. 更に言うなら、Airbnbのように期間決めサービスアパートがどんどん充実するでしょう。家族、親族の近くに本拠地を置き、好きな時にふらっと数ヶ月別府だ、草津だ、と滞在するのは簡単になると思いますね。日本で不動産を買うなんて馬鹿馬鹿しいと思います。

      また、ある程度の年齢になったら自分の資産をどうするかを決めておくべきです。本人に縁もゆかりもない場所に金融資産、不動産があっても家族は迷惑します。あらかじめかなりしっかりとルールを決めておかないと日本語がほとんどわからない息子さんが伊豆の不動産を譲られても迷惑するし、預金すら引き出すのに苦労しますよ。本人が亡くなるとロックをかけられ、手順を踏まないと触れなくなります。シンガポールのコンドは流動性が高いと言っても、シンガポールに来たこともない親戚の子供が相続するとなると途方にくれるでしょう。日本在住、日本人親子相続でも大パニックになることはザラです。

      終活は大事ですね。

      シン

      4+
  6. 皆さま、たくさんのご意見ありがとうございます。

    まず、日本で不動産購入を考えたのは、アメリカ国籍取得をした後のことを考えての事です。
    シンさんのおっしゃるようにGCステータスのままでは、長期米国国外に滞在することは出来ません。
    今、現在は私もフルタイムで働いているため、6か月以上米国国外に滞在することはむしろ難しいのですが、リタイア後は頻繁に米国と日本は行き来する事もあるだろうし、長期日本滞在することも考慮に入れました。

    日本長期滞在の場合、やっぱり温泉のあるところがいい。という淡い憧れみたいなものです。
    でも一番の理由は、住民票と国民健康保険維持のため、日本国内での住所が必要なんです。
    *日本帰国時、特に歯医者に通いたい思いから、住民票は日本に置いたままで、健康保険料や市民税も日本の口座から自動引き落としにしております。米国内の歯医者は定期的に通っていますが、保険があってもかなりの手出しがあります。年間の保険でカバーされるのは私の保険では年間2000ドルまでで、また内容によっては保険会社が負担してくれないこともあります。とにかく高いのです。例えば、歯根治療、クラウンですでに2000ドルは軽く超えます。インプラントに関しては、むしろアメリカの方が保険が適用されるので良い場合もありますが、ほとんどの場合、たとえ国民健康保険料を毎月払っていたとしても日本で治療した方が断然お得です。

    兄弟の住所だけを借りる事も考えましたが、迷惑をかけたくないという思いからです。

    それで、皆さまのご意見通り、賃貸も考えてみることにします。
    日本で不動産を購入するのは、お得ではないのは分かった上で、資産形成のためではありません。
    日本で日本人としての医療を受けるためだけといってもいいかもしれません。

    一番悪いのは自分自身で、まだ米国に骨を埋める覚悟が出来ていないことですね。

    賃貸もなるほど、これからオーナーは貸す相手を選り好みできなくなるというのは納得です。
    賃貸も考えてみます。

    大変、参考になるコメント、ありがとうございます。
    改めて御礼申し上げます。

    4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です