じゃあ、公務員はもう遅い

公務員に夢を持っている人は結構いるのですが、すでにタイミングを逸しているのは間違いなく、今更公務員になっても旨みを味わうことは出来ません。

給与

公務員は高給取りであるかのようなイメージを持っている人が多いですが、これは平均年収が高いって言うことに過ぎません。日本で最も終身雇用、年功序列を忠実にルール化している組織なので、バブル以前に公務員になった人がまだ大量に残っていて、平均を見れば高給に見えるだけです。

一般企業の場合はある程度の年齢になると片道出向になったり、役職定年でガクッと年収を減らされますが、公務員は片道出向がなく、定年まで役職をとりあげられませんから、給料はほとんど減らないので平均年収は高くなります。今の若手公務員が年を取った頃にはシステムが変わっているでしょう。

昨今の公務員叩きもあり、予算が削られているので、若手公務員は中年公務員の高給を支えるためにほとんど昇給していないのが現状です。さらに採用が絞られているので、若手の絶対数が少なく、大量の雑用を押し付けられていることが多いので、全然割に合いません。リストラにならないことを除けば、割のいい仕事ではありません。

日本の現状である「中高年を支えるために若者が食い物になっている」が如実になっている組織です。だって、古き日本の姿そのまま残る組織なんだから、一般企業よりも若者が食いものなるに決まっているでしょう?私には若者が公務員になぜ積極的になりたがるのかが理解できません

技術

特殊公務員を除けば、何の技術も身につきません。つまり、公務員になると、公務員以外はできなくなるってことです。公務員試験と言う難関を勝ち抜いてきた精鋭だとも言えるのですが、世の人はそう思わず、使えない人たちって言う判断をします。この思い込み、社会的評価が重石になります。実際、お役所ルールはそこでしか通用しないローカルルールみたいなものなので、そんなものにいくら詳しくともほとんど価値がないのです。

その上、若手に関しては仕事は楽ではないです。嘘だと思うなら、一杯飲んでから、市役所を覗きに行ってみてはどうですか?深夜まで明かりが普通についていますよ。毎日、定時で帰るのは出先勤務の公務員くらいで、若手はそんなところに配属されません。後は契約制の公務員なら、毎日、定時帰りでしょうね。まともに調べもせず、イメージで語るのが情弱です。

例外は霞ヶ関の官僚で、高学歴、国一突破、国費留学、の栄冠を勝ち取っているんですから、外資が欲しがります。何と言っても彼らは人脈、ブランドがあるんので、フロントとして外に出すのに向きます。もちろん、官僚の仕事は激務ですよ。後は技官はきちんとした技術があれば、欲しがる会社は多いでしょう。最も要らないのが役所の行政職でしょう。

将来

日本が破綻しない限り、リストラが始まることは無いでしょうが、今後は待遇がかなり低く抑えられるのは間違いないでしょう。一度待遇を上げると下げられず途方にくれることを国が学んでしまったので、ギリギリまで飼い殺しにするでしょう。一般企業もそうでしょう?

出来るだけ若者のを食い物にすることで自分たちの権益を守ろうとするのです。何と言っても決定権がある人間が所属する世代を優遇するのは当然です。これも一般企業もまったく同じ構造をしています。問題の先延ばしをして、今、権力を持っている世代が責任を取らない、ということです。

行政職はIT化によって必要絶対人数が減るでしょうし、単純労働とみなされて、ほとんど予算が与えられないのではないかと思います。バブル世代までは逃げ切ってしまって、その後の悲惨な状況を今の若手が押し付けられるようになるんでしょう。

その悲惨な状態が一巡した頃に景気が良くなってきて、誰でも公務員になれるようになり、待遇が徐々に良くなり、不況になり、公務員がおいしくなるっていうサイクルでしょう。その頃には公務員の業務も変わっているのでしょうが、なんでもタイミング、サイクルがあるものです。

まとめ

安易に公務員賛美している人、公務員批判をしている人は「単純な脳みそをした人だな。」って思います。確かに今の中高年公務員はおいしいけど、バブルの頃は一般企業勤務のほうがおいしかったんです。彼らからすれば、「今はその補償を受け取っている!」とでも言うでしょうよ。実際に彼らは新卒でボーナス100万円なんて時代は無かったんだから。

しかし、今から公務員になっても旨みが堪能できる可能性はほとんどなく、おいしい場所はしゃぶりつくされた状態です。おいしくなるとしたら、今から公務員になる人の子供くらいの世代ではないかと思います。歴史は繰り返されるっていうでしょ?

公務員に限らず、なんでもそうなんです。今は持て囃されている仕事なんてバブルの頃は相手にされていなかったし、20年前のシンガポールなんて単なる発展途上国だと思われていました。今では困難になったオーストラリア、カナダの永住権も誰でも取れましたよ。先行者利得を得るために、賢く生きたければ、人がやらないときに行動を移すことです!

4+

投稿者: シン

思いついたことを記事にして、コメントをもらって、議論するのが楽しくてブログをやっています。

「じゃあ、公務員はもう遅い」への29件のフィードバック

  1. >先行者利得を得るために、 賢く生きたければ、人がやらないときに行動を移すことです!

    わりと勇気がいると思うんですよね。他人がやってない事、周囲から理解されない事始めるのって。「これはいけるんじゃないのか!?」と本人が思っても、周りからは「お前何やってんの?」「そんな事やっても失敗するだけだって。失敗した後の人生悲惨だからやめとけよ」「もっとちゃんとしたレールに乗って安定した人生送りなさい」「あいつ馬鹿じゃないのか」「あんな落伍者決定なやつと関わる意味ないよな」って感じに扱われて、結構なプレッシャーだと思います。実際大金持ちになった人の話って、自分は始めた時は誰にも理解されず辞めさせようとしてきた、だけどそれでも突き進んだんだってちょくちょく聞きますし。学歴とか資格とかに頼ろうとするのって、権威があって看板が人生守ってくれんじゃないかって心理がある気がします。どっちにしても結果論では正解も間違いもあるわけですが。というか、「この決断に人生の浮沈が決まってくるのだ。長い努力が当たり前になるし、その上で報われなくてもそれはもう決断した自分のせいなのだ。」ってのをしたくないんだと思います。世間的に認められてる事の方が何か安心感ある気がしますし。一代で成し上がるのって、覚悟がいるんでしょうね。かなり極端な話ですけど。

    2+

  2. 自分の親は地方公務員(市役所、県庁ではない)ですが、公務員の良さは、試験で昇進が決まることだと思います。
    女性も平等に昇進できるそうです。
    あとは、福利厚生は充実しているなあと子供ながら感じます。
    給料は、もちろん民間の方が高いですが、営業などないため、ストレスは少なそうで、その点もいいと思います。

    2+

    1. この記事は過去記事の加筆修正ですので、前に出た意見も踏まえて記します。

      女性公務員は美味しいと思います。産休、育休、休職を繰り返しても退職圧力をかけられませんし、子育てを理由に毎日定時で帰っても、評価が下がりません。年次さえ重ねれば、アファーマティブアクションで、男性公務員より有利に昇進可能です。つまり、公務員の嫌な部分をすべて男性に押し付けが可能です。

      地味に休職制度が美味しく、籍を残したままやりたいことが出来るので、リスクなく挑戦可能です。これは民間企業ではほぼ無理で、半ば退職が強要されます。

      純粋な試験による昇進システムは警察くらいではないでしょうか?他の公務員は民間と同じで、年次、順番がこないと昇進試験を受けられません。

      公務員もノルマに近いものはあります。民間企業でも、法人営業中心だと、ほとんどノルマはありませんので、業種による、というところですから、これもメリットにはなりません。福利厚生は大企業の方がいいですし、中堅企業くらいだと思います。

      シン

      1+

    1. 受かれば、そうかもしれません。国防系なら、フィジカル次第では可能でしょうが、行政職はほぼ無理だと思います。逆に受かる人がFラン文系行かないでしょう?、と思います。

      シン

      1+

  3. 技官で研究所勤務で、論文博士を取って論文も量産してそのうち大学教官としてアカポスに行くのはどう思いますか?あとは技術士とか。本人が幸せに感じる方向が一番ではありますけど。

    1+

  4. むしろ今の時代こそ地方公務員になるべきでしょ
    AIの進歩で大抵の仕事はどうせ無くなるだろうが
    ITと無縁で非効率な役所とかはこの先何十年も生き延びてる可能性が高い
    糞簡単な試験通るだけで犯罪しなきゃクビにならない
    おまけに仕事も楽で贅沢しなきゃ十分な額の給料もらえるんだからコスパ最高じゃん

    1+

    1. ため口でコメントするのをやめてもらえますか?

      特殊公務員を別にすれば、行政職公務員はやりたいことが特になく、仕事にやりがいを持ちたくない人がやるもので、あえて目指すものではないと思います。世間が思っているほど楽でもないし、給料もよくない、待遇の下抑えはかかり続けるし、万が一辞めることになったら、まともな転職はほぼ不可能、という記事ですけど、きちんと記事を読んでますか?

      女性公務員なら、アファーマティブアクションで旨味があると思いますけどね。

      シン

      4+

  5. とは言っても仕方ないんですよね…

    土建じゃ相対的に拘束時間がマシなのが地方の土木公務員なわけでして。
    オリンピックの過労死した現場監督なんか記憶に新しいですよね?

    かといって工学系に来る奴のコミュ力なんてたかが知れてるわけですから文系の美味いところには入れず…
    技術職で入って技術の有無に関わらず閑職に回されるのが楽ですかね(笑)

    1+

  6. シンさん
     私も、公務員は遅いと思います。ただし、相変わらず人気はあります。人気企業・業種ランキングでは、ずっと1位地方公務員、2位国家公務員が続いています。2017年の調査が特に顕著でした。ここ数年は民間への就職は売り手市場です。こういった時は、公務員人気とはならないはずなんですが、おかしいですね。私の近所には、「公務員浪人」が数人います。その中には上位国立大学卒もいます。試験はかなり激戦のようです。国家総合職とか地方行政職だけでなく、教員試験を受け続けている若い人がいます。子供の同級生や先輩にも「公務員浪人」はいます。しかし、そんな何年も受け続けるものなんでしょうか。そこまでして、なりたい職業なんでしょうか。民間が新卒主義で、大学を卒業したら就職は、明らかに不利です。ところが公務員試験は年齢制限がかなり高いようで、社会人枠採用も結構あるとのことです。この影響も大きいのでしょうか。
     私の子供は、売り手市場となる前に就職しました。この時も子供の同級生達は、こぞって公務員試験を受けました。特に長く勤めたいという希望をもった女子学生が、多かったそうです。女性にとっては、よい職業だからでしょうか。
     私の同級生には、公務員がたくさんいます。彼らによると、公務員は50代より下の世代へいくほど、どんどん女性の比率が高くなっているとのことです。地域にもよるのでしょうが、首都圏の地方公務員が顕著だということです。公務員人気を押し上げているのは、女性ということになるのでしょうか。

    0

    1. 女性にとっては美味しい職場だと思いますが、本当はすべての日本の職場が実現しなければならないことだと言えますね。少なくとも出産、育児休暇の取りやすさ、復帰のしやすさは社会の義務だと思います。アファーマティブアクション人事、男性職員への負荷移動はどうかと思います。男性職員は割に合わんなぁ、と言う気がします。

      シン

      0

      1. 現実は、女性の結婚が決まったら遠方へ転勤や異動を命令する会社も多いですからね。

        0

  7. 地方自治体はとても働きやすい職場です。上位国立大卒や有名私大の上位は
    民間企業でなく、地方公務員を目指すべきです。国の上級は男性の優秀者と
    の競争で厳しく、地方への転勤もあるのでおすすめしません。
    実際役所に入ると、のろまでアホなおじさん職員が多いのに驚くでしょうが
    それこそ女性が活躍できる場所があります。私の感じでは男性職員より女性
    の方が、優秀な職員は多かったと思います。

    0

    1. 共働きで奥さんが公務員だと心強いですよね。
      民間だと良くも悪くも状況が変化するのである程度人生設計が見通せるといいですね。

      0

    2. 日本が伸びている時代の公務員って面白かったと思うんですが、停滞していて、その停滞の象徴みたいな組織にあえて入る意味があるのかな?とは思ってしまいます。紙にまみれて前例主義、減点主義の保守的な行動に終始し、職場にしがみつきて生きるのは個の力はほとんど身につきません。

      職場をお金をもらうところ、と完全に割り切るなら、悪くないですし、プライベートを中心に据える人がのらりくらりとやり過ごすには良いと思います。特に夫婦地方公務員の家庭はかなり恵まれてます。

      シン

      0

    3. 地方公務員でも、
      県庁や政令市の市役所は、給料は大企業並みかそれに準ずるレベルでも、仕事はけっこう忙しいはずです。
      地元の県庁と政令市の市役所は、夜遅くまで明かりがついてました。
      国家公務員一般職も、地方勤務ならそうでもないが、本庁勤務だと官僚ほどではないにしろ、激務らしいです。

      典型的なマッタリなイメージの地方公務員は、中核市以下の市役所くらいじゃないですか?
      自分なら、役所に夜遅くまで明かりがついているかどうかで、激務度をチェックしてみます。

      町役場や学校事務、警察事務は、かなり楽な印象ですが、給料はかなり安いらしいです。
      自分の出身高校の学校事務の若い人は、東北大卒でしたね。
      作家の伊坂幸太郎さんが、大学の先輩と言っていたので東北大とわかりましたが。
      学校事務にさえ、上位国立大卒がくる時代になったのか、と思いました。

      0

      1. >町役場や学校事務、警察事務は、かなり楽な印象ですが、給料はかなり安いらしいです。

        公務員は採用された組織、枠、年次で給料が決まるので、職場はあまり関係ありません。残業代の差くらいしかありません。公立高校の事務長は地方上級なので、まあまあ給与はいいですが、出世競争から脱落した人の天下り先、育休後の肩慣らしなんかに配属されるところで、若手一般職員が配属されることはほぼないでしょう。休職連発したり、職場で問題起こして、わざとそこを狙うというのはアリだと思いますが、あまり前向きな態度ではありませんね。ダメな奴ほど美味しいのが公務員で、真面目な奴はアホを見ます。

        シン

        0

        1. シンさん
          私の実家の周りの仕事を辞めてしまった女性の多くは大学の非常勤職員になってます。
          学生相手なので、人間関係のストレスは少ないのかもしれません。

          phaさんも楽そうだったからとはじめ国立大学法人の職員になっていたような気がします。
          技術職員や特許担当とか専門ならいいかもしれませんが、つまらない仕事だと思います。

          0

          1. 何か進歩のある仕事ではないですからね。アホなガキとマジで付き合うなら教師をすべきでしょうし、学校事務なんてやりがいなんてゼロでしょうね。

            シン

            0

      2. >>典型的なマッタリなイメージの地方公務員は、中核市以下の市役所くらいじゃないですか?
        →私もまったりで羨ましい気持ちを抱いていたのですが、国の財源や人口構成を調べているうちに、そもそもそうした自治体が20年後に健全に存続していること自体が怪しいと思えてきてしまいました。今ですら国の地方交付税のおかげで何とかやってこれている有様です。一つの事業会社として見た時に仕事の無い赤字企業なんですよ。何のスキルもなく、マッタリやってこれたはいいけど、自治体消滅で梯子を外されるなんて目も当てられません。特にJR北海道への強い風当たりを見て、それが確信に変わってきました。半国営企業も国が面倒見れなくなってきているんです。JR北海道が自立採算を達成出来ないなんて国鉄民営化の時点で分かり切ったことだったんです。それでも何とか面倒見ていたわけです。何の特色も無い、産業誘致も出来ていない自治体なんて言わずもがなです。

        0

  8. >役所に夜遅くまで明かりがついているかどうかで、激務度をチェックしてみます。

    予算編成時期や監査前は確かに忙しいですが、通常は仕事がさばけない職員が
    残業代稼ぎで、チンタラやっていることが多いので参考になりません。

    >休職連発したり、職場で問題起こして、わざとそこを狙うというのはアリだと思いますが、あまり前向きな態度ではありませんね。ダメな奴ほど美味しいのが公務員で、真面目な奴はアホを見ます。

    いやー、シンさんは役所の実態を良くご存知なので驚きます。真面目な職員は確かに
    アホを見ますが、これではいけないと思っているのも事実です。そのためには核になる
    優秀な職員がいて職場を活性化して改革するしかありません。外から見ると駄目職員の
    方が目立ちますが、真面目な職員も多いのできっとうまくいくと思います。

    0

    1. >真面目な職員も多いのできっとうまくいくと思います。

      行政の場合、末端の職員が真面目でも何にも出来ないんですよね。地方自治体なら、トップにしがらみのない人がなって大鉈振るう以外に何にも変わらず、少しでも変えようとすると利権を握る人、減点を恐れる人から強烈に圧力かけられ、潰されるんですね。本当に変えたいなら政治家になった方が良いです。市長、議員がカチコミ入れてようやく動くのが公務員ですからね。

      私は行政を相手にするなら公務員を説得しようなど思いません。公務員が生意気な態度なら即投書でトップにクレームを入れますし、方向性が近い議員にタレ込んでカチコミ入れます。

      シン

      0

  9. 友達が無い内定で大学を卒業したら公務員くらいしかまともな就職がなかったとか言ってました。
    積極的な理由はあまりないでしょう。

    0

  10.  シンさん、皆さん

     コメントありがとうございます。シンさんおっしゃるように、夫婦地方公務員は本当によいですね。同級生の公務員は、これがほとんどです。
     「フザけるな!公務員だけが「幸福」になっている~下流社会化が進む中、「上流役人」が急増中だと!?」という記事を読みました。この記事は東京都が例にあげられていますが、政令指定都市は特に恵まれています。共働きがとにかくやり易いようです。共働き優遇と言ってもよいでしょう。妻はきつい部署にはまず行きません。教員の場合、部活動が免除されることが多いそうです。割りを食うのは、シングルインカムのようです。同級生である高校教員は、子供が中学生になるまでは夫婦共にほぼ定時帰宅だったようです。その負担は若手にいくのです。ただし今は部活動指導を生き甲斐と感じるタイプでないと、まず採用されにくいとのことです。(高校時代に部活動をやっていない旧帝大院卒が、何回受けても二次試験で落ちるそうです。)子供が小さいとか、親の介護が転勤で考慮されるとのことで、勤務校が自宅近くになるそうです。残業についてですが、老うさぎさんのおっしゃるとおりです。以下はすべてバブル崩壊までの話ですが、年度末の2月、3月は組織ぐるみで予算消化のためわざと残業します。月収は通常の約1.5倍になるそうです。残業と言ってもせいぜい7時半までです。あと、色々な手当があったようです。選挙とか自治会の行事のため休日出勤するようですが、この休日手当が異常に高いです。また、年に眼鏡手当3万円、背広手当6万円、図書手当2万円とか、考えられない手当ばかりです。交通費も組織ぐるみでの不正受給です。自転車で通勤しているのに、電車とバス通勤にして月3~4万円も通勤手当を受給しているのです。すべて過去の話ですが、今の40・50代は関係しています。かつて公務員天国だった大阪が、特にひどかったようです。
     手当よりひどいのは、休暇の取り方です。〇〇休暇というものが、たくさんあります。考えられない休暇が女性に対してあります。療養休暇は三カ月間まるまる給料が出ます。1日出勤して新たに診断書を出せば、また三カ月間まるまる給料が出る療養休暇が取れます。診断書は「抑うつ状態」なるものが多いようで、若手でもこういったことをやるようです。復帰後は楽な部署に移されます。教員だったらクラス担任や部活動顧問は、しばらくの間(2年以上)免除されます。そうすると、急に元気になるとのことです。民間で多くなっている「うつ病」とはまるで違います。
      手当については、私もその立場になったら受給するでしょう。今はありません。ただし休暇については、今も横行しているようです。人間そこまで落ちたいとは思いません。 ひどい話です。真面目な人間が割を食う、前向きな職業ではありませんね。
     今の50代を比較した場合、政令指定都市の職員の生涯賃金は、明らかに大企業の平均的な生涯賃金より多いです。出向がありません。50代での減収がありません。50代前半から始まる役職定年がありません。再雇用制度は、民間よりはるかに保障されています。希望すれば、65歳まで安心して働けます。(人数が多いはずのバブル世代が非常に少ないのが、今の50代後半の再雇用を有利にしているそうです。)これは政令指定都市に限ったことではありません。40代から出向があり、65歳まで本当に長い年数のある業界と比較すると、これは本当によいですね。50歳から65歳までが、民間企業に比べるとかなり恵まれています。大企業よりはるかに多くの課長や部長がいます。1つの区役所にもたくさんいます。本庁にはもっといます。区役所の部長の年収は1200~1300万円です。大企業は、一部の有名企業を除くとこれより明らかに低いです。大企業の部長の割合なんて、1割をはるかに下回ります。
     公務員もいずれ民間と同じ状態になると思うのですが、陰りは見えてきましたが相変わらず公務員人気は続いています。
    何故若い人が、公務員になりたいかあらためて考えてみました。「事務職天国の巨大組織」だからではないでしょうか。公務員のほとんどは、事務職と言ってよいでしょう。私の勤務先もそうですが、事務職の採用はどんどん減っています。特に男性の採用が少なくなっています。どこの業界も同じではないでしょうか。ところが公務員は、相変わらず紙中心の事務仕事だと聞いています。役所の出先のような「○○出張所」があります。住民票等の発行ぐらいしか仕事がないのに、5人以上の正職員がいます。とにかく「事務職天国」です。
     今朝の新聞で「銀行員の転職希望が急増。収益悪化、リストラ」という記事を見ました。民間企業では事務職天国の代表のような金融が、この状態です。公務員人気は、そう簡単に衰えることはないかもしれません。

    1+

  11. >>役所の出先のような「○○出張所」があります。住民票等の発行ぐらいしか仕事がないのに、5人以上の正職員がいます。とにかく「事務職天国」です。
    →グローバル競争で、深夜まで残業してしっかり税金を納めている技術者やビジネスマンがこの日本を見限らないことを切に願います。

    3+

    1. >グローバル競争で、深夜まで残業してしっかり税金を納めている技術者やビジネスマンがこの日本を見限らないことを切に願います。
      →他国の公務員は日本以上に効率的に働いているのでしょうか?
      中国やロシアなんて酷いものですし、フランスも評判が悪いです。
      アメリカやイギリスも、日本とどっこいどっこいだと思いますけど。

      1+

      1. でら様
        >>他国の公務員は日本以上に効率的に働いているのでしょうか?
        中国やロシアなんて酷いものですし、フランスも評判が悪いです。
        アメリカやイギリスも、日本とどっこいどっこいだと思いますけど。
        →おっしゃる通りでございます。公務員のみにフォーカスすると日本はダメだと言いながら他国と比較したら、決して悪い訳では無いですね。公務員の割合が多くもなく、むしろOECD加盟国平均(15%)下回っており(7%)おります。ただし、G7加盟国での年収の平均値を概算した結果によると日本が600万円、アメリカが720万円、イギリスが550万円、ドイツが470万円、フランスが420万円くらいの様です。カナダとイタリアのデータが無いですが、給与面では恵まれた水準だと思います。おそらくなのですが、日本の公務員の構造的な問題は公務員の数が多い訳ではなく、それが偏在していることだと考えられます。それゆえに、特に地方行政職では仕事量のわりに職員が多い一方で(事務職天国)、社会福祉、医療などでは公務員の人数が不足し、給与のわりに業務負荷が高いのが実情です。そうした点では、国民の税金が有効活用されておらず、問題だと考えます。
        >>「深夜まで残業してしっかり税金を納めている技術者やビジネスマンがこの日本を見限らないことを切に願います。」
        上記のコメントをしたのは、おそらく自分自身がそれなりにハードワークをしていることから、スキルも無いのに楽して高級を貰っている中高年に対する感情的なやっかみがあったのだと思います。こうした事象は何も公務員のみならず、昭和的な民間企業にも多く見られますので、偏った判断であったと思います。
        ただし、このような事象は官民問わず、日本を取り巻く構造的な問題であることは事実です。この問題が打開出来ない日本社会に失望した優秀な若手が海外に流出する危惧はいだいております。特に優秀な人たちが若い間に日本よりも税金の低い国で高年収を稼ぎぎった上で、日本に帰国する事象が浸透してしまったら、日本の知や技術が空洞化しかねません。論考が荒く申訳ないですが、時間のある機会に続きを書かせていただきたいと思います。

        0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です